"ご足労いただき"の意味/使い方。目上へのメール例文付き|ビジネス敬語ガイド

来てもらった時に使える敬語、ご足労いただき。オフィスや会社に訪れた際に感謝を伝えられる言葉ですが、例文が気になる人も多いはず。今回は、ご足労いただきの意味から使い方、目上に使えるメールの例文、言い換えできる類語まで徹底解説。ビジネス敬語のレベルを上げましょう。

「ご足労いただき」の意味とは?

ご足労いただきは目上の人へ使えるか

「足労」とは、「他人に足を運ばせること」、「足をわずらわせること」と辞書にあり、補足すると「足を使って移動すること」の意になります

「足労」はそのまま使うのではなく、来てくれた相手に敬意を示して「ご足労」と表現するのが慣例です。「いただく」をつけると「してもらう」の意味になります。「ご足労いただき」は、ビジネスやフォーマルな場で使われることがほとんどで、日常会話として使われることはありません。そのため、社会人経験のない若年者は知らないこともあります。

「ご足労いただき」は「わざわざこちらに来てもらってありがたい」との意味を内包しており、感謝の言葉とセットして使われることが多いです。


「ご足労いただき」と「ご足労をおかけしますが」との違いとは?

ご足労おかけしますがの意味

「ご足労いただき」の類語に、「ご足労をおかけしますが、」という語があります。「おかけしますが」の「かける」とは、「こちらの都合により他人に負担などを生じさせる」の意です。そのため、「ご足労をおかけしますが、」は感謝の意よりお詫びの意が強めになります。

「ご足労おかけしますが、」は、相手にこちらに来てもらうことを了承してもらった後に使う言葉で、承諾前に使うと「相手に来てもらうのが前提」との不遜な態度と取られることもあるので注意しましょう。また、「ご足労をおかけしますが、」は、実際に相手に直接会って言うよりも、メールや電話等で使うことが多い敬語表現になります。


「ご足労いただき」の使い方を徹底解説

ご足労いただきの使い方とは

「ご足労いただき」という敬語は、実際に相手に来てもらった後に使います

「ご足労いただき」には、「わざわざ来てもらってありがたい」との謝意も含んでおり、その後に感謝の言葉を続けるのが自然です。

相手が来訪した時に挨拶として直接伝えることもあれば、お礼メールの文面でも使えます。また、「ご足労いただき」は、相手に来てもらうようにお願いする時に使う言葉ではありません。来訪を依頼する場合は、先ほどの「ご足労をおかけしますが、」を使用しましょう。


「ご足労いただき、」の後に、申し訳ありません。は使えない

「ご足労いただき」は、相手が来訪の際に謝意を表す枕ことばとして使います。状況にもよりますが、「申し訳ありません。」などのお詫びの言葉を後に続けて使うケースはあまりありません。

通常「いただく」とは、受け手の行為を示す言葉です。こちらに事情があって先方から訪問を受けた場合は、相手に配慮し、負担を生じさせる意の「かける」という語を使って、「ご足労をおかけして申し訳ありません」と伝えるのが適切です。


「ご足労いただき、」は目上の人に使えるのか。

ご足労いただきは目上の方へ使えるか

「ご足労いただき」の「いただく」は謙譲語なので、来客者なら誰に対しても使える語です。ただ、目上の人に対して使うのは好ましくないと感じている人もなかにはいます。

「ご足労」という語が目下の者をねぎらう「ご苦労さま」に似ていたり、目上の人に対しては自ら出向くほうがふさわしいと考える人がいるからです。社会人になって日が浅いなら、社内慣行ではどうなのか、上司に確認しておくのもよいでしょう。


メールでも使える「ご足労いただき、」の例文

ご足労いただきを使った例文とは

「ご足労いただき」を使った定番フレーズは以下の4つ

  • ご足労いただき、誠にありがとうございました。
  • ご足労いただきまして、
  • ご足労いただき、恐縮ですが、(恐れ入りますが、)
  • ご足労いただきたく存じます

今回は、「ご足労いただき」を使った例文を詳しく解説します。


ご足労いただき、誠にありがとうございました。の使い方

ご足労いただき、誠にありがとうございましたの使い方・例文

「ご足労いただき、誠にありがとうございました。」は非常に丁寧な言葉使いで、会社に来訪された社外の方に対して、お礼を伝える際に使うことが多いです。

「ご足労」には「わざわざ来訪いただいた」の意が込められており、予定を調整して都合をつけてくれたり、荒天のなかでも訪問してくれたことに対し、相手に最上級の謝意を伝える語と言えるでしょう。


ご足労いただき、誠にありがとうございました。の例文

  • お足元の悪い中、ご足労いただき、誠にありがとうございました。
  • 遠路からわざわざご足労いただき、誠にありがとうございました。
  • 先日は弊社までご足労いただき、誠にありがとうございました。

