ソウルのおすすめ観光地25選。定番名所から穴場スポットまで人気エリアを解説

韓国の人気観光地「ソウル」。羽田空港から2時間30分ほどで行ける気軽さが、人気を集めています。今回は、そんなソウルの観光スポットを25個ピックアップしてご紹介します。定番スポットから穴場スポットまで、ソウルへ旅行に行こうと思っている方は要チェック!

ソウルってどういうところ?

ソウルのおすすめ観光スポット

キムチやサムギョプサル、焼き肉など、おいしいグルメが盛りだくさんのソウルは、日本人から人気のある観光スポットです。成田空港や羽田空港からだと、2時間30分ほどで行ける近さなため、週末を使ってソウルへ訪れる日本人が増加中。日本と時差がないので、時差ボケせずに楽しめますよ!

今回は、そんなソウルのおすすめ観光スポットを25名所まで厳選してご紹介します。この機会にしっかりと旅行プランを立ててみてください。


スポット1. 【定番編】光化門

ソウルの人気観光名所「光化門」

ソウルの定番スポットとしてまずご紹介したいのが、光化門(こうかもん)です。光化門とは、ソウル王宮の城門跡。元々、1395年に建築されました建築物ですが、現在の門は2010年8月に復元されています。ずっとソウルの街を見守ってきた歴史が深い観光スポットなため、ソウルを訪れた際はぜひとも寄っておきたい名所です。白を基調として作られており、壮大で美しい姿が人気を集める秘密。

地下鉄5号線光化門駅と直結しているため、アクセスしやすいのも観光として人気を集める理由です。ソウルに土地勘がない人でも、迷わずに行けますよ。

公式サイトで見る


光化門の詳細


スポット2. 【定番編】光化門広場

ソウルの人気観光名所「光化門広場」

光化門のある光化門広場(こうかもんひろば)は、ソウルの中心に位置する広場です。2009年8月1日に完成して以来、多くの観光客や地元民に愛されています。幅34m・長さ557mもの大きさがあるため、のんびりとソウル内を散歩したい方にはぴったりの人気スポット。

そんな光化門広場の見所は、韓国の偉人たちの銅像です。日本軍と戦った李舜臣(イ・スンシン)将軍や、ハングル文字を作った世宗大王(セジョンテワン)の像が飾られていて、ソウルに行ったら撮っておきたい写真の1つ。李舜臣将軍の銅像の前には噴水の水遊び場があるので、子連れの家族にもおすすめ。

公式サイトで見る


光化門広場の詳細


スポット3. 【定番編】昌徳宮

ソウルで行っておくべき観光地「昌徳宮」

昌徳宮(チャンドックン)とは、ソウルにある宮殿です。1405年に建てられ、現在は李氏朝鮮第9代成宗が正宮として使用しています。昌徳宮は美しい風景が有名で、その絶景を作り出す昌徳宮はユネスコの世界文化遺産に登録されるほど。心うたれる絶景を一目見ようと、連日多くの観光客が訪れる定番の観光スポットです。

朝鮮王朝時代の生活様式や思想などを感じられる昌徳宮は、朝鮮の歴史好きなら一度は訪れるておくべき。日本語で書かれたパンフレットも用意されているので、日本人も安心して観光できますよ。

公式サイトで見る


昌徳宮の詳細


スポット4. 【定番編】宗廟

ソウル旅行で行くべき観光スポット「宗廟」

宗廟(そうびょう)とは、ソウルにある祖先を祀っている建物のこと。ユネスコの世界文化遺産にも登録されていて、ソウルの中でも定番の観光スポットです。1395年9月に完成しましたが、豊臣秀吉の侵略によって破壊されてしまうことに。その後、1608年に改めて建築されています。

そんな宗廟で注目していただきたいのは、横に長い木造の建物。尊厳な雰囲気が漂っていて、ピンと張りつめた静かな空気が流れています。宗廟の中心にある正殿には、王19人と妃の位牌が49体ほど置かれています。ソウル観光に来たなら言っておきたい定番のスポットです。

公式サイトで見る


宗廟の詳細


スポット5. 【定番編】仁寺洞

仁寺洞(インサドン)とは、王朝の時代に貴族や官僚たちが暮らしていたスポット。日本に例えると、京都のような雰囲気を持つ街です。書道や骨董品をはじめとしたアート作品をメインに販売していて、ウィンドウショッピングをするだけでも心が踊ります。とても素敵な作品ばかりなので、ソウル土産として購入する人も多いそう。「ソウルの伝統に触れたい。」という観光客からも人気を集める観光名所です。

仁寺洞にはまったりとできる茶屋もあるので、歩き疲れたら休憩しましょう。落ち着きすぎて、ずっと居座っていたくなるはず。ゆっくりしたい方は、訪れてみるのがおすすめ。

公式サイトで見る


仁寺洞の詳細


スポット6. 【定番編】梨泰院

ソウルのおすすめ人気観光スポット「梨泰院」

梨泰院(イテウォン)とは、ショッピング街として多くの観光客が集まる人気スポットです。1997年にソウルで最初の観光特区として認定されたエリアになります。梨泰院のハミルトンホテルの周りには、たくさんのショップが並んでいます。特にファッション系の商品を扱うショップが多く、皮やスーツ、ネクタイ、時計、アクセサリー、靴などのビジネスグッズも手に入るのが特徴。

梨泰院は、アパレルショップの他にもクラブなど遊び場も充実しているため、「ソウルで夜遊びをしたい!」という方にもおすすめの観光地ですよ。

公式サイトで見る


梨泰院の詳細


スポット7. 【定番編】狎鴎亭と清潭洞

狎鴎亭(アックジョン)と清潭洞(チョンダムドン)は、ソウルにある繁華街です。高級感溢れるショップが多い地区なため、芸能人もお忍びで訪れているそう。

狎鴎亭と清潭洞は、フルーツたっぷりのパフェを販売する「カフェ ド パリ」や、ボリューム・インパクト抜群な大きいかき氷を販売する「ソルビン」もあります。どちらのお店もInstagramで話題になっているグルポスポットです。「ソウルでインスタ映えするようなスイーツを食べたい!」という観光客にぴったりのおすすめスポットです。

公式サイトで見る


狎鴎亭と清潭洞の詳細


スポット8. 【定番編】国鉄ソウル駅

ソウルのおすすめ観光スポット「国鉄ソウル駅」

国鉄ソウル駅は、ソウルの大きなターミナル駅です。空港からソウルへ行く際にも使う場所なため、ソウル観光する前に必ず一度は訪れることでしょう。毎日、多くの観光客や地元民が利用している国鉄ソウル駅は、日本とはまた違う作りになっているので一度のんびり見て回っても良いでしょう。

国鉄ソウル駅の中には、コンビニやレストラン、銀行、カフェなどが入っているのでとても便利。「お金を下ろしたい!」「空き時間ができた。」という方は、国鉄ソウル駅に行くのがベストです。お土産ショップも併設されているので、空港へ行く前にお土産を仕入れてもアリ。

公式サイトで見る


国鉄ソウル駅の詳細



LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事