ビズリーチの口コミと評判から実態を完全解説!本当にハイクラス転職ができるの?

「年収アップ」や「キャリアアップ」を叶えるビズリーチの実態を、体験者の口コミや評判をもとに徹底分析しました。就職までの利用の流れから攻略法も解説。転職を真剣に考えてる方は、ぜひ参考にしてください。年収600万円以上の転職者支持率No.1を獲得する転職エージェントに迫ります!

口コミや評判から「ビズリーチ」のリアルを徹底解説!

転職のサポートをしてくれる「転職サイト&転職エージェント」。今回はCMで有名な大手転職サイト「ビズリーチ」について、実際の利用者からの口コミや評判から実態を紐解いていきます。

どんな方が利用すると良いのか、実際の流れやビズリーチを賢く利用する"コツ"までお届けします。少しでも転職でキャリアアップさせたい方は、ぜひ確認していきましょう。


ビズリーチとは

ビズリーチ

「求めているのは即戦力」「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」のキャッチコピーでお馴染みのハイクラス中心の大手転職エージェント「ビズリーチ」。CMも頻繁に放送されているため、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。楽天イーグルの創業に携わった実業家の南壮一郎氏が2009年に創立した比較的新しい会社なのです。

しかし新興企業ながら、実は年収600万以上の転職者の支持率が1位を獲得している転職支援サービス。

主に年収750万以上の管理職やエグゼクティブ向けの求人数が多く、「年収UPを狙える」のが一つの魅力です。2,600人のヘッドハンターがユーザーの経歴を優良企業へ推薦し、企業から直接連絡が届くという流れが一般的な仕組みです。

登録すると女性に特化した「ビズリーチ・ウーマン」ができるのも大きなポイント。キャリアウーマンを目指す女性に根ざしたサービスが展開されているのも、特徴的です。

また無料プランと国内初の有料プランを展開し、以下の3つのプランから選ぶことができます。

  • スタンダートプラン(無料)
  • 年収750万以下のプレミアムタレント会員(月額:2,980円)
  • 年収750万以上のプレミアムハイクラス会員(月額:4,980円)

取り敢えずの利用は「無料プラン」

ビズリーチを利用すると最初に利用するのが「無料プラン」です。サイトを検索して求人を探したり、スカウト機能を利用して求人からスカウトを貰ったりします。しかし、一部のハイランク求人に応募することができないなど一部のサービスを利用が制限されています。

そのためどのような管理職やエグゼクティブ向けの求人が揃っているのかを確認したい方は、まずは無料会員に登録するのが良いでしょう。登録しておくだけでもスカウトなどで自分の市場価値を把握することが可能です。


厳選された優良求人の中から転職を成功させる「有料プラン」

「無料で利用できるなら有料にする必要はないのでは?」といった方もいると思いますが、実は有料会員になることでより厳選された高年収案件を探すことができ、さらにヘッドハンターやハイクラス求人からのスカウト機能を利用することができるのです。

転職希望者の経歴をもとにヘッドハンターから求人案内をされたり、直接企業へ斡旋して企業からスカウトされるという2つの側面を持ちます。このスカウト機能こそが最大のメリットと言っても過言ではないほど。どのスカウトも質が高いので、少しでも転職を有利にしたいのであれば、絶対に利用しておくべきサービスになります。

このようにビズリーチでは「無料プランで転職サイトを眺めつつ、本気で転職をしようと決意したら有料プランに乗り換える」といった使い方が基本的となります。

費用がかかってしまう点が一般的な転職サイトとの大きな違いですが、お金をかけるからこそ本当に質の高い求人を探すことができるという仕組みです。

公式サイトで見る


ビズリーチの利用者が語る。リアルな口コミ評判とは?

