転職に学歴フィルターは存在する?中途採用で重視されるポイントとは

転職を決意した人が最も気にしてしまう項目のひとつが「学歴」。自分の学歴に自信がない方は転職にも不利になってしまうのでは、と考えてしまうかもしれません。実際に転職には学歴フィルターが存在するのでしょうか。転職における学歴フィルターについてご紹介します。

新卒と中途では採用の基準が変わる

転職に関わる学歴

企業が人材を獲得する方法は大まかに分けると、新卒者を募る方法と中途採用の2種類の方法があります。実はこの新卒と中途では採用の基準が違ってきます。それぞれの違いについて理解しておかなければ、中途採用に関して知っておくべき大切なことを見失ってしまい、面接がうまくいかなくなってしまう可能性があります。


新卒ではある程度学歴が重視される傾向

新卒者は社会経験がないわけですから、職歴というものがありません。企業側がその人を見極めるための材料が、どこの大学出身者なのかといった学歴しかないため、新卒の場合は学歴が重要視される傾向があります。企業によっては「学歴よりも実力」として採用を行なっているところもありますが、一部の企業では今もなお学歴が重要視されているようです。


第二新卒を含めた20代の転職でもある程度は加味される

社会人経験がある第二新卒といわれる人々の転職においても、やはり同じような理由で学歴が重要視される傾向はあります。一度は社会人経験があるとは言ってもまだ20代前半の方は、経験が浅いと考えられてしまいます。職歴はあっても2、3年程度ではその人を推し量る材料には乏しいのです。そのため、第二新卒や20代の転職でも学歴はある程度加味されていると考えて間違いないでしょう。


業種によって学歴を求められるかどうかの差が出ることも

転職では学歴フィルターは存在しないと言われてはいますが、業種によっては今もなお転職の際にも学歴が問われる可能性があります。そういった企業への転職には、やはりそれなりの学歴が求められると考えて良いでしょう。学歴に自信がない人でしたら転職の効率を上げるためにも、そういった業種への応募は避けたほうが無難です。


一番重視するのは「総合商社」、次いで「金融・保険」

一般的なイメージとして高学歴な社員が多い「総合商社」は今だに学歴フィルターが存在していると言われています。それは新卒はもちろん、転職の場合も学歴が関係してきてしまう可能性が高いです。次いで「金融・保険」業界も高学歴の人しかいないイメージですが、実際に採用されるのはそういった人が多いです。もちろん、全てがそうではありません。


職種によっても学歴が求められるかどうか差が出る

職種によっても学歴が求められることがあります。職種によっては大学を卒業していることが当たり前といった専門職もありますし、大学で単位を取得しなければ就けない専門職もあります。その場合は大学出身者が業界ではほとんどを占めることになります。学歴に自信のない人がそうした業界に飛び込むことは無理なのかというと、実際は本人の努力次第で可能なこともあります。


一番重視するのは「金融関連専門職」次いで「コンサルタント」

「金融関連専門職」は学歴が問われてしまう職種のひとつです。証券会社のアナリストやディーラー、トレーダーなどは学歴を見られてしまうことが多いです。次いで金融関係や不動産関係などで活躍する「コンサルタント」も学歴を重視する傾向があります。もちろん、必ず高学歴でないと採用されないと決まっているわけではありませんが、そういった傾向が強い職種だということは覚えておきましょう。


専門職ほど学歴を求める傾向に

学歴を問われてしまう職業は、主に専門職と言われる職種に多い傾向があります。学歴に関係なく仕事ができる専門職もありますが、多くの場合は学歴がその人を採用するかどうかの材料として考えられてしまうようです。しかし、応募条件を満たしていなくても、その仕事をどうしてもやりたいといった熱意を買われて採用されることもあります。


学歴を重視されない転職者に求められることとは

学歴を重視されてしまうのは、ご紹介したように一部の企業や専門職と限られた職種です。その他の業界では、転職の際には学歴よりも他の部分を重視されます。転職者に求められることについてわかりやすくご紹介します。


ある程度の社会人経験を積めば、スキルや専門性が大切になる

それなりの社会人経験を積んできた転職者に求められるのは、学歴というよりもその人が積み重ねてきた経験や能力、スキルが重要になってきます。特に専門性が高い仕事をしてきた人は専門性の高いスキルを持っていることが想定されますので、企業側に重宝される可能性が高いです。転職で最も大切なことは、応募する側が企業側の求める人材なのかどうかということ。マッチングしていれば、学歴は関係なく採用される可能性が高いのです。


加えて、マネジメント能力やコミュニケーション力も求められる

さらに企業が中途採用した社員に求めるのは、すぐに職場で優秀な結果を出せる社員かどうか、つまり即戦力となるかどうかです。企業側が求めているスキルを持っている上で、社内をまとめたり企画できるマネジメント能力や、他の社員と上手に仕事をこなせるようなコミュニケーション力も求められる傾向があります。中途採用の場合は、経験やスキルよりもそういった能力の方が重要視されるようです。面接でも見抜かれてしまいますので、面接時の振る舞いも大切ですよ。


自分のスキルを活かした転職先を探してくれるエージェントを利用してみて

転職を成功させるためには自分のスキルを自分自身でしっかりと把握して、それを活かせる企業に応募することが重要です。そのために頼りになるのが、転職業界を知り尽くしたプロが在籍している、優秀な転職エージェント。数ある転職エージェントの中でも、特におすすめのエージェントをご紹介します。


リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は就職やアルバイトなど、仕事探しをしたことがある方なら一度は見たり聞いたりしたことがある、大手リクルートが運営する転職エージェントです。知名度の高い会社なので企業側からの信頼も厚く、扱っている求人も非常に数が揃っています。非公開求人の数も他社を圧倒していますよ。転職成功実績は業界でもNo.1を誇る会社なので、転職活動をはじめるのならぜひ登録をしておきたい転職エージェントのひとつです。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントのおすすめポイントは、やはり圧倒的な求人数です。年代も20代から40代など幅広い年代の求人を抱えていますし、非公開求人の職種、業界も幅広いです。若い人からそれなりのキャリアを積んできた年齢の人、また、他社ではあまり扱っていない特殊な業種であっても登録してみる価値があります。さらに、転職のアドバイスをしてくれるキャリアアドバイザーの評価が高いです。はじめての転職活動は不安になることが多いですが、優秀なキャリアアドバイザーが応援してくれることでそういった不安なく、転職を成功へと導いてもらえます。

公式サイトで見る


DODA

パーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェント「DODA」はリクルート同様、業界で最大手となる会社です。そのため、実績や所有している求人数も常時10万件以上という、業界トップレベルを誇っています。地方の求人も多数あるため地方での転職活動やIターンUターンを考えている人にも利用しやすい転職エージェントです。さらに、キャリアアドバイザーのサポートが厚いことにも定評があり、面接時のサポートなども万全です。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントは、やはりDODAが長年築いてきた企業との太い繋がりにより得られた求人、中でも非公開求人の数の多さです。さらに、企業それぞれの内情に詳しいキャリアアドバイザーの存在です。業種や企業により面接時に気をつけるポイントなどを熟知したアドバイザーが在籍していますので、転職者一人一人に合わせたアドバイスをしてもらえます。さらにDODAは転職エージェントと同時に一般的な転職サイトとしての利用もできる点が優れています。転職エージェントで自分に合った求人を探してもらいながら自分でも求人探しの活動を同時進行できますよ。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

新卒で就職を検討しているときに誰もが目にするマイナビ。「マイナビエージェント」はマイナビが運営する転職エージェントです。企業情報が詳しく明記されたマイナビのサイトを就活に役立ててきた人は多いと思います。それだけ企業との繋がりが深い会社なので、マイナビエージェントには大企業と言われるところから新しいベンチャー企業まで、独自の求人や非公開求人が多数掲載されています。また、キャリアアドバイザーも業界の専任が担当することになりますので、業界事情に詳しいことも転職者には大きな助けになります。


マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントには独自で築いてきた企業との繋がりがあり、非公開求人の多さが大きな魅力です。特に就活の情報サイトを運営している会社だけあって、各企業の人事との繋がりが強い会社なので、マイナビエージェントでしか公開していないような求人も多数あります。地方企業との繋がりも強いので、地方への転職を考えている人にもおすすめできます。職安に通っても仕事が見つからなかった、といった方は一度登録してみると転職活動が明るく変わるかもしれません。また、担当してくれるアドバイザーは業界専任となっている点もおすすめポイント。業界別に注意すべき点は変わってきますので、その事情に詳しいアドバイザーは転職活動の大きなプラスになります。

公式サイトで見る


パソナキャリア

「パソナキャリア」は人材派遣事業を行なっている株式会社パソナが運営する転職エージェントです。派遣業界では大手の会社なので、各企業との繋がりも太い会社です。首都圏だけではなく、地方の企業との繋がりも太く、全国に拠点を持っています。また、長年人材派遣事業で培ってきた人事との太いパイプがあることから企業側からの信頼も厚く非公開求人なども多数所有し、キャリアアドバイザーからのサポートも評価が高い会社です。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアのおすすめポイントは転職者をサポートする能力の高さです。人材派遣事業で長年働く人々をサポートしてきた会社だけあって、転職者へのサポートも手厚いのが特徴です。パソナキャリアは厚生労働省からも職業紹介優良事業者として認定されていますし、男性だけではなく女性の転職にも大変力を入れている会社です。転職に対して不安が大きいといった人は、パソナキャリアでサポートをしてもらいながら転職活動を行うとスムーズに進むかもしれません。全国各地に拠点を持っていますので、地方への転職を希望している方にとっても、使いやすい転職エージェントだと言えます。

公式サイトで見る


転職サイト【リクナビNEXT】で情報を集めるだけでもOK

転職エージェントに登録するのは少し敷居が高いと考えてしまう人は、転職サイトに登録するだけでも転職活動はできます。数ある転職サイトでも特におすすめなのがリクナビNEXT。リクルートが運営する転職サイトなので、求人数は他社と比較しても圧倒的な数です。転職活動を少しでも有利にするためには、やはりいかに数多くの求人を目にするかということは重要ポイント。リクナビNEXTなら、自分に合った求人も見つけやすいでしょう。


リクナビNEXTのおすすめポイント

求人数の多さがリクナビNEXTの最もおすすめのポイントです。より多くの求人に目を通すことで自分に合った求人を見つけやすくなります。さらにリクナビNEXTには他の転職サイトにはあまりない、スカウト機能があります。これは匿名で自分のキャリアを登録しておけば企業側からのオファーがくることがあるというサービスです。匿名で登録ができるので会社で仕事をしながら転職活動をしている人にとっては、ありがたいサービスです。自分で求人を探しながら企業側からのオファーを受けることができるリクナビNEXTなら、とても効率の良い転職活動ができますよ。

公式サイトで見る


転職の場合は、学歴よりもスキルや能力を見られることを念頭に置いて活動を

転職では学歴を気にする必要はほとんどありません。学歴よりも求められているスキルや経験、能力を念頭に置いて就職活動をすることが大切なのです。転職エージェントで自分を求めている企業と出会い、転職を成功させてくださいね。

【参考記事】転職をして収入が増える人と減る人の違いとは?▽

【参考記事】転職エージェントの具体的なサービス内容を解説▽

【参考記事】転職が成功する職務経歴書の書き方を伝授します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事