セカンドパートナーとは?メリット/デメリットと出会い方を解説

「セカンドパートナー」という言葉を聞いたことはありますか?本記事では、セカンドパートナーの意味や、浮気との違いから、セカンドパートナーを作るメリット/デメリット、関係を築く上での条件まで解説!さらには、セカンドパートナーと出会う方法や、おすすめのデートスポットまでお教えします。

セカンドパートナーに出会いたい方へ。

セカンドパートナーのメリット・デメリット&出会い方

近年では、仕事だけでなく、パートナーまで複数掛け持つ女性や男性が増えてきました。一見セカンドパートナーと聞くと、とても悪いことなのではないかと印象を受けてしまいがちですよね。

しかし、セカンドパートナーを持つことによって、実はいくつものメリットがあるのです。

今回はそんなセカンドパートナーに興味を持っている方のために、セカンドパートナーがいることのメリットやデメリット、出会う方法なども合わせて紹介していきます。


セカンドパートナーとは?意味や定義をお教えします!

セカンドパートナーとは配偶者以外の男女と親密な関係になること

セカンドパートナーとは、配偶者ではない人と男女の親密な関係を持つことです。配偶者にできない相談をもちかけたり、連絡を頻繁にとったりなど、様々な交流をもちます。

配偶者で補えない部分を、セカンドパートナーで埋めることにより、配偶者との関係も良好になるという仕組みです。

時にはキスや、ハグもすることはありますが、決して男女の肉体関係を結ぶことはありません。


「浮気」と「セカンドパートナー」は何が違うの?

浮気との絶対的な違いとしては、肉体関係がないことです。肉体関係を結んでしまうと、不貞行為となってしまい、離婚へつながってしまいます。

セカンドパートナーとは、あくまでも恋人以上不倫未満というスタイルを守ることがルールです。

セカンドパートナーは、配偶者を一番に考えての関係なので、浮気のように離婚を招くようなことはしません。


セカンドパートナーはどこまでOKなの?キスやハグは?

セカンドパートナーは、基本的には法に触れないところまでOKです。なので、肉体関係を持ってしまうのはNG。

あくまでも配偶者との関係を悪くしないことが前提としての関係なのです。キスやハグをすることはあり、恋人のように手を繋ぎながらデートをすることもあります。

配偶者にはできない相談ごとをもちかけたり、信頼関係も結ぶことができます。


セカンドパートナーのメリット/デメリットとは?

セカンドパートナーのメリット。デメリット

セカンドパートナーがいることによって、どんな風に生活が変わっていくのか想像がつきませんよね。

セカンドパートナーをもつことは、変わらない日常にたくさんのメリットをもたらしますが、もちろんデメリットも存在します。

ここからは、具体的にどんなメリット/デメリットがあるのかをご紹介していきます。


セカンドパートナーのメリット

後ろめたいイメージを持っている人もいるかもしれませんが、セカンドパートナーをもつことで様々なメリットを受け取ることができます。

ここからは、セカンドパートナーをもつことによって、具体的にどういったメリットが生じるのか、いくつかご紹介します。


メリット1. 相談できる相手ができる

配偶者には相談しにくいことや、中には話を聞いてもらえないという人もいますよね。

そんな時、第三者であり親密な関係性にあるセカンドパートナーに胸の内を打ち明けることによって、意見をもらえたり精神的に支えてもらえることができるのです。

友人よりも親密な関係なので、熱心に聞いてもらうことにより、安心を得ることもできます。


メリット2. 異性と関わることで、自分磨きをするきっかけになる

セカンドパートナーのメリットは自分磨きのきっかけになる

配偶者以外と関わることで、結婚してからもフレッシュな気持ちでいることができます。

関心を抱いてくれない配偶者だけでは、モチベーションも下がってきてしまいますが、自分を見てくれてる人がいることによって、独身の頃のようにもっと自分を高めようという気持ちが出てきます。

自分磨きを積極的に行うことで、綺麗になるだけでなく、配偶者との関係も修復できることがあります。


メリット3. 心に余裕が生まれやすい

人間は幸せを感じると、他人にも優しくなれるものです。誰かに必要とされている、愛されているということで心が満たされ、余裕が生まれてくるのです。

配偶者とうまくいかない時があったとしても、セカンドパートナーという存在がいることで、逃げ道ができ、心を立て直すことができます

配偶者に求めすぎてしまうこともなく、余裕を持った対応ができるようになるのです。


メリット4. 生活のオンオフをつけやすい

夫婦人生は長いもので、ついつい馴れ合いになってしまいがちですが、セカンドパートナーという刺激を加えることによりイキイキとした生き方ができるようになります。

長い結婚生活でマンネリ化してきてしまっても、セカンドパートナーから刺激を受けることができるのです。

安定は悪いことではありませんが、生きてくうえでオンオフをつけるのは、より生活の質を向上させることに繋がります。


セカンドパートナーのデメリット

良いことばかりではなく、無視できないデメリットも存在します。

生活をより良くしようと考えてセカンドパートナーを作ったとしても、デメリットの方が大きくなってしまったら元も子もありませんよね。具体的にどんなデメリットが出てくるのかをご紹介いたします。