「ご」と「いただく」という語に、「誠に」を加えるため、かなり改まった言い方です。

悪天候や、遠方のため訪問しにくい状況のなかで、相手がわざわざ来訪してくれたことにお礼を述べる時に使ったり、相手がすでに帰った後の挨拶文としても使えます。


ご足労いただきまして、の使い方

ご足労いただきましてを使った例文・使い方

「ご足労いただきまして、」は「ご足労いただき」の類語で、文章語というより口語に近い表現です。来訪した相手を目の前にして直接伝えることが多いでしょう

「ご足労いただきまして、」の「いただく」は「もらう」という意味なので、後に続くのは謝意を示す言葉になり、「ありがとうございます」という語が使われることがほとんどです。メールやお礼状などに書く場合は、端的に「ご足労いただき」とするのがよいでしょう。


ご足労いただきまして、の例文

  • 弊社までご足労いただきまして、ありがとうございました。
  • ご足労いただきまして、誠にありがとうございます。
  • ご足労いただきまして、厚くお礼申し上げます。

この3つの文はほぼ同じ意味の文章になり、下に行くにしたがって丁寧度が増していきます。

汎用的に使えるのは一番上の文章で、2番目からはかなりかしこまった表現になるため、場の雰囲気に応じて用いるのがよいでしょう


ご足労いただき、恐縮ですが、の使い方

ご足労いただき、恐縮ですがの使い方・例文

「ご足労いただき、恐縮ですが、」は、「いただく」の語から来訪してもらった上に相手に何か頼み事をする際や、何らかの事情があって相手の来訪目的に応じることができない場合に使います

来訪を受けて早速相手との会合目的に移りたい場合や、相手と会うなかで事情が変わり次回の再来訪を依頼することもあるでしょう。また、来訪者に詫びる必要が生じた場合にも使用されます。


ご足労いただき、恐縮ですが、の例文

  • ご足労いただき、恐縮ですが、ご用意いただいた書類をお見せいただけますか。
  • ご足労いただき、恐縮ですが、次回のミーティングの相談をさせていただいてもよろしいでしょうか。
  • ご足労いただき、恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

初めの文は、就職面接などで履歴書などの書類を求められる場合によく使われます

2文目は、来訪したものの、1回で用が済まずに再来訪のためのスケジュール調整を要請された例です。稀に、来訪目的が達せられず、その理由を言うために使われることもあります。


ご足労いただきたく存じます。の使い方

ご足労いただきたく存じますの使い方・例文

ご足労に「いただく」と「存じます」をつけることにより、相手にこちらに来ていただくようお願いする意味になります

会場や参加者、展示物などの都合により、相手方では目的を達せられない場合に、理由を述べた後に「ご足労いただきたく存じます。」と締め、来訪を依頼しましょう。

「いただく」は口頭でも使いますが、「存じます」は改まった語のため、「ご足労いただきたく存じます。」はビジネス用語として用いられます。


ご足労いただきたく存じます。の例文

  • 恐れ入りますが、こちらまでご足労いただきたく存じます。
  • 講習会については当地で開催いたしますので、ご足労いただきたく存じます。
  • 当日は当社にて大型の機器を展示する予定ですので、ご足労いただきたく存じます。

初めの文は来訪を願う理由を述べた後に記載する一文です

具体的な理由の例としては、2つ目と3つ目の文例を参考にしていただくと幸いです。会場や人員、展示物などの理由により、相手方に訪問していただくのがふさわしいことを説明します。


「ご足労いただき」と言い換えられる類語

ご足労いただきと言い換えできる類語

「ご足労いただき」など、移動してきてくれた相手に対して労いの意味を伝えられる言葉はいくつか存在します。

ここからは、「ご足労いただき」と言い換えられる類語を徹底解説。

  • お越しいただき、
  • ご来社いただき、
  • ご来訪いただき、
  • お越しくださいまして、
  • ご足労くださいまして、

各類語の使い方から例文まで詳しく勉強していきましょう。


ご足労いただきの類語① お越しいただき、の使い方

お越しいただきの意味

「お越しいただき、」は「ご足労いただき、」の類語としてよく使われる基本のビジネス用語です。「いただく」は謙譲語で「来てもらった」の意になるため、使い方として目上の人に対して使うのは全く問題ありません。

「お越しいただき、ありがとうございます」はよく使われる文例です。「ご足労いただき、」と同様に、相手が来訪済みの場合に使います。「お越しいただき、」は口語でも文章語としても使え、相手に直接話したり、メールなどの文章として伝えることも可能です。

「ご足労いただき」との違い

「ご足労いただき、」は会社の上司には使えませんが、「お越しいただき、」は万人に使える言葉です。いずれも来ていただいた方に感謝の意を込めて伝える語ですが、パーティなどに招待した場合は「お越しいただき、」を使用します。

【参考記事】「お越しいただき」の使い方を解説します


ご足労いただきの類語② ご来社いただき、の使い方

ご足労いただきの類語のご来社いただき

「ご来社いただき、」は「来社」に「ご」と「いただく」をつけて、「来社した」を敬語にした表現です。自社に訪問したとの意味で、使うタイミングとしては訪問客が自社に到着した後になります

