他人が羨ましいと思う理由とは?劣等感や嫉妬心を解消する方法を大公開

他人が羨ましいと思ってしまうとお悩みの方へ。今記事では、他人が羨ましいと思ってしまう原因から、最適な解消法まで詳しくご紹介します。周囲の生き方や家庭に対して憧れを抱いたり、自分に劣等感を覚えたりしている方は、ぜひ参考にしてみてください!

他人が羨ましいと思ってしまうなら速やかに改善しよう

他人が羨ましいと思う原因

他の人を見て、純粋に「素敵だな」と感じることってありますよね。

憧れを抱くのはいいですが、その気持ちが強くなりすぎると、羨ましいと妬んだり、劣等感に苛まれたりしてしまうこともあるでしょう。

ネガティブな方向に考えやすいため、自分自身を追い詰めてしまいます

そうならないためにも、嫉妬や劣等感は速やかに解消するのが賢明でしょう。


他人が羨ましいと思ってしまう理由とは|主なきっかけを解説

他人が羨ましいと思ってしまう場面は、日常生活の中でいくつもありますよね。では、憧れを超えて、羨ましいと思ってしまうのはなぜなのでしょう。

ここからは、他人が羨ましいと思ってしまう理由について詳しくご紹介します。


他人が羨ましいと思う理由1. 容姿に自信がないから

容姿は生まれ持った要素も大きく、自分の力ではどうにもできない部分もあります。

そんな時、自分の容姿では似合わないだろうと諦めていた服を、美人でスタイル抜群の他の誰かが着こなしてまわりにチヤホヤされている姿を見ると、憧れよりも羨ましい気持ちが込み上げてきてしまいますよね。

自分の容姿にコンプレックスがある人は、自分とは逆の他人を羨ましいと思ってしまいます。


他人が羨ましいと思う理由2. 収入が低いから

収入が低いとやりたいことができず、お金に余裕がある人に対して羨ましいという気持ちが生まれやすいです。

お金が全てではありません。しかし、資本主義の世の中では、お金の有無で手に入るものが変わってくるのが現実です。

生活していくのもギリギリの収入状態だと、自由に使えるお金がある人を羨ましく思ってしまうでしょう。


他人が羨ましいと思う理由3. 恋人や配偶者がいないから

恋愛や結婚を望んでいる時は、パートナーがいない状況を変えたいと切に願っています

恋愛や結婚は、必ずしも努力が実を結ぶとは限りません。上手くいっていない時に、自分が望む状況を既に持っている人に対して、羨ましいと感じるのは当然。

パートナーがいる人の幸せそうな姿を見ると、恋人や配偶者がいない自分のことをみじめに感じて羨ましいと思ってしまいます。


他人が羨ましいと思う理由4. 日々に満足していないから

日々の生活に満足していない人は、様々な場面において他人を羨ましく思う傾向があります。

人と比べて、自分にないものを探してしまうので、自分が恵まれていることに気づけなくなってしまっていることもあるでしょう。中には、何をやっても満足を感じられないという人も。

他人の輝いている部分だけを見がちで、羨む気持ちから抜け出せなくってしまうのです。


他人が羨ましいと思う理由5. 能力がないから

人は誰でも人生において何かしら成し遂げたい気持ちを持っているため、成功者を見たときは、羨ましい気持ちが湧いてくるでしょう。

「能力があれば、自分にもできただろうに…」と、成功者の努力や苦労への敬意を払うことなく、ただ能力のなさを嘆きます。

尊敬の念を忘れている人こそ、能力がないことを理由に他人を羨ましいと思いがち。


他人が羨ましいと思う理由6. 裕福な家庭じゃないから

生活水準の違いに直面した時、悔しさにも似た羨ましさを感じます。

食卓が毎回豪華だったり、値段を気にせずショッピングを楽しんだりしている様子を見ると、自分の生活と比べてしまうこともあるでしょう。

裕福なのは、本人の努力よりも家庭環境によるところが大きいので、苦労なくいい生活をしていることへの嫉妬心を抱いてしまうのです。


他人が羨ましいと思う理由7. 学歴がないから

学歴の有無で制限されることが多いため、学歴がないと嫉妬心を感じやすいでしょう。

現代社会においては、学歴がないことを理由に希望する仕事に就けないなど、キャリアに大きな影響を及ぼします。また、友達同士でもわかりやすくマウンティングされて嫌な思いをすることもあるでしょう。

