カリギュラ効果とはどんな意味?心理効果&仕事や恋愛の活用例を紹介

カリギュラ効果という言葉を聞いたことはありませんか。普段聞き慣れない言葉なので、意味や活用方法など疑問に思うこともありますよね。そこで今回は、カリギュラ効果とは?の意味の部分や由来、心理効果、実際の活用例を解説します。日常生活でも使えるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カリギュラ効果って知っていますか?

カリギュラ効果の心理効果&仕事や恋愛の活用例

見てはいけない物を見たい、触ってはいけない物を触りたい。ある行動を禁止されることで、かえってやってみたくなってしまう心理現象がカリギュラ効果です。

今回は、カリギュラ効果の意味や由来から、カリギュラ効果の心理効果、カリギュラ効果を使った成功例や失敗例をご紹介します。

カリギュラ効果を日常生活の中で活用できるヒントが見つかるかもしれませんよ。


カリギュラ効果とはどういう意味?

カリギュラ効果とは

禁止されていることをしてみたい、隠されていることを知りたいという欲求にかられることがありますよね。

ダメだと強く言われれば言われるほど、その行為に対して抗いがたい興味が湧いてしまう心理現象がカリギュラ効果です。


カリギュラ効果の由来

カリギュラ効果のカリギュラは、1980年のイタリア・アメリカの合作映画『カリギュラ』を語源としています。ローマ帝国の皇帝カリグラの放蕩や残忍さを過激な描写で描いた映画であったため、一部の地域では公開禁止となりました。

上映が禁止されたことがかえって人々の関心を集め、アメリカ映画協会を通さず映画館を買い取って公開するなど、大ヒット映画となりました。

この映画の経緯から、禁止されたことに反動して起こる心理効果を、カリギュラ効果と呼ぶようになったのです。


実は「浦島太郎」も「つるの恩返し」もカリギュラ効果の一種

日本人に馴染みの深い昔話の多くにも、カリギュラ効果を元にした心理効果が隠されています。「浦島太郎」では、「決して開けてはいけない」と、乙姫に強く念を押されていたにもかかわらず、浦島太郎は玉手箱を開けてしまいます。

「つるの恩返し」では、老夫婦のもとへやって来た若い娘が「絶対に中を覗かないでください」と伝えたにもかかわらず、老妻が好奇心に勝てず機織りの様子を覗いてしまいます。

浦島太郎も老妻も、「絶対に開けてはいけない」「絶対に覗かないでください」と言われたのに、「開けてみたい、見てみたい」というカリギュラ効果の欲望に抗うことができず行動してしまったのです。


では、カリギュラ効果が心理的に効果がある理由とは?

カリギュラ効果が心理的に効果がある理由

禁止されたことに対して、興味が沸き起こってしまうカリギュラ効果。

心理学上の心理的リアクタンスと同様に、他人から禁止されることに対して感じるストレスが、その心理効果の根底にあります。

ここからは、カリギュラ効果の持つ心理効果と、人の行動を左右する理由を解説していきます。


カリギュラ効果の活用例には何があるの?

カリギュラ効果の活用例

私たちの日常生活の中でも、カリギュラ効果を利用している事例をよく見かけます。ここからは、ビジネスや恋愛の場面で、カリギュラ効果をうまく利用している例をご紹介します。

普段から目にしているコマーシャルのキャッチコピーや、恋愛で無意識のうちに取っている行動の中で、思い当たる例があるかもしれませんよ。


カリギュラ効果の活用例1. マーケティング

カリギュラ効果は、もともと上映禁止を受けた映画が由来となっています。同じように、CMや映画のキャッチコピーでも、カリギュラ効果を狙ったフレーズがよく使われます。

ここからは、ビジネスの上でカリギュラ効果を巧みに活用した例を集めてみました。


① 「ここからは会員限定」

ウェブマーケティングでよく見られるセールス手法です。「会員しか買えない」、「会員しか読めない」という規制を設けることで、商品やサービスに対する関心が高まるのです。

地域限定、人数限定、年齢限定なども同じような効果があるマーケティング手法。限定表現を活用することで、「誰にでも買えるわけではない」「いつでも買えるわけではない」という特別な心理効果を生み、売上の上昇を目指します。


② 「絶対に〇〇するなよ!」

カリギュラ効果は絶対に..はするなよ

大ヒットゲームアプリ「モンスターストライク」が2016年に行ったキャンペーンのキャッチコピーは、「10月は絶対にモンストやるなよ」というものでした。ゲームアプリの売上を上げたいメーカーによる、一見矛盾したマーケティングですが、これもカリギュラ効果を狙ったもの。

「絶対〇〇するなよ」と言われることで、逆にやりたくなるという心理学上の心理的リアクタンスと、矛盾によって集まる注目度を利用した巧みなセールス戦略です。


③ 「決して夜に一人で見ないでください。」

1977年に公開されたイタリアのホラー映画『サスペリア』のキャッチコピーは、「決して、一人では見ないでください」というものでした。映画の内容があまりにも強烈で残酷なため、鑑賞者に対する警告とも言えるキャッチコピーで話題を呼びました。

「そんなに恐ろしいホラー映画なら、逆に見てみたい」と、怖いもの見たさを煽る効果があります。


④ 「お得な情報なので、絶対に友達に教えないでください」

カリギュラ効果は絶対にお友達に教えないで下さい

カリギュラ効果を巧みに活用して、売上アップを目指すセールス戦略です。まず最初に、「教えてはいけないほど、お得な情報なのだ」とインプットされます。そして「他言しないように」と釘を刺されることで、かえって「友達にこの情報を教えたい」と思わせます。