デメリット1. バレてしまった時に離婚の原因になってしまう可能性がある

セカンドパートナーのデメリットは離婚の原因になる

いくら法に触れてないからといえ、独身のように好き勝手やってしまうのはNGです。配偶者が嫌だと感じてしまったらそれまでです。セカンドパートナーは配偶者ありきの関係なので、配偶者が離婚だといえば反論のしようがないですよね。

肉体関係がないとしても、他の異性と仲良くされることを嫌がる人もいるので、絶対に離婚にならないという話ではないため、十分な配慮が必要になってきます。


デメリット2. 周囲から理解が得られにくい

いくら自分が納得しているからといって、周囲に同調を求めたとしても、理解してもらえないことが多いでしょう。他の異性と親密になる関係は、浮気だと捉える人が多く存在します。

まだまだセカンドパートナーという関係は浸透しておらず、独身のようにオープンにはできないケースが多く存在します。

そのため、どうしても隠すような、コソコソしたら付き合いを強いられてしまいます。


デメリット3. 肉体関係を持ち、不倫になってしまう事が多い

セカンドパートナーと割り切るのは、簡単なことではありません。気持ちが通じ合っていて、体を重ねてしまうというのは自然なことですよね。

セカンドパートナーは、肉体関係をもつことができないですが、キスやハグをしているうちに、独身のようについ一線を超えてしまい不倫に至ってしまうケースも多く存在するのです。

配偶者を軸におき、セカンドパートナーには、それ以上を求めないという強い意志がないと、継続が難しくなります。


セカンドパートナーとの関係を築く上で、必要な4つの条件

セカンドパートナーの条件

生活の質を上げたくてセカンドパートナーを作ったのに、ストレスになってしまっては意味がありません。

セカンドパートナーの関係性を良好に保つためにはいくつかの条件を守っていく必要があります。

それは一体どういった内容なのか、4つに絞り条件していきます。


条件1. お互いが干渉しすぎない

セカンドパートナーとは、距離感が重要です。あくまでも配偶者が一番大切なので、セカンドパートナーにあれこれ求めすぎてはいけません。

好きになりすぎてしまい、干渉し始めるようになってしまうと、お互いに歯止めが効かなくなってしまい私生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

足りない部分を補う相手だということを忘れないようにしなくてはなりません。


条件2. 何があっても、体の関係を持たない

離婚してしまっては元も子もありません。

配偶者がいるから、セカンドパートナーなのに、その配偶者を手放すようになってしまっては、関係が成立しませんよね。

体の関係を持って不貞行為となり、離婚をすることはご法度です。独身のようにキスやハグをしていたとしても、節度を守りましょう。セカンドパートナーに対し、それ以上の気持ちを持ってしまうと、良好な関係は続けられなくなってしまいます。


条件3. 現在のライフスタイルを崩さないようにバランスを取る

セカンドパートナーの条件

セカンドパートナーとは、補い合うということを忘れずに。自分の私生活に支障をきたしてまで関係を続けているのであれば、それはもうセカンドパートナーというくくりから外れてしまっています。

