【男女別】個性的な人の16の特徴|モテる理由から向いている仕事まで徹底解説!

「個性的だね」と言われた経験はありますか?周りからどんな意味合いで「個性的」と言われているのか気になりますよね。そこで今回は、個性的な人の特徴を16個大公開!また、個性的な人がモテる理由や恋愛傾向まで徹底解説していきます。自分が個性的な人に当てはまっているか確認してみてくださいね。

「個性的な人」ってどんな人を指すのでしょうか。

個性的な人の16の特徴

誰かに「個性的だね」と言われた場合、それは褒め言葉なのか?それとも変わった人といった、ちょっとマイナスな意味なのか?と、考えてしまったことがありませんか。

個性的とは、そもそもどういった意味があるのでしょうか。

今回は、個性的な人の特徴や魅力、向いている仕事などについて深掘りしてみます。個性的な人が「なぜモテるのか」も解説するので、周りに当てはまっている人がいないか確認してみてくださいね。


個性的な人の16の特徴とは?

個性的な人は、「個性的な男性」も「個性的な女性」も、性別関係なく存在しています。

個性的だと周りから言われるような人は、とても独特な世界観を持っていて、さらにアイデンティティも確立していて、個性的と言われるだけの理由があるのです。

個性的な人とは一体どういった人のことを言うのでしょう。まずは、その特徴について詳しくご紹介していきます。


【男女共通】個性的な人の10の特徴

個性的と一口に言っても、個性的な男性、個性的な女性、それぞれ特徴の違いがあることがあります。

ここからは、まずは、男女共通の特徴を10個ご紹介します。

自分や周りの人に当てはめながら、個性的な人について理解を深めて行きましょう。


特徴1. 絶対に譲れないマニアックなこだわりがある

個性的な人は、ブレない自分というものを持っています。そのため、たとえ周りから理解されないようなマニアックなこだわりであっても、それを貫きます。

自分の中にある軸がブレないという点が、個性的な人をつくっているとも言えるかもしれません。

そのこだわりを貫くためには、周りから「変わり者」だと思われようと、そんなことは気にしないのです。


特徴2. 自分だけの世界観を持っている

個性的な人は、自分だけが理解できる独特の世界観の中で生きている人。

その世界観は、ときに世間的な常識や一般常識のようなものが当てはまらないことも。

個性的な人は、他人からの評価を気にしない人が多いので、人からどう思われようと自分の信じる世界をとにかく大切にしています。そして、思想がとても自由なのです。


魅力あふれる個性派な人は、他人の世界観も受け入れる

自分の世界観を大切にするというと、「個性的な人は自己中なの?」と思うかもしれませんが、個性的な人は自分の世界観を大切にするからこそ、他人の世界観も尊重することができます。

個性的な人は決して自己中な人ではないのです。その世界観が理解できるものであれば、他人の世界観であっても受け入れることができます。


特徴3. 「普通やらないでしょ」と思われることを行うなど、行動が読めない

個性的すぎて考え方が独創的すぎる人の中には、あり得ない行動を平然としてしまう人もいます。

個性的な人は他人の目を気にしないので、どう思われようと気になりません。そのため、信じられない行動に出てしまうこともあります。

この行動は、行き過ぎてしまうと孤立してしまう可能性もあり、周りは行動が読めず、恐怖に感じることもあるかもしれませんね。


特徴4. 我が強く、空気が読めないことがあるので嫌われることがある

個性的な人の中には、空気が読めないタイプもいます。

そういったタイプの人は、個性的であるがゆえ、行動も自由。

そして、周りの感情なども気にせず行動してしまうので、「変わった人だな」と思われ、嫌われてしまうこともあります。

個性的な人の自由な行動は、魅力でもあるのですが、ダメな人にはダメ。全く受け入れられないという人もいます。

個性的な人は、人によって好き嫌いがはっきりと分かれてしまうタイプとも言えます。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 自分の個性が受け入れてもらえないと考えているため、基本的に嫌われてもしょうがないと思っている

