【定番&穴場】インドネシアのおすすめ観光スポット30選。地域別に名所を解説

インドネシアで旅をするなら絶対見逃したくないおすすめ観光スポットをご紹介。インドネシアの観光地といえば、美しい海のイメージしかないという人も多いかもしれませんが、他にもオランダ統治時代の歴史を物語る建物や世界遺産、アクティビティが楽しめる観光地を巡ってみてください。

インドネシアってどういうところ?

インドネシアのおすすめ観光スポット

インドネシアは数百という数多くの民族からなる異文化で異言語を話す東アジアの地域です。日本からは飛行機の直行便で約7時間。観光スポットとしては、独立の歴史を語る記念塔や博物館が挙げられます。何千もの火山から作られた島のため、火山やビーチも人気の秘密。特にバリ島は世界的にも有名な癒しの楽園とされていて、リゾート地としての人気が高いスポットです。

今回は、インドネシアのおすすめ観光スポットを【ジャカルタ・ジョグジャカルタ・スラバヤ・デンパサール・メダン・マナド】の6名所に分けてご紹介します。インドネシア観光を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


定番から穴場まで。ジャカルタのおすすめ観光スポット15選

ジャカルタはジャワ島北西の海岸にあるインドネシアの首都です。商業都市としても盛んな地域のため、日本人のサラリーマンなどの出張も多い都市。人口は950万人を超え、かなり巨大な都市となっています。ジャカルタにはバリ島のように美しいビーチはないですが、インドネシアの歴史が融合している都市で、インドネシアの食文化が堪能できる穴場グルメスポットがたくさんあります。今回はそんなジャカルタのおすすめの名所スポットを15個ご紹介します!


おすすめ観光スポット1. ジャカルタ歴史博物館

インドネシアの首都ジャカルタにあるジャカルタ歴史博物館は、オランダ統治時代の史料や当時使用されていた武器などが展示してあり、ジャカルタの歴史を知りたい人にはおすすめの観光スポットです。

位置としては、コタ地区ファタヒラ広場の前。建物自体は1710年に建てられた市庁舎で、オランダ総督執務室があった建物となっています。その建物の内装などから当時の面影が感じられ、館内は37つものホールに分かれています。それぞれが各時代の史料を展示しており、なんとコレクションの数は23500点にも昇ります。


ジャカルタ歴史博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット2. アンチョール遊園地

アンチョール遊園地は、インドネシアの首都ジャカルタにある巨大な人気テーマパークです。アンチョール遊園地は日本で連想する遊園地とは少し違い、色々なアクティビティが体験できる施設となっています。例えば緑溢れる公園、水族館、ゴルフ場、ボーリング場、リゾートホテルやプールなどがあります。

大人も楽しめるアクティビティとしてあひるボートや水上スキーなどもあります。また、日本で連想する遊園地のメリーゴーランドやジェットコースターも完備されていて、一日ではとても足りないほどの観光スポットとなっています。


アンチョール遊園地の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット3. ドゥニア・ファンタジー遊園地

ドゥニア・ファンタジー遊園地はスポット2で紹介した巨大テーマパークアンチョール内にあるエリアです。遊園地の名前「ドゥニア・ファンタジー」は日本語で「夢の世界」を意味し、現地に住んでいる人からも人気の高いアミューズメントパークです。

遊園地には「ドゥファン」という天狗猿のマスコットがいて、長くて腫れぼったい鼻が特徴的な少々変わったキャラクター。館内はフリーパスを買うとお得に楽しむことができます。ディズニーランドと同じように各エリアがテーマ別に分けられていて、ジェットコースターやフライングパイレーツなどのアトラクションも完備されています。


ドゥニア・ファンタジー遊園地の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット4. タマン・ミニ・インドネシア

タマン・ミニ・インドネシアはインドネシアの首都ジャカルタの中心部から車で南東に20キロほどの場所に位置する遊園地です。『タマン・ミニ』は小さな公園という意味になりますが、とても小さいとは言えない、1平方キロの巨大な敷地の遊園地です。遊園地ですが、タマン・ミニ・インドネシアはどちらかというと万博に近く、26の州の展示館があります。

