付き合ってないけど良い雰囲気な男女の特徴とは?両思いの人に見られるポイントを解説

付き合ってないけどいい雰囲気とはどんな状態かを詳しく知りたい方へ。今記事では、付き合う前のいい雰囲気の特徴について詳しくご紹介します。お互い意識していたり、あとは告白だけだったりなど、いい雰囲気について解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

付き合ってないけど良い雰囲気の特徴とは?両思いのサインを解説

付き合ってないけどいい雰囲気の特徴とは

付き合ってるわけではないけれど、男女の間で流れる良い雰囲気。

しかし、周囲から見れば両思いでも、当の本人たちは自覚がないことも。

そこで今回は、付き合ってないけど良い雰囲気の特徴を解説します。

学校や職場に気になる人がいる方は、両思いのサインが隠れていないかチェックしましょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴1. 周りからお似合いと言われる

男女2人の容姿や会話の弾み具合、表情などトータルで見て「いいな」と感じれば、周囲から「お似合いのカップルだね」という言葉が出てくるもの。

例えば2人の好みのファッションが似ている場合、「買い物など2人で出かけた時も楽しく過ごせそう」と思われますし、顔立ちや表情が似ている男女は「2人でいる時の雰囲気が自然で、カップルになっても良さそう」と感じられます。

周囲から「お似合い」と言われることが多いなら、付き合っていないけど良い雰囲気である可能性が高いです。


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴2. 周りから両想いだと思われる

既に恋人のような雰囲気が流れている男女は、周りから見て「もしかして両想いなのかな?」と思われがち。

そのような男女は、2人でいる時の距離感が近かったり他の人とは違う話し方や態度で接していたりとど、まるで付き合っていると感じられるような行動を取っています。

本人たちには自覚がなかったとしても、2人の間には特別な空気感が流れているからこそ、周りから両想いだと思われるのです。


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴3. お互いが積極的に話しかける

人を好きになると「もっと相手のことが知りたい」と、好きな相手に対して興味が湧いてくるはずです。

なぜなら、相手の情報を得ることは「誰よりも相手のことを知っているのは自分だ」と感じ、相手への独占欲を満たせるからです。

大人数でいてもいつも同じ人に話しかけている、逆に相手にもよく話しかけられているなら、良い雰囲気である証拠でしょう。


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴4. 一緒にいるといつも盛り上がる

相性や価値観が近いからこそ、盛り上げるつもりがなくてもいつの間にか話に花が咲くもの。

思っていることや考えていることが似ている2人だからこそ、どんな話題であっても会話が弾み、次第には「一緒に話していると楽しいな」と気づくことでしょう。

話しているとつい時間を忘れてしまう相手とは、両思いである可能性大です。


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴5. 毎日LINEでのやり取りをしている

LINEのやり取りが毎日続くのは、離れている時もお互いのことを思い合っていることの表れです。

間接的なやり取りであるLINEは、会話に飽きたらスタンプや既読無視でいつでも会話を終了できます。それでも毎日LINEが続くのは「会話を続けていたい」という2人の気持ちが通じ合っているからでしょう。

プライベートで毎日LINEのやり取りが数週間続く相手とは、既にいい感じになっています。


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴6. スキンシップが多くなった

相手に「触れたい」と思う気持ちが強ければ強いほど、スキンシップの回数も増えていきます。

スキンシップは、お互いに心を許し合っているからこそできる行為。スキンシップが増えるのは、2人の間に友情以上の感情を抱いているからです。

このような様子は周りから見て「イチャイチャしている」と捉えられ、付き合う前から良い雰囲気だと思われるのです。


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴7. よく目が合う

ふとした時によく目が合うなと感じるのは、お互い意識してるからです。

気になっている相手がいる場合、無意識でもつい相手の姿を目で追いかけてしまうもの。また、どちらか一方が目で追いかけていても、お互いに気にかけていなければ目が合うことはありません。

