マカオのおすすめ観光スポット25選。人気で定番の観光名所を大公開

28.6平方キロメートルという小さい面積でありながら、人気を集める観光地「マカオ」。世界遺産の建物やカジノなど、沢山の見所があるのがポイントです。今回は、そんなマカオで人気がある観光スポットを25個ピックアップします。

マカオってどういうところ?

マカオの人気観光スポットを大公開

東京からマカオまでは、飛行機に乗って4時間30分ほど。日本とマカオとでは時差が1時間しかないので、時差ボケもせずに過ごしやすいのが特徴。

カジノの印象が強い方も多いかと思いますが、1997年まではポルトガルが権力を握っていたので、街にはヨーロッパの雰囲気漂うスポットがたくさん。現在は、中国に返還されているので、中国語とポルトガル語が公用語として使われています。

今回は以下の流れでマカオのおすすめ観光スポットを25選を大公開。

  • マカオの定番スポット12選
  • おすすめのカジノスポット9選
  • ショッピング・グルメのおすすめスポット4選

困ったら行きたい!マカオの定番観光スポット12選

マカオは中国の特別行政区であり、国と比べるとそこまで大きくありません。そのため、そこまで多くの観光スポットがありません。ここではそんなマカオの定番スポット12箇所お届けします。


スポット1. 【定番編】聖ポール天主堂跡

『聖ポール天主堂跡』とは、17世紀のポルトガル時代に建てられた大聖堂の遺跡。「マカオに来たのなら聖ポール天主堂跡の観光は外せない!」と言えるほどの名所のスポットになります。2005年には、ユネスコの世界遺産であるマカオ歴史地区として登録されました。

そんな聖ポール天主堂跡は、1835年に起こった火災によって、木造部分が焼けて無くなってしまいました。残ったのは、前の石壁のみ。今では聖ポール天主堂跡は、大迫力の石壁を見るために来た人で溢れかえっています。周辺にはお土産屋も多く構えているため、石壁を観た後にマカオのお土産を買うのも“アリ”ですね。


聖ポール天主堂跡の詳細

トリップアドバイザーで見る


スポット2. 【定番編】セナド広場

マカオで観光する際の拠点ともいえる広場の一つ『セナド広場』。パステルカラーのカラフルで可愛らしい建物が並んでいて、インスタ映え◎。このセナド広場で写真を撮っている人も数多くいらっしゃるため、家族や友人と撮ってみてはいかがでしょうか。

マカオでいちばん有名な観光スポット「聖ポール天主堂跡」をはじめとして、旧マカオ市政庁や仁慈堂といったスポットもある広場なため、観光ルートの一つにれるのも“アリ”ですね。また、白と黒のモザイク風石畳は必見。噴水もあって、おしゃれなヨーロッパの雰囲気が感じられる観光名所になります。


セナド広場の詳細

トリップアドバイザーで見る


スポット3. 【定番編】マカオタワー

マカオにある338メートルもの高さがある『マカオタワー』。マカオ観光の定番スポットになっており、中には観光客が沢山います。マカオの街を見渡せるだけではなく、地上233mのスリル満点なスカイウォークやバンジージャンプなどのアクティビティも充実しています。絶叫アトラクションが好きなら、ぜひ挑戦してみたい観光スポットに。

また、マカオタワーにはショッピングモールもあるので、買い物まで楽しめます。綺麗な景色を観て、様々なアクティビティを楽しんだ後に、お土産を買うのにもおすすめの観光スポットになります。


マカオタワーの詳細

トリップアドバイザーで見る


スポット4. 【定番編】聖ドミニコ教会

『聖ドミニコ教会』は1587年に作られたバロック様式の教会。現在は、ユネスコの世界遺産にマカオ歴史地区の一つとして登録されています。黄色の外観の風景だけでなく、内部への見学できるため、聖ドミニコ教会を見るためにマカオへ訪れる人もいるほど。

そんな聖ドミニコ教会の見所は、カラフルでかわいらしい外観です。きれいなイエローがマカオの空に映えており、まるでおとぎ話の世界にいるよう。内装もクリームイエローでまとめられていて、見応えバッチリですよ。中にはキリスト教関連の資料があるため、見学をした方は一緒に確認してみてはいかがでしょうか。


聖ドミニコ教会の詳細

トリップアドバイザーで見る


スポット5. 【定番編】媽閣廟

『媽閣廟』とは、マカオ歴史地区のひとつとしてユネスコ世界遺産にもなっている廟です。媽閣廟はマカオの由来になっていると言われており、パワースポットとして観光客を中心に人気。1488年に完成して以来、長い歴史の中でマカオの街を見守ってきました。内部ではお線香を購入でき、多くの方が線香を上げています。

媽閣廟の中には、「百年夫婦樹」という樹があり、恋愛のご利益があると有名なスポット。好きな人と両思いになりたい人やいつまでもラブラブでいたいカップル・夫婦などは訪れてみてはいかがでしょうか。


媽閣廟の詳細

トリップアドバイザーで見る


スポット6. 【定番編】モンテの砦

イエズス会修道士がマカオに作った軍事要塞『モンテの砦』。1626年に完成し、ポルトガル軍が退却する1960年代までは、軍事用の施設として使われていました。8000平方メートルの敷地内には、20台を超える大砲が置かれていて迫力満点の観光名所になります。

そんなモンテの砦からは、マカオの街並みが一望でき、大砲と一緒に並んで見ると少し不思議な気持ちになります。夜になると夜景がとても綺麗に見え、マカオタワーとは又違った景色は『モンテの砦』ならでは。大切な人と一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。


モンテの砦の詳細

トリップアドバイザーで見る


スポット7. 【定番編】民政総署 ~リアルセナド~

『民政総署』は、セナド広場の向かいにある、行政が行われる役所。1584年に建物が完成してから、補修を繰り返しながら今なお役所としての機能を果たしています。壁や裏庭などは当時と同じように残されており、新古典様式が特徴的な建物になります。タイルの地面と白色の建物は、フォトスポットに最適。

そんな民政総署には、図書館や小さいチャペルなどもあるため、外観以外にも足を運んで見るのも楽しいスポットに。民政総署は冷房が効いているスペースがあるので、夏の暑い季節には小休憩して休みたい、穴場の観光スポットです。


民政総署の詳細

トリップアドバイザーで見る


スポット8. 【定番編】聖ヨセフ修道院及び聖堂

『聖ヨセフ修道院』とは、1728年に聖ポール大学と一緒に完成した修道院。イエズス会宣教師育成を目的としてイエズス会によって作られました。

現在、聖ヨセフ修道院は非公開になっています。しかし、隣にある1758年に完成した聖ヨセフ教会は観光OK。バロック様式の建築で、天井に刻まれているイエズス会のシンボル「IHS」がポイントです。他の教会とはまた違った造りになっているため、見所がある場所になります。庭には、マカオでいちばん古いカジュマルの木が植えられていて、南国感たっぷりですよ。


聖ヨセフ修道院及び聖堂の詳細

トリップアドバイザーで見る



お気に入り

注目の記事

関連する記事