50代の転職はエージェントの利用がおすすめ。成功するための考え方とは

難しいと言われる50代の転職で、最近よく聞く転職エージェントの利用をおすすめする理由があります。しっかりとした心構えを持つことで、転職を成功させる近道となりますので、是非こちらを参考にして転職に臨んでください。

50代の転職はうまく行かなくて当たり前、くらいに構えましょう

50代の転職は転職エージェントの利用がおすすめ

やる気や意欲がなければ転職は難しいですが、願望が強くなりすぎてしまうことで、仇になってしまうことがあります。絶対に転職できると信じすぎると転職活動を続けることが辛くなってきます。若い人を欲しがる会社が多いことを常に意識し、50代の転職はうまく行かなくて当たり前という軽い気持ちで活動することが大切です。


50代の転職は厳しい。慎重になったほうがいい理由とは

若い人の方が需要のある求人の中で、50代の転職が厳しいということは多くの人が理解しています。それでも転職活動をする人が多いのも事実で、自分の求める条件を下げるか転職を諦める人がほとんどです。今の会社を辞め、転職を考えている人は、もう一度慎重に考えることをおすすめします。転職が成功するか以前に転職が可能なのかを、一度冷静に整理してみることも大切ですよ。


① 家族の理解を得るのに苦労する

生活がどう変わるのか分からないというのは、家族が不安になるのも当たり前です。独身で自分ひとりの生活をしている人は別として、家族が居る人は自分だけの問題ではありません。本格的な転職活動に入る前に、家族へ相談することが後のトラブル防止にもなります。しかし、50代の転職は相談しても反対する家族がほとんどです。家族は自分の働いている環境を実体験しているわけでもないので、なぜ転職したいのかを理解してもらうことが難しいと言えます。


② 新しい環境に適応できるか不安な面が大きい

環境の変化に対応するのはとてもストレスが溜まるものです。今まで働いてきた会社でも入社の頃と変化しているところが必ずあり、徐々に対応してきたので今までは変化ということを問題視することがなかったという人も少なくありません。しかし、転職ともなれば環境が一変します。働く人は知らない人ばかりで、全員と1からコミュニケーションを取らなければいけません。書類や仕事内容に社内ルールなど全てが新しい環境で、急に多くのことを対応するストレスを不安に思う面もあります。


③ 50代は大体の場合、定年まで勤め上げる方が良いパターンもある

転職を50代になって考え、退職してしまう人もいますが後悔している人が大勢います。会社への不満や今まで積み上げてきたものの更なるステップアップなど、転職したい人の理由は様々です。しかし、50代の転職パターンをみてみると転職先が見つかっても、年収が上がったという人はごく僅かです。年収は下がってしまったが、家族との時間が増えたなどの声もありますが、定年までの時間をどう過ごすのか見つめ直すことで今の会社で勤め上げた方がいいという結果にたどり着く人も多くいます。


④ 長く勤めすぎて、嫌気が差したのは何なのか判断が難しくなる

会社に不満があって転職を検討し始める人の中には、次の転職先はどんな会社が良いのか明確に説明できない人も多くいます。長く勤めていると不満やストレスが溜まっていき、本来どこに嫌気がさしていたのかの判断が出来なくなってしまうことがあります。どんなところが嫌だったのか、明確に理解できていないので何もかもがストレスになってしまっているパターンや、新たな転職先を探す際も嫌気が差した根本を除外して探すことができないというパターンも問題です。


⑤ 給与低下はほぼ避けられないことを理解しているか

今までの生活基準となってきた給与が下がってしまうというのは、家庭を持っているなら特に考えなければいけないポイントです。50代の転職で年収アップに成功したという人は、ほんの一握りです。今の会社では役職が付きバリバリ働いている人でも、他の会社で同じくらいの役職で雇われ今よりも給与を出してくれるというスペシャルな条件を叶えることはとても難しいのです。今のキャリアや給与は長年勤め上げてきた時間も含めての給与であることを心得ておいてください。


⑥ 転職について誰か(第三者)に相談したか

50代の転職となると気軽に口に出すことができず、まずはひとりで考えてしまいますが本格的な転職活動に入る前に誰かに相談することも大切です。家族に相談すれば頭ごなしに反対されるパターンも多く、話も聞いてもらえないということもあります。まずは第三者に相談してみることをおすすめします。客観的な意見を聞くことで、自分ひとりでは気付けなかった部分に視点を向けるきっかけにもなり、家族に相談するにしても明確に自分の意見を伝えることに繋がります。


