仕事が合わないと思ったら?|辞めるべきかどうかの判断基準を解説

今の仕事が合わないと思う人へ。本記事では、今の仕事が合わないと思う理由から、続けるべきか?辞めるべきか?の判断軸までお教えします!現在の職場で悩んでいる人には必見の内容になってますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

仕事が合わないと感じる理由|そもそも、なぜ今の仕事に不満を抱いてしまうのか?

仕事が合わないと感じる理由

今の仕事に対して「合っていない気がする。」と悩んでいる方たちは多いでしょう。

ここでは、仕事が自分に合っていないと感じる理由をご紹介していきます。

具体例も合わせて詳しく解説していきますので、自分自身の状況や気持ちを思い返して読んでみてくださいね。


仕事が合わないと思う理由1. 人間関係が上手くいっていないから

職場の人たちの関係性は、仕事を効率よくこなすうえでとても重要。

新卒入社した仲間たちは気が合わない人ばかり、直属の上司とはぶつかってばかり。これでは、仕事上で分からないことがあっても相談もろくにできず、仕事に対して嫌になってしまうのは当然のことです。

人間関係がうまくいかないため転職を考えるのは、社会人あるあるでしょう。


仕事が合わないと思う理由2. 仕事内容が楽しくないから

仕事の内容に興味があるかないかは、社会人にとって大切なことです。

例えば、日々お茶汲みとコピー取りなど、誰にでもできる雑用ばかり押し付けられていては、楽しみも見出せず頑張る気力も湧いてきませんよね。

内容自体に不満を抱えていると、「この仕事を続けてていいのかな?」と不安に感じてくるのは当然のことですよ。


仕事が合わないと思う理由3. 成果が思うように出ないから

一生懸命取り組んだにも関わらず成果が表れない仕事では、やる気は削がれる一方ですよね。

平日は残業、土日は休日出勤をして必死に成し遂げたプロジェクトが、上司の「ボツだな。」の一言で水の泡になるような仕事ではやってられなくなるのも当たり前です。

日々の努力が報われない結果、「仕事を辞めたい」と感じてしまう人は多いでしょう。


仕事が合わないと思う理由4. 結果を出したのに評価してもらえないから

自分が頑張った内容に対し、正当な評価を求めるのは当然の心理。

自分が企画した商品が大ヒットした、営業で大手取引が上手くいった、など好成績を修めたにも関わらず給料にも反映されないのでは、次の仕事へのモチベーションには繋がりにくいですよね。

「次も頑張ろう」と思えないことが理由で、仕事へのやる気が失われてしまうのです。


仕事が合わないと思う理由5. 周囲から嫌がらせをされているから

いじめをしてくる人たちから与えられるストレスというのは、計り知れないもの。

人前にも関わらず「お前は本当にダメだな!」と理由もなく上司から叱責されたり、同期から自分だけ仲間外れにされていると、最悪の場合うつになることもあるでしょう。

嫌な思いをさせられるような職場では、仕事に行きたくなくなるのは当然の心理ですよ。


仕事が合わないと思う理由6. 会社の価値観や雰囲気が合わないから

会社には企業理念というものがあり、その目標に向かって社員たちは一致団結していきます。

特に何も考えずに新卒で入社したものの、まったく共感できない理念を掲げていて疑問を感じたり、体育会系な先輩たちと性格が合わない経験をしたこともあるでしょう。

会社の雰囲気に馴染めず、「こんなはずじゃなかった」と思う新入社員は多いですよ。


仕事が合わないと思う理由7. 他にやりたい仕事があるから

「この仕事をやりたい」という前向きな気持ちは、働く人にとって大切なやる気材料ですよね。

商品開発をしていたものの、本当は人に対して自分の手で商品を売っていきたいと気付いた途端、今までの仕事に対するやる気がスッと無くなってしまうなんてこともあるでしょう。