しかしいくら年収の高いハイクラスの求人数が揃っているといっても、「希望の転職が叶えられるかどうか」が最重要です。高給の求人が豊富に揃えていても、思い通りの転職ができなければ意味がありません。

まずは賛否の口コミ評判を参考に、ビズリーチの実態を探っていきます。「ビズリーチは本当に良い転職サイトなのか?」という観点を念頭に見ていきましょう。


ビズリーチの良い口コミ評判

ビズリーチの口コミ評判① 45歳男性:東京都 外資系金融業

「45歳を機に、語学を活かせる外資系のトップクラス企業で働いて給料UPを狙いたいと考えていました。様々な転職サイトに登録してみましたが、どれも高給を狙えそうな求人がありませんでした。

そこで出会ったのが、よくCMでハイクラス転職サイトと宣伝していたビズリーチです。まずは無料登録を行い、サイトで求人を検索をしてみたのですが、やはり転職は人生の大きな決断なので本気でやろうと(笑)。思い切って有料プランに登録してみました。

ヘッドハンターの知識がかなり専門的で、素直にお任せできると思いましたね。そのため毎日多くのスカウトが届き、多い時では50件来るときも。誰でも知っている有名大企業からスカウトが届いて、企業から評価されたのは驚きでもあり本当に嬉しかったですね。

ヘッドハンターが上手にアピールしてくれていたおかげで、書類選考・面接ともにスムーズに合格し、見事目指していた外資系企業の内定をGETしました!しかも年収は念願の1,000万超え(笑)。

色々な転職サイトに登録しましたが、少しでもキャリアアップや給料UPを図るならビズリーチが一番かなと思いました。ここの求人の質は他の転職サービスで受け取れないような超有料案件が揃っています。

職を変えるのは人生における大きな分岐であるからこそ、しっかりと選べるビズリーチを登録して良かったです。」

ビズリーチの口コミ評判② 35歳男性:大阪府 ITエンジニア プロジェクトマネージャー

「小さいプロジェクトの責任者をしていたITエンジニアです。顧客との社外の調整やプロジェクトの管理をしていましたが、規模がとても小さく現職では大規模プロジェクトの管理者になることは不可能でした。

自分でプロジェクトを回したいという目標があったため、早速ハイクラスの転職を謳っているビズリーチに登録してみました。無料会員ではできることが限られていたことと私の年収が400万であったため、月額2,980円の有料会員にグレードアップさせました。

驚いたのはスカウト機能の質の高さです。中々表に出ない隠れた名企業や、人気企業、業界大手企業など目指していた以上の求人からスカウトを受け取りました。現職のプロジェクトが忙しかったので、あまり転職活動に時間を割けなかったのですが、自分に合う企業を紹介してもらえるのはとても助かりましたね。

また自分と相性が合うヘッドハンターを選べるなど信頼できそうな人を探せるのも役立ちました。実はビズリーチを利用して1回担当者の変更を申し出ています(笑)。

そのおかげで企業に上手く斡旋してくれて、大手企業の内定を勝ち取ることができました。仕事も大手企業のプロジェクトマネージャーとまさに大抜擢。すぐに活躍できています。そこまで気にしていませんでしたが、年収も500万円にUPしています。

自分のキャリアを上げるためには、まずは質の良い求人から探すのがおすすめかなと思いました。その求人があるビズリーチで有料会員になって、スカウト機能やヘッドハントを上手に利用するのが転職を成功させる近道になると確信しています。」


ビズリーチを利用するなら有料会員がお得!

転職サイト、エージェントのほとんどは無料で利用できるため、有料と比較するとどうしてもサービスの質が下がってしまいます。「有料は費用がかかるから利用したくない」と考えてしまいがちですが、実は転職を成功させるコツが有料に眠っているとも言えるのです。

口コミ評判を見ると、ビズリーチを体験したほとんどの人が有料会員でした。中でも「求人のクオリティーが高い」といった口コミが占めており、高い満足度を示してるのが分かります。つまりこの「有料会員」こそがビズリーチの最大のメリットとなります。

もともとハイクラスな求人数が多いサービスだけあって、ビズリーチの有料サービスはその中でも普段見ることができない最高ランクの求人を揃えているのです。

公式サイトで見る


ビズリーチの悪い口コミ評判

ビズリーチの口コミ評判① 25歳男性:神奈川県 物流業

「大学卒業後何となく就職してしまい、25歳の節目で転職を考えました。英語が話せるため、今度は英語が活かせる海外勤務の企業に入りたいと。入社3年目ということもあり、年収は300万程度でしたが、ついでにスキルアップもできたら良いなと思い、CMで安心感のあったビズリーチに登録してみました。

