遠距離のネット恋愛を成功させる5つのコツ|会ったことない人と会う時の注意点とは?

ネットで出会った人と恋愛するのって少し不安ですよね。遠距離だと尚更です。この記事では、遠距離ネット恋愛のコツや注意点について詳しく解説します。

ネット恋愛ってアリ?遠距離でもいいの?

今の時代にネット恋愛は全然アリ

10年程前はネット恋愛で異性に会うのは危険と言われていました。

というのも、昔は恋愛は直接会ってするものという価値観があったり、今よりもサービスが充実していなくて安全性が低かったからです。

でも、今の時代はSNSの普及もあったり、サービスが充実しているため、ネット恋愛はもはや当たり前の時代。

ただネット恋愛には、事前に相手の人間性がわからないことや、距離があってなかなか会えないなどの課題がまだまだ残っていて不安に感じる人もいることでしょう。

しかし、ネット恋愛でも、注意点を守ることで安全に相手に会えますし、ポイントを押さえれば遠距離でもうまく行くので、そんなに怖がらなくても大丈夫。

実際にSNSやマッチングアプリで出会って付き合い、結婚している人もたくさんいるので、ぜひネット恋愛を前向きに捉えてみてくださいね。


一度も会ってないのに付き合うのは原則NG!

ネット上では、自分のプロフィールをいくらでも偽ることができるため、実際に会ってみたら「え?思ってた人と全然違う」ということがあり得ます。

例えば、ネット恋愛ではこのようなことが起こることも…。

  • プロフィールでは20代と言っていたが、会ってみたら40代のおじさんだった
  • お金持ちを装っていたが、無職だった
  • ネット上では優しいと感じたが、実際に会ってみたらヤリたいだけですぐにホテルに誘ってきた

など、ネット上での印象を信じて、お付き合いを決めるのは危険なので、必ず一度は会って人間性を見極めてからお付き合いしましょう。


【事前準備編】ネットで知り合った人と直接会う前にする3つのこと

shutterstock_377817937.jpg

ネットで知り合った人で「いいな」と思っても、すぐに直接会ってはいけません。

では、事前にどんな準備をすればいいのでしょうか?

ここからは、SNSやマッチングアプリなどインターネットを通じた出会いで異性と会う前に、事前に準備をしたほうがいい3つのことを紹介していきます。

事前に準備をしたほうがいいこと
タップすると移動します

絶対に『3回以上』は電話をする

マッチングアプリやLINEのチャットだけでは、相手の価値観や人間性が分かりづらいものです。

その点、直接電話で話をすることで、相手の人間性や価値観、雰囲気を事前にある程度確かめられます。

3回以上電話することで、初めて話した時よりも緊張がほぐれてより話しやすくなるので、相手の本質も見抜きやすくなるでしょう。

「会ってみようか」と話が出たら自分から電話を提案して、事前にお話ししておきましょう。

  • 好きなものや嫌いなもの
  • 過去の恋愛の経験について
  • 今彼女や彼氏が欲しいと思っているのか

このようなことを質問して、相手の恋愛へのスタンスや人物像を確かめておきましょう。


相手の顔が写っている写真を『3枚』もらっておく

マッチングアプリなどのアイコン写真は盛れたものを使うことが多く、またワンポーズだけでは、本当の容姿が分かりません。

SNSのアイコンだけ見て好みだと思っていても、実物は写真の印象と違うことがあります。

また、中には拾い画像を使っている人がいるので、事前に顔を確かめる必要があるでしょう。

「会った時のために、別の写真が欲しいな」とお願いして、以下のようなアングルで撮影をお願いしてみましょう。

  • 正面からの顔の写真
  • 引きで撮影した全身スタイルの写真
  • 友達と写ってる写真

このように複数枚写真をもらっておけば、「アイコンとやりとりしている人物が同一なのか?」相手の見た目を確認できます。


「想像と違う!」とならないためにテレビ電話をする

ネットで知り合った人と会う前にしておきたいことはテレビ電話にする

写真だと加工アプリで見た目を良くしている気がして不安な方や、相手に写真を嫌がられた場合はテレビ電話がおすすめ。

  • iPhoneのFaceTime
  • Zoom
  • Skype
  • LINEのビデオ電話

など、「ビデオ通話して、顔を見ながら話してみたいな」と頼んでみましょう。

実際に動いている相手を見たら話し方や表情がよくわかるので、自分に合いそうな人かどうかをより判断できるはずですよ。


【当日編】ネットで出会った異性と初めて会う時の注意点とは?

