“発想力”とはどんな意味?クリエイティブな人の特徴&鍛える方法とは

発想力を豊かにして、仕事で活かしていきたいですよね。発想力は社会人に必須ため、絶対に身につけたいスキルの一つ!そこで今回は、発想力の意味から、発想力がある人の特徴、発想力鍛える方法を大公開!さらに、読むべき本や発想力が向上するおすすめゲームアプリも紹介していきます。

発想力がある人って魅力的ですよね。

発想力がある人の特徴&鍛える方法

持ち前の発想力を活かし、クリエイティブで新しいものを生み出す人ってかっこいいですよね。社会人として、身につけておきたいと考えている人も多いでしょう。

そこで今回は、発想力とはどんな意味かということや、発想力がある人の特徴、向上させる方法までを解説します。

こちらを参考に、より重宝される人材になってくださいね。


「発想力」とは?意味を詳しく解説!

まずは、発想力とは具体的にどんな意味をもつワードなのか、イメージでしかわからない人のために、ここでおさらいしておきましょう。

発想力とは、「何かを思いつき、全くのゼロの状態から、新しいものを生み出すときに使う能力」のことです。

つまり、固定概念にとらわれない、アイデアをひねり出す時に必要な力とも言えます。


「発想力」と「想像力」の違い

似たような言葉に想像力という言葉がありますが、こちらは「ある事柄について思いついたことを具体的に作り出す能力」です。

発想力とは、「新たに思いつく」のに対し、「予想してイメージする」という点で違いがあります。

【参考記事】はこちら▽


どんな人なの?発想力がある人の特徴8選

発想力がすごい人とは、どんな特徴を持っていて、どんな考え方をしているのか気になる人も多いでしょう。ここでは、発想力がすごいと感じる人の代表的な特徴を8つご紹介します。


発想力がある人の特徴1. 独創性があり、固定観念で物事を考えない

発想力がある人は、普通の人では到底考えつかないような過程を踏んで、アイデアを生み出すものです。

それは、一般的についとらわれてしまいがちな、常識や従来の考え方といったものをあえて遠ざけているからでしょう。

固定概念で物事を測らないので、今まで盲点となっていたような独創的な思考ができるようになります。


発想力がある人の特徴2. ユーモアさを持っている

奇抜なアイデアや、聞いた人だれもがビックリするような考え方をしているだけでなく、どこか親しみのある人間臭さを持っていることが多いのも、発想が柔らかい人の特徴の一つ。