試しに無料で使っていましたが、やはり本気なら有料会員になろうと思い、月額2,980円プランに登録しました。

しかしスカウトされた企業の質はあまり高くなく、自分でいくつか応募しましたが書類選考で落ちたりと失敗続き。そのまま退会してしまいました。ハイランクの求人が中心ということは自分の経歴もそれなりにハイランクでないと、なかなか目指した企業からのスカウトは貰えないようですね。」

ビズリーチの口コミ評判② 32歳女性:福岡県 サービス業

「職場の環境が悪く、もっと仕事がしやすい会社に入りたいと考えていました。そのためCMを放送している大手転職エージェントのビズリーチに登録してみました。

利用してから分かったのですが、無料だと求人の質があまり高くないようですね。またほとんどがスキルアップやキャリアアップといった役職や年収などが第一優先になるため、自分とは合わないなと思って結局退会してしまいました。

転職の意識が高い方が利用するなら良いと思いますが、私のように仕事のしやすさなど現状の打破が目的なら別の転職サイトの方が良いと思います。」


現職までのステータスとキャリアアップなどの強い意志が必要

「今の年収が低いと評価してもらえない」「有料会員にはならなかった」といった口コミ評判が見られました。他の転職サイトと違ってハイクラス層をメインにしてるだけあり、やはり自分のキャリアがある程度高く、有料会員を利用するといった強い意志がないと活用しにくいようです。

年収は一種のステータスである面があり、企業から評価される場合があります。そのため年収や経歴がネックになるという方は、ビズリーチのヘッドハンターや掲載する求人からはスカウトしにくいという点が浮き彫りになることがあります。

また他のサービスにはない有料サービスだからこそ質の高い求人が眠っていますが、その登録に踏ん切りが付かないと転職を効率的に進めるのが難しいようです。

「年収UP」「管理職や外資系で働きたい」「スキルをもっと向上させたい」といった仕事への貪欲さと、現状のある程度のステータスがあると効果が出やすいです。

役職者などある程度キャリアや経験を積んで、転職に関して前向きの強い意志を持つことが、ビズリーチで上手に転職する一歩と言えるでしょう。

公式サイトで見る


口コミや評判から分かったビズリーチの特徴5つ

ビズリーチの口コミ評判を良い点と悪い点に分けて見てきました。いずれにしても他の転職エージェントにはない特徴があるようです。

「質の高い求人のスカウトを受け取れる」「面接に受かりやすい」などご自身が良いと思う点を持つエージェントを利用しなければ、効果は半減します。

ではビズリーチはどのような特徴を持った転職支援サポートなのでしょうか。

ここでは口コミや評価から判断して分かったビズリーチの特徴を解説していきます。ビズリーチを利用する上での大切な判断材料になるため、一つずつしっかりと見ていきましょう。


ビズリーチの特徴1. 管理職やエグゼクティブ向けのハイクラス層の求人

「年収750万円」「外資系・管理職」といったワードが口コミで必ず出ているように、ビズリーチの一番の特徴は「求人の質の高さ」にあると言っても過言ではありません。

「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」というキャッチコピーがある通り、ハイランクの求人を中心に掲載しています。つまり「高年収」や「管理者」といった具合に、仕事に高い意識を持つ人に適切な転職サービスと言えるのです。

公式サイトで見る


ビズリーチの特徴2. 充実した有料サービス

他の転職サイトではほとんどが無料で利用できるのに対し、ビズリーチは有料で利用するプランがある少し違った形態を取っています。実はこの有料サービスを導入している理由が分かると、なぜビズリーチの求人の質が高いのかが分かるのです。

一般的にはユーザーは無料で利用でき、企業が転職サイトに掲載料を渡すことで成り立っています。しかし、「掲載料を多く払うから求人の上に表示されるようにしてほしい」といった企業からの依頼が通ってしまうのです。

しかしこの方法では求職者が本当に求める企業が後ろに隠れてしまう可能性があります。そこで役に立つのが求職者に有料プランを求めること。

求職者に利用料を請求することで、求職者と企業の双方を平等に扱い、求職者が本当に求めている企業を見つけやすくなるという仕組みです。そのため企業だけの要望で掲載順位を上げるということもありません。

また有料プランを2段階に分けることで、最適な企業を探せるのも大きなポイント。自分の現状のレベルにあったハイランクの求人のスカウトが受け取れるため、「ビズリーチを利用するなら有料サービスを利用しなければ損」とも言えるのです。