ネットで出会った異性と初めて会う際の注意点

ネットを通じて初めて会う前に確認することが分かりましたが、これだけで100%安全とは言えません。

実際に会うことになったら、いくつかの注意点を押さえて、身の安全を確保することが大切です。

ここからは、ネットで出会った異性と初めて会う時の注意点を解説します。

迂闊にデート場所やプランを相手任せにすると、危険な目に遭うことがあるので絶対に以下の4つのことを守ってくださいね。


注意点1. できるだけ人が多い場所で会う

周りに人がいない状況だと、相手にいきなり体に触られたり、何か危険なことをされるリスクがあります。

でも、人が多い場所なら、人目があるので相手も迂闊に変なことができません。そのため、初めてネットで出会った異性と会うのは、以下のような場所が良いでしょう。

  • カフェ、喫茶店
  • ファミレス、レストラン

このような場所なら周囲に人目があるので、簡単に安全を確保できます。

そして、待ち合わせをする際は、あなたの家や会社の位置がバレないように、最寄り駅以外の駅を指定してくださいね。


注意点2. 密室には入らない、誘わない

密室に二人きりになると、体の関係を迫られたり、最悪は無理矢理行為をされてしまうこともあります。

そもため、鍵がかかる密室や個室のある居酒屋やカラオケなどは避けましょう。

カラオケは鍵がかかりませんが、防音性が高いので、助けを求めても外に聞こえない可能性があります。

万が一異性から密室になりそうな場所に誘われたら、「喉乾いたからお茶したいな」などと言って、別の場所へ誘導しましょう。

また、あなたが男性の場合は、女性に警戒心を抱かせてしまうので、密室に誘わないことも大切ですよ。


注意点3. いきなりお泊まりはしない

ネットで出会った異性と初めて会う際の注意点はお泊まりはしない

体の関係を初回から持つと、その後恋愛につながらない可能性が高いです。

ネットで恋愛したがる男性は、ヤリモクも多いため、一回エッチして連絡が取れなくなるケースも…。

また、お泊まりは鍵がかかる密室に2人きりになってしまうため、以下のような事件に発展することがあるため、絶対ダメ。

  • 何もしないからと言われたからホテルに行ったのに、無理矢理ヤラれてしまった
  • 相手が女性だからと油断していたら、財布を抜かれていた

お泊まりに誘われても「明日は予定があるから」と、断ってくださいね。


注意点4. 会う予定を友達や両親(兄弟姉妹)に伝えておく

ネットでの恋愛は安全になってきたとはいえ、万が一あなたが事件に巻き込まれたときに、周囲が助けてくれる環境を自分で作っておく必要があります。

会う予定を周囲に伝えておけば、帰りが遅い、連絡が無い場合はおかしいと気づき、警察に連絡するなどの対応をしてくれるでしょう。

万が一の時のため、以下のようなことを友人や両親に伝えておいてください。

  • 「(友達に)明日、ネットで出会った人と初めて会うんだけど不安なんだ。20時過ぎたら連絡してくれない?」と頼んでおく
  • (両親に)「今日は人と会うけど、21時までに帰るから。駅まで迎えに来てね」と伝えておく

帰宅時間を指定しておけば、時間を過ぎて連絡が無い場合に、事件に巻き込まれたのではと気づいてくれます。

特に、あなたが女性の場合は、絶対に周囲の人にあなたの状況を察してもらえるようにしておきましょう。


【デート後編】遠距離のネット恋愛を長続きさせる5つのコツ

遠距離ネット恋愛のコツ

「ネット恋愛で出会った人、車で2時間の距離だから頻繁には会えない…うまく付き合えるかな?」

「遠距離恋愛が初めてで、長続きのコツが分からない」

ネットで出会った彼氏や彼女が遠くに住んでいて、初めて遠距離ネット恋愛になった場合、どんな風にデートしたら良いかなどが分かりませんよね。

どんな点に注意すれば、良い関係を長く続けられるのか?

