転職に有利な時期はいつ?季節や年齢別でおすすめのタイミングを解説

転職を成功させるためには時期とタイミングが重要です。しかし都合で急に転職せざるを得ない場合もあります。転職は、どんな時期にどのタイミングが最適なのか。またそれ以外の時期に転職する場合に気をつけるポイント、対処法などをお伝えします。

転職に有利とされる時期を解説します。

転職に有利な時期を解説

一般的には転職に有利な時期があるといわれますが、必ずしも全ての人にとって最良のタイミングとは限りません。また急に会社を退職することになるなど、色々な事情で有利な時期に転職できる人は限られます。職種や会社によってもベストなタイミングは違ってきます。これらを考慮しつつ、転職に有利な時期とその特徴について解説します。


① 年度切り替え時期の3〜4月

3月と4月は年度切り替えの月になるので、転職するには区切りの良い時期となります。会社内でも異動があるため、この時期に転職すると新しい環境に馴染みやすいというメリットがあります。4月には新入社員も入ってくるため、社内でのコミュニケーションが活発になります。新人歓迎会や花見のイベントなどがあるため、転職者もその流れの中でコミュニケーションが取れます。年度末で退職する社員が出るため会社側も欠員補充の求人募集をするので、転職タイミングとしておすすめです。


この時期に転職するなら2〜3月から動きたい

4月は新入社員が新しい職場に配属される時期です。この時期に転職すると新入社員と同じ視線で迎えられる恐れがあるので、できれば2月から3月までに配属されるタイミングが望ましいです。年度の切り替え前に配属されるので年度が変わってもそのまま同じ職場で働けます。4月から配属される新入社員や異動組よりもその職場での経験があるので働きやすいですし、コミュニケーションも取りやすくなります。年度切り替えで転職する場合は、切り替え前に働ける会社がおすすめです。


② 年度切り替え時期や新規プロジェクトが始まる9〜10月

9月から10月は年度の上半期と下半期の切り替え時期になります。この時期も仕事の区切りがつけやすいので、転職のタイミングとしては良い時期になります。理想的には3月から4月の年度切り替えの時期ですが、抱えている仕事の都合などで転職に踏み切れなかった場合は9月から10月が次のチャンスとなります。年度末は繁忙期に重なるので余裕を持って転職するには、上半期と下半期が切り替わるこの時期の方が有利という見方もできます。


特に中途の採用ニーズが高まるため、転職はこの時期を目安に

夏のボーナスをもらってから退職する人が多くなるため、その補充のために9月から10月の半期の切り替えに求人募集する会社は多いです。求人数が多くなる時期なので、希望どおりの転職先が見つかる可能性も高くなります。また前職を退職する場合に夏のボーナスをもらうこともできますし、8月のお盆休みと有給休暇をまとめてとることが可能です。その休暇を転職前の準備期間に充てることもできます。9月から10月を転職ターゲットにするとうまくいきます。


③ 意外と穴場な、4〜5月

スキルや実績に自信のある人なら4月から5月の転職はおすすめです。この時期は年度末が終わって新年度に入り、新入社員や異動組が働き出している時期です。転職するにはタイミングが悪いといえますが、この時期は研修が多くて戦力として使える社員が少ないのが実情です。4月から5月にかけて求人募集する会社の多くは、即戦力となる人材を求めています。または年度切り替えで採用した転職者では戦力不足なので、新たに募集をかけているのです。スキルや実績のある人にとって、4月から5月は穴場と言えるでしょう。


即戦力としての自信があるなら狙い目

4月から5月の時期は自分を高く売り込めるタイミングといえます。通常は年度切り替えに人員補充を行っているはずですが、不足が生じているか必要とする人材を確保できないのでこの時期に再度の求人募集するわけです。ですからスキルや実績に自信のある人は、あえてこの時期のタイミングを狙って自分の価値を高く上げることができます。希望する職種や会社がこの時期に求人募集するかどうかはリスクですが、過去の求人時期を調べればある程度の予測はつきます。


