無愛想な人に抱く周りの印象|愛想がない人の特徴から態度を改善する方まで徹底解説

無愛想な人の特徴や改善する方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、無愛想な人の印象や特徴から、改善する方法まで詳しくご紹介します。手軽に実践できる対処法を解説するので、周囲に愛想がないと思われやすい人は、ぜひ参考にしてみてください!

無愛想な人に周囲が抱く印象とは?

無愛想な人の特徴

いつもムスッとした表情で過ごしている無愛想な人。不機嫌なようにもみえ、あまり好感は持てないですよね。

周囲の人は「イライラしていそうで怖い」「近寄りがたい」と感じてしまい、なるべく関わりたくないのが本音という人も。

コミュニケーションが取りにくそうという理由から、無愛想な人はネガティブなイメージを持たれやすい傾向にあります。


ただし、ギャップを生み出しやすいのもメリット

無愛想な人はムスッとした表情が基本なので、ふとした時に見せる笑顔や優しい言葉がとても印象的。

いつも無表情な人が笑いかけてくれたり、無口な人が「大丈夫?」と声をかけてくれたりすると、多くの人が「あれ、珍しい!」と感じます。

他の人の当たり前な言動が特別なものに感じられるので、無愛想な人はギャップを生み出しやすい魅力も持ち合わせているのです。


無愛想な人の特徴10選|愛想がないと言われやすい人の共通点を解説

愛想がない人とは、一緒にいてあまりいい気はしないもの。

一方で、「自分も無愛想な態度をとっているかも」と気になっている人もいるのではないでしょうか。

ここからは、無愛想な人に見受けられる共通点について解説していきます。当てはまるものがあるかぜひチェックしてみてください。


無愛想な人の特徴1. 基本的に無表情

無愛想な人は感情表現が乏しく、真顔でいることが多いです。

会話中でも仕事中でも真顔で過ごしていて、笑いかけられても微笑み返すこともしません。嬉しいことがあっても表情にまでは出さないので、周囲からは「暗い人なんだな」と思われることも。

笑顔を交わさない相手には親しみを感じにくいので、無表情な人は愛想がないと思われてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


無愛想な人の特徴2. 返事が素っ気ない

どんな話題に対してもリアクションが薄い、無愛想な人。

友達と雑談をしている時も「うん」「そうだね」など一言だけで返し、会話がすぐに終わってしまいます。そんな状況に友達は「私と話すのが嫌なのかも」と感じ、冷たくされたように感じるでしょう。

会話を積極的に盛り上げようとしないので、素っ気ない印象を与えてしまい、愛想がない人だといわれるのです。


無愛想な人の特徴3. 人見知り

無愛想な人のなかにはコミュニケーションに苦手意識を持っている人も多くいます。

人見知りな性格から、初対面やあまり親しくない相手とは自然体で話すのが難しく、意図せずぶっきらぼうに会話をしてしまうことも。

人を目の前にすると緊張してしまうため、親しみやすさを出せずよそよそしい態度になってしまうのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


無愛想な人の特徴4. 自分から話題を振らない

他人への興味が薄いのも、無愛想な人の特徴の一つです。

無愛想な人は自分から話題を広げたり他人に振ったりしないので、会話をしていてもどこか一方通行になりがち。自分から誰かに声をかけることも、あまりしません。

相手や相手の話に関心を示さない態度は、積極的なコミュニケーションを避けているように見え、愛想がないと思われるのです。


無愛想な人の特徴5. マイペース

周囲から干渉されずにいつでも自由に行動したい、と考えている人も無愛想な人だと思われやすいです。

職場での飲み会のあと、みんなで二次会に行くことになっても、マイペースな人は「私は帰ります」とサラリと言ってしまいます。

周囲に気を遣ったり様子を窺ったりせず、気ままな言動を繰り返す人は自己中心的にも見えるので、無愛想な印象を持たれやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


無愛想な人の特徴6. 相手と目を合わせない

無愛想な人は、挨拶や会話をする時にも目を合わせようとしません。

会社で話しかけられた時、ほとんどの人は一度手を止めて、相手と目を合わせて対応するでしょう。しかし無愛想な人は、わざわざ目を合わせてコミュニケーションをとる必要はないと考えているので、パソコンや資料を見たまま顔も上げずに素っ気ない返事をします。

これでは話したくない本心が態度に出ているように見えるので、無愛想な人だと思われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


無愛想な人の特徴7. プライドが高い

いつも自分が正しく他人より優れていると考えているのも、無愛想な人の特徴の一つ。

話しかけられても目も合わせず「いま忙しいから」と相手の話を遮ったり、気のない相槌をして適当に会話を切り上げようとすることも。

プライドが高い性格だとツンとした態度が出てしまうから、周囲からは無愛想な人だと思われるでしょう。


無愛想を改善する方法とは|手軽に実践できる対処法を解説

愛想のなさを自覚しつつも、愛想を振りまくのが苦手で改善できずにいる人も多いのではないでしょうか。

ここからは、無愛想を改善するための手軽な対処法を解説いたします。周囲との円滑なコミュニケーションのためにも、ぜひ把握しておきましょう。


無愛想を改善する方法1. 会話の時は笑顔を意識する

相手が誰であっても、笑顔を向けられると嬉しくなりますよね。

挨拶や返事をする時に笑顔を心がけると、相手に好感を与えられます。慣れないうちは「顔がひきつっているかも…」と不安になると思いますが、毎日続けていくうちに自然な笑顔になっていきますよ。

ずっとニコニコしている必要はなく、会話の時だけなどポイントをおさえて笑顔を見せるだけで、コミュニケーションも円滑になります。


無愛想を改善する方法2. 相手の目を見て話すのを心がける

会話中に視線をそらしたままだと、冷たくよそよそしい印象を与えてしまうもの。

人見知りや恥ずかしがりやの性格ゆえに無愛想になっている人は、視線を意識するだけでも相手からの印象はずいぶん変わります。ずっと目を見るのは失礼ですが、会話の中でさりげなく視線を交わすことを心がけましょう。

時々目が合うだけでも、誠意をもって話してくれている印象を与えられますよ。


無愛想を改善する方法3. 相手の話に耳を傾ける

適当に話を聞かれたり、無関心な態度をとられたりすると、いい気分はしないですよね。

コミュニケーション下手で無愛想だと思われている人は、相手の話を無意識にツンと跳ね返してしまっている傾向があります。まずはしっかりと相手の話に耳を傾ける習慣をつけてみてください。

話をじっくり聞くことで相手は優しく受け止めてもらえたと感じるので、あなたに対して好印象をもってくれますよ。


無愛想を改善して、人とのコミュニケーションを円滑にしていこう。

無愛想な人はネガティブなイメージが強く、とっつきにくい印象を与えてしまうもの。なるべくなら好感度の高い、愛想が良い人でいたいですよね。そのために大切なのは、相手を尊重し興味を示す姿勢です。

愛想をよくするとコミュニケーションがぐっと円滑になるので、ぜひ無愛想を改善して、より良い人間関係を築いていきましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事