遠距離の片思いを成就させる方法|好きな人を振り向かせるアプローチの仕方とは?

遠距離の片思いを成功させるポイントを知りたい方へ。今記事では、遠距離での片思いを成就させるポイントやアプローチ方法を詳しくご紹介します。遠距離ならではの難しさも解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

遠距離の片思いで意識すべきこと|アプローチ前に心がけるポイントとは?

遠距離の片想いを成就させるアプローチとは

社会人になったり進学したりするなどの理由で片思いの人と離れ離れになってしまうことは、残念ながらしばしばあること。

でも、「遠距離だからって恋を諦めたりしない」と言う人も多いでしょう。

そこでまずは、遠距離の片思いをする際に心がけたいポイントをご紹介します。

これから好きな人と物理的な距離が離れてしまう人はぜひ参考にしてみてくださいね。


遠距離の片思いで心がけること1. 相手のことが本気で好きか考えること

遠距離では直接会うことが難しいため、積極的に働きかけないとどうしても「好き」という気持ちを保つのが難しくなります。

本当にその人のことが好きなのか、遠距離にも負けない気持ちがあるのかを、今一度自分の心に問いかけてみましょう。

「それでもあの人を振り向かせる」と思うのであれば、自信を持って頑張りましょう。


遠距離の片思いで心がけること2. 成就が難しいからこそ努力がいると思うこと

近場ではこまめに会うことで信頼関係を少しずつ築いていけますが、遠距離ではそれが難しいことも。

努力して連絡を取らないと信頼関係以前に交流も途絶えてしまうので、恋が叶う難易度はちょっと高めになります。

「自分は今困難なことに挑戦しているんだ」と覚悟して、少しの障壁にはめげないように心づもりをしておきましょう。


遠距離の片思いで心がけること3. なかなか会えなくても冷静さを保つこと

好きな人に会えないのは辛く寂しいもの。特に女性に多いのが、その気持ちに引きずられて感情的になってしまうこと。

しかし、片思いの場合は温度差があるため、「会えないのが辛い」と相手に対してその感情をぶつけるのは禁物です。相手側は「付き合う前なのに重すぎる」と引いてしまいます。

自分の気持ちに振り回されず冷静になることで、LINEや電話でのやり取りを楽しく続けられますよ。


遠距離の片思いを成功させる3つのステップ

「大好きな人と遠距離になってしまった」という時、どうしたらいいか冷静に考えられなくなってしまうことも多いもの。

そこで、以下で遠距離の片思いを成功させるために必要なステップを順番にご紹介します。

付き合うまでにどんな段階を踏めばいいか、チェックしてみてくださいね。


遠距離片思いを成就させるステップ1. 每日LINEをする

遠距離はなかなか対面で会えないからこそ、相手に忘れられる可能性があります。

だからこそ最初は、相手に自分のことを意識してもらえるよう毎日LINEすることからスタートしましょう。

LINEを毎日送れば、「今日はどんな会話をしようかな」と気にかけてもらえますよ。「こちらは寒いですが、風邪をひいていませんか?」といった返信しやすく、相手の連絡頻度に合わせたLINEを送ることで、気持ち良い会話ができるように心がけましょう。

「この人とLINEでたくさん話したいな」と思ってもらえれば、相手との距離が一歩縮まります。


遠距離片思いを成就させるステップ2. LINEが続くなら電話もしてみる

毎日やり取りができるようになったら、少しずつ距離を縮めていきましょう。

LINEが続くようになってきたら、電話に切り替えるのもおすすめ。リアルタイムでのレスポンスができますし、お互いの声が聞こえるので「今どんな気持ちか」が伝わりやすくなります。

その場のノリを共有できるので、会話がもっと盛り上がって仲が深まりますよ。


テレビ電話をするのもおすすめ

電話では声だけしか伝わりません。できれば直接好きな人の顔を見て話したいですよね。

電話も頻繁にできるようになったら、思い切ってテレビ電話を提案してみましょう。お互いの表情まで分かるので、より直接会っている時に近い雰囲気で会話ができます。

距離を忘れて会話できるから、あなたのことをより身近に感じてもらえるようになります。


遠距離片思いを成就させるステップ3. 距離が縮まったら会う日程を決める

やはり直接会ってデートをするのが、お互いのことをよりよく知るには1番。

遠距離ではなかなか難しいこともありますが、「お互いの距離が縮まってきたな」と感じたら実際のデートを提案してみましょう。特に社会人なら長期休暇や帰省時のタイミングを狙うと成功しやすいですよ。