⑦ 50代は定年まで時間もないため、結局すぐ退職となってしまう

この先の仕事人生をどう過ごすか、このままでは少し寂しく感じ転職を望む人も居ます。長年働きマンネリ化している会社を辞め、新たな会社でフレッシュな雰囲気に憧れることもありますが、あっという間に定年退職となってしまいます。退職済みで次の仕事を探した人に中には家族の不安と再就職の苦労を考えると、前の会社で定年まで勤めあげた方が結果的に良かったという声もあります。定年までの時間をどう過ごすのか、自分と家族のどちらも考え見極めることも大切です。


定年まで勤めて再雇用や再就職の道を探ったほうが良いこともある

今の老人は元気な人が多いのは見て分かる通り、定年後もバリバリ働いている人も多いです。50代から定年までの間は今の会社で働き続け、定年退職を迎えた後に再雇用や再就職の道を探るというのもひとつの方法です。再雇用であれば一生に稼ぐ収入が増えますし、再就職であれば新たな仕事を楽しむこともできます。家族に不安を与える必要がないことや、再雇用の義務化でスムーズに仕事を続けることができる他、気分的にも余裕を持った再就職先を探すことができるメリットもあります。


定年後の職探しに向けて人脈を保ったほうが現実的

仕事を定年後も続ける意思があるのであれば、定年退職に向けて人脈を保っておくことが職探しで助かることもあります。再就職を望む場合は就職先を自分で探すよりも、人脈を使って職探しをした方がマッチングしやすい傾向にあります。自分がどんな仕事をしてきてどんな人柄なのかを知っている人が、自分に合った会社を紹介してくれるというのは自分と会社の希望がぴったり合いやすいです。人脈を保ち定年後に職探しをしていることを積極的に伝えていくことが再就職の近道となります。


⑧ マネジメントが主になり、現場から遠ざかってしまっている

会社は長年勤めていると現場職からは離れ、管理職に昇格していく傾向にあります。仕事内容も都度変わっていきマネジメントが主になっていくことで、現場の状況は部下からの報告でしか把握できていないということも少なくありません。実際に現場に出てみないと気付けない部分も多く、分かっているつもりだったが昔と今の現場の違いに付いていけないということもあります。この問題は会社側が理解していることも多いことから、50代の転職が難しいという問題にも繋がっています。


⑨ 年功序列で勤めたため役職しかアピールすることがない

昇格することは素晴らしいことで、役職も大きなアピールポイントとなりますが、仕事での明確な成功事例や自分にしかできない特別な魅力を持っていないと、同じポジションや年収アップの転職は難しいと言えます。会社にとって社員の実績も大切ですが、年功序列で昇格していくという部分もあります。役職しかアピールできずコレといって自信を持ったアピールポイントを見出せないのも転職では問題視されます。また、会社側も年功序列で昇格した人を新たに雇い入れるより、若い人材を育て上げた方が良いという考えが多いです。


⑩ 自分のキャリアや実績を過大評価し過ぎている

50代まで仕事をしていると部下も多くなり、ある程度の役職になっていることで自信にも繋がっていきます。しかし、そのキャリアや実績は他の会社にとって、本当に必要なものなのかをもう一度見つめ直してみることも大切です。実は自分の中で過大評価し過ぎていて、転職したいと思う会社にとっては自分が思う程の魅力ではないということもあります。自分の自信が仇となり転職したい会社側からは、空気が読めない、自己主張が激しいなどと捉えられ会社の雰囲気を乱す人と思われてしまうこともあります。


50代で転職を成功させるために日々意識したいこと

転職は厳しいと言われる50代でも、転職を成功させている人もいます。自分が転職成功者の中に入るには、日々の意識が大切と言えます。職務経歴書の書き方や面接の練習、アピールの仕方なども、転職に大切ですが、50代の転職になると今までの自分を見つめ直し、自分改革という部分も含めて考えていかなければいけません。これから意識したい6つのことを詳しく説明していきます。


① 職歴というよりも“人生”の棚卸しをする

転職では今までの職歴を振り返り、自分はどんな仕事に向いているのかを考えてみることが大切ですが、50代の転職となれば職歴というよりももっと大きく捉え人生の棚卸しをするつもりで考えることが大切です。今までの経験がプライドとなり、転職の邪魔をすることがあります。まずはシンプルに何故働くのかから考えてみてください。そして今後どの位働いて、どの位の収入が必要なのかを考えてから、自分はどんな仕事がしたいのかを考えてください。まっさらな状態から考え今までの職歴やキャリアに拘り過ぎないことが大切です。


