自分が情けないと感じる男性へ。辛い気持ちから立ち直る方法を紹介!

仕事やプライベートが上手く行かなくて「自分が情けない」と感じる瞬間ってありますよね。そこで今回は自分が情けないと感じたときに試したい対処法を8つご紹介!また、自分が情けないと思ってしまう理由と瞬間を知って、もう二度と同じ悔しい思いをしないように努力してみましょう。

自分が情けないと感じた時の対処法を大公開!

辛い気持ちから立ち直る方法

仕事で大きな失敗をした時や恋愛で失恋した時、さらには試験勉強したのに本番でうまくいかなかった時、「自分は情けないな」と思うことも少なくないはず。

この記事では、自分が情けない時の男性の心理や自分が情けないと感じる理由、さらには情けない自分から立ち直る方法や対処法について解説します。

自分が情けない時はぜひ参考にして、ぜひ参考にして、情けない自分から立ち直ってみてはいかがでしょう


自分が情けないと思う男性の心理って?

恋愛などで「情けないな」と思わず思ってしまう時、いったいどういう心理が働いているのでしょうか。ここでは、自分が情けない時に感じる男性の心理について解説します。

情けないと感じる心理について気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1. 思い描く理想と現実の差が歯がゆい

完璧主義な男性や自分に対して責任感が強い男性の場合、思い描く理想と現実が離れてしまった時に劣等感を感じて、「情けない」と思ってしまいます。

例えば仕事で営業する時、頭の中は「こんな風に進めていこう」と思っていても、実際に商談すると思い通りにいかないことも多いでしょう。学生の時、必死に勉強したのにいい点数が取れなかった時多かったはず。

あるべき姿を強く思えば思うほど、現実との差に悔しいと感じやすいでしょう。


2. 自分より優れた人を見て嫉妬している

仕事が自分よりできる人や勉強ができる人など、自分との比較だけでなく、相手と比較して劣等感を感じて辛いと思いがち

他の優れた人と比較して、「あの人はできるのにどうして自分は…」などとあれこれ嫉妬してしまい、最終的に「自分が情けない」と思ってしまう可能性も少なくありません。

特に周りを気にして行動できなかった時は、必要以上に情けなく感じやすいでしょう。


3. 思ったより自分の能力がないことに失望している

自分の能力を過信しすぎた結果、できなかった時のギャップを感じて「自分が情けない」と悔しい気持ちになることも。

「これくらいはできるだろう」と自分に期待している度合いが高いほど、できて当たり前だと思っていたことができないと、失望感も大きくなります。

「こんなはずではなかったのに」と辛い気持ちになり、自信喪失してしまう人も少なくありません。


自分が情けないと感じる瞬間や理由とは

いったいどういうところで「自分が情けないな」と感じるのでしょうか。ここでは、自分が情けない時や情けないと思う理由について解説します。

情けないと感じる理由を参考にして、自分と照らし合わせてみてくださいね。


理由1. 周囲の人の方が優れていると感じた時

勉強など周りの男性と比較して自分が劣っている時、劣等感が働くので「自分が情けない」と思うようになります。

優秀な兄弟がいたり、大学の友達が大企業に就職したり、自分より優れた部分を見ると嫉妬してしまう可能性も少なくないでしょう。

他人の自分には持っていないような部分を見ることで、自分を不完全に感じて責めてしまいがちです。


理由2. 自分の言った約束を守れなかった時

人との比較だけでなく、自分との約束が守れなかった弱さも大きな理由になりがち。

「今月は5万円貯金する」「毎日2時間勉強する」など、自分自身で誓った約束を破ってしまった時、自分の心の弱さを感じて「自分が情けないな」と思ってしまうこともしばしば。

