【定番&穴場】浅草の観光スポット一覧。外国人ゲストにもおすすめの名所とは

日本人からも外国人からも観光地として人気の高い、東京・浅草。今回は、そんな浅草のおすすめ観光スポットを厳選して30ヶ所ご紹介します。定番スポットから穴場スポットまで、ぜひ浅草観光の際は参考にしてみてくださいね。

浅草ってどういうところ?

東京の下町「浅草」。昔ながらのレトロな雰囲気漂うスポットを残しつつも、新しくオープンした商業施設もあり、昔と今のどちらの良さも象徴する場所です。日本の歴史が感じられる寺社仏閣が数多くあるのが特徴。江戸情緒が漂う街並みや、おみやげ店・甘味処が軒を連ねる通りなど、見どころがいっぱいです。時代とともに変化していく浅草は、古き良き江戸情緒を残しつつ、観光客も過ごしやすい街へと変わりつつあります。


スポット1. 浅草花やしき

Renan Flavignyさん(@renan_flavigny)がシェアした投稿 -

下町浅草ならではのレトロな遊園地「花やしき」では、昔ながらのアトラクションを存分に楽しむことができます。絶叫マシンやお化け屋敷など、アトラクションの数は全部で22種類。アトラクションだけでなく、ショーが楽しめる屋内ステージもあります。

日本最古の遊園地と言われているだけあり、小さな子供から大人まで楽しめる人気スポットです。また、最近では「他の遊園地とは全く違うレトロな雰囲気がおしゃれ」と話題になり、フォトスポットとしても大人気。インスタ映えする遊園地として有名な名所にもなっています。


浅草花やしきの詳細

  • 住所:東京都台東区浅草2-28-1
  • アクセス:つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩3分
  • 営業時間:10:00 - 18:00
  • 電話番号:03-3842-8780
  • 定休日:不定休
  • 予算(飲食費&入館料など):1000円

公式サイトで見る


スポット2. 浅草寺

浅草でおすすめの観光地は浅草寺

浅草を代表する人気観光スポット「浅草寺」。古い歴史を持つ、都内最古の寺院です。浅草寺と言えば「雷門」と書かれた大きな提灯!外国人観光客にも人気の名所で、夜になると赤く光った提灯がとても綺麗です。また、本堂の西南に位置する「五重塔」も夜になるとライトアップされ、とても美しい姿に。こちらも写真スポットとして人気です。

雷門から浅草寺を結ぶ仲見世通りでは、浅草グルメを食べ歩きできます。さらに仲見世通りには、伝統工芸品などお土産もたくさんあって、一日中楽しめる最高の観光スポットですよ。


浅草寺の詳細

  • 住所:東京都台東区浅草2-3-1
  • アクセス:東武スカイツリーライン「浅草駅」より徒歩5分
  • 営業時間:夏季(4月~9月)6:00-17:00 冬季(10月~3月)6:30-17:00
  • 電話番号:03-3842-0181
  • 定休日:なし

公式サイトで見る


スポット3. 浅草神社

浅草でおすすめの観光地は浅草神社

浅草寺本堂の右隣にある「浅草神社」。三社様とも呼ばれており、土師真中知命・檜前浜成命・檜前武成命の合わせて3人の神が祀られています。

浅草神社は、利き酒会やミニコンサートなど、地元イベントも頻繁に開催しているのが特徴。毎年5月の第3金・土・日曜の3日間は三社祭が行われていて、100基あまりのお神輿が見られる様は壮観です。また、浅草神社はご利益も多様で、個性的なお守りも多く揃っています。不定期ではありますが、日光猿軍団による猿回しが見られることもありますよ。


浅草神社の詳細

  • 住所:東京都台東区浅草2-3-1
  • アクセス:「浅草駅」より徒歩6分
  • 営業時間:境内参拝自由 社務時間 9:00 - 16:30
  • 電話番号:03-3844-1575
  • 定休日:なし

公式サイトで見る


スポット4. 浅草きびだんご あづま

sakura_popo.105 さん(@sakura_popo.105)がシェアした投稿 -

雷門から浅草寺本堂へ続く「仲見世通り」は、食べ歩きができるお店が並んでいるグルメスポット。可愛いうさぎの暖簾が目印の「浅草きびだんご あづま」も、人気グルメスポットのひとつです。

きびだんごといえば桃太郎を思い浮かべますが、ここでは江戸時代に食べられていたものを再現しています。串に刺さったお餅に、たっぷりのきな粉がまぶされていますよ。実演販売を行っているので、目の前で作られたできたてを食べられるのも嬉しいポイント。夏は冷やし抹茶、冬は甘酒も人気があります。


浅草きびだんご あづまの詳細

  • 住所:東京都台東区浅草1-18-12
  • アクセス:「浅草駅」より徒歩3分
  • 営業時間:9:30 - 19:00
  • 電話番号:03-3843-0190
  • 定休日:無し
  • 予算(飲食費&入館料など):きびだんご5本入り330円

公式サイトで見る


スポット5. 元祖木村屋 人形焼本店

Hiroさん(@bzbrother_16s)がシェアした投稿 -

浅草のお土産の定番といえば、人形焼。「元祖木村屋 人形焼本店」は、明治元年に創業した老舗です。浅草に数ある人形焼店の中でも一番古く、今でも初代の味を引き継いでいます。

人形焼の形は、鳩・提灯・五重塔・雷様の4種類。できたてを提供することにこだわっており、デパートや百貨店では販売していません。購入できるのは、この店頭だけ!店頭では、目の前で職人さんが1つ1つ丁寧に焼いているところを見られます。あんこが苦手な人は、餡抜きにもできますよ。


