人前で緊張しない方法とは?声が震えるのを防いであがり症を改善するコツを大公開

人前で緊張しない方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、人前で緊張してしまう主な理由から、人前で緊張しないコツまで詳しくご紹介します。緊張して声が震える、噛んでしまう、といったお悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、人前で緊張してしまう主な原因とは?

人前で緊張しない方法とは

人前で緊張してしまう主な原因の1つとして、「失敗を意識しすぎてしまうこと」が挙げられます。

「失敗してしまったらどうしよう」「過去にあんな失敗したから次は失敗できない」「失敗して笑われたらどうしよう」など、失敗した時のことを考えすぎて、ネガティブ思考になってしまってしまうことが多いようです。

また、失敗を意識しすぎること以外にも人によって様々な原因があります。

以下の記事では緊張してしまう原因を解説していますので、参考にしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


人前で緊張しない方法とは|大勢の前で話す時にアガるのを克服するコツを解説

いつも会議でも、大勢の前でもリラックスして発表しているような人は、一体どんな方法で緊張を克服しているのでしょうか。

ここからは、人前で緊張しない方法やコツを詳しくご紹介します。

あがり症を改善するヒントがあるかもしれませんよ。


人前で緊張しない方法1. 原稿を暗記する

緊張は失敗を意識するところからきていることが多いです。事前に話す内容が頭に入っていれば、失敗する確率も減りますよね。

緊張してしまう場合、事前に原稿を作り上げ、それを暗記できるくらい復唱して覚えておくのがおすすめです。全部覚えられないという場合でも、要点だけはしっかり抑えておきましょう。

丸暗記していれば、人前でも途中でパニクることなくスピーチできますよ。


人前で緊張しない方法2. 完璧を求めすぎない

完璧にしようとしてしまうと、自分にプレッシャーをかけてしまうもの。

ビジネス上でも「とにかく要点さえをきちんと伝わればOK」と考えると、完璧を求めるよりもメンタルが楽になります。自分で自分にプレッシャーをかけやすい人には、ぜひ試してほしい対処法です。

「緊張してはいけない」と思わずに少し気楽に考えることが、リラックスして発表するコツですよ。

【参考記事】はこちら▽


人前で緊張しない方法3. 緊張を肯定的に捉える

「緊張している」と思ってしまうと、体も緊張してしまうもの。

緊張しない人は、緊張を緊張と思わないという特徴があります。ポジティブ思考で捉えるようにしてみましょう。

「緊張するくらい真剣に取り組んでいるんだ」「緊張ではなくテンションが上っているんだ」など、肯定的に捉えることで、前向きな気持ちでプレゼンができますよ。


人前で緊張しない方法4. 自分の話す姿を動画で撮影する

人前で話す時に緊張するのは、事前の準備不足も1つの原因。緊張しないために、万全の体制で挑みたいものですよね。

スマホやビデオカメラで、自分がスピーチをしている姿を動画で撮影して客観的に見てみましょう。

「話すスピードが早いな」「相手の方を見れていないな」など自己分析ができるので、本番に向けてしっかりと準備ができます。そうすれば緊張を克服できるでしょう。


人前で緊張しない方法5. 場数を踏んで慣れていく

緊張だけに限ったことではありませんが、どれだけ苦手なことでも数をこなせばできるようになるものです。

少し荒療治ではありますが、人前で話したり、発表する機会を自分から積極的に増やしましょう。

今は堂々と話しているあの人も始めは緊張していたはず。量をこなせば、自然とあなたも緊張しない人になっているでしょう。


人前だけでなく、好きな人の前で緊張しない方法とは?

大勢の前だけでなく、好きな人の前でも緊張する人は多いもの。

好きな人と話す時に緊張を和らげるためには、以下の3点を意識しましょう。

  • 事前に会話の内容を決めておく
  • 自分をよく見せようと思わない
  • 自分はそこまで見られていないという意識を持つ

あらかじめ心の準備ができていれば、好きな人の前でも緊張しくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


緊張しやすい人は自分に合う方法で感情を上手にコントロールしてみて。

今記事では、人前で緊張してしまう原因、人前で緊張しない方法について解説してきました。

仕事でのプレゼンや、大勢の人たちの前でのスピーチなどの失敗できない場面で、緊張してしまって結果が出せないと悩む人は多いですよね。

緊張を上手くコントロールできるよう今回紹介した方法を試して、少しずつ訓練していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事