20代で何をしても楽しくない原因|人生を退屈に感じた時の対処法も解説!

何をしても楽しくないと感じている20代の方へ。今記事では、何をしても楽しくないと感じる原因から、つまらないと感じる時の対処法まで詳しくご紹介します。日々の生活に退屈さを感じているとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

20代で何をしても楽しくないと感じるなら、すぐに改善するのが理想

20代で何をしても楽しくない原因とは

何事にもやる気が出ないという方や、生きがいが見出せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、限りあるのが人生。20代という若くて元気な時に惰性で時間を浪費してしまうのはもったいないですよね。

何をしても楽しくないと感じる場合は早めに改善し、後悔のない時間を過ごしていくよう心掛けてみてくださいね。


20代で何をしても楽しくないと感じてしまう原因とは?

「人生なんてつまらない」「いつも退屈だ」といった感情が湧いてくるのは、何かしらのきっかけがあったからなのかもしれません。

ここからは、20代で何をしても楽しくないと感じる主な原因について、詳しく解説していきます。


20代で何をしても楽しくないと感じる原因1. 仕事が辛い

人生の中でも仕事に費やす時間は大半を占めているだけに、その間に生じる感情がベースとして根付いてしまうことは珍しくありません。

仕事が辛くてやりがいを見出すことができない人は、プライベートの時間でさえも「つまらない仕事が待っている」と考え無気力になってしまいがち。

思考の中心に仕事に対するネガティブな感情が居座っているため、普段の生活に楽しみを見出す余裕がないのです。


20代で何をしても楽しくないと感じる原因2. 将来が不安

暗い未来が待ち受けていると思えば、現状を楽しむことも難しいでしょう。

こういった人は「この会社で定年まで働いていくのだろうか」「結婚して子供ができたら、今の収入ではやっていけない」などと将来への不安が常に頭の中を支配してしまいがち。

何をしても心ここにあらずの状態にあるため、現状を楽しむことができないのです。


20代で何をしても楽しくないと感じる原因3. 友達が少ない

感情を共有できる仲間がいるほど楽しみは膨れ上がっていくものです。

たとえ仕事や趣味のスポーツで成果を出せたとしても、それを喜んでくれる人がいなければ虚しく感じてしまうでしょう。「どうせ一人だったら家で大人しくしていよう」と投げやりになってしまうことも珍しくありません。

一人で生きる孤独な人ほど、何事に対しても楽しくないと感じてしまうでしょう。


20代で何をしても楽しくないと感じる原因4. 毎日同じことの繰り返し

生活サイクルが固定化していけば、新たな刺激を得る機会も減っていくものです。

社会人にもなれば、通勤電車から毎日のタスク処理など大抵の出来事がルーティーン化しているという方も多いでしょう。次第に五感から得る刺激も薄れ、ありきたりな日々が繰り返されていきます。

想定内の出来事ばかりが起こるので、「退屈でつまらない」と感じてしまうのです。


20代で何をしても楽しくないと感じる原因5. 楽しみがない

何かに熱中している人は見た目から活力が湧き出ていますよね。辛い出来事も、それを忘れられるような楽しみがあるからこそ乗り越えられるというものです。

そういった楽しみが無ければ、ネガティブな面にだけフォーカスしてしまうのも無理はありません。

興味の湧くものや、挑戦したい物事を見出せず無気力になってしまうのでしょう。


20代で何をしても楽しくないと感じた時の対処法

20代で楽しみを感じなくなってしまう原因が分かったところで「改善する方法はないのだろうか」と不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここからは、20代で何をしても楽しくないと思ってしまった時の対処法を解説します。

ぜひ参考にしてみてください!


