お台場のおすすめ観光名所25選。デートにも人気のスポットを厳選して紹介

東京の定番観光地として有名な『お台場』。昼も夜も1日中お台場で遊べることから、最高のデートスポットとして多くのカップルから支持されています。今回はそんなお台場のおすすめ観光名所を25スポットご紹介!定番から穴場までお台場の魅力を詳しく解説します。

お台場ってどういうところ?

お台場でおすすめの観光スポット

東京の観光地の中でも定番といえる『お台場』。カップルの王道デートスポットとしても通年大人気です。もちろん買い物できるスポットが多いため、友達同士で訪れる方も。

また、日本人だけでなく、外国人観光客もたくさん訪れています。そんなお台場は、海や公園などのゆっくりできる場所や、テーマパークなどの遊ぶ場所が充実していることが人気の秘密。

今回は、お台場でおすすめしたい観光スポットを25個ピックアップ。定番スポットから穴場スポットまで挙げていくので、観光する際の参考にしてくださいね。


スポット1. 【定番編】フジテレビ本社ビル

お台場でおすすめの観光地はフジテレビ本社ビル

お台場に来たら、まず足を運んでいただきたい観光名所が『フジテレビ本社ビル』です。丸い球体がついていることで有名な建物には、日々多くの観光客が訪れています。実際にこの建物内でも収録が行われていて、一部の場所は一般客でも入れるようになっています。大好きなテレビ局の中に入れるとあって、子連れでも飽きずに楽しく観光できますよ。

そんなフジテレビ本社ビルの中でも見るべきスポットは、『球体展望室 はちたま』。この展望室からは、お台場が一望できるようになっています。展望室は入館料がかかりますが、その他の場所は無料で楽しめるので、ぜひお台場観光の際はフジテレビに行ってみてくださいね。


フジテレビ本社ビルの詳細

  • 住所:東京都港区台場2丁目4-8
  • アクセス:ゆりかもめ「台場駅」より徒歩3分
  • 営業時間:10:00 - 18:00
  • 電話番号:03-5500-8888
  • 定休日:月曜日
  • 予算(飲食費&入館料など):展望室は一般550円

公式サイトで見る


スポット2. 【定番編】レインボーブリッジ

お台場でおすすめの観光地はレインボーブリッジ

お台場にある定番の観光名所『レインボーブリッジ』は、東京湾の上に架けられています。1993年に完成して以来、数多くの映画にも登場しているスポットです。映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』を知っている人も多いのでは?夜になると虹色にライトアップされ、美しい景色を作り出してくれていますよ。

そんなレインボーブリッジ、実は歩いても渡れるんです。1.7kmほどの長さがある遊歩道が整備されています。無料通れるので、東京湾を眺めながら散歩をしてみてはいかがでしょうか。友達と一緒に大人数でワイワイ渡るのもいいですし、カップルで一風変わったデートを試してみるのも刺激的でおすすめですよ。


レインボーブリッジの詳細

  • 住所:東京都港区
  • アクセス:ゆりかもめ「芝浦ふ頭駅」より徒歩8分
  • 営業時間:[4~10月] 9:00 - 21:00、[11~3月] 10:00 - 18:00
  • 電話番号:03-5463-0224
  • 定休日:第3月曜日
  • 予算(飲食費&入館料など):無料

公式サイトで見る


スポット3. 【定番編】お台場海浜公園

お台場でおすすめの観光地はお台場海浜公園

「東京湾を眺めながらのんびりと散歩を楽しみたい!」という方におすすめの観光スポットは『お台場海浜公園』です。砂浜のビーチには、観光客はもちろん、犬の散歩をしている人までたくさん。観光名所『レインボーブリッジ』も見られるので、ぜひ訪れていただきたい場所です。

そんなお台場海浜公園へは、夕方に行くのがおすすめ。真っ赤な夕日が東京湾に沈む姿が見られますよ。ロマンチックな雰囲気になるので、カップルのデートにもぴったりでしょう。


お台場海浜公園の詳細

  • 住所:東京都港区台場1丁目
  • アクセス:ゆりかもめ 「お台場海浜公園駅」「台場駅」より徒歩4分
  • 営業時間:24時間
  • 電話番号:03-5500-2455
  • 定休日:無休

公式サイトで見る


スポット4. 【定番編】自由の女神像

お台場でおすすめの観光地は自由の女神像

お台場海浜公園の中にある『自由の女神像』は、お台場臨海エリアのシンボルといえる名所。高さは12.25mほどあり、お台場の空に向かって高く拳を突き上げています。この像をバックにして記念写真を撮影する人も多く、人気のフォトスポットになっていますよ。

そんな自由の女神像のふもとには、春になるとピンクのきれいな桜が。春にお台場を観光する場合は、ぜひこの場所へ訪れてみてくださいね。東京湾と桜を眺めながら、自由の女神に見守られてお花見をするのもナイスな過ごし方です!