直接会うことで二人の仲を急速に進展させられます


相手から会おうと言ってきたら脈ありの可能性も

こちらからではなく、向こうから「会おう」と言ってくれたら、好意的に思ってくれているサイン。遠方で会いにくいのに相手から言ってくるということは、両思いになっている可能性が考えられます。

その場合は、ストレートに「嬉しい」と伝えて日程を調整し、できるだけ長い時間会えるようにしましょう。会える日までにしっかりリサーチし、相手の好みそうなデートプランを練っておくことも重要です。

忙しくても時間を空けて相手の楽しめるデートをすることで、こちらの好意も相手に伝わりますよ。


遠距離の片思いを成就させるアプローチのコツを解説!

普段は落ち着いた判断のできる男性でも、こと恋愛になるとつい気持ちが先走って変な駆け引きをしたりしてしまうもの。

そこで、遠距離で片思いを成功させるためのアプローチのコツを伝授します。

相手のことを思いやったアプローチで、好きな人を振り向かせちゃいましょう。


遠距離の片思いを成功させるアプローチ1. 連絡頻度は相手に合わせる

新社会人など、「疲れてしまい連絡する気力もない」という時も多いもの。そんな時に何回も連絡すると鬱陶しくて面倒だと思われてしまいます。

好きな人にはどうしてもたくさん連絡したくなりますが、ぐっとこらえて相手のペースに合わせましょう。相手が1日にライン1通ならこちらも1通、2通なら2通程度に留めるとベスト。

相手の連絡頻度に合わせることで、心地良いと感じてもらえる距離感を保てますよ。遠距離だからと言ってガツガツせず、基本的には相手に合わせましょう。


遠距離の片思いを成功させるアプローチ2. 前向きな言葉を心がける

意中の人とたくさんやり取りをしたいと思うのであれば、楽しい会話にすることはマスト。

悲観的なことや独りよがりな話題は極力避け、相手を思いやる言葉を送るようにしましょう。「仕事頑張ってね」「体調には気をつけてね」と相手を気遣うことで、相手にもあなたに対し「ありがとう」という気持ちが芽生えます。

「この人と話すと元気になるな」と相手にとって大切な人になるでしょう。遠距離でも自分の存在を感じさせられるので、ぜひ意識してみてくださいね。


遠距離の片思いを成功させるアプローチ3. 共通の話題を増やす

毎日やり取りをしていると、思い出話や近況報告だけでは話題が足りなくなることも。

同じドラマや映画を見たり、共通の趣味を持つと二人の話題が増え、離れていても会話が盛り上がります。「あのテレビ見た?」と連絡も取りやすくなりますし、感想を言い合うだけでもやり取りが続きますよ。

お互いに気が合うことをアピールできるため、恋愛成就の可能性が高まります。遠距離だからこそ、もっと仲良くなるように、お互いが盛り上がれる話題を意識してみて。


遠距離の片思いを成功させるアプローチ4. 会えた時は全力で楽しむ

遠距離恋愛にとって、実際にデートができる機会は貴重なもの。

だからこそ、会えた時には思いっきりその時間を楽しむようにしましょう。態度はもちろん、「今日は会えて嬉しい」と言葉に表すことで鈍感な相手にもあなたの気持ちが伝わります。

二人で過ごした時間が楽しければ楽しいほど、相手の心に深く残るデートになるでしょう。相手に「好き」の気持ちを持たせることもできますよ。


遠距離でも恋が実るよう上手くアプローチしていきましょう!

好きな人となかなか会えない遠距離の片思い。

通常以上に相手を振り向かせることが難しいことから、どうしても悲観的に感じてしまいがちですよね。

しかし、強い信念と相手を思う気持ちがあれば、遠距離でも相手にアプローチし、恋を叶えることが可能です。

遠距離を乗り越えて付き合うようになった二人なら、ちょっとやそっとのことでは揺らがない強い絆で結ばれるでしょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事