インドネシアについてもっと知りたいという人には、おすすめの観光スポットです。また、万博のような場所のため、遊園地などよりも一人旅で行きやすい穴場の観光スポットと言えるでしょう。


タマン・ミニ・インドネシアの詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット5. ラグナン動物園

ラグナン動物園はインドネシアのジャワ島に位置する首都、ジャカルタ近郊の南の地区パサール・ミングの「デポック」という街にある動物園です。

一人旅でも家族でも楽しめる観光スポットとなっていて、その広さはなんと140ヘクタール。さらに、295種類の動物が飼育されています。特にアフリカンゴリラの人気が高く、そのほかにも有名なコモドドラゴン、ボルネオ島のオランウータンなどたくさんの有名な動物を見ることができる観光地です。


ラグナン動物園の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット6. スロパティ公園

スロパティ公園はインドネシアのジャカルタに位置する、日本人では知る人もあまりいない穴場の観光スポットです。

実は近くにアメリカの元大統領バラク・オバマ氏が通っていた小学校があります。スパロティ公園もジャカルタ歴史博物館同様、オランダ統治時代に作られた公園で、おしゃれな彫刻とのどかな雰囲気を味わうことができる公園となっています。さらに、高級住宅地にも隣接しているため、少しリッチな気分も味わえるかもしれません。


スロパティ公園の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット7. ムルデカ宮殿

ムルデカ宮殿の『ムルデカ』とはマレー語とインドネシア語で、『独立』を表す言葉です。ムルデカ宮殿は、オランダ統治時代に独立宣言を行った大統領官邸で、インドネシアの首都ジャカルタにある人気の観光スポットです。

その昔、大統領が過ごしていた部屋を見るることができ、当時の生活感が味わえる施設となっています。インドネシアの歴史を知りたい人は友達とでも一人旅でも勉強になり、楽しめる観光名所ですよ。特に建物の特徴の白い柱とサファードは必見ですので見るのをお忘れなく!


ムルデカ宮殿の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット8. ムルデカ広場

ムルデカ広場は、別名ムルデカ・スクエアとも呼ばれている場所。ムルデカ広場はマレーシアにもありますが、インドネシアの首都、ジャカルタにも位置します。ムルデカ広場の中心には、『モナス』と呼ばれる独立記念塔がありますよ。

この独立記念塔モナスは、『Monumen Nasional』の略となっており、日本語での「国立記念碑」の略語となっています。ムルデカ広場は世界最大級の広場と言え、モナスの展望台から巨大な広場を眺められる観光スポットですよ。ムルデカ広場は、ジャカルタ観光では見るべきかかせないスポットですので、旅行の際はぜひ訪れてみてください。


ムルデカ広場の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット9. イスティクラル

イスティラクルは“イスティラクル・モスク”とも呼ばれている、ジャカルタにある国立モスクです。モスクという言葉を聞き慣れていない方もいるかもしれませんが、モスクはイスラム教の寺院で礼拝する名所となっています。イスラム教徒聞くと、少々足を運びにくいという人もいるかもしれませんが、モスクはインドネシアの宗教を体験できるおすすめの観光スポットです。

位置としてはムルデカ広場に面し、ドーム型の建物がその特徴となっています。一人旅できている方にも新しい体験ができるおすすめの観光地ですよ。イスティクラルでは、日本にはない荘厳な雰囲気を実際に肌で感じられるため、旅行の思い出になること間違いなし。


イスティクラルの詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット10. 国立博物館

国立博物館は、インドネシアの首都、ジャカルタにあるインドネシア、さらに東南アジアでも最古・最大級と言える歴史民俗博物館です。施設の前にはタイのラーマ5世から寄与された象があり、その象が由来で『Museum Gajah』、日本語で“象の博物館”とも呼ばれています。

施設内では文化や宗教の歴史を感じられる展示物はもちろん、マジャバヒト王朝の宝物も展示されており、子連れ家族から歴史好きの方まで楽しめるおすすめの観光スポットとなっています。


国立博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット11. 織物博物館

織物博物館では、その名の通り樹皮布や織布、革生地や紡ぎ糸などの織物に関する展示品が飾られており、その総数は120種類、1800点という幅広い多くの織物関連のものが展示されています。実は織物博物館と、専門的な博物館という風に感じられる人もいるのか、あまり知らない人も多く、穴場の観光地ですよ。