社内という場を強く意識し、相手に自社訪問の謝意とともに歓迎の意を表す言葉で、自社の関係者以外なら誰にでも使えます。ごくごく基本的なビジネス用語なので覚えておきましょう。口語でもメールでも利用できる使いやすい表現です。

「ご足労いただき」との違い

「ご足労いただき、」は、こちらが指定した場所への来訪者に謝意を示す表現なのに対し、「ご来社いただき、」は自社を訪れた相手に対して使います。「ご足労いただき、」は場所を特に問いませんが、「ご来社いただき、」は自社の訪問者に限定した表現です。


ご足労いただきの類語③ ご来訪いただき、の使い方

ご足労いただきの類語のご来訪いただきの使い方

「来訪」とは「人が訪ねてくること」で、「ご来訪いただき、」は来訪に「ご」と「いただく」をつけた敬語表現です。会話としてはやや硬めですが、ビジネスシーンにふさわしいのでよく使われます。

「ご来社いただき、」と違い、こちらが指定した任意の場所で使えますが、訪問先が自社の場合は「来社」が適切なので使用を控えましょう

お客様や上司、取引先など、目上の人に対して使うのがふさわしいです。他の「ご~いただき、」の語と同様に、訪問相手がこちらに来た後に使います。

「ご足労いただき」との違い

「ご足労いただき、」は、訪問に対して感謝とねぎらいを与える表現で誰に対しても使えますが、「ご来訪いただき、」は敬語になるためお客様や目上の人に対して使います。いずれも訪問場所は問いませんが、来社の際は「ご来訪いただき、」の使用は避けましょう。

【参考記事】「来訪」の意味とは?正しい使い方を説明


ご足労いただきの類語④ お越しくださいまして、の使い方

ご足労いただきの類語のお越しくださいまして

「お越しくださいまして、」は、「いただく」の代わりに「くださる」を使った語です。

厳密にいうと、「いただく」は「(して)もらう」の謙譲語のため、こちらから相手に来訪を依頼した場合に使うのに対し、「くださる」は「(して)くれる」の敬語になり、相手側の申し出により来訪を受けた場合に使います。

「お越しくださいまして、」は敬語であるため目上の方に使うのは問題ありません。使用するタイミングとしては、すでに来訪を受けた場合に使うのが適切です。

「ご足労いただき」との違い

先ほどの説明でも分かる通り、厳密な使い分けとしては以下の通りになります。

「お越しくださいまして、」は「くださる」を使用しているため、相手側の好意による申し出により来訪を受けた場合に使い、「ご足労いただき、」は「いただく」を使用しているため、こちらから来訪を依頼して相手方の訪問を受けた場合に使うとよいでしょう。


ご足労いただきの類語⑤ ご足労くださいまして、の使い方

ご足労いただきの類語のご足労くださいまして

「ご足労くださいまして、」についても、「お越しくださいまして、」と同様の使い方になります。こちらが何らかの事情で相手側に伺うことができない場合に、相手側からの来訪の申し出があり、実際に訪問を受けた場合に使うのがよいでしょう

「くださる」という相手の行為に敬意を表する敬語を使用しており、目上の方に使うのも問題ありません。「くださる」の現在形を用いているため、すでに来訪を受けた場合に使うのがふさわしいです。

「ご足労いただき」との違い

類語としてほとんど使い分けはしませんが、「ご足労くださいまして、」は「くださる」を使用しているため、相手側の好意による申し出により来訪を受けた場合に使います。

一方、「ご足労いただき、」は「いただく」の語を使用しているので、こちら側から来訪を依頼し、それが実現した場合に使います。


「ご足労いただき」の英語表現

ご足労いただきの英語表現

  • Thank you for coming(お越しいただきありがとうございます)
  • Thank you for coming all the way to ...(遠路はるばるお越しいただきありがとうございます)
  • Thank you for your time to visit us.(お忙しいところお越しいただきありがとうございます)
  • Thank you for taking time to visit us.(お忙しいところご足労いただきありがとうございます)
  • Thank you for your trouble to visit us.(ご足労いただきありがとうございました)
  • I appreciate your trouble to come (on Sunday).([休日の日曜日]にお越しいただきありがとうございました)

英語には「ご足労いただき」にあたる単語はなく、意訳としての使い方になります。一番初めの文は平易で汎用的に使えて、しかも一番よく使われる表現といえるでしょう。「ご足労いただき」に一番近いのは「trouble」を使った最後の2文になります。これらを応用して、さらにかしこまった表現に構成することも可能です。


「ご足労いただき」を使って丁寧に相手を労おう!

「いただく」でこちら側を行為の主体ととるのか、「くださる」で相手方の行為を主体と見るのかにもよって、言葉を使うタイミングや使う相手、後に続く語の可否まで決まってきます。

ビジネスでは人と会うのも仕事の重要な部分を占めますので、「ご足労いただき」を効果的に使って、相手とのビジネスを円滑に進めましょう。

【参考記事】「ご足労」を使った例文を詳しく解説

【参考記事】「送らせていただきます」の正しい使い方を徹底解説

【参考記事】「賜る」の正しい使い方から類語まで解説します

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事