2つの有料会員の特徴

ビズリーチの有料会員には、プレミアムタレント会員(月額:2,980円)とプレミアムハイクラス会員(月額:4,980円)の2種類が存在します。実は2種類には会員になれる年収制限とサービスの質に差が出てきます。

2つの会員は自身で判断することはできず、職務経歴書の内容と年収を参考にビズリーチ独自で判断されます。


プレミアムタレント会員(月額:2,980円)
  • 年収制限:申込時の年収が750万円以下
  • タレント会員の求人とスカウト:全ての応募とスカウトの受け取りが可能
  • ハイクラス会員の求人とスカウト:応募・スカウトの受け取りが一部のみ

会員資格が年収750万円以下に限定されます。ただしタレント会員に沿ったサービスを展開するため、ハイクラス会員の求人が一部制限されます。

企業側とユーザー側の視点を持つビズリーチは、あえて会員に制限をかけることで転職者と企業が互いに選びやすい環境を作っているのです。


プレミアムハイクラス会員(月額:4,980円)
  • 年収制限:申込時の年収が750万円以上
  • タレント会員の求人とスカウト:全ての応募とスカウトの受け取りが可能
  • ハイクラス会員の求人とスカウト:全ての応募・スカウトの受け取りが可能

ハイクラス会員は年収750万円以上の高年収が対象になり、全ての求人の応募とスカウトの受け取りが可能です。


ビズリーチの特徴3. ヘッドハンターを選べる

転職エージェントとも言える側面を持つ「ビズリーチ」。その一面がヘッドハンターの存在です。

ビズリーチではヘッドハンターをランク付けする「ビズリーチスコア」制度を導入しています。各自が持つ求人数や成約数などを5点満点で評価し、D〜Sランクで表すものです。「高年収の成約率が悪い」「担当した求職者の退会」などランクを下げる要因は様々。

ビズリーチにはヘッドハンター検索機能があるため、ご自身で選ぶことができます。つまりヘッドハンターを選ぶ際に参考にするランクや評価がビズリーチスコアです。非常に分かりやすい指標なので、自分に合う人を簡単に厳選できるのが大きな特徴です。

公式サイトで見る


ビズリーチの特徴4. ヘッドハンターとの面談は"転職を成功させる鍵"となる

「ヘッドハンターが希望にあった求人を見つけてくれた」「ヘッドハンターが自分の強みを企業に丁寧に伝えてくれたおかげで書類選考も面接も大成功」といった口コミが多く、ビズリーチの利用者のほとんどがヘッドハンターを利用しているようです。

ヘッドハンターは言わば「利用者と企業を結ぶ架け橋」のような存在です。希望や条件、不安や価値観など転職のあらゆる考えを聞き、そのヒアリングによって適切な企業を紹介。職務経歴書の添削や応募する企業の面接の傾向などもレクチャーしてくれます。

そしてユーザーからヒアリングした内容をもとに応募する企業へアピール。企業が興味を持ったら書類選考や面接に進むことができます。ヘッドハンターが転職者の情報を細かく伝えているため、実は書類選考をしなくて済むことが多いことも大きなポイントです。

このようにヘッドハンター制度を取り入れることで、自分のキャリアアップやスキルアップ、年収UPなど希望を叶えてくれる求人を探すことができ、応募した企業に合格しやすくなるのです。年収600万以上の支持率1位は、求人の質の高さとヘッドハンター制度にあると言えるのです。


ビズリーチの特徴5. 20代の若者でも転職を狙えるエージェント

「ビズリーチはハイランクの求人が中心」と説明しましたが、実は20代の経験が浅い若者にも有利なのです。その理由は「若いことにある」と言えるのです。

例えば40〜50代のベテラン層であれば、ある程度の経歴を積んでいるためそれと同等かそれ以上の年収や条件に沿った求人がメインになります。つまりどうしても年齢が高いと、狭き門が多くなってしまうのです。

反対に20代の若者であればまだキャリア形成ができていない方も多く、実は多くのポジションが用意されているのです。大手や外資系でも若手を育てるという思考の企業が多く、実は20代の若いうちからキャリアアップが目指せるのです。

「管理職などのエグゼクティブ向けだから若手には向かない」などの評判も見かけますが、実は若いからこそチャンスを獲得できるのがビズリーチの特徴なのです。

公式サイトで見る


口コミや評判から判断したビズリーチがおすすめ人とは?

