サイコパスってどんな人?性格・行動でわかる特徴や共通点から見分ける方法とは

サイコパスな人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、サイコパスな人の特徴から、見分ける方法まで詳しくご紹介します。一般的にサイコパスと言われる人の共通点について解説するので、気に鳴る方は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「サイコパス」の意味とは?

サイコパスの意味とは?

サイコパスとは、自分以外の人間に対する「愛情」や「思いやり」といった、一部の感情が欠落した、特殊な性格を持つ人々を指す心理学用語です。

いわゆる「普通の人」と比較して、極端に偏った考え方を持つため、サイコパスな人の中には、社会生活に支障が出ている人も少なくありません。

また、道徳観や倫理観、恐怖といった感情も乏しい傾向にあります。しかし、勘違いされがちな部分になりますが、サイコパスな人だからといって、危険な振る舞いをしたり、犯罪を起こしたりすることはありません。


サイコパスな人の特徴とは|多く見られる共通点を大公開

サイコパスな人と言っても、全員が同じような性格をしているわけではありません。

しかし、サイコパス気質の人が持っていることの多い、いくつかの共通点もあります。

ここからは、サイコパスな人の特徴について詳しくご紹介します。


サイコパスな人の特徴1. 平然と嘘をつく

サイコパスな人は、自分がついた嘘で他人がどうなろうと、罪悪感を感じません。

例えば、ビジネスシーンで「あれもできます、これもできます」と言って仕事を獲得したものの、実際には仕事をこなす技術がなかったというケースは、サイコパスの人にありがちな事です。

他人に迷惑がかかろうとも、自分の目的を達成するために、サイコパスな人はいとも簡単に嘘をつけてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


サイコパスな人の特徴2. 周囲の話に共感ができない

サイコパスな人には「思いやり」の感情が欠落しています。

誰かが嬉しがっていたり、悲しんでいたりする時にも、サイコパスな人は顔色一つ変えないでしょう。ただし「嬉しい」や「悲しい」といった概念は理解しているので、相手がどういう状況にあるかは把握できます。

単純に共感するための感情を持ち合わせていないので、周囲と同じ気持ちになることができないのです。


サイコパスな人の特徴3. 外面が非常にいい

サイコパスな人には、その場で求められる振る舞いができるという特徴もあります。

初対面で、相手が男性であっても女性であっても、程良い距離感を保ちながら、会話を弾ませることができます。

状況を理解する能力が優れており、その時々で求められている行動を取れるので、サイコパスな人は「いい人」や「優しい人」に見えるのです。

【参考記事】はこちら▽


サイコパスな人の特徴4. 何事も刺激を追い求めやすい

刺激のない生活に耐えられないのも、サイコパスに特徴的な性格の1つです。

生活費が不足するほどギャンブルにお金を使ったり、仕事に飽きたからという理由で職場を転々としたりします。時には、生活を共にするパートナーを取っ替え引っ替えすることも。

同じことが繰り返される毎日では、サイコパスな人には物足りないのです。


サイコパスな人の特徴5. 自慢話ばかりする

サイコパスな人は、自分を優秀な人間だと思い込む傾向にあります。

男性であれば年収がいくらだとか、女性であればどこのエステに行っているだとか、自分は他の人よりも優れた待遇を受ける存在だということを、自らアピールします。

自分に強い自信を持っているので、サイコパスな人からすれば、「自慢することの何がいけないのか」という意識なのです。


サイコパスな人の特徴6. 自己中心的

自分のために世界があると感じており、自分にとって不都合なことが許せないのも、サイコパスな人の大きな特徴の1つです。

自分の目の前に他人がいて、道が通れない時などに、平気で「邪魔だからどいて」と言うこともできてしまいます。

他人に対する共感性が著しく少ないため、自己中心的な考え方になってしまうのです。


サイコパスな人の特徴7. 結果のためなら手段を選ばない

サイコパスな人は、自分が求める結果を得るために努力を惜しみません。

例えば、意中の男性(あるいは女性)を射止めるために、非常に高価なプレゼントを贈ったり、友人や知人のネットワークをフル活用したりといったことも、平気でやってのけてしまうのです。

結果に対して非常にストイックなので、自分が目指すゴールに向かって、どんな方法を使ってでも辿り着いてしまうのです。


サイコパスな人の特徴8. 突拍子もない行動をとる

いま自分がやりたいことを行動に移すのも、サイコパスな人の特徴です。

いきなり仕事を休んで旅行に行ったり、急に会社を辞めてしまったりといったことも、サイコパス気質の人にはよくある行動パターンとなっています。

計画的ではなく、場当たり的な決断になりがちなため、周囲からは突拍子もない行動だと感じられてしまうのです。


サイコパス気質な人の見分ける方法とは|見抜くポイントを大公開

サイコパスな人は、見た目では判断できませんが、いくつかの特徴的な言動や考え方があります。

それらを知っておくことで、例えば会社にいるサイコパス気質な人を見抜くことができ、正しい付き合い方ができるようになるでしょう。

ここからは、サイコパス気質な人を見分ける方法を詳しくご紹介します。


サイコパス気質な人の見分け方1. 嘘をつかないか

サイコパスな人の考え方は自己中心的で、自分の目的を達成するために手段を選びません。嘘をつけば簡単に相手を出し抜けるので、サイコパスな人は、よく嘘をつきます。

「有名大学の出身」や「以前は大企業に勤めていた」など、バレたら大問題になるような嘘も平気で言ってしまうのです。

「いつも大袈裟な嘘をついていないか」という部分は、サイコパスな人を見分けるために、ぜひチェックしておきたいポイントです。


サイコパス気質な人の見分け方2. 衝動的な行動をとるか

日常的に刺激を求めてしまうのも、サイコパスの特徴です。そのため、衝動的な行動に走ることも少なくありません。

例えば、周囲に相談もせずいきなり大金を使ってしまったり、誰にも告げず音信不通になってしまうこともあります。

客観的に見て、衝動的に思える行動を頻繁にとるような人の場合は、サイコパス気質であると言えるでしょう。


サイコパス気質な人の見分け方3. 利己的な考えをしているか

サイコパス気質な人は、常に自分のメリットを追求しています。そのため、極めて利己的な考えになりがちです。

社会の大多数の人にとってメリットがあることでも、自分にとってデメリットがあれば、積極的に反対意見を出します。

周囲から「ものすごく自己中心的な人だな」と言われている場合、その人はサイコパス気質である可能性が高いです。


「あの人怪しいな」と思ったら、サイコパスな人かどうか見分けてみて。

サイコパスな人は、見た目で判断することができません。しかしその性格や行動には、特徴的な共通点が存在します。

周囲にサイコパスな人が居ると、仕事でもプライベートでも、振り回されてしまうこともあるでしょう。

そうならないために、サイコパスな人の特徴と見分け方を覚えておき、適度な距離感を保ちつつ、正しい付き合い方をしてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事