個性的な人はご紹介したように、嫌われる人にはとことん嫌われてしまうことがあります。

でも、それをしっかりと受け入れることができるので、嫌われても仕方がないことと考えています。

自分のこだわりが強いことが理由で、人に嫌われた経験が何度もあるため、ある意味、嫌われることに慣れっこになってしまっているのです。


特徴6. 自分の考えを尊重するため、他人に好かれるようなことをしようとは考えない

嫌われることに慣れっこの個性的な人は、何かを変えてまで好かれようとは考えません。

自分の考え方、世界観を何よりも大切にしているので、それを理解されないとしても仕方のなことと考え、理解してくれる人とだけ付き合いをしようと思っているのです。

人はつい「誰からも好かれたい」と考えてしまいがちですが、そう割り切って生きていける点は、羨ましい部分でもありますよね。


特徴7. 周りに流されず、強い意志を持っている

他人にどう見られても気にしない個性的な人は、周りの意見にいちいち流されたりすることがありません。

人の意見に左右されないということは、とても信念がしっかりしている人だとも言えますし、意思の強さも表しています。

個性的な人は、やはり誰にも邪魔ができないような、しっかりとした自分を持っている人なのですね。


特徴8. 他人とは違った視点で考えることができるため、”天才”と言われる

個性的な人の世界観は、一般人には理解できないものがあります。

その人独自の見方で物事を考えることができ、それゆえに発想も独創的

なので、普通の人にはできないような視点で考えることができてしまうので、一般人からすると天才にうつります。

周りから見るとそういった変わった物の見方ができるという点は、憧れてしまう部分でもあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴9. 異なる着眼点を持ち、仕事では発想を評価されることが多い