④ ボーナスをもらってから退職する1月と7月

転職する場合、少しでも有利な退職をするのは当然です。多くの人は冬と夏のボーナスをもらってから転職したいと考えます。ただしそれにはリスクもあります。1月と7月には求人募集が少ないというリスクと、ボーナスのもらい逃げというイメージのために前職の人間関係が悪くなる恐れです。しかし求人側の会社では逆に管理能力があると評価されることもあります。しかし、風評を気にしない行動力が買われる場合もあるので、一概にボーナスをもらっての転職が不利とはいえません。


⑤ 最近は通年採用が増えてきているため、適切な時期は会社によって違うことも

通年採用というのは1年を通して、会社が必要とする人材をその都度採用するというやり方です。最近は業務が多様化しているので、年度切り替えや半期切り替えのタイミングに関係なく通年採用を行う会社が増えています。通年採用する会社が求めるのは即戦力になる人材です。求人の時期でもないのに採用するというのは、それだけ出来る人材を欲しているということ。転職を意欲的に考えている人やランクアップを考えている人は、通年採用を取り入れている会社をターゲットにすると良いでしょう。


タイミングよく転職を成功させるためにとるべき手段

求人数が多いのは年度切り替えや上半期と下半期の切り替え時期ですが、必ずしもその時期に転職できる人ばかりではありません。最近は通年採用する会社も増えているので、転職を成功させるにはそれぞれのタイミングを上手に生かす必要があります。どのようなタイミングを狙ったらいいか、転職を有利にする方法についてご紹介します。


① 求人が多く出る時期を狙う

転職活動をする場合は年間を通して求人数が多い時期を狙うのが基本です。季節的には年度が新しくなる直前の2月から3月が求人数の最も多い時期となります。この時期は会社内の退職者が多く出るので、人員補充のための求人があるためです。また上半期と下半期の変わり目に当たる9月から10月と、その前の8月も比較的求人数が多くなります。ただし求人数が多いというのはそれだけ応募者も多く、競争率が高くなるのを覚悟する必要があります。


② 業界の動向を調べて独自の求人時期がないか探す

特殊なスキルや経歴を求める会社では求人数が多くなる時期を避ける傾向があります。例えば3月から4月を避けて、5月に求人募集をするなどです。この時期に求人する会社は単なる人手不足を補うためではなく、会社が必要とするスキルや経歴を持っている人材を求めています。自分のスキルに自信がある転職希望者は、求人数が一段落する5月や11月といった時期を狙って転職活動をすると成功する可能性が高くなります。5月と11月は穴場ですよ。


③ 求人が増加する期間内に転職を実現するためにリミットを設定する

前職の関係でどうしても区切りの良い3月や9月に転職せざるを得ない人もいます。求人数が集中するため競争率も高くなりますが、この期間内に転職を決めたいのなら、リミットを決めることが必要です。転職エージェントを利用する場合にもリミットをはっきり伝えておけば、それに沿った提案やサポートをしてくれます。転職には不安が付きものですが、リミットを決めると不安を抱いている暇がないので良い転職先が見つかる可能性が高くなります。リミットを設けないと不安や周りの声に影響されて心が揺れ動き、自分にふさわしくない会社を選ぶこともあります。


④ 今の職場の不満や問題に折り合いをつける

転職したいと思うのは今の仕事や職場に不満があるからです。このまま勤め続けても将来性がないとわかるから、自分の価値を認めてくれる他の会社へ移ろうと考えるわけです。ベストタイミングで転職を成功させるには、今の会社で抱えている仕事やプロジェクトを責任持って完了させることが大事です。不満や問題点を抱えている場合も未練を残さないように自分の中で折り合いをつけないと、転職先にも影響してしまいます。前職とのしがらみをスッキリさせることによって、新たなスタートを切ることができますよ。


⑤ 転職サイトやエージェントに登録して、常に情報を得る

転職には様々な事柄がついて回ります。前職での仕事や人間関係の整理、同時並行して転職先を探さねばなりません。1人では負担が大きく、結局適当な転職先で手打ちをしてしまうことも多いのです。このような時に利用すると便利なのが転職サイトや転職エージェントです。転職の希望に添って色々な会社の情報を提供してくれるだけでなく、前職との折り合いの付け方から転職先の面接の仕方に至るまでサポートしてもらえます。転職エージェントではキャリアアドバイザーがつくので、色々なことを相談できます。


