いじめられる人の特徴とは?いじめられやすい人の共通点や改善策を解説

いじめられやすい人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、いじめられる人の特徴から、改善する対処法まで詳しくご紹介します。職場や友達内など、どこでもいじめられやすい人の共通点を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

いじめられる人には意外と共通点が多い。

いじめられる人の特徴

いじめはダメ!絶対!もちろん、これは大前提。

とはいえ、学校や塾、会社など、いくつになっても、どこに行ってもいじめられてしまう人っていますよね。

場所や状況が変わってもいじめられてしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

今回は、いじめられやすい人に多く見られる共通点について、詳しく解説していきます。


周囲にいじめられやすい人の特徴とは|共通点を詳しく解説

一見、他の人とは変わらないのに、なぜかいじめられやすい人がいるのは一体なぜなのでしょうか?

まずは、性格や態度など、いじめられやすい人に多く見られる特徴の共通点について一つずつチェックしていきましょう。


いじめられやすい人の特徴1. 自分の意見を言わない

他の人とのスムーズなコミュニケーションに欠かせない自分の意見。

一般的に、自分の意見をはっきりと言わない人は、優しい性格ゆえに相手を尊重しすぎて、自分の意見を押し殺してしまうこともあります。

しかし、何か発言を求められても、曖昧に誤魔化して自分の意見をはっきり言わない、もしくは言えない人は、「何考えてるのか分かんないから、つまんない。」と、いじめられる場合も多いもの。

相手によっては、「自分の意見を言わない=つまらないやつだからいじめてもオッケー」と解釈し、いじめてしまうこともあるのです。


いじめられやすい人の特徴2. ネガティブに考えやすい

日常の些細なことを全て、自分にとってよくない方向に考えてしまう人は、周囲の人をも暗い気分にさせてしまいがち。

「今夜の合コン、絶対人数合わせて呼ばれてるよね。ちゃんと話せるかな。相手はパイロットらしいけど、絶対遊ばれて捨てられそうだな。」

などと、楽しそうなイベントでもネガティブな発想をしがちなので、周囲の人がイライラしていじめられるのです。

【参考記事】はこちら▽


いじめられやすい人の特徴3. 要領が悪い

どんなことでも、ぱぱっと手早くこなし、ミスが少ない人がどうしてもイライラしてしまうのが要領が悪い人。

プリンターで人数分の書類をコピーするだけなのに、なぜか、プリンターの設定が上手くできなかったり、印刷ミスが多かったりと、「プリンターなんて初めて使うわけでもないのに、なんで、こんなに時間かかってるの?」と、周囲の人が疑問に思ってしまうのです。

そして、何度やってもコツを掴めず要領が悪いままだと、やがていじめられる対象にとなってしまいます。


いじめられやすい人の特徴4. 自己主張が強い

自分の意見が言えないと、いじめられやすくなりますが、だからといって自分の意見を言い過ぎるのもいじめられやすくなります。

「合コンは、イタリアンより焼き鳥屋にしましょうよ。俺、最近焼き鳥にハマってるんで!旨い店あるんですよ!俺の行きつけなんすよ!」

などと、ひたすら自己主張するタイプは、その場の空気を乱すだけでなく、強引に話題をさらっていくので、周囲の人から煙たがられ、やがていじめられてしまうのです。


いじめられやすい人の特徴5. 真面目すぎる

一見、いじめからは縁遠そうに見える真面目な性格の人も、その真面目さ加減が度を超えるといじめられる対象へとなってしまいます。

「共同で使うホチキスは、一番上の引き出しの右側って場所決まってますよね。どうして、左寄りに入れたんですか?みんなで使うものなんだから、規定の場所にきちんと収納してくれないと、困ります。」

などと、他の人からしたら、「それぐらいいいじゃん。」と言われるようなことでも、きっちり真面目に対応し過ぎると、周囲の人は一緒にいるだけで窮屈に感じるため、いじめられやすくなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


いじめられやすい人の特徴6. 容姿が優れている

「無いものねだり」とはまさにこのこと。周囲の人よりも飛び抜けて美しい容姿の人は、憧れだけでなく妬みの対象ともなってしまいます。

特に、容姿が優れているために、上司や同僚、友達にちやほやされているのを目撃してしまったら、妬む気持ちが一気に膨らんでいじめも余計に激しくなってしまうもの。

そして、このタイプのいじめをする人は、自分の容姿がその相手よりも劣っているとはっきり自覚していることがほとんどなのも特徴です。


いじめられやすい人の特徴7. 身だしなみに気を配っていない

大人になると最低限の身だしなみは、一緒にいる人に不快感を与えないために欠かせないもの。

しかし、髪の毛がいつもボサボサだったり、ヨレヨレで袖口や襟元が擦り切れた服ばかり着ていたりするようだと、その身だしなみの悪さから、周囲の人からいじめられやすくなってしまいます。

