遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサインとは?冷められても振り向かせる方法を解説

遠距離恋愛中の恋人が冷めているかもと不安に思っている方へ。今記事では、遠距離恋愛中の恋人が冷めた時に見せるサインから、最適な対処法まで詳しくご紹介します。最近、恋人がそっけない態度をとる、返信が来ないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン|興味がなくなった時の態度とは

遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサインとは

遠距離恋愛をしていると、そっけないメールなどで「あれ、もしかして私への興味がなくなった?」と不安になることもありますよね。

ですが、単に忙しいだけなのか、それとも本当に冷めてしまったのか見分けるのは難しいもの。

そこでここでは、遠距離中の恋人が冷めを見分けるサインをご紹介します。冷められたかも、と思う人は以下を読んでサインを確認してみましょう。


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン1. 返信が遅くなった

冷めた相手と連絡を取るのは億劫に感じてしまう人が多いもの。

今までLINEの返信が1時間以内に帰ってきていたのに、気がついたら半日ほど経ってからでないと返信が来ないという場合、もしかしたらあなたに対して冷めてきているかも。

「返信を考えたり、打ったりするのが面倒だな」と思っているうちに時間が経ってしまい、返すのが遅くなってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン2. 対応がそっけない

ラブラブな相手とは話が盛り上がりますが、好きな気持ちがなくなった相手に同じテンションで接することは難しいもの。

そうなると、以前は積極的に電話をしていたのに、今では「忙しいからメッセージにして」と言われたり、LINEの返信が文章だけでなくスタンプ1つだけになることも。このように「以前に比べてそっけないかどうか」が見分けるポイントです。

恋人と話したいこともなくなるので、適当に相手をしてやり過ごそうと考えているのかもしれません。


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン3. 次に会う日を決めてくれない

遠距離恋愛では、相手と会うのはお金や時間がかかる一大イベント

以前は「次はいつ予定が空いているよ」と教えてくれた恋人が、「つぎ、いつ会える?」と聞いても、「今忙しいからわからない」などとはぐらかす態度を取るようになったら危険信号。

冷めた相手のために交通費や移動時間を費やすのがもったいないと考えている場合もあり、予定を決めないようにしているかもしれません。


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン4. 電話に出てくれない

恋人との電話は会えない時の関係性を深めるための重要な役割を担っています。遠距離恋愛ではなおさらです。

以前はすぐにとってくれたのに、「今はいつ電話をかけても彼氏や彼女が電話をとってくれない」と感じるなら、もしかしたら意図的に電話に出ないようにしているかも。

電話を億劫だと感じているということは、相手に対して興味がないことを示していると言えるでしょう。


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン5. 久々に会えたのに楽しくなさそう

久々に相手に会える日は、本来であればとびっきりに楽しい時間のはず

しかし、あなたから心が離れている場合はスマホをずっといじっていたり、話しかけても全く盛り上がらずに終わってしまったりします。来たばっかりなのにすぐに帰りたがる、なんてことも。

そのような場合は一緒に楽しい時間を過ごしたいと考えてないので、恋人の中であなたへの思いは消えてしまっているのかもしれません。


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン6. 浮気をされた

恋人に対して冷めてしまうと、つい他の女性や男性に心が動いてしまうもの。

自分の彼氏や彼女が二股したり浮気していたとしたら、あなたへの気持ちが薄れてきているサイン。「会えなくて寂しかったからつい」と言い訳されるかもしれませんが、本当にあなたのことが好きならば浮気はしないはず。

あなたに対して冷めた結果、「大切にしよう」という気持ちがなくなってしまい、他に恋人を作ってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン7. 別れを匂わせるようになった

冷めた相手とズルズル付き合う必要はない、と考える人も多いもの。

段々と連絡頻度やデートの回数を少なくしたり、会っている時にも冷たい態度を取るようになるなど、「最近前に比べて冷たい対応になったな」と感じるなら、相手は別れるための準備に入っているでしょう。

