彼氏の実家へ挨拶に行く際のマナー集|親御さんと円満な関係を築くコツも大公開

彼氏の実家へ挨拶へ行く時のマナーについて詳しく知りたい女性へ。今記事では、彼氏の実家へと挨拶へ訪れる際のマナーはもちろん、親御さんと円満な関係を築くコツも詳しくご紹介します。服装や滞在直の目安も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

前提として彼氏への実家の挨拶は付き合ってどれくらいで行くの?

彼氏の実家へ挨拶へ行く際のマナー集

彼氏のご両親に挨拶するタイミングはカップルによって様々で、特にこれといった決まりはありません。しかし、タイミングを逃してしまうのだけは避けたいもの。

一般的には、付き合って1年または結婚を視野に入れたときに彼氏の実家に訪問するカップルが多いようです。

もうすぐ付き合って1年のカップルや、結婚を見据えたお付き合いをしているカップルは、彼氏の実家へ挨拶に行くことをおすすめします。


彼氏の実家へ挨拶へ行くときのマナー集|注意すべきポイントを解説

彼氏の実家へ挨拶に行くなら、彼氏のご両親に好印象を与えたいですよね。ただし、初めての挨拶から来る緊張感で「失敗したらどうしよう」と心配になってしまう方も多いはず。

そこでここでは、彼氏の実家へ挨拶へ行くときに気を付けたいポイントをご紹介します。

彼氏のご両親に失礼がないようにも、しっかり確認しておきましょう。


彼氏の実家へ行く時のマナー1. 手土産を持って行く

ご両親の時間を割いてもらい挨拶に行くのですから、彼氏の実家に行くのに手ぶらのままでは失礼にあたります。

彼氏の実家に渡す手土産を選ぶなら、ご両親の味の好みに合うものかつ消費できる個数が入ったものを選びましょう。また手土産を渡すときは玄関ではなく部屋に通されたときがベスト。

さらに手土産を彼氏のご両親に渡す際には「つまらないものですが」と謙遜せず「これすごく美味しいので、ぜひ食べてみてください」など、手土産を選んだ理由をきちんと添えて渡すと良いですよ。


彼氏の実家へ行く時のマナー2. 自己紹介をちゃんとする

初めて彼氏のご両親に挨拶するなら、まず自分のことを知ってもらうことが大切です。

実家の玄関では「はじめまして、○○と申します。」と一礼をし、軽い挨拶をします。部屋に通されたら、彼氏から名前・職業・年齢などを両親に紹介してもらい、その後改めて自己紹介をしましょう。

目上の方である彼氏のご両親ですから、きちんと敬語を使ってくださいね。家族や仕事の内容など、自己紹介の内容は基本情報のみでOK。

自分ばかりがしゃべりすぎてしまわないよう、自己紹介は手短に済ませてください。


彼氏の実家へ行く時のマナー3. 脱いだ靴を揃える

彼氏のご両親の前で身なりや話し方を気を付けていても、失礼な仕草や行動を取ってしまえば台無しです。特に気を付けて欲しいのが、玄関から家にあがる時の靴の脱ぎ方。

靴を脱いだままの状態は見た目が悪いだけでなく、彼氏のご両親が自分の靴を揃える手間を掛けさせてしまうため失礼にあたります。靴を脱いだら靴の横にしゃがんで靴を直し、そのまま玄関へあがりましょう。

綺麗に靴が揃っていれば、彼氏のご両親が見たときに「きちんとしている子なのね」と好印象を与えることができますよ。


彼氏の実家へ行く時のマナー4. 敬語かつ若者言葉に気をつける

彼氏のご両親は年齢も上ですので、友人や彼氏と同じ話し方では大変失礼にあたります。初めて彼氏の実家に訪問するなら、敬語を使うのが常識です。

ただし、かしこまりすぎると彼氏のご両親に距離感を与えてしまうため、先輩や上司に使う敬語がおすすめ。

さらに彼氏のご両親と話すときは「マジ」「めっちゃ」など、普段から使っている若者言葉にも注意し、正しい言葉遣いを心がけてください。


彼氏の実家へ行く時のマナー5. 彼氏をさん付けで呼ぶ

彼氏のご両親の前で彼氏を呼ぶ時、恋人といる時と同じ呼び方では不快に思う人もいます。彼氏の名前を呼ぶときも敬意を払うようにしましょう。

彼氏の実家に訪問する時はきちんと「さん」を付け、名前を呼び捨てにしたりニックネームで呼んだりするのは避けてください。

また結婚前に彼氏のご両親を「お義母さん」「お義父さん」と呼ぶのは失礼です。初対面は「○○さんのお母様(お父様)」というように、適度な距離感のある呼び方がベストです。


