2017年3月28日

【女子共感の嵐】人気モデルが男のルックスを斬る! 〜あなたの見た目、ここがダメ〜

男性の中でカッコいいと思われている「あの行動」、もしかしたら女子的NGかもしれません。ViViの専属読モとして活躍している大塚さんにお願いして、男の外見をバッサリ切ってもらいました。

男性がオシャレだと思っていることは、女性から見ると実はダサい

大塚真理子

カッコいいと男性がそう思っているファッションや美的センスが、実は女性から見るとカッコ悪い。そんなこと、実は結構あるんです。今回は、有名女性雑誌『ViVi』で専属読者モデルを務める人気のViVigirl・大塚真理子さんに“世の女性のホンネ”を語ってもらいました。流行の最先端にいる彼女に聞く“あなたのルックス、ここがダメ!”。この際、バッサリ言ってもらいましょう。

 

変にファッションを遊ぶくらいなら、全身ユニクロ男子でいい!

大塚真理子メンズファッション

「多くの女性はメンズのブランドに疎いし、ぶっちゃけ関心がありません。時計やアクセサリーも、高いとか安いとかあまりわからない。だから、高い衣服やアイテムにお金をかけたからってモテるわけじゃないと思います。むしろ、金持ちアピールに見えるとダサい。全身ユニクロをシンプルに着こなしてもらう方が、好感度高いです。男性のファッションは“シンプル・イズ・ベスト”、この一言につきますね。」

 

奇抜なファッションは、カッコいい人がやるから似合う

大塚真理子ファッション

「最近、個性的なファッションの男性も増えてきていますが、女性ウケがいいとは言えないと思います。奇抜で個性的なオシャレは、俳優やモデル並みのルックスだから成立する話。菅田将暉が似合っているからって、一般人が着たところで・・・ねえ?って女子会で話になること多いですよ!(笑)マッシュルームヘアもそう!カッコいい人がやるから似合うわけで。」

 

ヒゲ嫌い女子は多い

大塚真理子ViVigirls

お願いだからヒゲ剃ってほしいっていう女子、ほんと多いですね。。ヒゲを生やした方がカッコいい男性なんて、ほとんどいないんじゃないでしょうか。清潔感がなくなるから、剃るべきです。もし生やすなら、せめて形とか長さとかまで徹底的に整えてほしいです。でないと、ただ放置しているようにしか見えません。女性陣はかなり細かいところまで見てますよ。ヒゲがないだけで肌が綺麗に見えて、清潔感のある見た目になるし、モテるようになると思います。」

 

毛深いのもツルツルも無理!体毛はバランス良く“中間”を目指してください

大塚真理子サロンモデル

「体毛とか完璧に脱毛して、ツルツルの男性っているじゃないですか。なんか女々しい印象で、嫌なんですよね。ただし、毛深いとそれはそれで気持ち悪い。遺伝もあると思うから難しいし、わがままですけど、女性の理想は“普通 or 少し薄め”です。毛の濃い男性は脱毛より脱色を。毛を茶色に染めると、目立たなくなっていい感じになりますよ。ただ、胸毛だけは完璧に脱毛して欲しい!毛に関しては、男らしさと清潔感を上手に両立している男性に魅力を感じます。」

 

男性が思っているほど、女性は筋肉に興味ありません

大塚真理子メンズファッションダメ出し

「筋肉をつけるために、必死に鍛えたり、プロティンを飲んだりする男性って多いですよね。でも最近の女子の中では細身の男性の方が流行ってるので、あんまりムキムキしてないほうが女ウケが良かったりします。私も、腹筋が割れていなくても全然気になりません。お腹が出ていたり、ぷよってなければOK。マッチョなのもそれはそれで怖いから、適度な細マッチョくらいでお願いします(笑)」

 

ただし、ガリガリ男はNG。健康的な体型でいてください

大塚真理子モデル

「ぽっちゃり体型以上に、骨みたいなガリガリ男はきついです。自分より足細いとか、気を遣うし隣に並びたくないです(笑)男性は、太ってない限りダイエットをする必要はないですよね。健康的な体型が一番です。細い男性には、男らしさを感じないかな。」

 

肌荒れ男子も嫌だけど、美容オタク男子も嫌だ

大塚真理子関西美女

「やっぱり肌の汚い男性には、幻滅しちゃいます。天然美肌男子が理想。でも、たとえ肌が綺麗だとしてもいき過ぎた美容オタク男子は絶対に嫌。女々しくてカッコよさを感じません。男性が、パックをしたり、ニキビをファンデーションで隠したりするのってちょっとね・・美意識高すぎませんか?(笑)女の子みたいだし、女性の見た目に対しても厳しそうな印象を持たれて敬遠されてしまうと思います。食事や睡眠など生活習慣でどうにかする。もしくは、美容の努力を女性に見せずに“こっそりと”がベターです。」

 

取材後記

記事公開前に内容をSmartlog編集部の周りにシェアしてみたところ、女性陣やモデルから“共感の嵐”が吹き荒れました。まさに、これこそ女性の本音。厳しい意見も多いですが、男性陣は真摯に受け止めましょう。。

 

 

撮影/村上優花

 

【企画協力モデル】プロフィール

大塚真理子

大塚真理子(Otsuka Mariko)、福井県出身。TV番組やCMをはじめ、女性雑誌『ViVi』の専属読者モデル・ViVigirlとしても活躍中。思わず目を奪われる際立つファッションセンスから、instagramのフォロワーは30,000人を超え、街中で同性から声をかけられるほどの人気を博している。素直な物言いで表裏がない、芯の強い女性。「今回は“バッサリ”お願いします」という編集部の難しい願いも、快く承諾してくれました。instagram:marinstgm、twitter:@ma_ripop

 

Supported by…

Royal Garden Cafe 渋谷店(東京都渋谷区宇田川町4-3 ホテルユニゾ2F)

※特別な許可をいただいて撮影をしております。

 

【参考記事】No.1のすっぴん美人に、すっぴん美人の見分け方を聞いてみました▽

【参考記事】有名女性ファッション誌のモデルに聞いた、モテる男・モテない男

【参考記事】人気のキャバ嬢が語る、モテる男のキャバクラでの立ち振舞い

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。