香港のおすすめ観光地25選。定番&人気スポット特集

日本から手軽に行ける海外旅行先の一つ“香港”。女性の一人旅の地としても人気があります。ショッピングやグルメはもちろん、230以上の島々からなる香港は、エリアによってそれぞれ違う顔を見せてくれます。今回は定番から穴場まで、香港に行くなら外せない観光スポットや見どころをご紹介します。

香港ってどういうところ?

香港のおすすめ観光スポットを公開

“香港”と一言で聞くとどのような場所を思いだすでしょうか。眠らない街や独自の文化を発展しており、世界でも目が離せない観光スポットの一つになっています。

香港の正式名称は「中華人民共和国香港特別行政区」と言います。第2次世界大戦後150年以上に渡りイギリス統治国家だった香港は、1997年に中国に返還され、現在は特別行政区として独自の文化や通貨を持っています。

気候は日本より暖かく、9月中旬から2月ごろが観光のベストシーズンです。チップも基本的には不要。治安も比較的安全で、海外旅行初心者にもおすすめの旅行先だと言えます。そこで今回は香港旅行を考えている方におすすめの観光名所を25スポットお届けします。様々な魅力があるので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。


スポット1. 文武廟

日本同様に香港にも有名なお寺が沢山あります。中でも『文武廟』は、香港最古の道教寺院と言われており、いつも大勢の観光客で賑わっています。

文武廟の見所は天井から吊るされた渦巻き状の巨大なお香。1つが2週間以上に渡って燃え続けるそうで、「祀られている神への敬意を表するお清めの意味」と、「煙を絶やさず燃やし続けることで神への思いも絶やさない」との意味も込められているそうです。香港に来たら確実に押さえて起きた観光スポットになるため、足を運んでみてはいかがでしょうか。交通アクセスは「上環駅」A2出口から徒歩約7分ほど。


文武廟の詳細

公式サイトで見る


スポット2. 黄大仙

『黄大仙』は香港で最も有名なお寺の一つ。パワースポットとしても人気で、求めれば必ず願いが叶うとされるこの寺院には、国内外から連日多くの参拝者が訪れています。

参道には線香や供物、おみくじを売る店がずらりと並んでいます。ここの占いはよく当たると評判なので、訪れた際にはぜひ占ってみてはどうでしょうか。鑑定料は項目によって違いますが、基本的にはHK$20~HK$50くらい。交通アクセスは地下鉄「黄大仙駅」B3出口より徒歩3分。


黄大仙の詳細

公式サイトで見る


スポット3. 糖朝

香港スイーツブームの火付け役として、日本にも2002年に進出し、今なお根強い人気を誇っている『糖朝』。香港スイーツといえば王道の「マンゴープリン」は、可愛らしいハート形でとろけるようななめらかさの中にたっぷりのフレッシュマンゴーがゴロゴロ入っていて食べ応え抜群!

また、スイーツだけでなく本格的な広東料理も味わうことができます。日本でもお馴染みの「糖朝」ですが、ローカルな雰囲気の中で香港スイーツを味わってみてはいかがでしょうか。甘党ならきっと嬉しい観光スポットになります。


糖朝の詳細

公式サイトで見る


スポット4. 泰昌餅家

エッグタルトといえばマカオが発祥の地ですが、『泰昌餅家』は1954年創業という老舗エッグタルトのお店として人気を集めています。

ライトブルーの外観が目印で、焼き目を付けない香港タイプのタルトが食べられます。濃厚な味わいのカスタードクリームで、卵の味を存分に味わうことができます。しかも1つ9HKDと、安くて美味しい絶品スイーツに。エッグタルトが看板メニューですが、併設されている喫茶店もあるので、そこでティータイムを過ごすのも良いかもしれませんね。エッグタルトの他にドーナツも人気があるため、訪れてみてはいかがでしょうか。


泰昌餅家の詳細

公式サイトで見る


スポット5. YUM CHA

香港といえば飲茶ですが、『YUM CHA』では美味しいだけでなく可愛い&フォトジェニックな飲茶を食べれると人気急上昇中の観光スポット

キュートなブタさんの生地で、ジューシーなチャーシューをくるんだ「一籠八戒 」、コミカルな目玉が目を引く黄色い生地の中に温かいカスタードクリームがたっぷり入った「睇住流奶」。そしてヒヨコを模したパイナップルケーキ「鴿呑鳳梨」は、一般的な蒸篭の代わりに、アンティーク調の鳥かごに入れて提供されるため、注文する人々はまずは写真撮影に夢中になっています。可愛らしくて食べるのがもったいないような、グルメを堪能してみて。


YUM CHAの詳細

フェイスブックで見る


スポット6. Little Bao

ポップなキャラクターのネオンサインが目印の『Little Bao』。2017年度の「アジアのベストレストラン50」で最優秀女性シェフ賞の称号を獲得した「メイ・チョウ」さんがシェフ兼オーナーを務めています。一般的なハンバーガーとは一風違った、「包(パオ)」という中国の伝統的なバンズのアレンジ料理で人気になっています。

席はカウンターのみで、昼間の店内の雰囲気はお洒落カフェのよう。夜になると一変、ビートミュージックをBGMにした賑やかな雰囲気の中で、創作料理やお酒を味わえると地元でも評判になっているお店です。香港の絶品グルメを探している方におすすめの観光名所になります。MTR「上環駅」A2出口から徒歩約9分です。


Little Baoの詳細

公式サイトで見る


スポット7. Select 18

『Select 18』は、今香港で最もフォトジェニックなスポットとして人気がある「オールド・タウン・セントラル」にあります。様々なアンティーク雑貨が揃っているため、買い物好き、ファッション好きならぜひ足を運んでみて欲しいお店。

店主は統治時代の思い出を集めるために、アンティーク眼鏡を収集していたことがきっかけで、コレクションを始め、開店するに至ったのだとか。店内には天井からも商品が吊るされていたりと、センスが溢れるアンティーク雑貨が所狭しと並んでいます。自分のショッピングはもちろん、お土産にもぴったりなアイテムが見つかるかもしれませんね。


Select 18の詳細

フェイスブックで見る


スポット8. 摩羅上街(キャットストリート)

香港島の有名なマーケット通り『摩羅上街』。昔は「盗品市場」だったようで、香港では「盗品」のことを「ネズミ商品」と呼ぶことから、それに群がる人々が「キャット」と例えられたのが名前のルーツになります。

高価な骨董品やそのレプリカをはじめ、おもちゃのような品物までがびっしりと並んでいます。エリアは150m程と狭い範囲ですが、レトロ可愛いものが好きな人は、「上環」付近に行った際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。お店によって営業時間は様々で、だいたいお昼の12時から18時くらいまでのようです。


摩羅上街の詳細

公式サイトで見る



お気に入り

注目の記事

関連する記事