ここまでビズリーチの特徴を解説していきました。では実際にどんな人が利用すると良いのでしょうか。

ここからはビズリーチの利用した方が良い人と利用しない方が良い人の2パターンに分けて解説していきます。ご自身がどちらに当てはまるか確認してみましょう。


ビズリーチはこんな人におすすめ!

「給料がUPした」「大企業・高待遇の企業からスカウトが来た」「書類選考を行わず面接もスムーズに通過した」などの口コミ評判が多くありました。そこから判断すると

  • 現職より年収(給料)を上げたい
  • 質の高い求人の中から選びたい
  • 自分を必要とする企業で働きたい
  • キャリアアップやスキルアップを目指したい
  • 転職成功率を上げたい
  • 即戦力になる会社で働きたい
  • 自分の市場価値を把握したい

上記の7点が挙げられます。クオリティーの高い求人と優秀なヘッドハンター、スカウト機能などが揃っているからこその7点と言えますね。いずれかにでも当てはまる方は、まずは無料登録から試してみてはいかがでしょうか。


ビズリーチの利用が不向きな人

「年収額が低いと希望する企業のスカウトが来ない」「経歴が不安定だとヘッドハントから連絡がなかなか来ない」「キャリアアップなどの高い転職意志が必要」など悪い点の口コミからビズリーチが不向きな人が判断できます。

  • 年齢に対しての現職の年収が極端に低い
  • 年齢に対しての正社員の経験年数が浅い
  • 転職回数が多い
  • キャリアアップや年収アップなどが第一目的ではない
  • 転職活動にお金をかけたくない

以上の5点のどれかに当てはまる人は、別の転職サイトを利用する方が良いでしょう。

公式サイトで見る


登録から入社まで。サービス利用の主な流れ「8ステップ」

ここからはビズリーチで登録から入社までの一般的な流れを説明します。

ビズリーチでは8つのステップを踏んで、転職活動を行っていきます。

  1. 無料会員登録
  2. 有料会員登録
  3. ヘッドハンターによるサポート
  4. ヘッドハンターとの面談
  5. 求人に応募
  6. 書類選考 or 企業との面接
  7. 内定
  8. 入社

各ステップについて詳しく解説していきますので、順を追って確認していきましょう。


ステップ1. 無料会員登録

まず最初に無料会員登録から始まります。サイトに従って住所や年収などの基礎情報を入力していきます。

終わり次第、職務経歴書の記載に移ります。ビズリーチには職務経歴書のサンプルが用意されているので、フォーマットを参考に作成していきましょう。登録内容をビズリーチが審査した後に、利用開始になります。

ログイン後はサイト検索で様々な求人を探してみましょう。

公式サイトで見る


ステップ2. 有料会員登録

有料会員になるかどうかは任意ですが、口コミから基本的に有料会員になる方が多いようです。有料会員はタレント会員とハイクラス会員の2種類です。どちらともご自身の選択ではなく、ビズリーチの判断になります。

本気で転職を成功させるためにも、有料会員の登録を検討しておきましょう。


ステップ3. ヘッドハンターによるサポート

エージェント型の側面があるビズリーチの特徴の「ヘッドハンターのサポート」を活用します。ここでは具体的には以下の3種類を利用できます。

  • スカウト機能
  • ヘッドハンターの選定
  • ヘッドハンターの保持する求人のチェック

スカウト機能

会員登録を行うとヘッドハンターからスカウトが届くことがあります。これは「現在の年収や職務経歴書をもとに、専門のヘッドハンターが貴方に興味を持ちました」という機能です。

なおヘッドハンターからのスカウトは、優先度が高く充足しやすい場合が多いです。そのため気になる求人を持つヘッドハンターからのスカウトは、すぐに返信を送りましょう。


ヘッドハンターの選定

ヘッドハンターの能力や実績をランク付けした「ビズリーチスコア」を参考に、ヘッドハンターを選びます。優秀なヘッドハンターほどクオリティーの高い求人が多く、転職を成功に導く力が強いです。