織物博物館は、もともと19世紀のフランス人個人の邸宅であった建物ですが、1976年代の大統領のもと一般公開されることとなった施設です。インドネシアの伝統的な織物『テヌン』や染物『パティック』をたくさん見ることができます。また、定期的にデザイナーの展示会も開催されているため、ファッションに興味のある人にもおすすめの観光地です。


織物博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット12. ジャカルタプラネタリウム

ジャカルタプラネタリウムは、インドネシアの首都、中心ジャカルタ地区に位置する『タマン・イスマイル・マルズキ』の中にあるプラネタリウムです。こちらの公園は、市内でも非常に人気の高い観光名所となっており、通称“TIM”と呼ばれているそう。

宇宙や四季、時間の移り変わりを感じられるプログラムがあります。プラネタリウム以外にも図書館や映画館、展覧会などがあり、インドネシアの文化をたくさん体験できるおすすめの観光スポットです。


ジャカルタプラネタリウムの詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット13. タマン・プラサスティ博物館

タマン・プラサスティ博物館は、インドネシアのジャワ島にある首都、ジャカルタの国立博物館のすぐ裏にある碑文博物館です。もともと1795年のオランダ統治時代に外国人のために建てられた墓地ですが、現在は博物館となっていて多くの観光客が訪れるおすすめの観光スポットとなっています。

タマン・プラサスティ博物館の墓地にはオランダ人のみでなく、イギリス人やインドネシア人の墓もあり、インドネシア27州のミニチュア墓石や16世紀から17世紀の墓も多く展示されています。ジャカルタの歴史を知ることのできる観光地として多くのパンフレットで記載されているため、ジャカルタ観光の際にぜひ訪れてみてください。


タマン・プラサスティ博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット14. 海洋博物館

海洋博物館はインドネシアの首都ジャカルタ北部にある、スンダクラパ港河口の近くにある観光スポットです。その名の通りインドネシアの海事系の資料が展示されています。残念ながら2018年1月に出火事件で多くの展示物が燃えてしまい、もう見れなくなってしまいました。

現在でも一部の展示物は残っているため、実際に観光スポットとして人気を集めています。静かに博物館内を回れるので、一人旅でも楽しめるおすすめの観光スポットですよ。


海洋博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット15. 絵画・陶磁器博物館

絵画・陶磁器博物館はインドネシアのジャワ島に位置する、インドネシアの首都、ジャカルタの西の地域にある観光スポットです。外観は白く、おしゃれな造りの建物となっていて、いかにも博物館らしいものとなっています。

館内には、陶磁器や彫刻が飾られていて、インドネシアの文化を感じられる内容となっています。他名所観光地に比べ、知名度が低く、穴場の観光地と言えるでしょう。一人旅の人はもちろん、子連れの家族にもぜひ行ってみていただきたい観光地です。


絵画・陶磁器博物館の詳細

公式サイトで見る


観光に最適な寺院まで。ジョグジャカルタのおすすめ名所スポット5選

ジョグジャカルタはインドネシアのジャワ島の中部にある都市です。正式名称は『ジョグジャカルタ特別州』で、ジョグジャカルタの意味は「平和の町」。略して「ジョグジャ」とも呼ばれ、伝統的なジャワ美術の中心地とも言える都市です。

インドネシアの首都、ジャカルタが同じジャワ島にあり、ジョグジャカルタもたくさん楽しめる観光スポットがあり、おすすめの穴場観光地と言えます。ジャワ美術の例として、伝統的なガムラン音楽、ジャワ舞踊やチャイムなどが挙げられ、ワヤン・クリという人形の影絵芝居も非常に興味深いものとなっています。

ここからジョグジャカルタのおすすめ観光スポットを5名所ご紹介します。気になった方は、ぜひ旅行プランに組み込んでみてください。


おすすめ観光スポット16. プランバナン寺院

プランバナン寺院はジョグジャカルタにあるヒンドゥー教の大きな遺跡です。世界遺産に登録されている有名な寺院です。空港から市内バスで10分という距離にあるので、ジョグジャカルタに到着したら最初にチェックしたい定番の観光スポットです。