② これまでの実績だけでなく50代になってからの実績を作る

今まで積んできた実績は、尊重されるもので自分の中でも自信を持ってアピールできるポイントです。しかしその実績は今の会社に在籍している自分だからこそのアピールポイントであり、転職する際には今のキャリアは応用が効くかもしれないという経験程度に捉えておくことが大切です。これまでの実績をアピールする方法を考えるよりも、50代になってからの実績を作ることで柔軟な対応能力をつけることが50代の転職をスムーズにさせてくれます。


③ 会社の制度(早期希望退職)などを有利に利用できないか情報を集めておく

50代は、まだまだ働けますが、あとわずかともいえます。働けなくなれば年金のみの生活となりますので、50代の退職金は今後の大きな財産となります。転職を考えているのであれば、できるだけ大きな退職金がもらえるタイミングで会社を辞めることをおすすめします。早期希望退職の制度などを利用できないかを調べてみてください。情報を収集することで知らなければ損していたという、もったいないトラブルを防ぐことが可能です。


④ 50代で転職に成功した人の話を聞きに行く

転職をイメージしているだけでは、見えない部分は大きいといえます。特に50代の転職では何度も言うように、自分では気付けていないところが多いのです。プライドやキャリアで過剰な自信を持ち、転職の邪魔をし続けていることにも気付けずに苦労している人もいます。自分がそうならないためには、50代で転職に成功した人の話を聞くこともひとつの方法です。転職で苦労した話や成功した理由、今の生活など実体験を聞くことで自分が転職にどう向き合っていけば良いのかが見えてくるはずです。


⑤ だらけないように転職の時期を決める

転職することを決めて早々と退職をする人もいますが、ほとんどの人は転職先を探しながら今の会社を続け、採用が決まってから会社を辞めるという人が多いです。収入源がなくなる心配のない現実的な方法ですが、ダラダラとしてしまう傾向にあるのも事実です。この時期までには必ず転職するという目標を決め、その時期に向かって転職活動を積極的に行っていく気持ちが大切です。だらけないよう自分でコントロールしていくことを心掛けてください。


⑥ 転職の意志があることは同僚や部下には漏らさない

先程も書いたように50代の転職は、第三者に相談することも客観的意見を取り入れることができるので大切です。しかし、同僚や部下に相談するのはやめた方が良いと言えます。信用できる同僚や部下であっても、悪気なく漏れてしまうというケースもあります。例えば、相談した同僚や部下がお酒に酔って悪気なく転職の話を漏らしてしまい、リストラ対象にされてしまったということも考えられますので、相談相手を見極めることでトラブルを防止してください。


50代で転職活動をする時絶対心がけたいこと4つ

難しいとされている50代の転職活動を成功させるには、面接の受け答えや職務経歴書の内容などよりも、気を付けなければいけないことがあります。諦めない強い心を持ち、積極的に就職活動を行っていくメンタル面も大切となってきます。具体的にどんなことを心掛けたらいいのか、これから50代で転職活動をするに当たって、絶対に心がけたい4つのことについて説明していきます。これからは常に意識して転職活動に取り組んでほしいポイントです。


① 折れない気持ちを持って諦めずに続ける

初めの方にも言ったように、50代の転職はうまくいかなくて当たり前と思ってください。何度もいうように50代の転職に成功している人はわずかで、更には収入アップに繋がっている人や、転職して良かったと思っている人は一握りしかいません。それだけ苦戦することを覚悟して転職活動を取り組んでください。50代の転職は必ずといって良い程、辛いと感じ挫けそうになるときが来ます。そこで折れない気持ちを持って諦めずに続けることが転職へと繋がります。


② 他社HPや転職サイトの求人情報をこまめにチェックする

求人情報はいち早く多くの情報を収集することに越したことはありません。求人情報の掲載をどこにも頼まず自社HPのみで、募集する会社もありますので気になっている会社があるなら、HPで人員募集についての更新がされていないかチェックすることも大切です。また、転職サイトの求人情報もこまめにチェックしてください。スマホで簡単にチェックできるので通勤電車の中や休憩時間など空いた時間でチェックする癖をつけると良いかもしれません。


