緊張しやすいのを克服する方法|プレッシャーを感じないようにする対処法とは?

緊張しやすいのを克服する方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、緊張する主な原因から、緊張しやすいのを改善する方法まで詳しくご紹介します。プレッシャーに押し潰されそうになるなど、あがり症を克服したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、緊張しやすい原因とは?

)緊張しやすいのを克服する方法とは

緊張する原因は人によって異なります。

例えば、

  • 「完璧にしなければ!」と自分自身にプレッシャーをかけている
  • 過去の失敗経験が辛いトラウマになっている
  • プレゼンや登壇の際に準備不足

などなど。

緊張しやすい人は、まず何が原因で緊張してしまうのかを把握することから始めてみましょう。その上で緊張しやすいのを改善していくのがスムーズですよ。

【参考記事】緊張する原因をもっと詳しく解説します!▽


緊張しやすいのを改善する方法|プレッシャーを感じないようにするコツとは?

不安や重圧から人前に立つと緊張しやすい人がいる一方、どんな状況でもいつもリラックスしている人もいます。

動揺しない性格の人は、何か特別な対策をしているのでしょうか。

ここからは、緊張しやすい性格を改善する方法をご紹介していきます


緊張しやすいのを改善する方法1. 成功するビジョンを思い描く

「途中で話が飛んでしまったらどうしよう」「うまく伝わらなかったらどうしよう」などネガティブなことばかり考える人は、「失敗してはいけない」というプレッシャーを自分自身に無意識に掛けてしまっていることも。

そのためあがり症の人は、日頃から成功するイメージを思い描くようにしましょう。

不要なプレッシャーから解放されるので、気持ちに余裕ができ、緊張を克服できますよ。


緊張しやすいのを改善する方法2. 場数を踏む

苦手なものに対して、「緊張してしまうから」と言って避けていると、ずっと苦手なままになってしまうでしょう。特に人見知りの人はその傾向が強め。

そのため、仕事で機会があれば自分から進んでプレゼンを行うなど、とにかく場数を踏むように心がけましょう。

不慣れな事は誰でも緊張してしまうもの。数をこなして慣れてしまえば、どんなことでもリラックスして行えるようになるものですよ。


緊張しやすいのを改善する方法3. 念入りに予行練習をする

緊張しやすいのは、準備不足も1つの原因

緊張しないために、事前に「これで失敗したら仕方ない」と割り切れるくらい万全の練習を行いましょう。例えば、本番と同じ場所で時間を計測して話したり、質問を想定して回答を用意しておくなど。

そうすれば当日にアタフタすることが無くなるので、変にあがらないようになりますよ。


緊張しやすいのを改善する方法4. ワクワクしていると、緊張を別の方向で捉える

緊張した時は、つい「ドキドキしてきた」と言ってしまいがち。しかし、不安やドキドキを強く感じるほど、体はより緊張してしまうものです。

そんな時は「ドキドキしてきた」ではなく、「ワクワクしてきた」と言って、前向きに捉えてみましょう。

人間には言葉と行動を一致させようとする性質があるので、受け止め方を変えるだけで気持ちを前向きにできますよ


緊張しやすいのを改善する方法5. 信頼出来る人へ相談する

「プレゼンで話す内容が決まらない」「準備がどう考えても間に合わない」など、緊張の原因を改善しようと思っても、自分だけではどうにもならないこともあるでしょう。

そんな時は、仕事であれば上司など、信頼のおける人に相談するのも一つの手です。

そうすることで、自分だけでは考えつかないようなアドバイスを得られ、緊張の原因を改善できるようになるかもしれません。


緊張しやすいのを改善する方法6. 呼吸を整える

緊張すると呼吸が浅くなったり、心臓がドキドキしたりして落ち着かなくなってしまいます。落ち着かなくなるとより緊張が増してしまい、悪循環にハマってしまうことも。

この状況を改善するためには、深呼吸など、呼吸を整えて落ち着かせる方法が有効です。

深呼吸をすることで気持ちを落ち着かせられるので、過剰にプレッシャーを感じることが無くなりますよ。


緊張しやすいのを改善する方法7. スイッチを入れるルーティンを作る

「普段の雑談ではうまく話せるのに、プレゼンや面接など非日常な場面では緊張してしまう。」そんな人は、雰囲気や場所にのめり込まれてしまっている可能性が高いです。

そんな時は、「プレゼンの前の晩はカツ丼を食べる」など、気持ちにスイッチを入れる自分なりのルーティンを作るのがおすすめ。

ルーティンを取り入れることで外部環境に左右されなくなり、どんな状況でも堂々と気持ちを切り替えることができますよ。


緊張しやすい自分を改善して、プレッシャーや重圧に強くなろう!

今記事では、緊張する主な原因、緊張しやすいのを改善する方法についてご紹介してきました。

どんな状況でもいつもリラックスしている人が羨ましいと感じる人は多いはず。しかし、どうすれば緊張を克服できるかわからず悩んでしまいますよね。

そんな時は、ぜひこの記事で紹介した方法を試してみてください。

緊張しやすい性格は、日頃の訓練で改善していけるもの。人前に立った時などに緊張しないように、日頃からぜひ意識してみて。


【参考記事】人前で緊張しない方法も実践してみて▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事