遺跡の歴史は9、10世紀まで遡り、当時のジャワ島のサンジャヤ王朝によって建てられました。地震などの災害により、一部が崩れていますが、今でも寺院周辺の壁には古代インドの物語が綴られる彫刻が残っています。古き良き建築物をぜひ感じてみてください。


プランバナン寺院の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット17. ウレンセンタル博物館

ウレンセンタル博物館はジョグジャカルタに位置する、自然の中にある少し変わった博物館です。あまりガイドブックにも載ってなく、知らない人も多い穴場の観光スポットです。外装はインドネシアをあまり思わせない洋風なものとなっていて、中には王家の女性に関する衣類や肖像画などが展示されています。

特に注目していただきたいのが豊富なパティックの展示。少し分かりづらい場所にあるので、入館するには事前にガイドを予約しておくのがおすすめです。


ウレンセンタル博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット18. アファンディ美術館

美術館の名前『アファンディ』は、インドネシアの近代絵画での巨匠アファンディ氏の名前から名付けられました。この美術館では絵画や、水彩画など多くの作品が展示されているとともに彼が愛用していた自転車など、彼が生きていた当時の暮らしを想像させる展示物も見ることができます。

絵画などの芸術に興味のある人にはもってこいのおすすめの観光地です。美術館は自然に囲まれているため一人旅の方もゆっくりとした時間が過ごせるスポットです。


アファンディ美術館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット19. フレデブルク要塞博物館

フレデブルク要塞博物館は、ジョグジャカルタにある近代歴史博物館です。建物は、もともと当時オランダ軍が要塞として使用していたもので、中にはインドネシアの独立の歴史を物語る展示物がたくさんあります。外観の特徴としては、インドネシアの独立運動を示す五虎将の像が挙げられます。

展示物の中には日本軍の話もあるため、日本とインドネシアの関係に関する歴史を学びたい人にもおすすめの観光スポットです。博物館の前のマリオボロ通りは路上でマーケットが開催されているため、博物館に行くついでにお土産などの買い物も楽しめますよ。


フレデブルク要塞博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット20. ゲムビラロカ動物園

ゲムビラロカ動物園では屋外でアクティビティも楽しむことができるため、身体を動かしたい方におすすめの観光スポットです。日本の動物園では目にすることも珍しいラクダに乗ることができ、そのほかにもコモドドラゴンなど、インドネシアに生息するたくさんの動物を見れますよ。

特に爬虫類や魚類が多く、子供のみでなく、その種類豊富な動物をみて触れられることから、大人やひとり旅の人でも楽しめる観光地ですよ。さらに、空港からもタクシーで15分程度で行ける好立地にあり、入園料も非常に安価。安い価格で手軽に観光をしたい方は、ぜひゲムビラロか動物園へ。


ゲムビラロカ動物園の詳細

公式サイトで見る


歴史的な建造物もたくさん。スラバヤのおすすめ観光スポット3選を厳選

スラバヤはインドネシアのジャワ島東ジャワ州に位置するインドネシア第二の都市です。賑やかで人の多い広い都市で、チャイナタウンやアラブ人街もあります。オランダ統治時代の歴史を物語る記念碑や運河もあり、インドネシアの歴史や文化を知りたい人にはおすすめの観光スポットです。また、「スラバヤ」の語源はサメを意味する「スラ」とワニを意味する「バラ」から成り立っているため、街を歩いているとサメやワニの彫刻を多く見かけることがあるでしょう。

さらに、歴史的な建物もありますが、高層ビルもあり、昔の建物と近代の建物が一緒になったような面白い眺めの都市となっています。ここからは、スラバヤのおすすめ観光スポットをご紹介します。


おすすめ観光スポット21. スラバヤ動物園

スラバヤ動物園はインドネシアにある東南アジア最大規模とも言える大きい動物園です。この動物園の設立は1916年と歴史もあり、オランダ統治時代に作られた動物園です。実は、こちらのスラバヤ動物園はもう一つ呼ばれている名前があり、「死の動物園」とも呼ばれています。