元祖木村屋 人形焼本店の詳細

  • 住所:東京都台東区浅草2-3-1
  • アクセス:「浅草駅」より徒歩4分
  • 営業時間:[月-木- 祝- 祝前 ]9:30 - 18:30[金- 土- 日]9:30 - 19:00
  • 電話番号:03-3844-9754
  • 定休日:無休
  • 予算(飲食費&入館料など):〜¥1000

公式サイトで見る


スポット6. 常盤堂雷おこし本舗

江戸時代を彷彿とさせる外観の「常盤堂雷おこし本舗」。浅草名物の雷おこしを中心に、人形焼などの和菓子が店内に所狭しと並べられています。雷おこしだけでも種類がたくさん!定番のスタンダードからコーヒー味の変わり種など、どれもおいしそうです。生キャラメルならぬ、生雷おこしなんてものも。

また、事前予約が必要ですが、1人2000円で雷おこしの手作り体験も行われています。自分で作ったできたての雷おこしは絶品ですよ!ぜひ体験してみてくださいね。


常盤堂雷おこし本舗の詳細

  • 住所:東京都台東区浅草1-3-2
  • アクセス:「浅草駅」より徒歩3分
  • 営業時間:9:00 - 20:30
  • 電話番号:03-3841-5656
  • 定休日:年中無休

公式サイトで見る


スポット7. レンタル着物 小袖

駅から徒歩1分の好立地にある「レンタル着物 小袖」。最近は外国人観光客の方も日本の着物を着て散策している姿をよく見かけます。浅草でも着物を着て街を散策するのが流行っているんです。「着物はちょっとハードルが高い」という人におすすめなのは、浴衣のレンタル(夏季限定)。小物も全て貸してくれるので手ぶらで行けばOKです。2700円から利用することができ、人力車に乗れたり、プロのカメラマンが撮影してくれたりするオプションがセットになったプランも用意されています。ぜひお気に入りの1着を見つけて、浅草の街を散策してくださいね。思い出に残る写真をたくさん撮りましょう。


レンタル着物 小袖の詳細

  • 住所:東京都台東区花川戸1-5-3 若松屋ビル2- 3F
  • アクセス:「浅草駅」より徒歩1分
  • 営業時間:10:00 - 18:00
  • 電話番号: 03-5246-4301
  • 定休日:木曜日
  • 予算(飲食費&入館料など):2700円〜

公式サイトで見る


スポット8. 浅草文化観光センター

世界各国から観光客が訪れる浅草。「浅草文化観光センター」は、Wi-Fiやコンセントも完備されている嬉しいスポット。4カ国での案内に対応しているので、外国人観光客もたくさん訪れています。2階には誰でも利用できる検索用のパソコンも設置されており、観光の情報収集もできますよ。授乳スペースや調乳用温水器、おむつ替えベッドも完備されているので、小さいお子さん連れの方にとっても嬉しい場所。

最上階にある展望テラスは見晴らしが良く、浅草寺・スカイツリー方面を一望できる穴場スポットでもあるんです。展望台の隣にはカフェも併設されているので、一人旅で散策に疲れた時の休憩にもおすすめです。


浅草文化観光センターの詳細

  • 住所:東京都台東区雷門2-18-9
  • アクセス:東京メトロ銀座線「浅草駅」2番出口より徒歩1分
  • 営業時間:9:00 - 20:00(8階展望テラス/22:00まで、8階喫茶室/10:00 - 20:00、ラストオーダー19:30)
  • 電話番号:03-3842-5566
  • 定休日:年中無休

公式サイトで見る


スポット9. 江戸下町伝統工芸館

umekichiさん(@umekichijan)がシェアした投稿 -

江戸時代の伝統工芸について学べる「江戸下町伝統工芸館」。ここでは常時40種類、下町の歴史を引き継いだ職人によって作られた約500点もの伝統工芸品が展示されています。量産品とは違い、手仕事で作られた伝統工芸品には、温かみや味わい深さがあるものです。

1階にあるお土産コーナーでは、実際に作られた伝統工芸品が販売されています。魅了された品があれば購入できますよ。また、毎週土曜日と日曜日には職人による製作実演が行われています。なかなか見られない光景なので、ぜひ体験に出かけてみてくださいね。


江戸下町伝統工芸館の詳細

  • 住所:東京都台東区浅草2-22-13
  • アクセス:つくばエクスプレス線「浅草駅」より徒歩5分
  • 営業時間:10:00 - 20:00
  • 電話番号:03-3842-1990
  • 定休日:無休

公式サイトで見る


スポット10. まるごとにっぽん

SMART EXCHANGEさん(@smart_exchange)がシェアした投稿 -

2015年、新たに浅草の商業施設としてオープンした「まるごとにっぽん」。建物内1階は日本各地の食が集まるフロア、2階は木工品や陶器などの焼き物の日用品フロア、3階は体験をテーマにしたフロア、4階は日本中のグルメが集まったレストランフロアとなっています。

まるでビル全てが物産展のようになっており、地方の魅力がギュギュッと浅草に集まっています。特に3階では都道府県単位だけでなく、市区町村ごとにブースが設けられているので、細かい情報まで得られますよ。ほかにも、定期的にものづくり体験イベントを開催。日本を丸ごと堪能したい方は、こちらのスポットに行きましょう。


まるごとにっぽんの詳細

  • 住所:東京都台東区浅草2-6-7
  • アクセス:つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩1分
  • 営業時間:[1F- 2F]10:00 - 20:00[3F]10:00 - 21:00[4F]11:00 - 23:00(LO 22:30)
  • 電話番号: 03-3845-0510
  • 定休日:無し

公式サイトで見る



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事