33歳の転職は厳しい?30代前半で転職成功する人、失敗する人の特徴とは

33歳になって、仕事でキャリアを積んだ時、このまま同じ職場にいることに疑問を持つ方もいるかもしれません。しかし、33歳という年齢は転職が厳しいと言われてい年齢でもあります。そこで、33歳で転職に成功する人と失敗する人の特徴を踏まえて、転職成功のために何が必要かを見ていきましょう。

33歳で転職成功する人・失敗する人の特徴とは。

33歳で転職を成功させる転職エージェントの選び方

33歳の転職は20代の転職とは意味が違ってきます。

20代なら、自分に合わないから違うことをしたい、未経験でも雇ってくれるところに行きたいといった理由でもどうにかなるものです。しかし、30歳過ぎのアラサー世代を雇う場合は、企業側は即戦力を期待しています。

では、33歳で転職に成功する人と失敗する人の違いや特徴は何があるのでしょうか。33歳の男性女性は未経験職種に転職するのは難しいのでしょうか。

33歳で転職を成功させた人の特徴から、貴方が転職を成功させられる人か失敗してしまう人かチェックしていきましょう。


① 職務に必要な資格やスキルを取得しているか

33歳でスキルがないと転職は厳しいというのが事実です。

資格やスキルが必要であるとはいえ、いたずらにたくさんの資格を羅列しても、その資格で一体どのようなことができるのかと問われた時に、きちんと答えられなければスキルとしては弱いです。

まずは、貴方の強みは何かをもう一度考えてみましょう。スキルというのは、仕事に活かされて初めて用をなすのです。そのことを頭に入れて、もう一度貴方はスキルをしっかり取得しているかどうかを自己分析をしてみましょう。


② キャリアプランを持ってしっかりと実現に向けて前進しているか

貴方はどうしてこの会社に入りたいのか、この会社に入った後でどんなことをしたいのかをきちんと説明できるでしょうか。「ただなんとなく転職したい」では、面接や履歴書に訴求力がありませんし、年収アップも期待できません。

そのような質問にきちんと答えられるということが、キャリアプランを持ってしっかり前進してきたということに繋がります。

今までしてきたことと、これからしたいと思っているキャリアプランを、一度立ち止まって整理し直してみましょう。


③ 希望通りの仕事でなくても目標を持って意欲的に取り組んでいるか

仕事にやりがいを感じないから、転職したいと思っている人も多いようです。もしかしたら、貴方もそうかもしれません。

そこで、一度考えてもらいたいことが、希望通りの仕事ではないからやりがいがないと思っていないかということ。

仮に自分のしたい仕事ではなくても、目標を決めて意欲的に取り組んでいけば、それは貴方のキャリアになります。

やりがいというのは、そういうところから自然と生まれてくるもの。希望通りの仕事でなくてはできないのなら、転職してもいずれやりがいを感じられなくなる可能性があり、転職回数をただ増やしてしまうことになります。


④ キャリアアップ・年収アップなど、転職理由を明確にしているか

転職したいと思ったのはいつでしょうか。転職がただ今の仕事がつまらなくなったからというだけの理由で行われるのであれば、33歳の転職はなかなかうまくいかないでしょう。

33歳の転職はステップアップのためにきちんと準備してしなくてはいけません。スキルをきちんと蓄積して、きちんと準備すれば、転職による年収アップも夢ではありませんよ。