自由の女神像の詳細

  • 住所:東京都港区台場1丁目
  • アクセス:ゆりかもめ 「お台場海浜公園駅」「台場駅」より徒歩4分
  • 営業時間:24時間
  • 電話番号:03-5500-2455
  • 定休日:無休

公式サイトで見る


スポット5. 【定番編】パレットタウン大観覧車

お台場でおすすめの観光地はパレットタウン大観覧車

ライブハウスやショッピングモールなどが集まった複合型商業施設『パレットタウン』にある大観覧車もお台場の定番観光スポットです。高さ115m・直径100mで日本最大級と言われていて、子連れ家族や友達同士など、多くの観光客に愛されています。

そんなパレットタウン大観覧車からは、スカイツリー・東京タワー・東京ゲートブリッジ・レインボーブリッジといった東京の観光名所が一望できます。夜は22時まで営業しているので、夜景を眺めながらの大人のデートにも持ってこいですよ。


パレットタウン大観覧車の詳細

  • 住所:東京都江東区青海1-3-15
  • アクセス:りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩3分
  • 営業時間:[月〜木- 日] 10:00 - 22:00、[金- 土- 祝前日] 10:00 - 23:00
  • 電話番号:03-5500-2655
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):一般920円

公式サイトで見る


スポット6. 【テーマパーク編】大江戸温泉物語

Sehoon Naさん(@na_sehoon)がシェアした投稿 -

お台場は遊ぶ場所以外にも、癒しのスポットがあるんです。遊び疲れた体を癒やしたいなら『大江戸温泉物語』がおすすめ。温泉のテーマパークで、「ナトリウム塩化物強塩温泉」という本格的な温泉が楽しめるんです。館内は下町・江戸をイメージして作られていて、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう。レトロでノスタルジックな雰囲気が漂っています。

そんな大江戸温泉物語では、昭和を感じる縁日をのんびり楽しむのがいいでしょう。手裏剣投げや吹き矢、型抜きなどの縁日が人気ですよ。


大江戸温泉物語の詳細

  • 住所:東京都江東区青海2-6-3
  • アクセス:ゆりかもめ「テレコムセンター駅」より徒歩2分
  • 営業時間:11:00 - 翌9:00
  • 電話番号:03-5500-1126
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):一般(平日)2,720円〜

公式サイトで見る


スポット7. 【テーマパーク編】葛西臨海公園水族園

金澤成美さん(@nymyn56)がシェアした投稿 -

「水族館に行きたい」という方におすすめしたい観光スポットが『葛西臨海公園水族園』です。東京湾に面している『葛西臨海公園』の中にあり、日々多くの観光客が訪れています。スズキの仲間であるナーサリーフィッシュを、世界で初めて展示した水族館としても有名です。

そんな葛西臨海公園水族園の見どころは、大水槽。2,200tもの大きさがあり、1階から2階までつながっているんです。その水槽の中では、キハダマグロやクロマグロ、カツオなどの魚たちが気持ち良さそうに泳いでいます。カップルにも子連れにもおすすめのスポットですよ。


葛西臨海公園水族園の詳細

  • 住所: 東京都江戸川区臨海町6-2-3
  • アクセス:京葉線「葛西臨海公園駅」より徒歩5分
  • 営業時間:9:30 - 17:00
  • 電話番号:03-3869-5152
  • 定休日:水曜日- 年末年始
  • 予算(飲食費&入館料など):一般700円

公式サイトで見る


スポット8. 【テーマパーク編】日本科学未来館

お台場でおすすめの観光地は日本科学未来館

『日本科学未来館』は、最先端の科学技術を学びながら遊ぶ科学館です。なんと、館長を務めるのは宇宙飛行士の毛利衛さん。「最先端の科学技術を学びたい」「子供を科学に触れさせたい」という方にぴったりの観光スポットですよ。

そんな日本科学未来館の常設展は、「世界をさぐる」「未来をつくる」「おや?っこひろば」など、いくつかのブースに分けられています。その中でも「つながり」というコーナーでシンボルになっている『ジオ・コスモス』の展示は必見!約100万個ものLEDで地球を映し出しています。


日本科学未来館の詳細

  • 住所:東京都 江東区青海2-3-6
  • アクセス:ゆりかもめ「船の科学館駅」より徒歩5分
  • 営業時間:10:00 - 17:00
  • 電話番号:03-3570-9151
  • 定休日:火曜日- 年末年始
  • 予算(飲食費&入館料など):一般620円

公式サイトで見る



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事