個性的な人のその独自の発想は、仕事によっては、才能として発揮されることがあります。

もちろん、そうした着眼点が必要とされる仕事に就くことが大前提になりますが、独創的な発想を持たない人間からすると、羨ましい個性なのです。

また、独自の世界観を持つ個性派の人は、自分自身のことも良く見えているので、自分に合った仕事を探すことにも長けているのが個性的な人の特徴です。


特徴10. 人を惹き付けるカリスマ性を持っている

人にはない独自の着眼点を持ち、普通の人には思いもつかないことが浮かんでしまう個性的な人は、人を惹きつける魅力を持っている人とも言えます。

強烈なカリスマ性を持っている人は、世界中にも存在しますが、どの人も独自の世界観を持ち、とても個性的ですよね。

誰も真似できないような発想ができるというのは、みんなの憧れになることでもあるのですね。

【参考記事】はこちら▽


個性的な男性の3つの特徴

男女共通の個性的な人の特徴について、詳しくご紹介してきました。

個性的と言われる人には、どういった魅力があるのかについても、なんとなくお分かりいただけたのではないでしょうか。

ここからは、個性的な男性の特徴について紹介していきます。男性ならではの視点でみてみると、個性的な男性の特徴とはどのようなものなのでしょうか。


特徴1. 興味が持ったことに関しては、意外とオタク気質でどこまでも追求する

女性にもオタク気質な人はいますが、とことんまで追求してしまうオタク気質は、なぜか男性の方が多いようです。

オタク気質な人は、興味を持ったことは周りが驚くぐらい深く追求し、自分で満足できるまで追求してしまいます。

その追求の仕方が普通の人からは理解できない部分が多く、追求しすぎてしまい周りが見えなくなってしまうため、個性的な人とみられるのです。


特徴2. 「アート」など独創性が重視されることが得意

個性的な男性の中には、特に独自の世界観が重要視される、アートの分野で活躍している人も多いです。

アートなど芸術系の分野は、とことんまで追求してしまうという、個性派男性の性質が特に生かせる分野だと言えるのかもしれませんね。

その人なりの独特な世界観は、周りが理解できてもできなくても関係なく、ある意味で周りが見えていない部分も感じられるため、周囲からは個性的な人だと思われるのです。


特徴3. 自分の好きなことを話す時は、とても笑顔に喋る

個性的な男性は、自分の好きなことを話すことが大好き。

もちろんそれは、相手が自分の話に興味を持ってくれて、きちんと話を聞いてくれるということが前提です。

相手が自分の好きなことに興味を持ってくれたことが嬉しくて、きっとニコニコと笑顔で話してくれるでしょう。

自分の好きなことを理解してくれていると感じると、嬉しくなり饒舌になってしまうのです。


個性的な女性の3つの特徴

個性的な男性についてご紹介してきましたが、ここからは個性的な女性の特徴についてご紹介していきます。

個性的という同じ特徴を持ってはいるのですが、やはり性別が違えば個性も違います。個性的な女性には、やはり女性ならではの特徴があるのです。

周りにいる、個性派女性の特徴と比べながら理解してみてくださいね。


特徴1. いわゆる量産型ではなく、独創的なファッションや髪型にしている

女性の場合、その個性的な感性をファッションや髪型といった、オシャレに関して発揮することが多いようです。

ファッションが大好きな人やヘアスタイル、ヘアアレンジが大好きな人は、他の人には真似できないような、独創的なものを生み出す傾向があります。

こちらも、その世界に飛び込んだら、周りが羨むような才能を発揮する人も多いです。


特徴2. 集団の輪の中に入れず、孤独の時間を楽しむ

個性的な女性は、その独自のファッションや髪型のせいで、周りから浮いてしまうこともしばしば。

そのため、集団で行動することが苦手な人が多く、さらに集団の中にいるよりも、1人で過ごす孤独を愛する人が多いようです。

孤独でいるからこそ、自分の世界というものがより独特になり、洗練されて行くのかもしれませんね。


特徴3. 自分の主張を強くアピールできるため、物事においてサバサバしている

個性的な女性は、やはり他人にどう見られるのかを気にしませんので、人に執着することがありません。

そのため、物事に関してもサバサバと考えられるので、付き合い方もあっさりとしています。そんな付き合い方ができるのは、やはり自分自身を持っているからなのです。

自分の世界観を大切にし、自分のアイデンティティをしっかりと理解しているからこそなのですね。


意外と個性的な人がモテる?異性を魅了する個性的な人が人気の理由とは

個性的な人の特徴を男女共通するものから、男女別なものと、詳しく見てきました。

ここからは、気になる恋愛傾向についてを見てみましょう。

案外モテると言われる個性派の人とは、一体どんな恋愛ができるのでしょうか。


モテる理由1. 一般的な恋愛とは違った経験ができる

個性的な相手との恋愛は、普通の人とは違った考え方に接することができるので、一般的な恋愛とは違った経験ができると言えます。

自分で今まで普通だと思っていたことが、個性派が相手だと覆されることもあります。そんなところが、今まで経験してきた恋愛とは違った経験になるのです。

しかし、そういった部分を相手の個性と捉えれば、恋愛関係もきっと楽しむことができるでしょう。今までにない経験ができることが魅力的に見えるので、個性的な人はモテるのです。