③ 日頃の人脈を当たってみる

自ら積極的に求人情報をチェックすることも大切ですが、自分を知っている人脈に頼るのも転職を成功させる方法です。今まで自分がしてきた仕事を知っている人が、合う会社を紹介してくれるのでマッチングしやすいと言えます。第三者が求職者と会社を繋いでくれるのは、客観的視点から合う合わないを判断しているので実は一番しっかりとした目を持っているということもあります。日頃の人脈を当たってみることも積極的な転職活動のひとつです。


④ 未経験の異業種、異職種ではなく前職と似たような会社を当たる

転職する業種や職種で悩むこともあると思います。できれば今までやってきた仕事に似た会社を選んだ方が、転職は成功しやすいといえます。例えば営業の仕事をしてきて、人間関係を築くのに疲れてしまった人は、また同じ営業職では転職する意味がありません。しかし、営業職ではなくても、今まで取り扱っていた商品に似たものを取り扱う会社に絞って転職活動に取り組むなど、前職と似たような会社を探すことで転職の成功率が上がります。


転職エージェントのメリットとデメリットを解説します

転職エージェントとは、転職のサポートをしてくれるサービスです。サイト登録で簡単に利用できるサービスもあるので、気軽に転職活動を開始することができるのも魅力。サポート内容はサイトによっても様々ですが、ほとんどは職務経歴書を登録するとオファーメールが届き、面接したい会社があれば面接のセッティングなどを行ってくれますよ。そんな至れり尽くせりの転職エージェントですが、具体的にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。


50代で転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを使うに当たって、50代だからこそのメリットがあります。まずはオファーが来ることで自信に繋がり、自分の需要を知ることができることです。加えて自分の市場価格を知ることもできるので、今の転職でどの位の年収になるかが計算できます。また、転職のプロに相談することで今までのキャリアや実績で、自分を過大評価し過ぎている点に気付かされることもあります。そして今までの経験を活かした似たような仕事を紹介されることで、新たな仕事を発見することもあります。良いところも悪いところも、自分では気付かない部分を知るきっかけになり、自分を見つめ直すことで転職もスムーズに運びやすくなります。


50代で転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを50代で使うメリットもあれば、デメリットもあります。まず知っておいて欲しいのが、50代の人を欲しがっている会社は少ないということです。そんな中でも50代で転職に成功している人は、何か強みがある人がほとんどといえます。なんの強みもなければ気にかけてさえもらえないという実態もあります。50代の転職は人生の棚卸しをする気持ちで、必要ないプライドは捨て必要な自分の強みをしっかりと見極めることが大切です。また、サイトによっては適正を全く無視して職を進めてくることもあります。プライドを捨てることも大切ですが、譲れないものはしっかりと掲げて転職活動をし転職エージェントを上手に利用しましょう。


転職を進めるとき頼りになる転職エージェントをご紹介

転職エージェントの会社は、ネット上にごろごろと転がっています。中には悪徳なサイトに出会ってしまい、トラブルとなってしまうこともあります。しっかりとサポートしてくれる、頼りになる転職エージェントを選びましょう。

これから優良な頼りになる転職エージェントを紹介します。きっと名前を聞いたことのある会社も出てくると思いますので、まずは気になる転職エージェント数社に登録してみることからスタートすることをおすすめします。


業界最大手の【リクルートエージェント】

非公開求人が10万件以上掲載されている、業界最大手のリクルートエージェントです。アドバイザーの実績が豊富で、各業界に精通したスタッフが希望やスキルに合った求人を紹介してくれます。掲載している仕事が多いので、厳選して紹介できるのは業界最大手の大きな魅力と言えます。リクルートエージェンシーは、仕事の紹介だけでなく転職サポート面も充実してくれるので、面接等の就職試験の部分でも心強い味方となってくれます。


リクルートエージェントのおすすめポイント

信頼できる大きなポイントは、何といっても業界最大手というところです。多くの会社と多くの人をマッチングしてきた実績があるからこそ、多くの非公開求人を集めることに成功しています。いくら紹介してもらっても自分の魅力を会社に伝えられなければ、転職はうまくいきません。不安に思っていることなどは、転職サポートで相談することができます。マンツーマンで話を聞いてもらえるのもおすすめポイントです。ネガティブな気持ちが解消されるだけでなく、自分でも気付かなかった転職の強みに気付かされることもあり、転職の幅が広がります。