少しでも転職を有利に進めるためにも、ぜひご自身に合うヘッドハンターを探しましょう。


ヘッドハンターの保持する求人のチェック

ヘッドハンターには業界や職種などそれぞれに得意分野があります。

例えばご自身が証券会社の管理職を志望するなら、その求人が豊富なヘッドハンターを選ぶといった具合に、求人をチェックしてどの分野に精通しているのかを確認してみましょう。


ステップ4. ヘッドハンターとの面談

ヘッドハンターとの面談を希望した場合は、指定の時間に近くのビズリーチの面談スペースで面談を行います。

電話面談も可能です

ビズリーチは転職サービスであるため、当然転職に対する本気度が高い人ほど優遇されます。そのためラフな格好ではなく、スーツなどの正装で向かいましょう。

面談時間はおよそ2時間程度を確保しておくのがベスト。内容は大きく8点です。

  • 有料会員になった理由
  • 経験した仕事の役職やポジション
  • 転職活動の期間
  • 転職に際しての条件(年収・役職・規模感・業界・職種など)
  • 転職で成し遂げたいこと
  • 長所と短所
  • 書類添削
  • 求人紹介

上記の8点を中心に話が進んでいきます。ただし8点以外にも転職に関して不安や疑問、流れなど聞いておきたいことがあれば何でも伝えましょう。

求人はその時点で適切な企業があれば紹介されることがあります。ただし場合によっては後日になることもあります。

ヘッドハンターは貴方と企業をマッチさせることが仕事です。そのマッチング率を高めるためにも、全てを伝えきるつもりで面談に臨むことが大切です

公式サイトで見る


ステップ5. 求人に応募

ヘッドハンターを通して求人に応募します。これはご自身が探したものでも紹介されたものでも構いません。ただし自分で選んだ求人に応募する場合は、必ずヘッドハンターに相談しましょう。

ヘッドハンターが保持している求人であれば、面接の傾向やアドバイスを貰うことができます。貴方の後押しをしてくれるヘッドハンターを上手に頼りましょう。

ただし「本当に自分に適切な求人を吟味して応募すること」が大前提です。紹介された求人を鵜呑みにするのではなく、自分で確認することが重要です。万が一合わない場合は、再度面談のセッティングをして、認識合わせから求人紹介をしてもらいましょう。

ヘッドハンター経由で応募した場合は、面接対策や企業とのスケジュール調整をヘッドハンターに行ってもらえます


ステップ6. 書類選考 or 企業との面接

求人に応募した後は書類と面接の選考です。書類選考は通常1回、面接は1~2回程度です。

ヘッドハンターの書類添削のアドバイスをもとに職務経歴書を提出します。ただし求人によっては書類選考を行わない場合もあります。その場合は書類選考をせずに面接です。

面接も書類選考と同様に、事前に受けた面接対策を参考に行っていきます。前もって受ける求人を相談しておけば、その企業ならではの面接傾向を聞くことができます。

面接は貴方を採用するかどうかの最後の試験です。ぜひ入念な対策を練ってから臨みましょう。


面接は時間厳守!守れなかった場合は断られる可能性がある。

社会人の原則とも言える「時間厳守」。面接が企業との初対面であることが多く、面接で貴方の第一印象が決まるとも言えます。

そんな大切な選考で遅刻をした場合はどうでしょう。確実に企業からマイナスのイメージを持たれ、面接を断られることも考えられます。緊急で遅刻する場合は、必ず事前に連絡を入れましょう。


ステップ7. 内定

面接に合格した後は無事に内定です。ヘッドハンターを利用した場合は、年収交渉から入社日程の調節を行ってもらえます。その他疑問点や不明点がある時は、ヘッドハンターに直接問い合わせてみましょう。

また内定を承諾した後は、ビズリーチからのAmazonギフト券5,000円分のお祝いを受け取ることが可能です。ぜひ自分へのご褒美に使ってくださいね。


ステップ8. 入社

内定を承諾した後は入社です。ここでビズリーチのサポートは終了になります。退職をする際は、現職と内定先の会社に迷惑がかからないよう円満退職が大切です。そのためにも入社タイミング等は必ずヘッドハンターに調整してもらいましょう。