信頼できる強力な転職エージェント探し続けるのも手

様々な転職エージェントがありますが、自分に適したエージェントに登録するのは成功への第一歩になります。転職すると決めたらまず準備から始める必要がありますが、その期間を自分に合った転職エージェントを探すことに費やすのは良いやり方です。信頼できる転職エージェントが見つかれば、その後の転職活動はエージェント任せにしておけば良いからです。希望に沿った求人情報を提供してくれますし、転職までのスケジュールもアドバイスしてくれます。転職を成功させるには、まず信頼できる転職エージェントを探すのが近道です。


どんな転職をしたいか、で転職の時期も変わります

転職する時には目的をしっかり持つことが成功のポイントです。今の仕事の何が不満なのか、どのような会社を望むのかなど現状分析と将来性を考えた上で転職先を絞り込みましょう。職種や希望の会社によってベストな転職タイミングが変わってきますし、転職にふさわしい年齢もあります。ここでは年齢別におすすめの転職時期について説明します。


未経験職種に挑むなら社会人3~4年目で

新卒入社して1年目は仕事を覚えることで精一杯、2年目になって自分から仕事を進めることができ、3年目になると仕事への不満や将来性がわかってきます。転職するなら入社して3年から4年が良いといわれるのは、年齢的にも新しい仕事へチャレンジする余裕があるからです。特に未経験の職種へ転職するなら20代が有利です。この年代はまだまだやる気とパワーがあるので、新しい仕事へ挑戦する意欲を持つことができます。採用する会社の方でもパワーのある人材は大歓迎です。


キャリアアップを目指すなら5年目以降

年齢別に転職のタイミングを総括すると、入社5年目というのは最初の壁になります。大卒で入社した場合、5年目は27歳から28歳で30歳の大台が目前です。この時期に迷って転職しないと、その後の転職タイミングは難しくなります。入社5年目で今の仕事に不満や将来性の限界値がわかってしまったら、思い切って転職するしかありません。その方がスキルアップできますし、新しい職場で仕事に打ち込むことができます。もし転職できないとなると、不遇の環境で残りの会社生活に耐え続けることになるでしょう。


専門性に加えて即戦力としてバリバリ働きたいなら30代前半

30代は転職限界説もあるくらいで、非常に悩む年代です。結婚して家族を養う責任もあります。妻が出産を控えている場合もあります。守るべき対象が増えるのが30代前半です。しかしこれまでのスキルや実績を新たな会社で試せるのも30代前半なのです。まだ仕事に対する意欲やパワーがありますから、即戦力として活躍できます。採用する会社の方でも即戦力となる30代前半の転職者を求めています。妻も若く、子供もまだ小さい30代前半は1つの決断のしどころでしょう。


マネジメントスキルを活かしたいなら30代後半でも遅くはない

巷では35歳転職限界説というのが広まっています。このような言説に惑わされる人は転職しない方が無難でしょう。しかしこれまで培ってきたマネジメントスキルを活かしたい人には、30代後半でも充分に活躍する余地が残っています。前職で積み上げた実績や人脈が役立つ年齢でもあります。採用する会社にすれば、しっかりとしたマネジメントスキルを持った30代後半の人材は喉から手が出るほど欲しいはず。信用できる転職エージェントを利用すれば決して遅くない年代です。


エージェントを利用して転職時期を適切に判断してもらいましょう

求人数の多い時期が転職には有利ですが、職種やその人のスキルによっては通年採用にチャレンジした方が成功しやすい場合もあります。そのような時に頼りになるのが転職エージェントです。様々な企業情報や転職情報があるので、最適な転職時期やタイミングをアドバイスしてくれます。第三者から見た客観的なアドバイスなので、転職のタイミングを間違えずにすみますよ。


