泣きたい時に泣く方法とは|思いっきり泣いて心をスッキリさせよう!

泣きたい時に泣く方法を知りたい人へ。本記事では、泣きたい時に泣く方法から、泣くことによるメリットまで大公開!辛くて涙を流しいたい人にはおすすめの記事になっていますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

誰だって、泣きたい時がある。

泣きたい時になく方法

「大人なんだから、泣いちゃだめ!」「泣くなんて恥ずかしくて無理!」

そんな風に思い込んでいませんか?

大人だから泣いたらだめなんてことありませんし、泣くことは恥ずかしいことでもなんでもありません。

大人だろうと、偉い人だろうと、どんな人にだって悲しくて泣きたいと思う瞬間があるのです。

泣きたい気持ちを無理に押し殺しても、泣きたいという気持ちを解消することはできません。

泣きたい時は、思いっきり泣いちゃいましょう。


泣くメリット3つ|泣きたい時に泣くほうが良い理由とは?

「泣く」という行為は「恥ずかしい」「子供っぽい」などと思われがちです。

しかし、実は泣くことには様々なメリットがあるのです。

まずは、泣きたい時に泣くことで得られるメリットについて一つずつチェックしていきましょう。


メリット1. 悲しい気持ちを和らげてくれる

恋愛でうまくいかなかった時や、仕事で大きな失敗をしてしまった時など、心の中だけでは抱えきれない悲しい気持ちは、泣くことで和らげる効果が期待できます。

思い切り涙を流して泣くことで、悲しいという感情を心の中から外に出してしまうのです。

悲しくなった原因は泣いても変わりませんが、泣くことで悲しいという気持ちを和らげてくれますよ。


メリット2. 前向きな気持ちになる

心の中に燻っている悲しいという気持ちや辛いという感情を、泣いて吐き出してしまうことで、ネガティブな感情からポジティブな感情へと心がゆっくりと動いていきます。

特に、泣きたくなるぐらい心の中がぐしゃぐしゃになっている時は、我慢しないで思い切り泣いてしまいましょう。

泣くことで心の中のぐしゃぐしゃを涙と一緒に吐き出せるので、泣いたあとは、気持ちもすっきり落ち着いて、自然と前向きになれますよ。


メリット3. 心地良い疲労感で熟睡できる

泣くという行為は、意外と体力を使うもの

泣き疲れていつの間にか眠ってしまうことがあるように、泣いた後には心地良い疲労感でぐっすり熟睡ができるようになります。

また、泣かずに我慢していると、いつまでも心の中でいろんな想いが渦巻いて、なかなか寝付けませんが、泣くことでネガティブな感情を吐き出せるので、あれこれ考えることなく、心地よく眠りにつけるのです。


泣きたい時に泣く方法7選|思いっきり泣くコツを教えます!

「泣くなんて恥ずかしくてずっと我慢してきたから、泣きたい時に上手に泣けない。」

「思いっきり泣きたいって思うけど、どうやって泣いたらいいのか分からない。」

泣きたいけど泣けないと、心がどんどん苦しくなってしまいます。

ここからは、思いっきり泣きたい時に、するっと上手に泣く方法をチェックしていきましょう。


泣く方法1. 泣ける曲を聞く

自分が泣きたいと思える状況とよく似た状況を歌っている泣ける曲を繰り返し聴いていると、心が揺さぶられて自然と涙がこぼれ落ちてきます。

ポイントは、暗い部屋の中でイヤホンやヘッドホンを使って、一人きりでひたすら繰り返し聴くこと

明るい部屋や周りに人がいる環境では、その曲の世界観にどっぷりと浸ることができません。

また、暗い曲であっても、感情移入がしにくい歌詞だと、やはり泣くまでには至らないので、自分が想像しやすい世界観や共通点のある状況の曲を選ぶようにしましょう。


泣く方法2. 泣ける映画を見る

感動もののストーリーや、辛くて苦しい状況を乗り越えて頑張るストーリーなど、自然と涙が溢れてくる映画や動画を見るのがおすすめです。

例えば、動物を飼ったことがあったり、今現在動物を飼っている人は、「ハチ公物語」のようにペットと飼い主の交流と別れをテーマにした映画を見てみましょう。

「これが、うちの犬だったら。」「うちのコも、きっとこんな風に健気に待っててくれるはず。」

などと感情移入がしやすいので、驚くほど思い切り泣けますよ。


泣く方法3. 共感して泣ける名言を読む

ゆっくりと映画を見る時間がない時は、泣ける名言を繰り返し読むのもおすすめです。

特に、恋愛で心が弱っている時は恋愛や人間関係の名言を、仕事が行き詰まっている時は、仕事に関係する名言を選んでみましょう。

自分の状況と共通点の多い名言だと、より深く心の中まで響くので泣きたい時に泣けやすくなりますよ。


泣く方法4. 泣ける漫画を読む

漫画を読むのが好きなのであれば、友情ものや感動もの、群像劇などがテーマの漫画を選んで読むのもおすすめです。

ポイントは、絵柄と台詞回しが自分好みの漫画を選ぶこと。

好みでない絵柄や、自分がスラスラと読みづらい台詞回しの漫画だと、漫画を読み続けるのが難しいだけでなく、漫画の登場人物に感情移入がしにくくなり、いくら読んでも泣けないという状況になってしまいます。

自分が一気に読みたくなってしまうぐらい、自分好みの泣ける漫画を選ぶようにしましょう。


泣く方法5. お風呂にゆっくり入り、リラックスする

一人きりでリラックスできる最高の場所といえば、お風呂。

お風呂の中で身も心もゆったりとリラックスすることで、張り詰めた気持ちもホロリと解けて自然と泣けるようになります。

おすすめは、浴室の電気は消して、キャンドルの灯りだけでお風呂に浸かること。

キャンドルの灯りの中でゆらゆら揺れるお湯や、浴室の壁に映るお湯の影を見ていると、心が穏やかな状態になっていくので、「泣きたい時に泣けない。」という心の鎧もゆっくりと脱げますよ。


泣く方法6. 過去の泣ける出来ごとを思い出す

愛してる人と辛い別れをした時や、どうしても勝ちたかった試合で負けた時のことなどを思い返してみるのも、おすすめの泣く方法です。

特に、今でもありありと思い出せるほど強く後悔している事や、深い悲しみが癒えない出来事などは、思い出すだけで心が締め付けられ自然と涙も溢れてきます。

その分、泣いた後も心が強く揺すぶられた状態になるので、過去の泣ける出来事を思い出すのは、ゆっくりと悲しみに浸る時間がある時だけにしましょう。


泣く方法7. 泣ける小説を読む

本を読むのが好きなら、好きな作家さんの泣ける小説を読むのも良いでしょう。

特に、家族モノや冒険モノ、ファンタジーなど、自分が好みのジャンルの話であれば、よりスムーズに話に入り込めます。

おすすめは、挿絵などが一切無いタイプの本。

挿絵がない分、自分の想像を存分に膨らますことができるので、よりスムーズに泣けるようになりますよ。


辛い時は自分に素直になって、思いっきり泣いてみよう!

大人になればなるほど、子供の頃のように素直には泣けなくなっていきます。

そんな時には、泣ける方法をいくつか試して泣きたい気持ちを発散させるのがおすすめです。

泣きたい気持ちを押しころし続けると、いつか本当に泣けなくなってしまう可能性があります。

適度に泣いてスッキリして前向きに気持ちを切り替える方法を知っておくと、「泣きたいけど泣けなくて辛い。」という状況を回避できますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事