ここからは、遠距離ネット恋愛の秘訣と注意点を説明します。


コツ1. 早めに相手の嫌なところを見つける

遠距離ネット恋愛カップルは、物理的距離が離れている分、デートして相手への不満を解消したり挽回したりしづらいです。

付き合い始めは、恋愛モードで許せていても、長くすれ違いが続けば相手を嫌になってしまうことも…。

そのため、先回りにして相手の欠点に気づいておけば、「こういう人なんだ」とある程度割り切れるでしょう。

  • 連絡がマメじゃ無い時がある
  • お金がないみたいで、自分から会いに来てくれない
  • 普段は可愛いのに、ネットゲームしてる時に口調が荒くなる

このように気づいた欠点をメモしておけば、後から「こんな人だったんだ」とガッカリしないので、幻滅して別れるのを防止できます。


コツ2. 交互に会いに行くようにする

遠距離恋愛を長持ちさせるためには、デートの時間をきちんと作ることが長続きの秘訣

しかし、遠距離カップルの片方だけが会いに行っていると、交通費等の負担がかかってしまいます。

できるだけ2人で負担を分担するために、交互に相手の住んでいる場所へ出かけるようにしましょう。

例えば以下のようなスケジュールで会えば、デートの時間を確保できます。

  • 月に1回など定期的にデートのスケジュールを決める
  • 今月は彼女(自分)の住む場所へ、来月は彼氏の街へ自分が行くなど交互にスケジュールを組む
  • 会えない月があったら、次の月にデートを増やす

このように、二人の距離に合わせてデートの頻度を組んで、交互に会いに行くようにしましょう。

万が一急用が出来た場合は、近い日付でリスケして、デートの頻度を保つのが鉄則ですよ。


コツ3. 連絡をこまめに取り合うように二人ルールを決める

遠距離ネット恋愛のコツは連絡をこまめにして欲しいと伝える

遠距離恋愛は、相手と頻繁に会えず、何をしているか状況が分かりづらいですよね。

なおかつ出会いがマッチングアプリやSNSだと、最初は相手を完璧に信頼できないことがあるので、その不信感が原因で別れるカップルが多いとか…。

そのため、連絡の頻度は遠距離ネット恋愛を始める前に、すり合わせをしておきましょう。

  • 毎日LINEでやりとりするか
  • 1日の終わりにLINE電話をしたいか
  • 週に1回はビデオ通話をするか

このように、彼氏や彼女と連絡の方法や頻度を話し合っておくのがおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


コツ4. 出会ったきっかけのアプリを消す

出会ったきっかけのマッチングアプリなどを残しておくと、お互いにログインしたことが分かったり、まだ出会いを探しているんじゃないか?という不信感に繋がります。

  • 「カップルになれたし、一緒にマッチングアプリ退会しよう」と言ってみる
  • 「他の人に取られたら嫌だから、マッチングアプリ消して」と可愛くお願いする
  • 相手に言えない場合は「私もうカップルになれたから、アプリ消しておいたよ」と伝える

束縛している、信用されていないと思われるとマイナスなので、例のように重くなりすぎないように伝えるのがポイントです。

少なくとも自分だけでも消しておけば、相手に不信感を与える原因を排除でき、自分も相手のログイン履歴などを気にしなくて良いので、無駄に不安を感じなくて済みますよ。


コツ5. 地元の友達に紹介する

友人を紹介しておいて「〇〇(友達)と遊んでくるね」と伝えれば、会えない間に連絡が取れなくても、彼氏・彼女が安心してくれます。

また知り合いを紹介してもらえることで、「ちゃんと恋人として扱ってくれてる」という安心感を与える効果もあります。

ネット遠距離恋愛特有の、不安感が無くせて恋愛が長続きしやすくなるでしょう。

「今度私の親友に会ってくれない?彼氏見せろってうるさくってさ」

「〇〇ちゃんと俺の友達で遊んでみない?すごく良いやつだから、〇〇ちゃんにも紹介したいんだ」

このように伝えて、地元の友人を交えて会う場を設定しましょう。

ネット恋愛自体に友人が不信感を持っていて心配している場合、友達の心配も払拭できて一石二鳥の方法ですよ。


ネットで知り合った人と遠距離恋愛を成功させよう!

遠距離ネット恋愛でも、コツを覚えておけば、良い関係を彼氏彼女と築ける

ネットを通じての出会いや遠距離恋愛は今や当たり前ですが、直接の出会いに比べて不安や相手への不信感を感じやすいものです。

でも、今回紹介したネット経由で異性と会う前の確認事項や、会う時のポイントを押さえておけば、安全に異性と会うことができますよ。

遠距離のネット恋愛でも、コツを覚えておけば、良い関係を彼氏彼女と築けるので、新しい恋を成就させてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事