また、服装だけでなく、そばにくるだけで顔を背けたくなるほどきつい匂いが漂う人も、嫌がられいじめの対象になりやすくなるのです。


いじめられやすい体質を改善するには?すぐにできる対処法を解説

どこに行ってもいじめられやすいと、新しい職場を探したり、交友関係を広げたりするのも怖くなってしまいます。

では、一体、どのようにしたらいじめられやすい性格や行動などを改善することができるのでしょうか?

ここからは、いじめられやすい原因を改善するための対処法を、一つずつチェックしていきましょう。


いじめられるのを改善する方法1. 自分の意見をしっかり述べる

どちらかといえば、物静かで控えめ、自分の考えを他人にはっきり言うのが苦手でいじめられてしまう場合は、自分の意見を口に出すように意識してみましょう。

自分の意見を声高に主張する必要はありません。

まずは、自分の意見を最後まできちんと言うことを意識してみましょう。

「自分の意見を口に出す。」という行為を繰り返していくことで、少しずつより自信を持ってはっきりと意見を言えるようになりますよ。


いじめられるのを改善する方法2. 身だしなみを整える

「身なりが汚らしい。」「いつも同じ服を着ている。」などと、身だしなみが原因でいじめられてしまう場合は、その身だしなみを整えることから始めてみましょう。

「身だしなみなんて、どうしたらいいか分からない。」という場合は、身なりについて言われた発言の内容を思い返してみましょう。

「スーツがヨレヨレ過ぎてみっともないんだよ!顧客に失礼だろ!」などと言われているのであれば、帰宅後のスーツは必ずスーツ用のハンガーにかけたり、定期的にクリーニングに出したりするなど、ほんの少し手をかけてあげるのがおすすめですよ。


いじめられるのを改善する方法3. 相手にしない

普段の行動や発言など、いくら気をつけていても、「なんとなく気に食わないから。」などの曖昧な理由でしつこくいじめてくる人っていますよね。

具体的な理由もないのにいじめてくる人は、いじめられて困っている姿を見て日頃のストレスを発散している可能性大!

さらに、いじめに毎回反応することで、いじめの内容がエスカレートしていく恐れもあります。

一番効果的なのは、相手のいじめに全く反応しないこと。

いじめに対する反応が見れなくなると、つまらなくなっていじめの対象から外すようになりますよ。


いじめられるのを改善する方法4. 体を鍛える

いじめの改善とは、一見関係がなさそうにみえて、実は効果的なのが体を鍛えるという方法。

体を鍛えることで、自分自身に強い自信が持てるようになったり、日々のトレーニングで、体つきががっちりと逞しく変化していったりすることで、「ひょろっとしてて弱々しい奴」という印象から、「いじめたら、絶対仕返しされそう」と、周囲からの印象も変わります

気軽にいじめられにくくなるのでおすすめですよ。


いじめられるのを改善する方法5. 武道を習ってみる

自分自身を守るための護身術がわりとして、社会人の習い事しても人気の高い武道。

実際に、身につけた技で、誰かを傷つけるのはご法度ですが、「いざとなったら、自分には武道があるし。」と、精神的なお守りになってくれます。

また、武道を習い続けることで、逞しく自信に溢れた雰囲気が自然と出てくるため、そう簡単にはいじめられなくなるというメリットもあります。

また、本当に身の危険を感じた時は、自己防衛もできるのも見逃せないポイントです。


いじめられやすい人は、今からできる対処法を試してみて。

どこに行ってもいじめられてしまうようだと、一体何が原因でいじめられてしまうのか、自分では分からなくなってしまうもの。

いじめがなかなか改善されない場合は、まず、自分自身を客観的に観察してみるのもおすすめです。

他の人とは、行動や発言など、どんなところが違うのか?

他の人が自分にイライラしていじめたくなるポイントは、どこに隠れているのか?

仕事の仕方や、普段の何気ない行動などを一度、じっくりと比較検討し、原因にあった対処法を試してみましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事