「絶対に教えないでください」と念を押されれば押されるほど、その情報に高い価値があるように思え、それを誰かに伝えたいという欲望が生まれるのです。


⑤ 「この答えは、CMの後で!」

クイズ番組などでよく見る手法です。答えの直前まで明らかにして、視聴者の知りたいという欲求が最高潮に達したところでCMに繋げます。視聴者は答えを知りたいのですから、CM中もチャンネルを変えたり、テレビを消したりすることはありません。

連続ドラマや連作映画でも、思わせぶりなエンディングで締めくくることが少なくありません。「次はどうなってしまうのだろう」と次の作品を早く見たいと思わせる心理効果も、一種のカリギュラ効果です。


カリギュラ効果の活用例2. 恋愛

興味のある相手なのに冷たくしてしまったり、反対される恋愛だからこそ盛り上がったりと、恋愛においてもカリギュラ効果が発揮されることがあります。

ここからは、恋愛におけるカリギュラ効果の例をご紹介します。


① 好きな女性に興味がないフリをする

気になる女性に対して、わざと興味のないフリをするのは、恋愛上級者がよく使うテクニック。特に美人でモテるタイプの女性にとっては、効果絶大です。

モテる女性にとっては、男性から関心を寄せられることが当たり前。自分にあからさまな興味を示さない男性が、かえって新鮮に映ります。

気になる女性に興味がないフリをすることで、逆に「彼を振り向かせてみたい」という気持ちにさせる、カリギュラ効果を利用した心理作戦です。


② デートの誘いを一度断り、後にフォローを入れる

カリギュラ効果はデートの誘いを一度ことわりあとでフォローする

せっかくデートに誘われてもすぐにOKしないのも、カリギュラ効果を狙った恋愛術。仕事や他の予定を理由に一旦は断り、しばらくしてから「時間が作れたよ」とOKするやり方です。

すぐにOKを出されるよりも、一度断られてがっかりした後の方が、デートができる喜びが高まるというもの。

「彼氏はわざわざ自分のために予定を変えてくれた」と思うことで、自分が大切にされているという気持ちが高まるのです。


③ 結婚を親に反対される

親や周囲から反対される恋愛ほど、二人の気持ちが盛り上がる場合があります。自分たちの力ではどうにもならない理由で周囲から反対される恋愛や結婚は、「ロミオとジュリエット」のような悲恋として、昔から多くの小説や映画の題材となってきました。

障害を乗り越えて一緒になろうとする二人の情熱は、恋愛におけるカリギュラ効果の良い例。祝福されない恋愛だからこそ、かえって気持ちが盛り上がるのです。


カリギュラ効果は悪い方向に働くこともある。一例をご紹介!

カリギュラ効果は悪い方向に向くときもある

マーケティングや恋愛など、いろいろな場面で絶大な効果を発揮するカリギュラ効果ですが、一歩使い方を間違えると悪い結果を招くことも少なくありません。

育児、ダイエット、禁煙など、カリギュラ効果の失敗例をご紹介します。


悪い例1. 子育て

育児をしていく中で、「これを触ってはダメ」「あそこへ行ってはダメ」「ゲームばかりしてはダメ」など、子供の行動を事細かに注意することが多くあります。ところが、両親からダメだと口うるさく言われれば言われるほど、子供はあえてそれをやりたくなるものです。

「あれもダメ、これもダメ」と子供の行動に対する禁止事項が多いと、子供は反発してしまいます。本当に危険なものなら遠ざける必要がありますが、何でもかんでも禁止するのではなく、子供の好奇心も満たしてあげるやり方を探しましょう。


悪い例2. ダイエット

ダイエットをし始めたら、特定のものが食べたくなってしまったという経験がありませんか。ダイエット中だから「甘いものは食べてはダメ」「炭水化物は控えめに」と思うことで、かえってお菓子やご飯を余計に食べてたくなってしまうという心理です。

食べてはいけないと禁止されることで、ますます食べたくなってしまうのは、カリギュラ効果そのもの。食べたいという欲求と、食べてはいけないという罪悪感が混じり合い、ダイエットが辛くなってしまいます。


悪い例3. 禁煙

カリギュラ効果は悪い方向に向くのは禁煙

タバコが体に悪いものということは、喫煙者の誰もが承知していることでしょう。しかし、禁煙をしたいと思ってもなかなかできないのがタバコの怖いところ。特に周りから禁煙を強く勧められれば勧められるほど、吸いたい欲求にかられることがあります。

タバコを止めたい時は、「絶対に一本も吸わないぞ」といきなり禁煙するよりも、段階的に喫煙本数を減らしていく減煙の方が成功率が高いのもそのため。

カリギュラ効果を意識して、ゆっくり取り掛かることが大切です。


カリギュラ効果を上手に利用してみましょう。

カリギュラ効果を上手に利用しよう

禁止されればされるほど、かえってやりたくなるカリギュラ効果。人間の天邪鬼な心理現象を利用したマーケティング手法なのですが、人間付き合いや恋愛面でも、カリギュラ効果が発揮されることは少なくありません。

人間の深層心理に訴えかけ、行動を左右する効果なため、上手に使いこなすことが大切です。

今回ご紹介した成功例や失敗例を参考に、ぜひビジネスや日常生活の中でもカリギュラ効果を意識して使ってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事