自分の冷めた気持ちを徐々に伝えることで、あなたと別れるタイミングを見計らっているのです。


遠距離恋愛中の恋人が冷めた時のサイン8. デートが適当になった

直接会えるデートは、遠距離恋愛ではとても重要なもの。念入りに計画を立てて準備したいですよね。

しかし恋人が冷めている場合、当日ノープランだったり、部屋着のような格好で現れたりすることも。遅刻したり、デートを忘れたりするケースも多くなります。

冷めた相手とデートすることを面倒に感じているため、適当に済ませようとしているのです。


遠距離恋愛で冷めてる恋人への対処法とは|もう一度振り向かせるコツを大公開

遠距離でも付き合いたいほど好きな彼氏や彼女なら、冷められたとしてもなんとかしてもう一度自分の方を向いてほしいですよね。

そこで、以下では遠距離恋愛で冷めてる恋人をもう一度振り向かせる方法をご紹介します。付き合いたての頃のような、ラブラブなカップルに戻りたい方必見です。


遠距離で冷めてる恋人への対処法1. 会って楽しませる

もし恋人の気持ちがあなたから離れかけていたとしても、実際に会ってあなたの魅力を再確認してもらえれば、またラブラブな関係に戻れることも。

「もしかして、冷められたかも」と気づいたなら、次のデートでは会話を盛り上げたりサプライズをしてみたりと、思いっきり相手を楽しませるように心がけましょう。

あなたといて楽しい、心地良いと思ってくれれば、恋人の心も自然と戻ってきますよ。


遠距離で冷めてる恋人への対処法2. スキンシップを取る

遠距離でお互い触れ合えないせいで、恋人が冷めてしまっていることもあります。

会えた時には、手をつないだりハグをしたりして、たくさんスキンシップをとることを心がけましょう。人前であまりいちゃつくのが恥ずかしいなら、個室やカラオケボックスなど、他の人がいない場所がおすすめ。

肌を触れ合わせてドキドキしてもらえば、彼氏や彼女にまた「愛しい」と思ってもらえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


遠距離で冷めてる恋人への対処法3. 今一度自分の気持ちを伝える

あなたの好きという気持ちが上手く伝わっていないために、相手が冷めてきている場合もあります。

その場合はストレートに「愛してる」と恋人に伝えてみましょう。LINEよりも電話、電話よりも直接会って言ったほうが真剣さが伝わりやすくなります。

「そんなに私のことを思っていてくれたんだ」と恋人が気づけば、また大切に思おうという気持ちも復活するはずです。


遠距離で冷めてる恋人への対処法4. デートを改善する

デートがマンネリだと、せっかく会えてもいまいち盛り上がれず、更に冷めを加速してしまうことも。

「いつもの」デートをやめ、今までに行ったことのないデートスポットやレストランを選んでみましょう。予約をとったり「もしもの時」用の代替プランなど、より確実に楽しめる準備も忘れずに。

初めてのスポットなら新鮮な気持ちになれますし、あなたの今までにない面を見て惚れ直してもらえるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


遠距離で冷めてる恋人への対処法5. お互い本音で話し合ってみる

一見相手が冷めてしまったように見えたとしても、本当に冷めたのかどうかは聞いてみない限り分かりません。

今のギクシャクした関係をどう思っているのか、お互いに本音をさらけ出してみましょう。「忙しくておざなりになっていた」だけかもしれませんし、「もう別れるつもり」かもしれません。

関係の修復か、あるいは別れか、2人で納得してこれからの道を選べるでしょう。


冷めてしまった恋人もあなたの行動次第で修復可能ですよ!

遠距離恋愛ではすぐに会いに行けないため、冷められても「どうしたらいいんだろう」と途方に暮れてしまいがち。

でも、元々は「遠距離でも付き合い続けたい!」と思ったほど、お互い愛し合っているはずの2人。ちょっとしたきっかけさえあれば、きっと戻ってきてくれるはずです。

また恋人とラブラブになれる未来を想像して、自分の気持ちを伝えてみましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事