ホーチミンのおすすめ観光スポット30選。定番&穴場の人気名所を厳選

“東洋のパリ”とよばれているホーチミンは、今若い女性を中心に注目されている観光地。フランス統治時代の建築物が魅力で、最近はフォトジェニックなカフェなど乙女心をくすぐるスポットが盛り沢山。今回は、定番から穴場まで、ホーチミンの人気おすすめスポットをご紹介します。

ホーチミンってどういうところ?

ベトナム最大の都市であるホーチミンは、とても活気のある街で近年はアジアの女子旅でも人気があります。カラフルなベトナム雑貨やおしゃれなカフェなども多いのが魅力的なポイントです。最近ではマッサージも人気で、ショッピングや観光を終わらせた後にちょっと疲れたからマッサージというのが若い女性の定番コースになってるんだとか。

日本からは成田空港や福岡空港など主要な場所から直行便がでており、手軽に行ける海外旅行先として人気です。東京から飛行機で6時間と、早朝便で行って深夜便で帰れば日帰りもできるほど。

今回は、そんなホーチミンのおすすめ観光スポットを25名所ピックアップ。世界遺産を見たい方は、ホーチミンの南部エリアではなく、中部または北部へと足を運びましょう!


スポット1.【観光編】ベンタイン市場

ホーチミンといえば真っ先に名前が挙がる人気観光スポット、ベンタイン市場。地元の人たちからは“台所”とも呼ばれているショッピングスポットで、現地の雰囲気を思い切り楽しめる名所になります。

ベンタイン市場では、食品だけでなく、雑貨やアクセサリーなどあらゆるジャンルのアイテムが揃うため、お土産探しにも最適。値札のついていない商品は交渉次第で決まるので、お店の人にはまず値切ってみましょう。値切り交渉もベンタイン市場での楽しみ方の1つです。ベンタイン市場は人が多く、スリも多いため、観光する時は気をつけておいてください。

公式サイトで見る


ベンタイン市場の詳細


スポット2.【観光編】ナイトマーケット

ホーチミンで毎夜行われているナイトマーケットはぜひ体験してほしいナイトスポット。ナイトマーケットは様々なエリアで開催されていますが、やはり必ず押さえてほしいのがベンタイン市場のナイトマーケットです。夜になり、ベンタイン市場が閉まるとその外に屋台が大量に並びます。開店時間は19時半~20時頃。

夜ご飯はベンタイン市場のナイトマーケットの目玉でもある屋台食堂をチョイスしてみて。ナイトマーケットでは定番のベトナム料理からシーフード系まで多種多様なグルメが揃っています。ホーチミン名物の『333』ビールを片手にアジア料理をお楽しみください!

トリップアドバイザーで見る


ナイトマーケットの詳細


スポット3.【観光編】サイゴン大教会

ベトナム・ホーチミンのおすすめ観光名所「サイゴン大教会」

通称『聖母マリア教会』とも呼ばれるサイゴン大教会は、ホーチミンの定番観光スポット。ホーチミンの中でもシンボル的存在になった観光名所で、観光客だけでなく、現地の人にとってもデートコースなどで親しまれています。

サイゴン大教会といえば、アーチ型の天井やカラフルなステンドグラス。フランス統治時代の美しい建築を楽しめるスポットとして、見ておいて損ありません。サイゴン大教会は通常の教会よりも上位で由緒正しい聖なる教会「バジリカ」の位を持ったスポットなため、ミサの時間になると教会の外に大勢の教徒が集まります。神聖な雰囲気をぜひ現地の市民と一緒に味わってみてください。

トリップアドバイザーで見る


サイゴン大教会の詳細


スポット4.【観光編】サイゴン・セントラル・モスク

1区の中心にあるサイゴン・セントラル・モスクはイスラム教徒の集まる建物になります 。多国籍・多人種が暮らすホーチミンでは、日本では見られない風景を味わうことができますよ。エメラルドグリーンを基調としたとても可愛らしい外観を抜けて中へ入ると、絨毯の敷かれた豪華な礼拝堂が顔を出します。

サイゴン・セントラル・モスクの礼拝堂は、ムスリム(イスラム教徒)でなくても気軽に入場可能です。普段はムスリムの方たちが礼拝をしたり、昼寝をしていたりするため、写真撮影の際は配慮しましょう。イスラムモスクの中では、非常にラフなため、普段着でもOKですが、女性の場合は足が露出している服装だと入り口で止められる可能性があるため、注意しておきましょう。

トリップアドバイザーで見る


サイゴン・セントラル・モスクの詳細


スポット5.【観光編】市民劇場(サイゴンオペラハウス)

観光スポットの中心となっている市民劇場はコロニアル建築で、ピンク色の外壁と細やかな装飾や彫像が美しい建物です。ベトナム戦争中は南ベトナム政府の国会議事堂として使用されたこともある歴史的にも重要な市民劇場。夜になるとライトアップされて、昼とはまた違う顔を見せてくれますよ。市民劇場の周りには、コンチネンタルホテルやパークハイアットなどフランス風の建物がいくつかあるため、さながらパリを彷彿とさせますよ。

定期的にオペラやコンサートが開催されていて、日本では考えられないほど安くチケットが出ているため、興味のある方はぜひ訪れてみてください。

公式サイトで見る


市民劇場の詳細


スポット6. 【観光編】永厳寺

ホーチミンで最も有名な寺院である、永厳寺はベトナムの伝統的な仏教建築で作られています。ベトナムの高校の教科書にも載っている由緒正しき仏教寺院で、日本に留学していた僧が帰国後に建てた寺院です。寺院の横にある鐘楼は日本の曹洞宗が贈ったものだそう。平和の鐘』と名づけられた鐘楼には「日本の佛子こぞりて捧げたる、平和の鐘はベトナムに鳴る。」と日本語で書かれています。

ベトナムは旧暦でお正月を祝うため、お祝い時期になると永厳寺も多くの人で賑わいます。お正月以外でも1日2回、僧侶と教徒が読経されているため、訪れた際は静かに見学してくださいね。

公式サイトで見る


永厳寺の詳細


スポット7. 【観光編】福海寺

福海寺は『ピンクのお寺』として親しまれている寺院。日本の観福海寺光ブックなどにはあまり掲載されていませんが、欧米の観光ブックには掲載されているため、欧米人観光客が比較的多いのが特徴です。アメリカ合衆国元大統領のオバマ氏が訪れたことでも有名な福海寺は、ぜひ訪れてみるべき観光スポットです。

外観は、ホーチミンでは珍しいピンクカラーで統一されています。現地の人たちからは子宝に恵まれる、幸福になれる、とされているんだとか。寺院内は子連れの方もいますが、やや狭いのでベビーカーなどは注意が必要です。

公式サイトで見る


福海寺の詳細


スポット8. 【観光編】メコン川

ホーチミンといえばメコン川を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。メコン川は全長約4200キロにもおよぶ長い川で、中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムと5カ国に渡り流れています。

そんなメコン川を楽しむオプショナルツアーは、観光客を中心に大人気。ツアー内容は旅行会社などにより様々ですが、ココナッツキャンデー工場や果樹園、蜂蜜農家の見学をしたり、その場でフルーツやはちみつティーを堪能できますよ。映画さながらのリアルジャングルクルーズを味わえるので、時間に余裕のある方はぜひ参加してみてください!

トリップアドバイザーで見る


メコン川の詳細



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事