働く中で自分が本当にやりたい仕事を見つけて、転職を視野に入れる人もいます。


仕事が合わないと思う理由8. 成長できていないから

働きながら自分自身も成長したいと考えている人は多いでしょう。

書類作成1つにしても、指導の下、最後まで自分で仕上げられればスキルも身についていきますが、いつも上司が手直ししてしまうのでは、いつまで経っても自分の成長を感じられませんよね。

ここにいてはずっと未熟なままだと思うような職場だと、そもそも「仕事が合わないのでは?」と不安に感じてくるのは当然です。


会社を続けるべき?辞めるべき?|仕事が合わない時の判断軸とは

仕事に対して不満に思っている理由がはっきりしたものの、この先どうしていけばいいのか悩んでいる人もいるでしょう。

そこでここからは、今の仕事を続けるべきか、辞めるべきか、基準となる軸について詳しく解説していきます。

ぜひじっくり読んで、今後の判断の参考にしてみてくださいね。


仕事を続けた方が良い3つのケース|辞めずに解決していきましょう!

まずは、今の仕事を続けた方が良いケースからご紹介していきます。

なぜ辞めない方が良いのか、理由についても詳しく解説していますので、「辞めてもいいのかな。」と悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。


仕事を続ける方が良いケース1. 人事異動で問題が解決できる場合

1つ目は、今の部署での仕事にやりがいを感じていなかったり、部署内にそりが合わない人がいて悩んでいる場合。

この場合、自分自身を他の部署に異動させてもらったり、人間関係をこじらせる原因となっている同僚の配置替えを希望することで、悩みの種が無くなる可能性があります。

転職を考える前に、まずは人事部や直属の上司に人事異動の相談をしてみるといいですよ


仕事を続ける方が良いケース2. 原因が自分にあり、改善できる可能性がある場合

2つ目は、自分自身が人見知りであったり、人に高圧的な態度を取ってしまうばかりに、周りと上手く馴染めていないとき。

特に、職場の雰囲気は良いのに自分だけが浮いているのであれば、あなた自身に何か原因があると言えます。

仕事を辞める前に、まずは自分の態度や性格を改める努力をしてみるのがおすすめですよ。


仕事を続ける方が良いケース3. 会社の待遇や給与には不満がない場合

3つ目は、今勤めている会社の福利厚生が充実していたり、給与も十分な額がもらえていて満足している場合です。

待遇、給与以外にも、自分の好きな内容で、成長もできて…と全てにおいて大満足の条件を求めてしまう気持ちも分かりますが、ぴったりマッチする会社というのはごく僅かです。

勢いで退職を考えるのではなく、まずは会社の良い点に目を向けてみるのも一つの手ですよ。


辞めて転職したほうが良い4つのケース|次の仕事を探しましょう!

続いては、退職して別の仕事に就いた方が良いケースについて詳しくご紹介していきます。

以下の項目の中に、「自分はこれに当てはまる!」と感じるケースがある方は、我慢せずに転職を前向きに考えてみてくださいね。


仕事を辞める方が良いケース1. 会社の理念や価値観に共感できない場合

会社には企業理念があり、同じ志を持つ社員たちが目標に向かって日々働きます。

そのため、理念に共感できていないと、性格や意見が合わない人ばかりに囲まれて働きにくいだけでなく、仕事に対してもやりがいを感じられなくなるでしょう。

今の会社が掲げている目標や考え方が合わない人は、「この会社のために頑張ろう!」と思える会社を探してみましょう


仕事を辞める方が良いケース2. パワハラやセクハラをされている場合

ブラック会社にあるあるなのが、上司や同僚からのハラスメント行為。

理不尽な指導をされたり、身体を触られたりすることも。「私さえ我慢すればいいんだ。」と何も言わずに耐え続けていると、どんどんストレスが溜まり、体調不良やうつになることもあり得ます。

