「俺の彼女が可愛くて仕方ない…!」と思った時に彼氏が出すサインとは?

彼女が可愛くて仕方ない彼氏の特徴について詳しく知りたい女性へ。今記事では、彼女が可愛くて仕方ない彼氏が恋人へ見せるサインを詳しくご紹介します。彼氏から愛されているか確かめたいと思っている女性は、ぜひ参考にしてみてください!

彼女が可愛くて仕方ない彼氏が見せるサインとは?

彼女が可愛くて仕方ない彼氏の特徴とは

彼氏に溺愛されている女性を見て「いいなぁ」「羨ましい」と感じている人もいるのではないでしょうか。

ただ、自分が気づいていないだけで、実は彼氏に「可愛くて仕方ない」と思われているケースもあるものです。

ここでは彼女が可愛くて仕方ない時に男性が見せるサインについて詳しくご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。


彼女が可愛くて仕方ない時のサイン1. いつも褒める

大好きな彼女の嬉しそうな笑顔が見たくて、ついつい褒めてしまうという彼氏は珍しくありません。

彼女が可愛くて仕方ないからこそ、「今日も可愛いね」「その髪型、すごく似合ってるよ」など、思っていることが口に出てしまっているというケースもあります。

つまり、彼氏が彼女を頻繁に褒めるのは、べた惚れしている証拠だと言えるでしょう。


彼女が可愛くて仕方ない時のサイン2. 周りの友人に紹介しようとする

恋人にべた惚れの男性は、「大好きな彼女がいかに可愛いか」を周りの友人に自慢したくなるものです。

また、これから先もずっと一緒にいたい本命の女性だからこそ、自分の周りの大事な人たちのことを知っておいてほしいと考えて紹介するケースもあるでしょう。

どちらの場合も、彼女が可愛くて仕方ないと思っていることに変わりありません。


彼女が可愛くて仕方ない時のサイン3. 尽くしてくれる

恋人が可愛くて仕方ないと、つい甘やかしてしまいたくなるのが男心。

そのため、元々尽くすタイプではない男性でも、本気でべた惚れしている恋人に対しては、どうしても尽くしたくなってしまうことがあるのです。

欲しいものを買ってあげたり、行きたい場所へ連れて行ってあげたりと、大好きな恋人のためにはどんな努力も惜しみません。

恋人が喜んでくれることが自分の喜びだと、本心から思っているのでしょう。


彼女が可愛くて仕方ない時のサイン4. 一緒に居て幸せと口にする

カップルでまったりとした時間を過ごしていると、心の中で思っていたことがポロっと口から出てしまうことがあります。

ふとした時に「一緒に居て幸せだなぁ」と彼氏が口にしたとしたら、それは紛れもなく本音。

可愛くて仕方ない彼女と付き合えた喜びを、しみじみと実感しているのでしょう。そんな彼氏は一途に彼女だけを愛し続けてくれるはずです。


彼女が可愛くて仕方ない時のサイン5. ボディタッチが多い

可愛いものには、つい触れたくなってしまうもの。「彼女のことが愛おしてくて、一緒にいる時は触れたくなってしまう」というのが彼氏の本音でしょう。

すぐに手を繋ごうとしたり、肩を抱いたり、人目を盗んでキスしようとしたりしてくるのは、彼女のことが大好きだから。

彼女の照れた表情や、恥ずかしそうな態度が見たくてわざとボディタッチをしてくるケースも少なくありません。


彼女が可愛くて仕方ない時のサイン6. マメに連絡をしてくる

どんなに忙しい時にも彼氏がマメに連絡をしてくれるのは、彼女のことを本気で大切に思っているから。

離れている時も彼女のことばかり考えているため、「今頃何してるのかな」と気になって、ついつい頻繁に連絡をしてしまうのです。また、「彼女を不安な気持ちにさせたくない」という思いから、こまめに連絡することを心がけている男性もいるでしょう。

どちらにしても彼女が可愛くて仕方ないからこその行動だと言えます。


彼女が可愛くて仕方ない時のサイン7. 褒められると本気で照れる

可愛くて仕方ないと思っている彼女から褒められた喜びは、なかなか隠しきれないもの。

本当は余裕のあるカッコイイ態度を見せたいと思っていても、どうしても嬉しさが勝って赤面したり、ニヤニヤしてしまったりするのです。

つまり、恋人からの何気ない褒め言葉に本気で照れているのは、彼女が可愛くて仕方ないサインだと言えるでしょう。


彼女が可愛くてしょうがない!という彼氏のサインを見逃さないで。

年上でも年下でも関係なく、大好きな彼氏には「彼女が可愛くて仕方ない」と思ってほしいもの。

ただ、実際に「可愛くて仕方ないよ」と言葉にしていなくても、わかりやすいサインが出ている場合もあります

だからこそ「彼氏に溺愛して欲しい」「愛情を確かめたい」と思った時には、まず今回ご紹介したサインが出ていないか確認してみてください。

今まで気づいていなかっただけで、本当はあなたへの愛情が溢れ出ているかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事