コペンハーゲンのおすすめ観光スポットとは。一人旅も楽しい人気都市を詳しく解説

デンマークの首都『コペンハーゲン』。カラフルな街並みが美しく、北欧の中でも特に人気のある都市です。今回はそんなコペンハーゲンのおすすめ観光名所を25スポット厳選。穴場スポットから定番の観光地まで詳しくご紹介します。コペンハーゲン旅行を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

コペンハーゲンってどういうところ?

コペンハーゲンでおすすめの観光名所

デンマークの首都・コペンハーゲン。北欧の中でも特に人気がある観光都市のひとつです。カラフルな建物が並んでいて、何と言ってもおしゃれな街並みが見どころ。比較的治安の良い都市なので、子連れの家族旅行や一人旅でも安全に旅行を楽しめますよ。

また、コペンハーゲンではお土産にぴったりな可愛い北欧雑貨がたくさんあります。近年日本でも大人気の北欧デザイン。旅行の際は、ぜひ買い物も楽しんでくださいね。

さらに、コペンハーゲンには『コペンハーゲンカード』という、博物館の入場料や交通機関の利用が無料になるお得な券があります。値段は一日券で約6,500円。やや高いように感じるかもしれませんが、実際は3つの博物館を観光すれば元が取れます。物価が高い都市なので、観光の際は利用することをおすすめしますよ。

それでは早速、コペンハーゲンでおすすめしたい観光名所を25個ピックアップ。定番の名所から穴場スポットまでご紹介しますので、旅行の参考にしてくださいね。


スポット1. 【定番編】コペンハーゲン市庁舎

コペンハーゲンでおすすめの観光地はコペンハーゲン市庁舎

コペンハーゲンに行ったらぜひ訪れていただきたいスポットが『コペンハーゲン市庁舎』です。赤いレンガの壁が特徴的で、おしゃれな雰囲気が漂っています。コペンハーゲンのトレードマークのような存在で、観光客の定番フォトスポットにもなっているんですよ。

そんなコペンハーゲン市庁舎の見どころは、時計塔にある『天文時計』。時間の誤差は、300年に0.4秒しか出ないんです。驚きの正確性で、訪れる人々から高く評価されています。

コペンハーゲンカードがあれば、ガイドツアーを無料で楽しめます。歴史に触れたいときはぜひ利用してみてくださいね。


コペンハーゲン市庁舎の詳細

公式サイトで見る


スポット2. 【定番編】ニューハウン

コペンハーゲンでおすすめの観光地はニューハウン

コペンハーゲンの定番観光地『ニューハウン』は、運河沿いにあるスポットです。イエローやグリーン、ブルー、パープルなど、色とりどりの建物が並んでいます。風景を眺めながら歩いているだけでも、十分楽しめるでしょう。暗くなるとライトアップされ、ロマンチックな雰囲気が漂います。

そんなニューハウンには、たくさんのレストランがあります。デンマークの伝統料理も堪能できるので、お腹がすいたら訪れてみてくださいね。景色を見ているだけでは子供が飽きてしまうという子連れ家族も、美味しい食事があれば楽しんで観光ができるはず。


ニューハウンの詳細

公式サイトで見る


スポット3. 【定番編】チボリ公園

コペンハーゲンでおすすめの観光地はチボリ公園

「コペンハーゲンでワイワイと盛り上がりながら楽しみたい」という方におすすめしたいのが『チボリ公園』です。この観光スポット、1843年に建てられた世界で一番古い遊園地なんです。スリル満点の絶叫系アトラクションから、子供も楽しめるほのぼのとしたアトラクションまで!

冬になると、クリスマスのイルミネーションがキラキラと輝きます。春になると、色とりどりの美しい花々が咲き誇りますよ。秋には、ハロウィンイベントも。1年中楽しめる観光名所です。

チボリ公園もコペンハーゲンカードを利用すれば、入場料が無料に。アトラクションの値段は別途かかりますので、気をつけてくださいね。


チボリ公園の詳細

公式サイトで見る


スポット4. 【定番編】人魚姫の像

コペンハーゲンの海沿いにある『人魚姫の像』は、街のシンボルのような存在です。積み重なった岩の上に座っている姿は、まるで誰かを待ち続けているかのような哀愁が漂っています。アンデルセン童話の『人魚姫』がモチーフになっているんですよ。1913年に作られて以来、コペンハーゲンの街を見守り続けています。

そんな人魚姫の像のまわりには、観光客がたくさん集まっています。このスポットに訪れたら、ぜひ人魚姫と一緒に写真を撮影してくださいね。旅行の思い出に残ることでしょう。


人魚姫の像の詳細

公式サイトで見る


スポット5. 【定番編】アマリエンボー宮殿

コペンハーゲンでおすすめの観光地はアマリエンボー宮殿

コペンハーゲンの名所『アマリエンボー宮殿』は、1760年に建てられたデンマーク王室が冬に使用する王宮です。

現在は、デンマーク女王・マルグレーテ2世がこの宮殿に暮らしています。屋根の上にデンマークの国旗が掲げられていたら、女王が宮殿の中にいる合図。ヨーロッパらしい上品なロココ調の建物が特徴的で、敷地内には広場もあります。

宝物殿は入場できるようになっているので、ぜひのぞいてみてくださいね。入場料はコペンハーゲンカードの利用で無料になります。ゴージャスなコレクションが間近で見られますよ。


アマリエンボー宮殿の詳細

公式サイトで見る


スポット6. 【定番編】ローゼンボー城

コペンハーゲンでおすすめの観光地はローゼンボー城

『ローゼンボー城』は、元デンマーク王・クリスチャン4世が建てた城です。1606年から建築が始まり、1634年に完成しました。オランダルネサンス様式なのが特徴的で、ブラウンの壁とグリーンの屋根が目印です。観光地としては1838年に開放され、デンマークの国有財産として多くの人々に親しまれているんですよ。

そんなローゼンボー城の見どころは、デンマーク王室の王冠。王冠は黄金に輝いていて、一目見れば感動すること間違いなし。こちらもアマリエンボー宮殿同様、コペンハーゲンカードで入場料が無料になりますよ。


ローゼンボー城の詳細

公式サイトで見る


スポット7. 【定番編】フレデリクス教会

コペンハーゲンでおすすめの観光地はフレデリクス教会

コペンハーゲンで有名なスポット『フレデリクス教会』は、オフホワイトの壁とグリーンの屋根が特徴的な教会です。建物に大理石が使われていることから『大理石の教会』として親しまれています。きれいなドーム型になっていて、観光客でにぎわっている名所です。入場無料で楽しめます。

そんなフレデリクス教会で注目していただきたいのが、正面にある祭壇。厳格な雰囲気が漂っていて、見れば緊張感で背筋がスッと伸びるでしょう。ガイドツアーがあるので、子連れの方は特に利用してみてくださいね。歴史に触れられるので、子供の勉強にもぴったりですよ。


フレデリクス教会の詳細

公式サイトで見る


スポット8. 【定番編】救世主教会

コペンハーゲンでおすすめの観光地は救世主教会

『救世主教会』は、1696年に完成した木造バロック様式の教会です。この教会の建物は、金のオブジェがてっぺんに付いていて、尖塔が螺旋状になっているのが特徴。少し変わった外観は、観光客のフォトスポットになっています。

実はこの尖塔、登ることも可能。頂上からは美しいコペンハーゲンの景色が見渡せますよ。

そんな救世主教会の内部には、大理石で作られた祭壇があります。まわりには美しい天使の像があり、思わず目を奪われてしまうでしょう。


救世主教会の詳細

公式サイトで見る



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事