反対に準備をしていない、思いつきの転職ならば転職回数を重ねるたびに、仕事の条件が悪くなる可能性があるということを覚悟しましょう。


⑤ 既婚女性は妊娠・出産・子育てなど、自分の状況に合わせて働き方の優先順位を決める

33歳の既婚女性の場合は、妊活をしている方・妊娠していて出産を控えている方・子育て中の方など、さまざまなライフスタイルの変化があります。

男女差別ではありませんが、出産というのは女性にしかできない大きな役目。その大きな役目に合わせて職業を変える女性がとても多いです。

そんな忙しい時期の転職を失敗させないためにも、自分が仕事に対して何を求めるのかを優先順位を決めて明確にすることで、転職先に悩むことがなくなります。

既婚女性は、独身時代とは生活が変わるということを理解して、パートナーと相談しながら、今後のキャリアについてじっくり考えてみてくださいね。


33歳の転職はやっぱり厳しい?転職活動が失敗しないようにやるべきこと

33歳で転職活動をした男性や女性は、成功して満足のいく企業に決まった人も多いと聞きます。

成功する人がまだまだ多い年齢かもしれませんが、一方で、33歳で転職に失敗すると人生のやり直しが難しくなるという声も。

続いては、33歳の時期にする転職活動が失敗しないようにやるべきことを紹介しますので、頑張って転職活動に励みましょう。


① 既婚男性・既婚女性は家族と一緒にライフプランを立てて、転職の必要性を考える

貴方はどのようなライフプランを持っていますか。既婚の男性や女性は、独身時代とは違い、貴方の転職が家族にも少なからず影響を与えています。

まず、パートナーとこれからの人生について話し合わなくてはいけません。自分勝手に転職をするわけにはいかないからです。

最初は驚かれるでしょうが、貴方にとって転職が必要であれば、きちんと説明して納得してもらいましょう。もし、ちゃんとした理由があり、転職の必要性を説明できれば、パートナーをはじめとした家族の理解も得られるでしょう。


② 絶対に譲れない転職条件を絞って、明確にする

33歳の転職は、これから退職まで働き続けるということを前提に行います。ですから、これだけは絶対に譲れないという条件を絞り込み、明確にしなくてはいけません。

条件に合わなかったら転職する意味がないので、条件は熟考する必要があります。というのも、条件はもしかしたら10年後には変わってしまうかもしれません。独身の状態での条件と結婚してからの条件では違いますよね。

ですから、条件は多少ライフスタイルが変わっても譲れないと確信している条件で絞り込んでいきましょう。


③ 30代で未経験は厳しい事が多いため、専門性を活かした業界や経験職種に絞る

30代の転職は、20代とは違います。20代でしたら、未経験でも大丈夫な業種がたくさんあり、これから覚えていけば良いと企業も思っています。しかし、30代では、未経験者ではなく、即戦力になる人材が欲しいと思っている企業が対象になります。

ですから、自分のスキルを棚卸しして、じっくりと自分が何ができるのかを考えて、安定した公務員を目指すのか、今まで経験していた営業職を続けるのかなど、業界や職種を絞っていきましょう。


④ 転職は短期決戦。転職エージェントを利用し、集中して内定まで走りきる

時間が膨大にあるような気持ちでいると、ダラダラと転職活動をしてしまい、気づくと35歳を超えてしまっていたというようなことが起きます。転職活動をのんびりやっていてはなかなか内定が決まりません。

例えば、転職は3ヶ月で決めると自分でリミットを決めてから、集中して走りきることが大切。もし現状の仕事が忙しいのであれば、転職エージェントを利用して自分の代わりに転職に動いてもらいましょう。

転職エージェントを上手に利用することで、効率的に転職成功を目指せますよ。


業界に精通した転職エージェントなら、内定まで強力なサポートが期待できます

33歳は転職が厳しいと言われている年齢。転職をしようと決心したら、転職エージェントに登録するのが得策です。

業界に精通した転職エージェントなら、転職が初めての人にも的確なアドバイスをしてくれたり、提出書類の書き方から面接、企業の選び方まで常に強力なサポートで寄り添ってくれます。

まだ会社に在籍中で、あまり時間のない人もスムーズに転職活動ができますよ。


33歳におすすめの転職エージェント① リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績が日本一と言われる転職エージェントです。その理由は、転職サポートがとても充実しているから。

模擬面接をして面接を上手に受けられるようになったり、職務経歴書や履歴書の添削で思わず会いたくなるような魅力的な書類の書き方を指導してくれます。

公務員や医療業界など、業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが常にサポートしてくれます。また、転職回数の悩みや未経験職種への疑問にもすぐ答えてくれるので、転職活動がスムーズに進みますよ。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは、リクルートブランドのおかげで数多くの求人を紹介できます。特に、非公開求人の数が多く、求人の約80%が非公開求人です。それは、企業と強いつながりがあることの証拠でもあります。

各業界に強いつながりがあるために、キャリアアドバイザーもそれぞれの企業が求めている人材を熟知し、適材適所の紹介をしています。

また、企業の内部事情などを熟知しているために、職務経歴書や履歴書の書き方、面接の時の答え方など、それぞれの企業に合った方法を紹介できるので、入りたい企業に入りやすいというメリットもあります。