「どうしてこんなことも守れないんだろう」と、自分が自分を信じられなくなり失望する可能性もあるでしょう。


理由3. 周囲からの期待に対して応えられなかった時

周囲から「頑張れよ」と期待されていた時、その期待に応えられないことで自分の能力に絶望して、情けなることも少なくありません。

大事な商談でうまくいかなかったり、重要な試合で負けてしまったり、期待が大きければ大きいほど責任を感じてしまうもの。

期待してもらった人に合わせる顔がなく、「こんな自分が情けないな」と自分を嫌いになる可能性もあるでしょう。


理由4. 大きな失敗や失恋をした時

仕事などで大きなミスをした時や恋愛でフラれた時、自分の力のなさに対して情けないと思いやすいです。

仕事でも恋愛においても、成功するよう努力したにも関わらず成果がついてこない場合、頑張ってきただけに、そのギャップに絶望してしまうこともしばしば。

特に真面目な人だと、「こんなこともあるか」と考えられないので、ますます自分に対して悔しいと感じて泣くケースもあるかもしれません。


理由5. 周囲が普通にこなせることを自分ができなかった時

勉強など周りは普通にできていることでも、自分ができないと猛烈な劣等感を感じて情けないと感じることも。

「なぜ自分だけ…」「周りはできているのにどうして…」と自分をどんどん追い詰める人も少なくありません。

自分の中の葛藤だけでなく、「自分だけできない」と周りの目も気になってしまい、ますます自分が嫌いになる可能性も。


理由6. 責任転嫁して障害から逃げてしまった時

自分の脆さに直面した時に、「自分が情けない」と辛い気持ちになるケースも多いです。

仕事でミスした時など、「他の案件で忙しかったから」などと言い訳をして逃げてしまう人も。

ですが後で振り返った時に、「どうしてあんなことを言ったんだろう」と、逃げた自分の脆さが嫌いになって泣く可能性もゼロではありませんよ。

【参考記事】はこちら▽


情けない自分から立ち直る方法や対処法

自分が情けない時、どうすればいいか対処法に悩んでしまうかもしれません。

ここでは、自分が情けない時に立ち直る方法や対処法について解説します。ぜひ参考にして、「自分が情けないな」と思う状態から立ち直ってみませんか。


対処法1. ポジティブな言葉を口にするよう心がけてみる

自分が発する言葉は自分自身に大きな影響を与えます。いつも「自分はどうせ…」「自分が情けないな」などとネガティブなことを言っていると、性格までもネガティブになって、ますます自暴自棄になることも。

「なんとかなる」など、なるべくポジティブな言葉を述べることで、性格も前向きになり、情けない自分から立ち直りやすいですよ。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. スッキリするくらい思いっきり涙を流して泣く

仕事のミスや恋愛における失恋など、「自分が情けない」と思っている時は、どうしても感情がモヤモヤしてしまい気分も塞ぎがちに

絶望感などマイナスの感情が大きく占めている時は、思いっきり涙を流すことでスッキリさせてみるのもおすすめ。

涙を流すことで恋愛などの嫌なことが浄化され、「よし、また頑張ろう」と気分がリフレッシュするはずですよ。


対処法3. 一度距離を置いて、もう一度トライしてみる

いつまでも自分を責め続けるのではなく、一度距離を置いて客観視してみるのも対処法の一つ。何か失敗した時は、「もうやめたい」などと思ってしまうことも多いでしょう。

ですが一度距離を置くことで、「やっぱりやめたくないかも」などと前向きに思えるようになることも。気持ちも入れ替えられるので、新鮮な気持ちでチャレンジできるでしょう。


対処法4. なぜ失敗したのか見返して、次の糧に変える

何か失敗した時やできなかった時に情けないと思いがち。ですが情けないと思うだけで何もしなければ、再び同じことを繰り返してしまう可能性もあるでしょう。

情けない自分を味わないためにも、どうして失敗したのか反省してみてください。反省点を見返して改善するよう努めれば、再び同じような失敗で情けなさを感じることもないはずです。


対処法5. 自分ができること、できないことをきちんと見極める

できることとできないことをしっかり考えておくことも、情けない自分から脱却するにはおすすめしたい対処法の一つ。

自分ができないことに対して高い目標を掲げていた場合、思い通りにいきにくいので情けなさを感じやすいでしょう。できることをはっきりさせておくことで、情けないと感じる機会がかなり減らせるはずですよ。


対処法6. 無理な時は無理と言える勇気を持つ

仕事などで上司に大量の仕事を渡された時など、「無理です」と言える勇気を持つこともおすすめの対処法。上司の言いなりになって自分を追い込んでしまえば、「なんで自分だけ…」と絶望して情けなく感じる可能性も。

無理な時は無理だと言い切ることで、自分に絶望する感情も少なくなり、自然と情けないという感情も薄れていくでしょう。


対処法7. 躓いた時はプライドは捨てて、周囲に頼るようにする

何かに躓いたときは、プライドが邪魔をしていないか振り返ってみてください。

「自分が情けない」と思う人は、「できない自分を他の人に見せたくない」「できる人だと思われたい」などのプライドが働いている可能性も少なくありません。

プライドがあることで、できない自分に直面した時に自分に失望してしまうことも…。プライドを思い切って捨てて周囲に弱みをさらけ出せば、自然と周囲も助けてくれるようになり、情けなさも解消されるでしょう。


対処法8. 必要以上に人と比べるのをやめる

人は他人の人生を生きられません。他人の優れているところを羨ましく思っても、自分が変わることはありません。

自分にしかない魅力もたくさんあるはず。人と比べるのではなく、まずは自分を認めてあげてみてください。自分を大切にすることで他人と比較しなくなり、「自分が情けない」と思うことも減っていきますよ。


自分が情けないと思った時は理由を明確にして、自分に合う対処法を試してみて。

ここまで、自分が情けないと思う男性の心理や自分が情けないと感じる瞬間や理由、さらには情けない自分から立ち直る方法や対処法について解説しました。

仕事や恋愛、さらには勉強など、自分が情けない時も非常に様々。情けなさを感じないポイントとしては、他人と比較しないこと。自分のことを大切にしつつ、情けない自分から解放されませんか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事