リクルートエージェント

リクルートエージェントには実績豊富なキャリアアドバイザーがいるので、スキルや経歴に即した転職タイミングをサポートしてもらえます。現在の仕事を続けながらスムーズに転職活動ができるだけでなく、非公開求人の紹介もしてくれますよ。リクルートエージェントは大企業や人気企業が多く求人募集している非公開求人数が業界最大級で、全体の80パーセントも占めています。そのため一般の求人サイトに出ていない優良な企業への転職チャンスがたくさんあります。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントでは無料でキャリアプランを作成してくれます。業界に精通したプロのキャリアアドバイザーが求職者の強み・適性を正確に汲み取ってプランニングし、企業へ働きかけてくれます。転職時期やタイミングについても企業情報を精査して、最も有利な転職ができるように配慮します。きめ細やかなサポートがリクルートエージェントのおすすめポイントです。また仕事が忙しい求職者のために、応募先企業との面接調整や条件交渉なども代行してくれます。転職初心者から経験者に至るまで手厚いアドバイスとサポートを得られますよ。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

マイナビエージェントはきめ細かいサポートが充実しています。年代別に転職マニュアルが用意されているので、20代には20代の、30代には30代の転職ノウハウを身につけることができます。また転職回数によってサポートの内容が異なり、初心者には基本的な転職活動の進め方や様々な疑問をアドバイスしてくれます。2回目以降の転職経験者にはこれまでの転職経験を踏まえたアドバイスも。マイナビエージェントは確実に転職を成功させたい人にぴったりです。


マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントではキャリアアドバイザーが専任制になっています。1人の転職希望者を最後までサポートするので初めての人でも安心して転職活動ができます。業種や職種別に豊富な専門知識を持っているキャリアアドバイザーが多数在籍しており、転職の不安や疑問を解決するだけでなく個々のキャリアプランを作成して成功までのスケジュールを提案してくれます。またマイナビエージェントではアフターフォローもしてくれるので、転職後も長期的に支援してくれます。転職後のキャリアップを目指す人には心強い味方です。親身に寄り添ってくれる点がマイナビエージェントのおすすめポイントですよ。

公式サイトで見る


JAC Recruitment

JAC Recruitmentは35歳以上の転職希望者に有利な転職エージェントです。特にマネジメント経験のある人や役職付きの人を対象とした転職サポートに力を入れています。よりハイクラスの転職を目指し、より高収入を目指す人に向けたサービスが充実。エグゼクティブや管理職やスペシャリストの転職希望者が多く、30代から50代の転職に強いエージェントといえます。全体の約70パーセント以上が35歳以上の転職成功者です。


JAC Recruitmentのおすすめポイント

海外の日系企業や国内の外資系企業で働きたい人に向けての転職実績が多く、グローバルな活躍をしたい転職者へのサポートが充実しています。そのためのコンサルタントが総勢650名も在籍しており、業界別・業種別に徹底サポート。業界出身者が多いため転職活動に必要な情報が豊富で、転職希望者の様々な不安や疑問に答えてくれます。転職先を決めかねている人にはカウンセリングによって強みや持ち味を引き出し、適性の高い職種を紹介してくれますよ。転職後の決定年収では1,200万円クラスが45パーセントを占めており、エグゼクティブポジションでの転職を目指す人にはおすすめです。

公式サイトで見る


DODA

DODAの特徴は求人特集が充実している点です。例えば7月入社特集では7月1日入社の企業を紹介しながら、ゴールデンウィーク明けから積極的に転職活動をサポートしています。未経験特集では未経験者でも転職しやすい企業を紹介するだけでなく、実際にサポートします。この他にも注目求人特集、フレックス勤務ができる求人特集、ミドル層を積極採用する企業特集など非常に充実しています。希望の職種や業種で迷っている人にはありがたい転職エージェントです。


DODAのおすすめポイント

何よりも転職実績が年間18,000人以上というのがおすすめポイントです。毎年これだけの人数を転職成功に導いているのは、プロのキャリアアドバイザーのサポートが強力だからです。豊富な専門知識を持ったキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、転職活動のノウハウや面接のポイント、職務経歴書の書き方までアドバイスしてくれます。DODAでは2人の担当者がサポートしてくれます。キャリアアドバイザーの他に採用プロジェクト担当者がつくので、企業情報だけでなく企業の採用計画や求められる人物像などをトータルにサポートしてくれます。