公式サイトで見る


33歳におすすめの転職エージェント② ビズリーチ

ビズリーチは会員制のエグゼクティブな転職エージェントで、主に30代から40代の即戦力になる人材の転職を扱っています。

国内はもとより、外資系の優良企業、そしてセレクトされた高水準のヘッドハンターが直接貴方をスカウトします。

まずは無料会員登録をして、スカウトを受けてみましょう。ただし、スカウトに答えられるのは、有料会員だけなので要注意。

自分のキャリアに自信があり、転職で大きくステップアップ・年収アップをしたい人におすすめの転職エージェントです。


ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチは、管理職、グローバル人材などワンランク上の転職活動をする人のための転職エージェント。会員になると、一般公開していないポジションや、自分で見つけることは困難な情報がスカウトを通して得られます。

また、スカウトを通して貴方の市場価値がわかり、これから転職活動をしていく指針になっていきます。

さらに、ビズリーチでは、数人のヘッドハンターと直接話すので、他の転職エージェントのようにアドバイザーとの相性が良くないという悩みがありません。自分と相性の良いヘッドハンターと一緒に自分のペースで転職活動を進められます。

公式サイトで見る


33歳におすすめの転職エージェント③ JAC Recruitment

JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)は特に海外への転職や外資系に強い、エグゼグティブな転職エージェントです。年代層は30代から50代が多く、高収入のポジションに特化しています。

JAC Recruitmentには、550人以上の専門性の高いコンサルタントが所属。コンサルタントは、直接企業訪問を行っており、企業の雰囲気や内情を熟知しています。

そのため、それぞれの企業が必要としている人材についてもよく把握しており、転職成功率にも実績が出ています。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

JAC Recruitmentは各地で色々なテーマの相談会を無料で行なっています。

例えば、30代と40代限定で銀行出身者のための個別相談会など。開催時間は平日の朝から午後7時頃までなので、興味があれば気軽に参加できます。

このように年齢や前職を制限したセミナーなので、男性も女性も自分の転職に活かせるはず。

そのほか、海外営業、駐在などのセミナーも多く、日系企業の海外勤務や外資系の仕事など、英語能力を生かしたい人や30代でステップアップしたい人におすすめの転職エージェントです。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

リクナビNEXTは、リクルートが運営している転職サイトです。

リクルートエージェントとは違い、キャリアアドバイザーが常に貴方をサポートしてくれるわけではありませんが、求人数も多く、業種の種類も多いので、情報を集めるために併用してみることをおすすめします。

サイトも利用しやすく、業種ごとにカテゴリーがあるだけではなく、女性の求人特集や午後5時には退社できる企業特集などのカテゴリーもあるので、既婚女性や独身女性も自分に合った仕事を多面的に見て探せます。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTには、「オーファーを待つ」というサービスがあります。

「オーファーを待つ」の使い方は、匿名で職務経歴書を登録するだけ。貴方のキャリアに興味を持った企業からオーファーがきます。オーファーを提供しているのは2万以上の企業と400社以上の提携エージェント。

「オーファーを待つ」を使っていれば、在籍中の転職で忙しく求人チェックをする時間がなくても、自動的にオーファーが来て、貴方は答えるだけという簡単な仕組み。

また、「オーファーを待つ」を利用している企業の求人は、非公開の場合が多いので、転職に成功する可能性が広がるのです。

公式サイトで見る


33歳は、転職してキャリアアップを目指せる年齢です。

33歳は、まだ30代前半でエネルギーに満ちた年齢です。いくつになっても可能性がたくさんある時代ですし、約10年の間、他の企業で働いたという実績をきちんと認識し、整理すれば「貴方のアピールポイント」がたくさんあります。

自分の長所をしっかり把握して、客観的に自分を分析することが大事です。そのためにも、転職エージェントを上手に利用して、希望通りの転職を成功させましょう。


【参考記事】東京で転職先を探す貴方におすすめの転職エージェントとは▽

【参考記事】転職エージェントの具体的な内容や流れをお教えします▽

【参考記事】職務経歴書の自己PRって何を書く?書き方のポイントを伝授▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事