20代で退屈と感じた時の対処法1. 趣味を見つける

仕事だけをこなす日々を過ごしていては、楽しいことを見つけるのも難しいでしょう。

退屈だと感じた際には、まず興味のありそうな分野を開拓し、趣味として取り組んでみることも対処法の一つ。映画鑑賞や読書など無理のない範囲から始めてみるのもおすすめ。

マンネリ化した毎日から抜け出し、新しいことに挑戦することで得られる気づきが、人生の楽しさを見つけるためのきっかけとなっていきますよ。


20代で退屈と感じた時の対処法2. フットワークを軽くする

行動範囲を狭めていては、楽しいことに取り組むチャンスも掴みにくいもの。

「どうせ外に出たって何も解決しない」といった心のブレーキをなくし、少しでも気になる場所があれば思い切って足を運んでみませんか。友人の誘いに乗って羽を伸ばしてみるのもいいでしょう。

楽しいことはすぐ近くに転がっているかもしれません

どんどん色んなことにチャレンジしてみて!


20代で退屈と感じた時の対処法3. 別の人と遊んでみる

同じ友人とばかり一緒にいると、行動パターンも固定化されやすくなるものです。声に出さずとも「またこの遊びか」と退屈な気持ちを感じることもあるでしょう。

交友関係を限定せず、時には普段接しない人と遊んでみることもおすすめの対処法です。

考え方や言動が新鮮に感じ、自分の世界観を広げるきっかけになるかもしれませんよ。


20代で退屈と感じた時の対処法4. やりたいことリストを作る

言われたままのことをこなす毎日を過ごすうちに、自らの願望を檻の中に閉じ込めてしまっていることも。長い人生を過ごすなら20代のうちに出来ることから挑戦していきたいですよね。

そんな時は、やりたいことリストを作成してみるのがおすすめ。

旅行、デート、ビジネスなど何でもOK!「ちょっと実現無理かも…。」と思うことも書いてみましょう。

心の中に眠っていたものを可視化しようとすると、意外にもたくさん興味がありそうなものが出てきます。

「楽しそうなことがたくさんある!」と思えるようになりますよ。


20代で退屈と感じた時の対処法5. 環境を変える

山や海など、自然に囲まれた場所でひと時を過ごすと心がリフレッシュするように、周囲の環境から与えられる影響には多大なものがあります。

「何をしてもつまらない」と感じる場合は、引っ越しや転職などで思い切って過ごす環境を変えてみるのもおすすめです。

目新しい環境に移ることで、新たな刺激や生きる上での楽しみを見出せるかもしれません


20代で退屈と感じた時の対処法6. 嫌なことを辞める

人間には得意不得意があるもの。苦手な作業に取り組んでいると、ストレスが溜まりやすく同じ時間でも長く感じてしまいますよね。

実はこのストレスが「楽しくない」と思ってしまう要因の一つ。

「これはつまらなそう」「楽しくない」と感じるものがあれば、思い切ってやめてみるのもおすすめです。

嫌なことを減らしていけば、楽しいことにフォーカスできる気持ちの余裕が生まれてきますよ


20代で退屈と感じた時の対処法7. 退屈な原因を明確にする

退屈な毎日をどうにかしたいと感じた際には、「何でこんなにつまらないんだろう。」と自分自身を一度見つめ直してみてください

退屈な原因が明確になれば、そこから抜け出す対策が立てやすくなり、楽しい毎日を送りやすくなりますよ。

20代と若い肉体を生かして、退屈ではなく活気に溢れた日々を過ごしてみて!


悔いのない20代を過ごしましょう!

何をしても楽しくないと感じるきっかけは、心理的要因や周りの環境など様々な要因が重なっているものです。

「退屈な人生をなんとかしたい」と願う方も多いでしょう。

本記事では、そんなお悩みの解消に効果的な対処法についてピックアップしてご紹介しました。

まだまだ人生始まったばかりの20代!

少しずつでも改善し、後悔のない人生を過ごしていきましょう。


【参考記事】つまらない生活を変える方法とは?▽

【参考記事】人生がつまんない時はどうしたら良い?▽

【参考記事】もっと楽しく生きる方法を紹介!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事