公式サイトで見る


ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトです。国内最大級のエグゼクティブ向けの会員制転職サービスで、管理職やスペシャリストの転職をサポートします。グローバルな業種で活躍したい人にはその可能性が広がるような選択肢を用意しています。登録ヘッドハンター数が2,500人、採用企業数が8,200社、公開求人数が90,000件と充実しており、ミドル層には心強いエージェントといえます。ビズリーチは登録が無料なので安心して利用できます。


ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチには3つのおすすめポイントがあります。エグゼクティブ向けのサポートが充実していること、クオリティの高い求人情報が集まっていること、一流ヘッドハンターによるスカウトがあるということ、これがビズリーチの特徴です。特にヘッドハンターによるスカウトは注目すべき点で、厳しい審査基準をクリアした一流ヘッドハンターが、転職希望者の職務経歴書を見て直接スカウトします。それによって国内外の優良企業への転職が可能になります。管理職やスペシャリスト、スキルに自信のある人にとってはワンランク上を目指せるチャンスがあります。

公式サイトで見る


パソナキャリア

初めての転職ではほとんどの人が検索によって求人募集を探します。パソナキャリアでは業界別の転職特集が充実しているので、ターゲットを絞り込んだ転職先を探すことができます。初めての転職希望者には利用しやすい転職エージェントです。例えば漠然とものづくり業界で働きたいと思っている人には、業界の最新転職情報や転職成功事例などを提供し、最新の求人を検索できるようになっています。また実際に転職した25万人分の転職ノウハウがあるので、実現可能なサポートをしてくれます。


パソナキャリアのおすすめポイント

おすすめポイントは転職実績の多さです。求人件数が25,000件以上で、取引実績企業は16,000社以上もあります。しかも転職後の年収アップ率は67.1パーセントと高く、転職成功者の満足度がわかります。これを実現させているのが専任のキャリアアドバイザーです。各専門分野に精通したアドバイザーが揃っているので、転職初心者から転職経験者に至るまで最適のキャリアプランを提案してくれます。また転職サイトや求人誌に載っていない非公開求人数が多いので、大企業や有名な人気企業への転職チャンスがあります。全求人数の80パーセントが非公開求人というのもおすすめポイントです。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

いきなり転職エージェントに登録するのが不安な人は、まず転職サイトのリクナビNEXTを利用するのもおすすめ。登録無料で全国の求人募集をチェックできます。希望職種が決まっている人だけでなく、どの職種にしようか迷っている人にとっても転職サイトは便利です。多種多様な職業を比較して検討できますよ。未経験の異業種への転職にもリクナビNEXTは実績があり、年収がアップした事例がたくさんあります。無料なので転職を考えている人はとりあえず登録してスムーズに転職活動を開始しましょう。


リクナビNEXTのおすすめポイント

会員登録すると新着・更新求人が毎週1,000件以上もチェックできることが、リクナビNEXTのおすすめポイントです。希望条件を登録しておけば条件に合った求人をメールで知らせてくれるので、何もしなくても最新情報が得られます。仕事が忙しいサラリーマンにはありがたいサービスを無料で受けることができますよ。スカウトサービスというのもおすすめポイントです。職務経歴書を登録しておくと、リクナビNEXTに掲載している企業や提携エージェントから求人の案内がメールで届きますよ。

公式サイトで見る


転職に最適な時期は人それぞれ。大切なのは本当に転職しないといけないのかを考えること

年齢や職種によって転職時期やタイミングは変わってきます。時期やタイミングにこだわることも大切ですが、転職を成功させるためには目的と将来の設計図を考えることが重要です。迷いがある人は転職エージェントを利用して、キャリアアドバイザーのサポートを受けましょう。自分でも気づかない強みや可能性を見つけることができます。転職を決断すれば、自然に転職のタイミングが決まってきますよ。

【参考記事】会社を辞める決断後にするべき行動をすべてご紹介します▽

【参考記事】円満退社はタイミングが大切。退職に最適な時期を解説!▽

【参考記事】転職エージェントの具体的なサービス内容を詳しく紹介します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事