2015年8月24日

[ラブホテルの連れて行き方講座]タクシーを使って"女の子のやっぱ行くのやめた現象"を防ごう

彼女のラブホテルの連れて行き方を解説します。鍵はタクシーを使うことでした。特に初デートのホテル動員の時に彼女から「やっぱり行きたくない」と断られるのってこわいですよね。そんなあなたの悩みを解決すべくスマートなラブホテルの誘い方を徹底解説します。

飲み屋からホテルまでの道は長く、途中でワンナイトラブを断られることも多い

夜 飲み屋 道のり

ホテルまで連れて行くことって意外とむずかしいですよね。飲み屋からホテルに行くまでの道のりは果てしなく、三千里の体感があります。この道のりの過程で、女の子から「やっぱ帰る。」「ん〜やっぱ今日やめにしよ?」と最後の最後にブレーキがかかります。

このように「あと…一歩なのに…!」と辛酸をなめた人は多いと思います。そこで今回は、この"直前で女の子帰りたくなる問題"を一発で解決する天才的ソリューションを紹介します。

 

[ソリューション]タクシーを活用する

タクシー

その解決策とは「タクシーを活用する」こと。

では、タクシーを使うとどんな風にうまくいくのでしょうか?

 

現実に起こる女性とのシーン予想

手 男女 カップル 

このハウツーは女性サイドが少なからずあなたに好意を持っているという前提です。

2人で飲んだ帰り際、尋ねてみましょう。

あなた「明日早い?」

女性「ううん、早くないよ。」

あなた「じゃあ、次に行こうか。」

女性「どこ行くの?」

あなた「ガヤガヤしてうるさい場所と、静かで2人で飲めそうな場所どっちがいい?」

女性「静かな方。」

あなた「わかった。じゃあ、静かなとこにしようね。」

ここでタクシーを呼び止めます。タクシーに乗ったら、そのままホテル街の名前を「◯◯町で。」と言ってホテルに直行するだけ!スムーズに女性もホテルに入ってくれるはずです。

 

 

なぜ上手くいくのか解説1/2 事前のテストクロージングが成功している

男女

ここからはなぜうまくいくのかの解説をします。

そもそもあなたと一緒にいたくない場合「明日早い?」という質問に対して「ちょっと早いんだよね。」と言うはずです。もっと一緒にいたいという気持ちが「ううん、早くないよ。」という回答を生み出しています。

また、「うるさくてガヤガヤしたところ」と「静かなところ」という2択を迫った時に、口説かれるのが嫌だという気持ちがあれば「ガヤガヤしたところ」を選択していたはずです。

この2回のテストの段階で、女性のあなたと一緒にいたいという気持ちの確認がとれているのでスムーズにいくわけです。もしも好意を持たれてない場合は速やかに帰してあげましょう。

 

なぜ上手くいくのか解説2/2 タクシー代を払わせてしまった申し訳なさから断る気持ちが削がれる

男女

ホテル街に着いたあと、女性がスムーズにホテルに入ってくれます。なぜか。

それは「タクシー代を払わせてしまったし、ここで断れるのはダメだな。」という心理が働くためです。難なくホテルに動員可能。「タクシーまで使わせちゃったし、仕方ないよね。」と女性に言い訳を作ってあげられることがこのハウツー最大のミソです。

 

最後に

いかがでしょうか。人間の欲望がシーソーゲームするホテルへの道のりをタクシーでスマートに隠してあげることが紳士道。女性に言い訳を作ってあげられるカッコいい男になりましょう。

 

【参考記事】

【参考記事】新宿のおしゃれすぎるラブホテルをご紹介▽

【参考記事】池袋の押さえておくべき人気ラブホテルとは▽

【参考記事】横浜の人気ラブホテル10選

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。