2014年にライオンが首を吊ってなくなったなど、スラバヤ動物園で動物が相次いで亡くなり、それが原因でこのような名前をつけられてしまいました。入場料は日本では考えられない安さで、日本円で120円程度です。節約して観光をしたい人にはおすすめの観光スポットですよ。


スラバヤ動物園の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット22. サンポルナ博物館

サンポルナ博物館はインドネシアにある、タバコ創業者の家を博物館として公開した建物です。博物館の名前「サンポルナ」はインドネシアの大手タバコメーカーの名前で、サンポルナの創業から今に到るまでの歴史が展示されています。博物館内には、創業当時の事業資産の自転車など当時使用されていたものが展示されています。

他のインドネシアの文化を学ぶことがきる有名な博物館に比べ、穴場の観光スポットと言えます。特にタバコが好きな方は、是非メンソールとは一味違うサンポルナのタバコを体験するとともに、館内を楽しんでみていただきたいです。


サンポルナ博物館の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット23. 英雄記念碑

英雄記念碑は、インドネシアのジャワ島のオランダ統治時代の建物がたくさん位置する街、スバラヤにある独立を象徴する記念碑です。英雄記念碑がある公園には、中央に英雄記念塔、その他にも独立を象徴する銅像や壁画が多く見受けられます。

インドネシアはオランダ、そして日本の植民地であった歴史がある国。記念碑はその戦いの様子を生々しく物語り、そこを乗り越え独立を勝ち取った歴史を表しています。広い公園の中にあるため、天気の良い日に行くのがいいでしょう。インドネシアの独立に関する歴史に興味のある人は足を運んでみて欲しい観光地ですよ。


英雄記念碑の詳細

公式サイトで見る


アクティビティ体験が大人気。デンパサールのおすすめ観光スポット3選

デンパサールはインドネシアの観光名所として有名なバリ島の南部に位置する都市で、その名前は「北の市場」という意味。

ご存知の通りバリ島は美しい海や自然が有名な島ですが、その中でもデンパサールには歴史的な寺院やバリ島の文化や宗教を体験することができる博物館などの観光スポットが多数ある場所。グルメも豊富なので、美味しい食べ物を楽しみたい方におすすめな観光スポットと言えます。今回は、デンパサールでおすすめの3つの観光地をご紹介します。


おすすめ観光スポット24. タナロット寺院

タナロット寺院はインドネシアのデンパザールの海岸にある、バリ島の六大寺院の一つです。海岸にある大きな岩の上に寺院が建てられていて、まるで物語から飛びたしてきたかのような印象も受けられる外観となっています。

海岸にあるため、時間によっては歩いて訪れられる時間と無理な時間があります。干潮時であれば陸続きとなるため、歩いて観光できますよ。観光を検討されている方は、事前に時間を調べて訪問することをおすすめします。


タナロット寺院の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット25. バリバードパーク

バリバードパークは想像を超える体験ができる観光スポット。その名の通り、鳥づくしの園内ですが、鳥を鑑賞するだけでなく、餌付など様々なアクティビティをすることができます。

飼育されている鳥の種類はかなり豊富で約1000羽、およそ250種類の鳥が飼育されています。インドネシアに生息する鳥の種類は、世界最大級と言え、鳥が好きな人にはもってこいの観光地です。散歩にもちょうど良い大きさの公園であるので、ゆったりバリ島の自然を歩きたいという方にももってこいの観光地ですよ。


バリバードパークの詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット26. タマンアユン寺院

『美しい庭園』という名が由来となっているタマンアユン寺院は、その名の通りバリ島の中でもっとも美しいと言われている寺院になります。世界遺産にも登録されているので、近くに行く機会があればぜひチェックしてほしい観光スポットの一つです。

異教徒は寺院内に入れないため、その周りを観光することになりますが、それでも塀が低く作られているため、中を少しだけ覗くことができますよ。観光名所であることから、日頃から観光客が多い人気のスポットになっています。