公式サイトで見る


業界第二位の規模【DODA】

転職のプロを集めたDODAは、多くの求人情報を紹介してくれる業界第二位の規模を持つ会社です。企業から直接オファーが届くスカウトサービスのシステムや、公開されていない求人情報を紹介してくれるプレミアムなシステムがあります。今まで知らなかった内容の仕事に出会うきっかけになり、転職の視野が広がることもあります。各分野の転職のプロが就職をサポートしてくれるので、アドバイスはもちろん応募や面接日程の調整までしてくれるサービスもあります。


DODAのおすすめポイント

DODAでの転職は大きく分けて2パターンあります。まずひとつ目がスカウトサービスです。企業のオファーメールが届くシステムで、書類選考がなくエントリーすれば必ず面接を受けることができます。直接自己アピールするチャンスは大きなメリットです。登録者限定オファーもあり、企業側がこの人に活躍してほしいという視点でオファーが届くので、マッチングしやすいという点も転職の近道となります。ふたつ目はエージェントサービスです。自分に合った非公開求人を紹介してくれるシステムで、DODAや企業サイトでも公開されていない求人情報なので競争率が少ないところで、自分の魅力をアピールする機会になり転職しやすくなります。

公式サイトで見る


管理職レベルのハイクラス求人を探しているなら【ビズリーチ】

TVCMでもお馴染みのビズリーチは、求人情報は累計8,000社以上の国内最大級の会員制転職サービスです。優良企業と繋いでくれる一流ヘッドハンター2,500名以上が、職務経歴書をみてスカウトするので、選ばれた人に選ばれた情報が届きマッチングしやすい傾向にあります。スタンダードプランは無料なので、まずはお試し感覚で利用できます。有料のプレミアムプランでは一般に公開されていないスカウトを受け取ることができる他、自ら応募することもできます。


ビズリーチのおすすめポイント

名前を聞いたことがある人も多い、ビズリーチでの転職活動なら安心感があります。グレードの高い会員になることで、優良企業からのスカウトを受け取りやすくなり積極的に転職をしたい人におすすめです。一流ヘッドハンターがスカウトしてくれるだけでなく、自ら相談するすることも可能です。希望する条件でヘッドハンターを検索すると、業種や経験年数などをみることができるので、自分が納得したヘッドハンターとやり取りできるのも魅力と言えます。まずはお試しで無料のスタンダードプランを使ってみることができます。スカウトを受け取って自分の市場価格を知ることも今後の転職活動基準となります。

公式サイトで見る


万能な転職サイト型の【リクナビNEXT】も併用してみて

知名度の高いリクナビNEXTは、楽天リサーチ株式会社の転職調査で転職決定数No,1の選ばれた転職サイトです。登録はたったの5分、無料で利用できるので他サイトと併用して転職活動をするのがおすすめです。毎週水曜と金曜の週2回更新で1,000件以上の求人が集まり、新しい求人情報をいち早く探すことができます。自ら求人情報を探すだけでなく、職務経歴書を登録することでスカウトを受け取ることができるサービスもあります。


リクナビNEXTのおすすめポイント

サイト内で更新されている求人情報をいつでも手軽にみることができるので、どんな求人があるのかを知ることができます。新たな職種や仕事内容を知ることで、自分の得意な部分を今までとは違う分野で発揮できることに気付くきっかけになることもあります。自分の力を発揮できるポイントを知ることで、職務経歴書の内容も更新しやすくなります。リクナビNEXTにも職務経歴書を登録して、サイト未掲載の特別求人スカウトを受け取るチャンスがあります。スカウトをされれば、自信を持つこともでき市場価格を知ることもできるので積極的に職務経歴書を活用してください。

公式サイトで見る


労働者数が減少傾向で人手不足のため、50代でもチャンスはあります

50代の転職は難しいと何度も言ってきましたが、全体の労働者数が減少傾向で人手不足であるのも実態です。うまくマッチングすれば50代でもチャンスはあります。転職エージェントを利用することで、第三者でプロの意見を転職活動に取り入れることができますよ。50代で転職に成功する一握りに入るためには、サービスをうまく利用し諦めない強い心を持つことが大切です。

【参考記事】巷で話題の転職エージェントとは。転職を考えたら登録してみよう!▽

【参考記事】数ある転職エージェントの中でも実績のある会社をご紹介▽

【参考記事】会社から重宝される優秀な人材になるには。特徴や働き方を解説します▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事