学歴に対して劣等感を持っていると、他人が羨ましいという感情が生まれやすいです。


他人が羨ましいと思う理由8. 没頭できるものがないから

何かに夢中になっている人の、人生が充実している様子を目の当たりにすると、その生き方に刺激されますよね。毎日をただなんとなく過ごしていたり、没頭できるものがなかったりする人にとっては、そんな人たちが憧れの対象になるでしょう。

友達など身近な人が何かに夢中になっていると、負けたくないという心理も働いて、周りを羨ましいと感じてしまうケースが多いです。


他人が羨ましく感じる気持ちを解消する方法とは?

理由はどうあれ、他人を羨ましく感じると、心が穏やかではなくなって、自分自身のストレスになってしまいますよね。時には、自暴自棄になってしまうことも。

自分を楽にするためにも、他人を羨むことをやめたい人は多いのではないでしょうか。

ここからは、他人が羨ましく感じるのを解消する方法について詳しくご紹介します。


他人を羨ましがるのを解消する方法1. ないものねだりだと思う

他人を羨ましいと感じてしまう理由を認識することが、解消への第一歩です。

羨ましさを感じた時には、「隣の芝生は青い」という言葉を思い出してみてください。まずは、誰でもみんな、ないものが欲しいんだと認識することが大切です。

そして、ないものではなくあるもの、つまり自分が持っている魅力や恵まれているところをしっかり見つめられるようになるといいですね。


他人を羨ましがるのを解消する方法2. 情報を遮断する

テレビやSNSから流れてくる内容は、基本的にキラキラしていて楽しいことばかりなので、どうしても他人と自分の状況を比較してしまいがちです。

そんな時は、テレビやSNSから離れて、情報を遮断してみましょう。頻度を落とすだけでも効果的。

テレビやSNSで劣等感を覚えやすいなら、上手な距離感で付き合うようにしましょう。


他人を羨ましがるのを解消する方法3. 幸せになりたいではなく幸せに過ごすことを意識する

いつか幸せになりたいと思っていてもキリがありません。

まずは、今日幸せに過ごすことを意識してみませんか。外ばかり見て他人を羨んでいる人は、目の前にある幸せに気がつきにくくなっています

意識を変えるだけで、今あるものに幸せを感じたり、感謝したりする場面が増えてくるでしょう。そうすると、他人を羨ましく思う気持ちが自然と消えいきますよ。


他人を羨ましがるのを解消する方法4. 具体的な目標・計画を立てる

人を羨む暇があったら、自分のことを着実にやるのが賢明です。

どうやったら自分が望む人生を手に入れられるのか、具体的な目標や計画を立てるところから始めてみてください。目標に向かって自分のことに一生懸命になるので、他人が気にならなくなります。

日々が充実して満足できるので、他人と比較することが減っていくでしょう。


他人を羨ましがるのを解消する方法5. 理想に近づけるよう努力をする

羨ましいと感じたことで、「自分はこうなりたかったのか」と、理想像に気づくこともあります。

友達など身近に理想像を発見できたのはラッキーなこと。その人を思い浮かべて、理想に近づけるよう努力してみましょう。羨ましいという感情は、自分を成長させるきっかけにもなりますね。

理想に近づくほど、努力は自信に変わり、やがて羨ましいという感情はなくなっていきます。


他人が羨ましいと思っても、まずは自分のいいところを探してみて。

他人が羨ましいと思ってしまう原因と解消方法についてご紹介しました。

他人と自分を比較して、羨ましさを抱いてしまうこともあるでしょう。しかし、結局は心がザワついて、辛い思いをするのは自分です。

これを機に、他人に向いていたベクトルを自分に向けてみてください。自分が持っている魅力に気づき、輝かせていくことで、羨ましい気持ちが解消されていきますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事