そんな独特のユーモアのセンスを持ち合わせていることで、人が思いつきそうだけど、今まで思いつかなかった面白い発想ができるのでしょう。


発想力がある人の特徴3. 目標や志を持っている

素晴らしい発想力を持つ人は、誰も挑んだことのないような高い目標を意識し、情熱を持って取り組んでいることが多いです。

その結果、普通の人では思いつかないような、突飛な発想を思いつくことができるようになります。

なにかと自由にやりたい放題している風に思われがちですが、自分の目標に対して、課題を淡々とこなす確実さも持ち合わせています。


発想力がある人の特徴4. 他の人とは違うことを行う

発想力が豊かな人は、今はまだ共感を得られないものでも、「価値がある」と信じる力強さがあります。

人と同じことをやっていては、「独創的なアイデアは生まれない」と考えており、人と違うことを全く恐れていません。

そのため、他人から何を言われようが、自分の考えを育てて突き進んでいけるという特徴があります。


発想力がある人の特徴5. チャレンジ精神に溢れている

新たなアイデアを生み出していくためには、常に新しい感性や考え方に対して柔軟な姿勢が必要です。

発想力豊かな人は、「これはどうなるんだろう?」という好奇心があるため、発想の材料を得られやすいのでしょう。

できそうにないことに対してもチャレンジ精神を忘れず、どんな考え方でも受け入れる準備ができています。

【参考記事】はこちら▽


発想力がある人の特徴6. 様々な情報を収集している

自分の頭だけで考えたり、一つの観点から物事を見ていると、どうしても凝り固まった考え方になってしまいがち。

柔軟な考え方をするには、時に無関係と思えるような情報でも、発想のヒントになることがあるのを、発想力が豊かな人は理解しています。

そのため、数多くの本を読んだりして、常に情報収集を怠らないという特徴があります。


発想力がある人の特徴7. 失敗を恐れずに行動できる

発想力がすごいと言われる人は、そう言われるまでに、たくさんの挑戦をしてきています。

たとえ失敗しても、行動することで多くの情報を得られることを知っているため、失敗を恐れずに行動する傾向があります。

発想のヒントを形にしていくには、頭の中でだけでは完結せず、「実践が必要だ」という考えが身についているのでしょう。


発想力がある人の特徴8. 頭の回転が早い

新たなアイデアや、今までになかった考え方をするだけでなく、考える力も備わっているのが発想力豊かな人の特徴の一つ。

世間一般で言われるような「頭の良さ」を持っていることが多く、頭の回転も早い傾向にあるでしょう。

困難なテーマや大きなトラブルに直面しても、冷静に状況を分析して、最適な対処法を取ることができます。

【参考記事】はこちら▽


どうすればいいの?発想力を鍛える10個の方法

なかなかいいアイデアが思い浮かばないため、「豊かな発想力が欲しい」と悩んでしまうことってありますよね。

ここでは、そんな人におすすめの、発想力を鍛えるための10個の方法について、具体的にご紹介します。


発想力の鍛え方1. 自分と異なるタイプの人と会話をする

自分と関わりがなさそうな物事や会話に集中している時に、アイデアが湧いてくることもあります。

特に、自分とは違う発想を持つ人と関わって、発想の仕方や情報を得ることで、違う視点を得られやすくなります。

発想の転換となるようなフレーズや、発言が飛び出して、一気に停滞気味だったアイデアが進み出すこともあるでしょう。


発想力の鍛え方2. 読書をして、展開を予想する

発想力を豊かにするには、誰もが驚くような奇抜なアイデアを生み出すだけでは十分とはいえません。

それらを裏付けるような、論理的な考え方や確かな予想があると、そのアイデアにぐっと信頼性が出てくるでしょう。

先人が検証した論文や、類似したテーマについてまとめられた書籍を読んで、展開を予想してみることも必要です。

【参考記事】はこちら▽


発想力の鍛え方3. 今まで未経験だったことに、挑戦する

自分ができることばかりをやっているのは、ストレスが生まれにくいですが、新しい刺激や発想がない分、素晴らしいアイデアも生まれにくいもの。

そのため、今まで全くの未経験だったことに思い切ってトライしてみると、考え方が切り替わる可能性があります。

今まで出来ていなかった考え方や、物の見方ができるようになって、発想力が身についていくでしょう。


発想力の鍛え方4. 連想ゲームでトレーニングする

新しい奇抜な発想をすることだけが、発想力を向上させるための方法ではありません。

散歩中や通勤中に目に入ったものや看板から、連想ゲームをすることによっても、鍛えられるものです。

一人でやっている以上、ルールはないので、突拍子のないような発想をどんどん繋げていくと、面白い考えが浮かぶきっかけになるでしょう。


発想力の鍛え方5. 視点を変えて、物事を考える習慣をつける

発想力豊かな人は、常に新しい知識を吸収し続けることで、いろいろな角度から物事を見ようとしています。

そんな考えに近づくためには、今までの自分とは視点を変えて、違った角度で物事を検討してみましょう

全く新たな発想を、自分で強引にしかけることで、ゼロから何かを生み出す柔軟な力が身についていくのを実感できます。

【参考記事】はこちら▽


発想力の鍛え方6. 異なる物事を組み合わせて考えてみる

固定概念や常識によって、決めつけていた条件を外す工夫をするのも効果的です。

例えば、「○○と××の組み合わせは味が美味しくない」などといったことも、一つ一つ疑って検証してみるという考え方も面白いです。

結びつくはずのなかったものを組み合わせることで、素晴らしいアイデアが出てくることも期待できます。


発想力の鍛え方7. 旅行に出かける

毎日室内でパソコンやノートに向かっているだけでは、なかなかアイデアが浮かびにくいものです。

そのため、外に出て気分転換して、新しい景色に触れたり新しい体験をすることも、発想力を豊かにする方法の一つ。

知らない土地にいけば多くの発見があるので、旅行も発想力を向上させやすい、効果的な訓練になります。


発想力の鍛え方8. 面白いと思ったアイデアをメモしていく

アイデアや新たな発想は、寝ている時やお風呂に入っている時など、全く他のことをしている時に突然降ってくることも珍しくありません。

少しでも面白いと思ったアイデアは、育てていくことで、大きな成功につながる可能性があります。

そんな小さなヒントをメモしておく癖をつけることで、発想力を向上させる材料が増えていくでしょう。


発想力の鍛え方9. ピンチに陥った時の切り抜け方を考える

身近にあるものの中で想像できる危機的な状況は、ある意味ニーズの塊とも言えます。

「もし地震が起きたときに電気やテレビはどうなるか」という連想ゲームも、効果的な発想力を向上させる方法です。

自分の仕事に関連したテーマで、ピンチに陥った時の切り抜け方を考えることで、新しい発想が浮かぶこともあるでしょう。


発想力の鍛え方10. フェルミ推定をして、仮設を立てる習慣をつける

フェルミ推定とは、実際の調査が難しいことを、仮説と推論を立てることで、概算的に答えを出すという計算方法です。

何種類かの手がかりをもとに推論し、答えに導くという作業に、発想力と柔軟性が必要となるため、アイデアを生み出す練習になります。

正解がはっきり出ているようなことで練習すると、リアリティが出てより効率的になるでしょう。


発想力を鍛えるために役立つおすすめの本3冊

発想力は社会人として、ビジネスマンとして多くの業界で活かすことが多い能力です。

そのため、これまでたくさんの書籍にまとめられてきましたが、ここでは、中でもおすすめの発想力に関する書籍を3冊ご紹介します。


おすすめの本1. 『発想力: 「0から1」を生み出す15の方法』大前 研一 (著)