ハラスメント行為をされているなら、今すぐにでも退職することをおすすめします。


仕事を辞める方が良いケース3. 新しいことにチャレンジできる環境がない場合

新しいことに挑戦することで自分の成長を感じられるからこそ、仕事というのは楽しめるもの。

毎日、何年も同じことの繰り返し。内容も誰にでもできる雑用ばかり。それでは、働く意味も見出せず、何年働いてもまったく成長できないでしょう。

新しいことに挑戦させてくれる会社はたくさんあります。自分の成長を見込める会社に転職してみると良いですよ


仕事を辞める方が良いケース4. 会社の業績が不安定な場合

会社が成り立つには、業績が必要不可欠。

AI導入により国内においての会社の存在意義が無くなってきたり、縮小傾向のある業界に属していて赤字が続いているような会社は、この先長く続かず、最悪の場合倒産となってしまうこともあり得るでしょう。

お勤めの会社の業績が右肩下がりだと感じるなら、転職を視野に入れてみるといいですよ


仕事が合わないと感じた時にとるべき具体的なアクション

ここからは、「仕事が合わないかも。」と感じた時にやってみるべきことを具体的にご紹介していきます。

仕事を続けるのか、辞めるのか、今後の決断にも繋がるであろう大切なアクションばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


仕事が合わないと思った時にやるべき対応1. 仕事が合わないと感じる理由を言語化する

頭の中でもやもやと考えているだけだと、なかなか考えがまとまらず余計こんがらがってしまうこともあるはず。

まずは、なぜ仕事が自分に合わないと思ったのか、理由をノートや携帯に書き出してみましょう。

頭の中の考えを整理することで、根本的な理由が分かり、今後どうするべきか案外簡単に答えが見つかることもありますよ。


仕事が合わないと思った時にやるべき対応2. 会社の上司や同僚に相談する

1人で悩んでいると、偏った考え方をしがちで負のループから抜け出せない時もあるはず。

そんな時は、会社の上司や気が合う同僚に悩みを打ち明けてみるのがおすすめ。仕事後に飲みに誘っても良いでしょう。

同じ会社に勤める人たちだからこそ、経験に基づいて「こうするといいよ。」という的確なアドバイスをしてくれるかもしれませんよ。


仕事が合わないと思った時にやるべき対応3. 有給休暇を活用してリフレッシュする

平日だけでなく土日も休日出勤で、疲れから「もう逃げだしたい!」と感じるほど働いている30,40代の人もいるでしょう。

そんな人は、思いきって有給休暇を申請して、休む時間を作ってみると良いですよ。まとめて取得して、旅行に出かけるのもおすすめ。

仕事から離れリフレッシュすることで、「また頑張ろう!」と自然に思えるはずです。


仕事が合わないと思った時にやるべき対応4. スキルを身につける努力をする

ビジネススキルはあればあるほど、転職には有利になります。

もし転職を視野に入れているのであれば、エクセルや簿記などの仕事に活かせるスキルを習得してみましょう。今の仕事上でも良いですし、仕事後に教室に通ってみるのも手です。

「これができます!」と自信をもって言える特技があれば、次の仕事も見つけやすくなりますよ。


仕事が合わないと思った時にやるべき対応5. 他の会社で働いている人の話を聞いてみる

働いていない会社というのは、表面上しか分からないもの。

他に気になる会社があるなら、その会社に勤務する人の話を聞いてみると良いですよ。良いところだけでなく、悪いところも聞くことができ、会社本来の姿を知ることができるでしょう。

その上で自分に合っていると感じたら、転職を視野に入れてみても良いかもしれませんね。


今の会社や転職先の会社で、楽しく働ける環境を手に入れましょう!

仕事が合わないことから転職が頭に浮かんでも、「ただの甘えじゃないかな。」と悩む人は多いはず。仕事のストレスを我慢し続けていると、うつになってしまうことも。

大切なのは、自分自身が苦しい思いをせずに働けていること。「会社のここが好き!」と言えるポイントが1つはあるとより良いでしょう。

この記事を参考に、仕事が合わないと感じる原因をしっかり探り、笑顔で働ける環境を手に入れましょう!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事