タマンアユン寺院の詳細

公式サイトで見る


息を飲む絶景を楽しもう!メダンのおすすめ観光スポット2選

メダンはインドネシアのスマトラ島東北部にある都市です。メダンはインドネシア第四の都市で、人口も210万人と多い地域。デリ・セルダン県の県庁所在地でもあります。

石油や農業が盛んな都市で、タバコも多く栽培されているのが特徴。市内には多くのショッピングモールや高級ホテルがあり、そのほかにもマイムーン宮殿やシピソピソの滝などの観光スポットが挙げられます。今回は、メダンに行ったらチェックしておきたいこの2つの観光名所をご紹介していきます。


おすすめ観光スポット27. マイムーン宮殿

マイムーン宮殿は、1888年にデリ人のスルターンにより建造された王宮で、第二次世界大戦まで政府庁舎として使用されていました。インドネシアスマトラ島のメダンに位置し、ボロニア国際空港からは車で約5分の距離となっています。

イスラムとヨーロッパを融合させた白い壁と黄色い柱でできた建物が特徴的で、今でも王族の子孫が住んでおり、代々引き継がれてきた家具や調度品が展示されています。スマトラ島の歴史と文化を感じられる貴重な観光スポットですよ。


マイムーン宮殿の詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット28. シピソピソの滝

シピソピソの滝は、インドネシアのスマトラ島バリサーン山脈にある絶景のおすすめ観光スポットです。高さは120mと、かなり大きい滝のため、その迫力は息を飲むもの。

遠くから眺めることで滝全体、そして周りの緑と崖を一緒に眺められますよ。運が良い日であれば虹が現れることもあり、その絶景に圧巻すること間違いないでしょう。スマトラのメダンに訪れた際は、他で見ることのできないシソピソの絶景を味わってみてください。


シピソピソの滝の詳細

公式サイトで見る


絶品グルメも豊富。マナドのおすすめ観光スポット2選を大公開

マナドはインドネシアのスラウェシ島第二の都市です。別名「メナド」とも呼ばれます。スラウェシ島はインドネシアで4番目に大きい島で、観光名所と呼べるほどの観光スポットはないですが、世界屈指の海洋公園があることからダイバーなどに好まれている都市です。スパイシーな食べ物が多いインドネシアの中でも激辛料理が多い都市で、辛いものが好きな人には嬉しい料理がたくさんあるでしょう。

ここから、マナドにおすすめの観光スポット2名所を解説。訪れた際は、マナドの美しい海とグルメを堪能してみてください。


おすすめ観光スポット29. Bunaken national park

Bunaken national parkはインドネシアスラウェシ島にある世界屈指のダイビングのアクティビティーが楽しめる観光スポットです。透き通る美しい海には多くの青ウミガメが生息しており、潜ると必ず出会えますよ。ほかにもイルカやサンゴなど様々な海の生物を見ることができ、ダイバーにとっては夢のような観光地です。

ダイビングに自信がない人でもビギナーコースなどがあるため、まずはホームページなどをチェックして見ると良いでしょう。


Bunaken national parkの詳細

公式サイトで見る


おすすめ観光スポット30. Ban Hin Kiong Temple

『Ban Hin Kiong Temple』はインドネシアのスラウェシ島のマナドにある仏教の寺院です。すぐ近くにはモスクがあり、観光客はあまり訪れることがない穴場の観光スポットです。

インドネシアはイスラム教やキリスト教信仰者が多いため、仏教寺院は非常に珍しいのだとか。真っ赤な建物が特徴で、建物の前に飾られている像もカラフルですぐに目にとまりやすい外観をしています。写真撮影はNGとなっているようなのでご注意を。


Ban Hin Kiong Templeの詳細

公式サイトで見る


定番から穴場まで、インドネシアのおすすめスポットを押さえておいて。

いかがでしたでしょうか。インドネシアには美しい海や自然、そして歴史的な遺跡や博物館がたくさんあります。

日本ではあまりなじみのないイスラム教のモスクや変わった外観の寺院を見ることができるのも魅力的。ジャワ島やスマトラ島、スラフェ島など様々な島があり、どのように回ればいいか迷う方もいるかもしれませんが、どこも素晴らしい観光スポットがあるので、時間があればゆっくり回ってみてくださいね。

【参考記事】タイのおすすめ観光スポットを地域別に厳選しました▽

【参考記事】エリア別にベトナムのおすすめ観光スポットを解説▽

【参考記事】オーストラリアの人気スポットをジャンル別にご紹介します▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事