発想力: 「0から1」を生み出す15の方法 (小学館新書)

経営コンサルタントとして有名な著者が、これからの新たな市場に必要な考え方や着眼点を詳しく解説しています。

経営という現場に携わってきた人の考え方なので、発想力の向上を即実践したい人に、おすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』トム・ケリー&デイヴィッド・ケリー (著)

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

アップルやサムスンなどを支えてきたデザイン会社の創業者が著者となっています。

「創造に必要なのは自信」と説いているため、新しい考え方や常識やマナーを破ることに抵抗があって、なかなか自分の発想力に自信が持つことができない人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『アイデアのちから』チップ・ハース + ダン・ハース (著)

アイデアのちから

アイデアの材料となる小さな発想を、どのように周りを巻き込んで育てていくかについて書かれた本です。

人々の記憶に残りやすいアイデアの共通点が詳しく書かれているので、これから発想力を鍛えていきたい人は非常に参考になるでしょう。

Amazonで詳細を見る


スマホアプリでもOK!?発想力を鍛えるおすすめゲームアプリ2選

発想力を鍛える上で、理論や知識を吸収することも有効ですが、遊び感覚でも高めることが可能です。手軽に空き時間に実践的に発想力を鍛えることができる、おすすめのスマホアプリを2つご紹介します。


ゲームアプリ1. 『発想力をちょっと鍛えるアプリ Image×Image.』

1日30秒で完結する、シンプルな作りのアプリです。

ランダムで組み合わさったお題が二つ出て、それに対して妄想して発想力を鍛えるといった内容になります。

特にゴールや目標はないですが、真剣に考えることで頭が柔らかくなるでしょう。


ゲームアプリ2. 『Brain Dots』

離れた場所にある青と赤のボールがあり、線や図形を書いて、それらをぶつけることが目標のゲームです。

シンプルなだけに奥深く、図形に関わる脳トレとして、柔軟に考えるためのいいトレーニングになるでしょう。


発想力は、どの仕事でも強化すべき重要なスキル

どんな業界や職種であっても、問題解決や事業が発展していくためには、発想力を活かすべきシーンが多いです。

デザインや企画に関わる業種であるのであればもちろん、活躍していくためには社会人として必須のスキルといえるでしょう。

自分をステップアップしていきたいなら、積極的に学び、発想力を身につけていく努力を継続していくことが大切です。


鍛えた発想力を特に活かせる仕事を3つ厳選!

柔軟性のある考え方や、新たな観点で考えられる発想力はどの仕事でも必要になるでしょう。しかし、業界や仕事内容によっては特に活かせる仕事もあります。

最後に、発想力を活かす機会の多い仕事を3つご紹介しますので、就職や転職に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。


おすすめの仕事1. クリエイティブ系

スマホを中心として、ITに関わる業界はますます拡大中の市場です。

アプリ開発や、プラットフォームを形成するようなクリエイティブな仕事には、発想力を豊かにする努力が必要不可欠。

一つのアイデアで多くの人を救ったり、笑顔にしたりすることができるような業種なので、柔軟性をフルに活かせる場面に多く遭遇するでしょう。


おすすめの仕事2. 企画系

イベントの企画や、新たな製品を生み出す部署なども、新たな視点や発想力が必要です。

同じようなモノやサービスではなかなか流行りを生み出すことが難しいので、常に新たな取り組みをし続けることが重要。

企業や人が持つ独自性を見つけるために、何気ない会話などからアイデアを生み出す柔軟性を高める努力をしましょう。


おすすめの仕事3. デザイン系

アパレルやジュエリー業界をはじめ、ウェブデザインやモノのデザインを決める仕事には、実用性を踏まえた発想力が必要。

具体的にどんな使われ方をするのかという、想像力も活かす必要のある仕事だといえます。

自社や自分の都合だけでなく、顧客の立場にたって踏み込んで考える時に、アイデア力を活かす機会がくるでしょう。


発想力を鍛えて、仕事に活かしてくださいね。

発想力がある人の特徴や、生活の中で高める方法などについてご紹介しました。どんな職種でも発想力を活かす機会は意外と多く、社会人には必須の能力といえるでしょう。

さらなる活躍を目指すためには、柔軟性を高める努力をするべきです。こちらを参考に、発想力を向上させ、眠ったアイデアを呼び覚ましてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事