タイのおすすめ観光地30選。穴場&定番の人気スポットをエリア別に解説

東南アジアの中でも人気の旅行地、タイ。“微笑みの国”と呼ばれるほど優しい人々が多く、親日国であることから、多くの日本人が海外旅行の目的地に選んでいます。。今回は、定番から穴場まで、タイで人気のある観光スポットを30名所ピックアップ。タイ旅行のプラン作りにお役立てください!

タイってどういうところ?

タイのおすすめ観光スポット

タイは、世界遺産やエンターテイメントショーなど、たくさんの観光スポットがあります。エレファントトレッキングやマッサージなど、楽しい体験スポットも充実している国で、日本からも多くの観光客が海外旅行先としてタイを選んでいるそう。また、物価が安いのでショッピングをするのも◎。親日国としても知られているため、日本人への対応も非常に優しく、初めての海外旅行でも安心です。

今回は、そんなタイの定番から穴場まで、行っておくべき観光スポットを【バンコク・アユタヤ・チェンマイ・プーケット】の4エリアに分けてご紹介します。日本から6時間で行ける手軽な海外旅行を楽しんでみて。


バンコクのおすすめスポットを厳選

タイの首都であり、最も栄えている街『バンコク』。近年、街全体が都会化しており、アジアでも有数の成長率を誇っています。タイ旅行には欠かせないバンコク観光。

ここから、バンコクの行っておくべきスポットを8名所厳選してご紹介します。タイ旅行を左右する大切な場所なため、しっかりとプラン作りしておきましょう。


スポット1. 【バンコク編】カオサン通り

バンコクのおすすめ観光名所「カオサン通り」

カオサン通りとは、タイ・バンコクにある300mほどの大通り。世界中からたくさんのバックパッカーが訪れるスポットであることから、“バックパッカーの聖地”とも言われています。バンコクで最も有名な定番観光スポットといっても過言ではありません。

カオサン通りには、美味しいグルメを販売している屋台がたくさん立ち並んでおり、食べ歩きスポットとしても大人気。雑貨などを売っているショップもあるため、買い物の名所としても親しまれていますよ。タイのお土産を買うなら、カオサン通りがおすすめです。

トリップアドバイザーで見る


カオサン通りの詳細

スポット2. 【バンコク編】ジム・トンプソンの家

ジム・トンプソンの家とは、日本でも人気がある『タイシルク』を作ったジム・トンプソン氏が以前住んでいた家です。ジム・トンプソン氏は、1967年に旅行で訪れたマレーシアで行方不明になりました。このスポットは、ジム・トンプソン氏が行方不明になる前に生活をしていた場所です。現在はバンコクの博物館として、観光客を中心に人気を集めています。

ジム・トンプソンの家には、トンプソン自らが集めてきた古美術コレクターを展示しています。手軽に楽しめる穴場観光スポットなため、タイ旅行の際はぜひ訪問してみてください!

トリップアドバイザーで見る


ジム・トンプソンの家の詳細

スポット3. 【バンコク編】ワット・プラケオ

バンコクの人気名所「ワット・プラケオ」

ワット・プラケオとは、タイ・バンコクにある有名な寺院。観光客はもちろん、タイの仏教徒の方々にも愛されているスポットです。敷地内に、黄金に輝くゴージャスな建物が並んでいます。日本語のパンフレットが置いてあるため、日本語しか話せない方でも安心。

ワット・プラケオには、黄金の仏塔や回廊の絵、アンコールワットの模型、王宮など、たくさんの見どころがあります。その中でも、本堂にあるエメラルド仏は感動するほど美しく彩られています。サイズは小さめですが、翡翠でできている体は大きな存在感を感じるでしょう。

トリップアドバイザーで見る


ワット・プラケオの詳細

スポット4. 【バンコク編】ワット・ポー

バンコクのおすすめ観光地「ワットポー」

ワット・ポーは、大きな寝大仏があることで有名なタイ・バンコクの寺院です。1788年に建てられていて歴史が深く、多くの観光客や地元民に愛されています。ワット・ポーの敷地は80,000平方メートルもあり、隅々まで回ろうとするとかなり体力を使うため、あらかじめ行く場所を決めておくこととスムーズに回れますよ。

ワットポー最大見所である大寝釈迦仏は、全長49m・高さ12mと迫力満点。見学する角度によって全く違う雰囲気を味わえるため、訪問した際はぜひ一周してください。長さ5m・幅1.5mの足の裏は、記念撮影のベストフォトスポットですよ。

トリップアドバイザーで見る


ワットポーの詳細

スポット5. 【バンコク編】ワット・アルン

バンコクのおすすめ観光名所「ワット・アルン」

ワット・アルンは、ワット・プラケオとワット・ポーに並ぶタイ・バンコク3大寺院の1つ。ワット・プラケオやワット・ポーから向かうなら、チャオプラヤー川の渡し舟に乗って向かう必要があるため、注意しておきましょう。