個人情報は退会後に破棄されるため、そのまま退会して問題ありません。ただし必ずお祝いを貰ってからにしましょう。

後はヘッドハンターから頂いたアドバイスを胸に、新しい企業で活躍するだけ!ぜひ積極的に仕事をして、スキルやキャリアを向上させていきましょう。

公式サイトで見る


ビズリーチで転職を成功させるための4つの"秘訣"

ここまでビズリーチの実態を見ていきました。有料会員やヘッドハンターなど上手く利用すると、転職を効率的に進めることができます。

最後に利用者の口コミや評判をもとに、ビズリーチを活用して転職を成功させる"秘訣"をお伝えします。具体的なテクニックを見ていきましょう。


ビズリーチで転職を成功させる秘訣1. 有料会員の前にまずは無料会員から試す

有料会員がお得と解説しましたが、いきなり課金せずに、最初は無料会員でビズリーチを自由に試して、様子を見ましょう。転職の意志が固まっていない方も、少しでも転職に興味があれば、求人の閲覧だけでも大変参考になるでしょう。もし使いづらければ、そのまま退会しても問題ありません。

また会員登録で職務経歴書の審査が承認されていれば、一週間無料でプレミアム会員になることが可能です。ほぼ全てのサービスを利用することができるため、ぜひ一度試してみてくださいね。

実際にプレミアム会員を試してメリットがあると感じた方は、積極的に有料会員の申込みを!ビズリーチに登録したのであれば、せっかくならハイランクの情報を取得しにいきましょう。

公式サイトで見る


ビズリーチで転職を成功させる秘訣秘訣2. 自分が本当に望む優良案件を待つ

ビズリーチに登録すると、企業やヘッドハンターからスカウトメールが届きます。貴方にあったと判断された求人ではありますが、最終判断はご自身です。

面談時のヘッドハンターからの求人紹介も同様です。その場で即決ではなく、一度持ち帰って再度調べ直してみましょう。その情報を以って、自分にとっての優良案件かどうかを吟味する必要があります。

「なかなか良い企業が見つからず、そのまま紹介された企業に就職した」という口コミも見られますが、入ってから企業の変更は退職以外ありません。実際に入って想定と違ったということがないよう、しっかり情報集めを重視しましょう。

なかなか良い案件が見つからない場合は、そもそもヘッドハンターとの認識がズレている可能性があります。その際は再度ヘッドハンターに相談しましょう。


ビズリーチで転職を成功させる秘訣秘訣3. 複数のヘッドハンターとやり取りを行う

専門分野に特化したヘッドハンターがいると紹介しましたが、ヘッドハンターも人です。性格や話が合わないといったことがあるでしょう。

まずは複数のヘッドハンターにコンタクトを取り、どのような人物なのかを確認してみましょう。どの分野に強いか、好条件の案件の保持などの情報を獲得することができます。

また複数のヘッドハンターが応募する同じ求人を持っていた場合、複数人からのアドバイスを受け取れます。転職は言わば「情報戦」です。プロのアドバイスをたくさん取り入れて、書類選考や面接に活かしていきましょう。


ビズリーチで転職を成功させる秘訣秘訣4. ヘッドハンターと積極的に関わる

ビズリーチに限られるわけではありませんが、転職エージェントは就職が決定すると、企業からエージェントに報酬が発生します。そのため転職に積極的な人ほど手厚いサポートを受けることができます。

ヘッドハンターとの積極的な関わりは、転職意志のアピールにも繋がります。何度かスカウトをくれたヘッドハンターでも密に関われば、知られざる優良案件を紹介してくれることがあります。

豊富なスカウト量・質の高い求人・充実したフォローを受け取るコツは、まさにヘッドハンターとの関わり方にあると言えるでしょう。

公式サイトで見る


ビズリーチでキャリアアップや年収アップを目指そう!

ここまでビズリーチのリアルを解説してきました。ビズリーチには大手企業から外資系企業、知る人ぞ知る優良企業など、他の転職サイトには掲載されない求人が揃っています。

高給やキャリアアップを目指す方は、独自で転職活動をするより、専門のヘッドハンターからフォローを受けながら進めると効率的かつ高い成功率で転職を行うことができます。

転職は大きな挑戦であるからこそ、必ず成就させたいところ。ビズリーチを上手に活用して、充実した仕事を手にしてみてはいかがでしょうか。

公式サイトで見る


よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事