病気の人にかける言葉の正解とは?相手を励ます“お見舞いの言葉”を紹介

病気の人にかける最適な言葉を詳しく知りたい方へ。今記事では、お見舞いなどでかけるのに最適な言葉から、避けたい言葉の表現まで詳しくご紹介します。お見舞いに行ったり、労いの言葉を手紙やLINEでかけたりしようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

病気の人にかける言葉の正解とは?最適なメッセージを解説

病気の人にかける言葉一覧集

お見舞いやメール・LINEなどで病気の人にかける言葉というのは、気を付けなければ間違った捉え方をされてしまったり、傷つけてしまうことにもなるため、注意しなければなりません。

とはいえ、どのような言葉をかけてあげればいいのか悩んでしまうのも本心です。

そこでここでは、親しい友人やビジネスの同僚・家族・目上の人などが病気になってしまった場合に「どのような言葉を投げかけてあげれば良いのか」について例文も含めて解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。


病気の人にかける言葉1. 回復を安堵する言葉

闘病中などは先の見えない心境になることも多いですが、病状も回復に向かえば気持ちに余裕も生まれるもの。

現状で快方に向かっているのであれば、素直に「順調な回復で安心した」のような言葉をかけてあげましょう。

回復を安堵していることを心から伝えることで、これまで病気と戦ってきた本人もきっと安心してくれるはずです。


病気の人にかける言葉2. 励ます言葉

病気と闘っている最中というのは、体力的な部分以外にもメンタル的にも落ち込んでいることが多いです。

そのような場合は「お大事になさってください」「体を休めてください」といった励ましの言葉や手紙を投げかけてあげましょう。

周囲から励まされることで、落ち込んでいた本人の気持ちも、上向きになっていくキッカケにもなります。


病気の人にかける言葉3. 具合を尋ねる言葉

病気になっている時は不安がつきものですが、そんな時に励みになるのは周囲からの励ましや気遣いだったりするもの。

「体調はいかがですか」のように尋ねることで「自分のことを心配してくれている」と感じてくれるため、気弱になっていた心も前向きになることがあります。

ただし病状が明らかに重篤だったりするのであれば、場合によっては避ける方が懸命なケースもあるため、状況をきちんと判断していきましょう。


病気の人にかける言葉4. 回復を願う言葉

なにより、病気を治そうとしている「相手を労い、いたわる気持ち」というのが一番重要なことです。

お見舞いや手紙・メール・LINE等で「元気になってくださいね」「元気になったら〇〇に行こうね」というような励ましの言葉を、積極的に相手に伝えていきましょう。

前向きなことやシーンを言ったりしていくことで、病気でもある本人の活力になっていくケースが多いです。


病気の人にかける言葉5. 再会を喜ぶ言葉

病気は一人で戦うものなので心身ともに疲弊してしまいますが、人と会うことでパワーを貰えることがあります。

そのため手紙やメール・LINEよりも、直接お見舞いなどに行き「また会えて良かった」というような言葉をかけてあげましょう。

入院などをしている場合は基本的に一人でいることも多いため、再会を喜ぶ言葉をもらえると嬉しく感じてくれるはずですよ。


病気の人に絶対にかけてはいけないNG言葉とは?

病気の種類や状況によっては非常にセンシティブな問題も含んている事もあるため、伝える言葉には慎重にならなければなりません。

そこでここからは病気の人にかけてはいけない言葉について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


病気の人にかけてはいけないNGな言葉1. 忌み言葉

不幸なことが継続していくような連想をさせる「忌み言葉」を病人に向けて伝えることはマナー違反と言えます。

例えば「終わる・壊れる・戻る・〜になってしまった」というような不幸を連想させるものは、極力避けるべき。

励ます意味で使おうとしても、別の意味で捉えられてしまうことがあるため、忌み言葉は別の言葉に言い換えて使うようにしましょう。


病気の人にかけてはいけないNGな言葉2. プレッシャーを与える言葉

精神的に追い込んでしまうような言葉を伝えると、相手も気負いしてしまうことがあります。

「早く職場に復帰してね」「あなたがいないと捗らないと上司が言っていた」というよう言い方では、悪い意味で受け取られてしまうこともあります。

「焦らずにゆっくりと養生してね」というような言い回しで、プレッシャーを与えることなく気遣ってあげましょう。


病気の人には、マナーを守ってお見舞いの言葉をかけてあげて。

病気の人にかける言葉というのは、普段以上に気を遣う必要がありますよね。

普段どおりに使う表現だとしても変に誤解を与えてしまうこともあるため、相手のことを考えながら活力が生まれるような言葉を投げかけてあげましょう。

そうすることで、相手の心労も減らせるため、まずは頭で考えつつ最適なメッセージを伝えてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事