モテる理由2. 独特の視点で物事を考えているため、自分に無いものを持っていると魅力を感じる

個性的な人は、人とは着眼点が違います。

例えば、普通の人なら怒るべき場面でも、全く違った視点で物事を見るので、個性的な人の場合は怒らないことがあるかもしれません。

それが他の人との恋愛では経験できないものなので、とても魅力的に感じられるのです。

また、そういった独特の視点や物の見方が、自分にはないものなので、一般人はつい尊敬する気持ちを抱いてしまい、モテる要素にもなっています。


モテる理由3. 彼氏、彼女の個性も受け入れてくれる

個性的な人は自分の世界を大切にするのと同様に、相手がその人の世界を大切にしていることを、受け入れてくれます。

人の個性を否定したりしないので、その人自身を否定することもありません。そういった関係は、とても心地良い関係と言えます。

相手の個性をとても大切にしてくれるというのは、個性的な世界観を持つ人ならではなのかもしれませんね。


モテる理由4. 価値観を押し付けたりはしないので、一緒にいて過ごしやすい

自分の個性を大切にしている人は、他人に自分の世界観を押し付けることはしません。

それは、自分が誰かにその人の個性を押し付けられることをとても嫌うから。

その人の考え方や思想をきちんと尊重してくれるので、お互いが一緒にいてとても過ごしやすく、気持ち良い時間を共有することができるでしょう。

それぞれを尊重した関係は、とても素敵な関係を築けますよね。そういったこともあり、個性的な人はモテるのです。


モテる理由5. 個人の時間を優先することがあるため、恋愛に気を張る必要がない

個性的な人は、男性も女性も自分の世界を大切にする人。なので、恋人がいたとしても、1人の時間も大切にします。

そういったことから、恋愛だけに集中することがなく、それぞれ自分の時間を優先して過ごすこともできます。

「四六時中、恋人と一緒にいたい!」と考えてしまう人には、向かないかもしれませんが、そこまで恋愛にのめるこむ必要がないため、恋愛をしていてもリラックスして付き合うことができます。相手に執着しすぎることがないからこそ、個性的な人はモテるのです。


個性的な人が多い職業や仕事内容って?

個性的な人の特徴や恋愛傾向について、詳しくご紹介してきました。ここからは、個性派が揃う職業についてみて行きましょう。

一般的な事務職をしている会社には、個性的と言われる人は少ないのではないでしょうか。やはり個性的な人が活躍する仕事には、憧れる人が多い仕事が揃っています。


職業1. カメラマン

カメラマンの仕事にはセンスが求められる場面が多いです。

他の人にはないような視点で物事を切り取り、それを写真におさめるのがカメラマンの仕事。

誰でも撮影できるような写真ではなく、オリジナリティのある写真を撮影するためには、その人の独自性が大きく影響します。

そういったことから、やはり個性的な人が多く活躍している職業と言えます。


職業2. 芸能人や俳優

テレビや映画、舞台で活躍する芸能人や俳優には、やはり個性的な一面が求められますよね。

芸能界は逆に、個性がない人はなかなか輝くことができないとも言えます。他の人が真似できないような発想があるからこそ、芸能人として活躍の場が広がるのです。

人前で演技をしたり、役になりきったりできるのも、自分の世界を持つ個性的な人だからこそ出来ることなのですね。


職業3. クリエイター

クリエイターは、webクリエイターや映像クリエイター、ゲームクリエイターなどなど、とても幅広い世界で活躍しています。

しかし、いずれも共通しているのは、何かを創り出す仕事だということです。そして、その創り出すという作業こそ、個性的な人の独特な世界観が役立つ分野なのです。

クリエイターは、個人で活躍している人もいれば、会社を基本として活躍している人もいます。


職業4. ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの仕事も、やはり強い個性が求められる分野。

ファッションの世界は、アイデンティティが確立した個性的な人でないと、自信を持ってファッションを生み出すことができないのかもしれません。

ファッション業界には、やはり一般世界の人とは違った、一見変わった人が多いです。そういった強い個性があるからこそ、新しいファッションを創造することができるのですね。


職業5. 作家

誰もが思いつかないような発想がなければ、できない仕事の代表でもあるのが、作家です。

小説を書く作家や、アート作品を生み出す作家など、作家と言っても内容は様々。ただ、いずれの作家でも、一般人では思いつかないような想像力が必要になってきます。

逆に考えると、独創的な人は会社勤めなどをするのは、もったいないのかもしれませんよね。


個性的な人の特徴を知って、上手に付き合っていきましょう。

世間で個性的な人と言われる人を、男女別や恋愛傾向など、様々な角度からみてきました。

個性的な人は決して付き合いづらい人ということはなく、自分の世界をしっかりと持った人と理解しましょう。

そして、お互いの個性を尊重しながら付き合えば、他の人にはない楽しさを共有することもできます。

また、自分が個性的だと言われた人は、その言葉を褒め言葉として受けとめ、自分の個性を大切にしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事