尽くしすぎる女性の特徴とは?彼氏に尽くす際の注意すべき点を解説!

尽くしすぎる女性の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、好きな人に尽くしすぎる女性の特徴を詳しくご紹介します。さらに、尽くしすぎる女性が気をつけたいポイントも解説するので、気になる女性は、ぜひ参考にしてみてください!

尽くしすぎる女性の特徴とは|共通するポイントを大公開

尽くしすぎる女性の特徴とは

大好きな彼氏のことを想うと、なにかしてあげたくなるもの。

デートはもちろん幸せ。電話がきても嬉しい、なんならLINEをしてるだけでつながってると幸せを感じませんか?

しかし、彼に寄せる気持ちが大きくなると思考や行動がいつしか彼中心に。尽くしてあげるのはいいけど、だんだん重い女性になっていませんか?

彼氏の気持ちもあなた同様であれば問題はありません。あなたの気持ちだけ大きくなってしまったとき、彼氏は少し引いてしまうかも。

この記事では彼氏に尽くしすぎてしまう女性の特徴や、気をつけるべきポイントを紹介します。彼とほどよい関係を保ちたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。


尽くしすぎる女性の特徴1. 好きな人や彼氏の好みに合わせる

自分というものがなく「あなた色に染めて」という願望が強い尽くしすぎる女性。

彼氏好みの見た目になろうと、恋人の好きな芸能人や女子アナなどを研究してファッションや髪型、メイクなどを真似します。やりすぎると「あいつ、ホントに俺のこと好きなんだな」と彼氏が慢心し、大事にされない原因に。

カップルの愛情バランスが崩れ、あなたの方が「もっと愛されたい」と尽くしすぎる立場になってしまいます。


尽くしすぎる女性の特徴2. 誘われると必ず会いに行く

尽くしすぎる女性は、自己犠牲で物事を解決する傾向があります。

先に友人と遊ぶ約束をしていても「私が我慢すれば」「私が謝ってすむのなら」とドタキャン。仕事の予定が入っていても「頑張って調整するから」と自分が無理する方向で彼氏に合わそうとします。

無理してまで誘いに応じるのは「尽くす」ではなく「尽くしすぎ」ですよ。


尽くしすぎる女性の特徴3. 尽くすことで幸せを感じている

相手が喜ぶことで尽くしすぎる女性は幸せになります。

恋人関係でも、彼氏を満たすことで自分が満足します。家事や仕事を手伝って「お前がいて助かったよ」などと言われるのが大好き。好きな人の喜ぶ顔見たさに、高価なプレゼントや金銭の援助をする人もいます。

恋人の世話を焼くことで、その他大勢とは違う特別な存在になれたように感じ、幸せだと思ってしまうのです。


尽くしすぎる女性の特徴4. 自分を後回しにしがち

尽くしすぎる女性は対等な関係というより、伝統的な男女関係を理想としています。

家長に付き従う嫁のように、男性を立てて優先するのが当たり前です。その結果、彼女というよりお母さんに。自分も疲れているのに彼氏の家事をしてあげたり、仕事を手伝ったりしがちです。

お母さんが夫や息子の世話をするように、自分を後回しして好きな人の世話をするようになります。


尽くしすぎる女性の特徴5. 彼氏からの連絡はすぐに返す

恋人の些細な要求にも応じようと常にスタンバイしている尽くしすぎる女性。

グラスが空になったら間髪いれずお酌するように、彼氏の意を汲んで素早く行動することが愛される秘訣だと思っています。

当然LINEも即レスが基本。スマートフォンをいつも気にして相手に「自分も早く返信しないといけない」とプレッシャーを与えてしまうほどのスピード感で返信します。


尽くしすぎる女性が注意したいポイントとは

尽くして好きな人が喜び、自分も幸せなら理想的。けれども一方的に尽くすのが当然だと恋人との関係が対等ではなくなったり、疲れてしまったりしがちです。

これから紹介するポイントに気を付けて、尽くしすぎる女になるのは避けましょう。


尽くしすぎる女性が気をつけたい点1. 都合のいい女性にはならない

尽くしすぎる女性は、いつの間にか都合のいい女になってしまいがち。恋人はあなたのことを彼女というより、お母さんか秘書のように見ているかもしれません。

好きな人が用事を当然のように丸投げしてきたり、あなたの都合も聞かずに呼び出したりするようになったら警戒が必要です。言う通りにしすぎないで、都合のいい女のポジションから外れましょう。

【参考記事】はこちら▽


尽くしすぎる女性が気をつけたい点2. 自分の意見ははっきりと伝える

何かについて聞かれても、自分の意見を言わない女性。好きな人を立てて尽くしているように見えますが「物足りない」「自分というものがないのかな」と感じる男性も。全部決めることを負担に感じ、彼氏に冷められる場合もあります。

恋人に合わせるだけでなく、ほどほどに自己主張するのも大切です。何か希望がある時は伝えてみましょう。


尽くしすぎる女性が気をつけたい点3. 重くならないよう気をつける

彼氏の世話を焼きすぎていると、遠回しに結婚を迫られているような気がして「なんだか彼女、重いな」と飽きられる可能性があります。

まだ結婚を考えていない男性の場合、重い女からは全力で逃げたくなるもの。家庭を連想させる世話の焼きすぎは、少し抑えるのが改善策です。

好きな人が「そろそろ結婚」という気になった時、「彼女ならいい家庭を築けそう」と気づいてもらえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


適度に尽くせる素敵な女性を目指してみて

尽くしすぎる女性は、彼氏との関係がアンバランスになりがちです。尽くしすぎる女性の特徴を読んで「当てはまるかも」と感じたら、要注意。

彼氏に「重い」とか「頼めばなんでもしてくれる」などと思われているかもしれません。

自分を大切にしつつ適度に男性を立てる尽くし上手な女性になって、幸せカップルを目指しましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事