彼氏の実家へ行く時のマナー6. 長居はしない

彼氏の実家に初めて挨拶に行くときは、彼氏のご両親もあなたに気を遣っています。そのため、彼氏の実家に挨拶に行くときに長居をするのはマナー違反です。

もしも彼氏の実家で食事をしたとしても、滞在は2時間以内に抑えましょう。また地方や遠方の彼氏の実家に行くなら、移動時間を踏まえたうえで帰る時間を調整してください。

彼氏の家からお邪魔する時は彼氏が切り出すのがマナー。帰りを切り出すタイミングは、恋人と事前に打ち合わせておきましょう。

部屋を出る時は「本日はお時間を割いてくださり、有難うございました」など、彼氏のご両親に感謝を伝えると良いです。


彼氏の実家へ行く時のマナー7. 落ち着いたファッションを心がける

好きなファッションをすることは悪いことではありませんが、TPOに適した髪型や服装を心がけることも大切です。彼氏の実家へ行くときは、女性らしく清楚な雰囲気を与える服装を意識しましょう。

露出の多い服装や派手な見た目のファッションは、礼儀のない女性に思われる可能性大。胸元が大きく開いたトップスやミニスカートは避け、スカートなら座った時に足が見えないひざ下丈のスカートがおすすめです。

服装の色合いは、パステルカラーなどの清潔感や優しい印象を与える色がベスト。食事をするなら汚れやすい白色の服装は控えましょう。

服装に気を配っていても見落としがちなのが靴です。靴は歩きにくいものは避け、玄関でも着脱しやすいパンプスなどがおすすめですよ。


彼氏の親御さんと円満な関係を築くコツとは

彼氏の実家に会う時の礼儀やマナーを覚えておけば、その場で失礼な思いをさせることはありません。しかし、将来結婚を考えているカップルなら「彼氏の親御さんと仲良くなりたい」と思うはず。

そこでここからは、彼氏の親御さんと円満な関係を築くコツをご紹介します。彼氏の親御さんと話す話題作りや好印象を与える表情など、彼氏の親御さんと仲良くなるためにおすすめの情報満載です。


彼氏の親御さんと親しくなるコツ1. 彼氏に親の情報を聞いておく

彼氏の親御さんとの会話が途切れた時、無言の状態が続くのは気まずいですよね。さらに彼氏のご両親と初対面であれば「親御さんと何を話せば良いのだろう」と悩んでしまうはずです。

会った時に会話に困らないためにも、事前に親御さんがどんな人なのかを聞いておくと良いでしょう。特にご両親の仕事や趣味など、会話のネタになる情報がおすすめです。

事前に親御さんの情報を聞いておけば、彼氏のご両親も「自分のことを知ろうとしてくれている」と好印象を抱くはずですよ。


彼氏の親御さんと親しくなるコツ2. 彼氏の話をたくさん聞く

彼氏の親御さんに自分のことを知ってほしい気持ちは分かります。ただし、コミュニケーションを取らずに自分の話ばかりでは自己中心的な人だと思われてしまいますよ。

彼氏のご両親と話すときは自分のことではなく、できるだけ彼氏の話を聞くことを心がけてください。ただし、彼氏や親御さんに話をふられたときは、きちんと答えるようにしましょう。

彼氏の話をたくさん聞いている姿をご両親が見れば「息子をきちんと立ててくれる女性なんだ」と思ってくれるはずです。


彼氏の親御さんと親しくなるコツ3. 笑顔ではっきりと話す

恋人のご両親と初めて会う時は、緊張してつい顔が引きつってしまうこともあるでしょう。

しかし、緊張感から真顔になったり自信なさそうにモゴモゴと喋ったりするのは、ご両親から見て態度が悪い女性と誤解される可能性があります

彼氏の親御さんと会う時は常に笑顔を心がけ、相手に伝わるようにはっきりと話してください。ただし、食事の際は食べながら話すのはマナー違反。食事中に質問をされたら、食べた後に話すのが常識です。

笑顔ではっきりと話すよう心がけることで、明るくてしっかりした女性を演出できますよ。


彼氏のご両親から素敵な彼女と思われるよう、頑張って!

彼氏の実家へ挨拶に行くときは、彼氏のご両親に失礼のないように心がけたいもの。

しかし、なかには「挨拶の礼儀や常識が分からない」と頭を悩ませているカップルもいるはずです。

ただし、完璧な礼儀作法を覚える必要はありません。基本的な挨拶のマナーと身だしなみ&言葉遣いを心得ておけばOKです。

笑顔を忘れずにハキハキと話すことを忘れなければ、彼氏の親御さんにもあなたの想いがしっかり伝わるはずですよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事