付き合う前から目が合うことが多いなら、2人とも相手のことを好印象に感じていると言えます。


付き合ってないけど良い雰囲気の特徴8. つい二人きりで話してしまう

付き合ってないのについ2人きりで話してしまうのは、お互いに「2人でいると楽しい、心地いい」と思っているからでしょう。

趣味や好きなものの話を理解してくれる、自分の話をしっかり耳を傾けてくれる相手なら「もっと2人で話していたい」と思うはず。

心の中で相手に好意を抱いているからこそ、ついつい2人きりになってしまうのです。


もしも、良い雰囲気になった時にやるべき事はあるの?

付き合ってないのに良い雰囲気の男女は、両思いである可能性が高いでしょう。しかし、現状維持のままでも、恋愛関係に発展することはありません。

そこでここでは、良い雰囲気になった時にやる事について詳しく紹介します。

2人の関係を発展させるためには、自らも行動することが大事です。


良い雰囲気になった時にやる事1. デートに誘う

良い雰囲気であっても、お互いの気持ちを確かめるのは難しいことですよね。お互いの相性や気持ちを確かめ合うためには、2人きりになる機会を設けることが大切

付き合う前に良い雰囲気の相手がいるのなら、ぜひデートに誘ってみてください。デート中は2人の仲を深めるために意識的に会話を増やし、恋愛の話で相手の気持ちを伺うのもおすすめです。

デートを経て2人の距離が縮まれば、お付き合いに至る確率も高まります。

【参考記事】はこちら▽


良い雰囲気になった時にやる事2. 電話する機会を増やす

出会ったばかりの2人の場合、お互いを深く知ることがカップルになるカギです。

普段から話す機会が少ないと感じた時は、電話をして2人の仲を深めましょう。電話の回数を重ねていくうちに、2人の距離感がどんどん近くなっていくはず。

電話の機会を増やして2人の仲が深まれば、相手も好意を抱いてくれることでしょう。


良い雰囲気になった時にやる事3. 共通の友人に後押ししてもらう

良い雰囲気になってはいても、相手に直接好意を確かめるのは勇気がいることです。特に、異性との会話が苦手な人や恋愛経験が少ない人は、なかなか一歩を踏み出せないはず。

そんな時は、2人を知っている共通の友人に、恋のキューピッドになってもらいましょう。

友人を介して好意を伝えたり相手の気持ちを聞いてもらうことで、間接的に2人の距離を縮められます


良い雰囲気になった時にやる事4. イベント毎や記念日などに一緒に過ごす

クリスマスや誕生日などのイベントや記念日は、男女にとって記憶に残る特別な日。だからこそ、大事な記念日は「大切な人と過ごしたい」と思うものです。

良い雰囲気の相手がいるのなら、思い切ってイベントや記念日に誘ってみましょう。

記念日ならではの特別な雰囲気も相まって、気持ちが盛り上がれば2人の関係性にも変化が表れるはずです。


良い雰囲気になった時にやる事5. 告白をする

良い雰囲気の2人でも、相手が恋心に気付いてなければ、それ以上の進展は望めません。お付き合いをしたいなら、相手にしっかりと気持ちを伝えるべき

相手に気持ちを伝えるなら、ストレートに「好き」と自分の気持ちを告白しましょう。

あなたの純粋な気持ちが伝われば、相手もまたきちんと対応してくれます。きっと良い結果が待っていますよ。

【参考記事】はこちら▽


いい雰囲気を感じ取ったら、アプローチして関係を発展させよう!

付き合う前から付き合ってるような雰囲気が流れるのは、2人の間に特別な関係性ができているからです。

周囲から見た印象を含め、良い雰囲気の特徴に多く当てはまるのなら、2人は両思いである可能性大。

しかし、良い雰囲気のままでは、2人の仲は進展しません。時には自ら行動を起こし、相手に恋心をアピールしましょう。

相手も同じ気持ちなら、本当のカップルになれるはずです。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事