お互いにメリットを感じるところ積極的に行っても良いですが、無理をしてしまうのであればやめましょう。

バランスが崩れないように、自分のライフスタイルを重視しながら関係を続けていくべきです。


条件4. お互いが自立した関係を保つ

セカンドパートナーがいないと生きていけなくなってしまってはいけません。お互いの私生活はしっかりと切り離し、なあなあにならないように意識するようにしましょう。

お互いに依存し過ぎてしまうと、家庭にまで悪影響がおよび、配偶者から別れを切り出されてしまうこともあり得ます。

セカンドパートナーとは、男と女であってもあくまでもセカンドということを忘れずに、自立した関係を保ちましょう。


セカンドパートナーと出会う5つの方法

セカンドパートナーを作りたいけど、どうすればいいのか分からず、行動に移せない方も多いはずです。

ここからは自分に合ったセカンドパートナーに出会うために、おすすめの方法を5つ紹介していきたいと思います。


出会う方法1. 合コンや街コンなどの飲み会で出会う

セカンドパートナーと知り合う方法は飲み会

お酒を飲んで緊張がほぐれたところで、気軽にセカンドパートナーを探すことができます。

女性も男性も気軽な気持ちで参加していることが多く出会いにも積極的になっていることから、セカンドパートナーを見つける成功率は上がることでしょう。

生活の不満などを語り合いながら、自分に合った女性や男性を見つけられます。


出会う方法2. 居酒屋や行きつけのバーで出会う

自ら出会いを探していると知られるのが、恥ずかしいと感じる人もいますよね。居酒屋やバーなどで意気投合し、自然とセカンドパートナーになることもできます。

合コンなどが恥ずかしい人でも、アルコールが入った状態で自然と会話が盛り上がるので、奥手な人でも女性や男性と出会いやすい状況といえるでしょう。

わざわざ出会いを探している訳ではないという雰囲気を装えるので、自然な出会いを求めている女性にもおすすめです。


出会う方法3. 趣味や習い事のコミュニティで出会う

セカンドパートナーと知り合う方法は習い事

セカンドパートナーに、共通する好きなものがあったら楽しいですよね。

コミュニティには興味がある、それが好きだという人が集まっているので、その中でセカンドパートナーができるととても楽しい関係が作れます。

初めからお互いの趣味が共通しているので、話題に困ることもなく、自然と距離を縮めていくことができます。


出会う方法4. 職場や取引先で出会う

職場や取引先で出会った異性は、セカンドパートナーへの発展がしやすいです。職場で信頼関係を築いているうちに、それ以上の関係になることや、取引先で好みの異性と出会うこともあります。

職場の人間は、共に過ごす時間が長くなることから、親近感がわきやすく、比較的セカンドパートナーを見つけやすい環境にあるのです。

仕事を通じて、飲み会や社員旅行など、距離を縮めることができるイベントも多く存在します。


出会う方法5. 出会い系アプリや、SNSで出会う

セカンドパートナーと出会う、手っ取り早い手段と言えます。

セカンドパートナーを探している人を、ダイレクトに探すことができるし、合コンのように直接会うことなく気軽に始めることができます。

躊躇してしまう人でも、お互いの個人情報を明かすことなく、やりとりを始めることができるので、警戒心もなく楽しくコミュニケーションを取ることが可能です。

【参考記事】はこちら▽


セカンドパートナーとのおすすめのデートスポットとは

セカンドパートナーとのデートはカラオケ

良好に関係性を保っていくためにも、セカンドパートナーとのデートは場所選びをしっかりと考えなくてはなりません。

大っぴらにデートはできないけど、楽しみたいものですよね。

そこで、セカンドパートナーとのおすすめデートスポットを厳選してご紹介いたします。


デートスポット1. ネットカフェ

ネットカフェなら、室内でまったりデートを楽しむことができるので、お互いの家で会うことができない人たちにおすすめ。

堂々とキスをすることもできるし、漫画やゲーム、カラオケがある施設も存在するので飽きることなくデートを満喫することができます。

料金設定も安いところが多いので、お財布事情に負担をかけることがないのもメリットの一つです。


デートスポット2. 個室がある飲食店

オープンな飲食店では、知り合いに合わないか気になって、食事に集中することができませんが、個室なら落ち着いて食事を楽しむことができますよね。

ゆっくり食事を楽しみながら、お互いの話をして、距離を縮めていくこともできます。

料金設定はまちまちなので、お互いの私生活に支障をきたさない場所を、一緒に探してみるのも良いでしょう。


デートスポット3. ドライブ

セカンドパートナーとのデートはドライブ

人目につかない車内なら、好きなことを話せるし、堂々とキスをすることもできますよね。

知ってる人がいないところまで遠出するのも良いですし、普段配偶者とデートをすることがなくなってしまっている人には良い刺激になるでしょう。

音楽を聴きながら、リラックスできる空間を共有することもできるので、カップルのようにデートを楽しむこともできます。


デートスポット4. カラオケ

カラオケは個室なので、誰かに見られてしまうかもとビクビクする必要がありません。

歌を歌って盛り上がることもできるし、お酒を頼んで二人で飲むこともできます。歌を止めて、個室で語り合うこともできるので長時間居ても飽きずに楽しめます。

料金も安いので、セカンドパートナーとのデートにぴったりの場所といえるでしょう。


セカンドパートナーはいい面もありますよ。

セカンドパートナーは良い面もある

マイナスイメージだったセカンドパートナーは、実は悪いことばかりではないということがわかりました。

割り切ることで、たくさんのメリットが生じ、配偶者との関係までもが良好に保つことができます。

ずっと同じ生活を続けていくことにうんざりしているのなら、セカンドパートナーを作りイキイキとした人生に変えるのも悪くないでしょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事