ワット・アルンは、近くで見るととても細かな部分までこだわって作られていることが分かります。仏塔へ登れるようになっているため、訪問した際はチェックしてみてください。ワット・アルンは、夜になるとライトアップされて黄金に輝く絶景スポットになるため、カップルで訪れた際は、インスタ映え写真の撮影はもちろん、記念写真を撮ってみましょう。

トリップアドバイザーで見る


ワット・アルンの詳細

スポット6. 【バンコク編】タリンチャン水上マーケット

タイ・バンコクにある人気の高い水上マーケットといえば、タリンチャン水上マーケット。現地の方も多く訪れていて、ローカル色が強い観光スポットとして人気を集めています。タリンチャン水上マーケット最大の特徴は、安い価格で何でも手に入ること。タイ流のショッピングを地元民と一緒に楽しんでみてください。買い物をする場合は、ボートに乗って桟橋の上に集まっているマーケットを回る流れになります。

タリンチャン水上マーケットでは、フルーツや野菜、お菓子、民芸品、雑貨、花など、たくさんの商品が販売されています。グルメも豊富なため、水上マーケットを楽しみながら食事してみるのも良いでしょう。

トリップアドバイザーで見る


タリンチャン水上マーケットの詳細

スポット7. 【バンコク編】ザ・オリエンタルスパ

「タイ・バンコクのスパで癒やされたい!」という方におすすめしたいスポットが、ザ・オリエンタルスパ。ザ・オリエンタルスパは、『マンダリン オリエンタル バンコク』という名前のホテル内にあります。4階建ての綺麗なホワイトのスパ棟でマッサージが行われていて、雰囲気バツグン。タイのスパに慣れている方もザ・オリエンタルスパの空気を吸うだけで癒やされる気がするはず。

スパに用意されているメニューは豊富で、フェイシャル・ボディートリートメントやタイ古式マッサージはもちろん、ヨガやマニキュア・ペディキュアも。また、フィットネスクラブも併設されているため、体を動かしたい観光客にもぴったりの観光スポットです。

トリップアドバイザーで見る


ザ・オリエンタルスパの詳細

スポット8. 【バンコク編】サイアムディスカバリーセンター

サイアムディスカバリーセンターとは、タイ・バンコクにある大きなデパートです。2012年7月にオープンし、2013年1月にリニューアルオープンしました。近代的なデザインが特徴的で、毎日たくさんの観光客がショッピングを楽しんでいます。

タイの最先端の流行が知りたいなら、サイアムディスカバリーセンターへ行けば間違いなし。200を超えるブランドショップが並んでいるため、お客さんが何を買っているか少しチェックしていればタイ全体のファッション情報を網羅できますよ。BTSサイアム駅から直結なので、アクセス良好なのも魅力的なポイント。土地勘のない観光客も、道に迷う心配はありません。

トリップアドバイザーで見る


サイアムディスカバリーセンターの詳細

アユタヤのおすすめ観光スポットを厳選!

タイ・バンコクとは違い、タイ王国の古来から残る遺跡や住所などがそのまま残った人気観光エリア『アユタヤ』。歴史好きの方はもちろん、「タイのカルチャーに触れたい!」という観光客が毎日多く訪れる場所です。現在では、アユタヤ地域は、世界遺産にも登録されています。

ここから、アユタヤのおすすめ観光スポットを7名所ご紹介します。アユタヤ観光の参考にぜひお使いください。


スポット9. 【アユタヤ編】ワット・マハータート

タイ・アユタヤのおすすめ観光地「ワット・マハータート」

タイの古都であるアユタヤには、現在でも数々の遺跡が残っています。その中でも特に有名なのが、ワット・マハータート。1300年代に建てられました寺院で、ビルマ軍との戦争によって大きな被害を受け、現在では寺院跡として多くの観光パンフレットに紹介されています。

菩提樹の根に仏頭が埋まっている人気のフォトスポットも、ビルマ人との戦争によって作り出されました。仏像の頭が切り落とされて、その頭が長い年月をかけて菩提樹の根の中に埋まり、現在の形に。写真撮影をするときは、自分の頭を仏頭よりも下げなければいけないという決まりがあるため、観光客の方は注意して撮影しましょう。

トリップアドバイザーで見る


ワット・マハータートの詳細

スポット10. 【アユタヤ編】ワット・プラ・シーサンペット

タイ・アユタヤのおすすめ観光地「ワット・プラ・シーサンペット」

ワット・プラ・シーサンペットは、「タイ・アユタヤに来たらここは外せない!」と言われるほど人気の観光スポット。1491年にアユタヤ王朝の王宮寺院として建てられ、現在は遺跡として観光客に親しまれています。

ワット・プラ・シーサンペットは、3本の仏塔が特徴的。トライローカナート王や王子たちの遺骨が収められている場所で、アユタヤ朝の王様は仏と同じ扱いを受けていたため、寺院と呼ばれているそう。タイにある仏塔は戦争などの被害に遭っているケースが多いため、綺麗に保存された姿を見られるのはなかなかありません。アユタヤ観光に来た際には、ワット・プラ・シーサンペットで記念写真を撮っておきましょう!

トリップアドバイザーで見る


ワット・プラ・シーサンペットの詳細


お気に入り

注目の記事

関連する記事