彼氏が体調不良の時にやるべきこと7つ|男性が本当に嬉しい女性の対応とは?

彼氏が体調不良の時に最適な対処法を詳しく知りたい女性へ。今記事では、彼氏が体調不良の時にされたい事から、やってはいけないNG行動まで詳しくご紹介します。体調を崩している時に好感度を上げる対応の仕方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

彼氏が体調不良の時は、最適な対応をしてあげるのがいい彼女。

彼氏が体調不良の時にやるべき事とは?

彼氏が体調不良の時、何をすべきなのかは彼氏の性格や価値観次第です。しかし、男性が「されて嬉しいこと」には共通点があるのも事実。

彼氏が体調不良の時は、恋人として最適な行動で好感度を上げることを心掛けましょう。

ポイントとなるのは独り善がりで良かれと思うことを押し付けるのではなく、「彼氏にとって」の最適な行動です。


彼氏が体調不良の時に彼女がとるべき対処法とは?

彼氏が体調不良の時、具体的にどのような対処法を取ると良いのかを順を追って解説します。これから紹介する方法はあくまでも一般的なものですが、多くの男性にとって好印象を与えるものなので、何をすべきか分からない女性はこれらを順番に実践するだけでも好印象を与えられることでしょう。


彼氏が体調不良の時の対処法1. 電話で話し相手になる

体調不良の時には気持ちが弱くなり、孤独感や寂しさがいつも以上のものになってしまいがち。そこで電話で話し相手になってあげましょう。電話での他愛のない話は体調不良で沈みがちな気持ちを晴れやかにしてくれますし、体調不良となるとなかなか他者とのコミュニケーションが取りにくくなるので、人とのコミュニケーションに嬉しさも感じてくれるはずです。


彼氏が体調不良の時の対処法2. 心配LINEをする

体調不良の時には直接顔を合わせたり、会話したりが面倒に感じてしまう場合もあります。そこで、LINEを送ってみましょう。LINEであれば返事は任意です。また、直接会話する訳ではありませんので、弱っている自分の姿を見られることなくコミュニケーションが取れます。彼氏としても対応しやすいので、LINEで体調を気にかけるなど彼氏を労ると良いでしょう。


彼氏が体調不良の時の対処法3. お水や薬を持っていく

体調不良の時には布団から出ることさえ億劫になることも珍しくありませんので、水分や薬の補給もできていない場合も。そこでお水や薬を届けてあげるのも良いでしょう。彼氏も、恋人の看病に安心感を覚えることもあれば、水分や薬は完治のためにも重要です。いち早く完治してもらうため必要なものなので、決して無駄にはなりません。


彼氏が体調不良の時の対処法4. 食事を作ってあげる

体調不良の時には食事がおざなりになりがち。何も食べないのではなく、思うように動けずに何も口にできない場合もあります。そこで、食事を作ってあげましょう。栄養補給としてはもちろんですが、看病にもなります。その際はおかゆなど消化の良いものを作ると良いでしょう。また、食事のついでに、彼氏の話を聞いてあげたり、して欲しいことをしてあげるなど労ることができます。


彼氏が体調不良の時の対処法5. 症状を聞いて調べてみる

体調不良だとは自覚していても、具体的な症状が分からないことで対処できない場合もあります。そこで、彼氏から症状を聞いて調べてみましょう。解決策が見つかるかもしれません。また、症状を知れば何をすべきかも見えてきますし、何も分からないからこその不安も軽減できます。例えば風邪だとわかれば対処法とて分かるものです。また、恋人として、会えない時間を紛らわすためにも有効な方法です。


彼氏が体調不良の時の対処法6. 一緒に病院へ行く

一人暮らしの場合、体調不良になると身動きが取れなくなりますし、そもそもどのような症状なのかさえ分からないケースも珍しくありません。そこで一緒に病院に行ってあげましょう。会えない・寂しいといった気持ちを紛らわすことができると共に、体調回復のために何が良いのかを知ることもできます。そして病院の後は医師の判断通りに看病してあげましょう。


彼氏が体調不良の時の対処法7. そっと見守る

恋人としていろいろとしてあげたい気持ちはよく分かりますが、体調不良の自分を見られることや心配をかけるのが嫌だという彼氏もいます。このタイプの彼氏の場合、そっと見守っておきましょう。決して何もしないのではなく、彼氏の意思を慎重しているのです。連絡こないとイライラしたり、会えない辛さもあるかもしれませんが、彼氏の体調回復までは自分の時間を過ごしましょう。


彼氏が体調不良の時にやってはいけないNG行動も大公開

されて嬉しいこともあれば、迷惑だと感じることもあります。特に体調不良の時には気持ちに余裕がなくなってしまうこと珍しくないので、些細なことで大喧嘩に発展してしまう可能性も。そこで、体調不良時の「これだけはしてはいけないNG行動」も覚えておきましょう。


彼氏が体調不良の時のNG行動1. 健康管理不足を指摘する

体調不良の時にあれこれ指摘して、「嬉しい」「感謝する」と思う人はあまりいません。むしろ「こんな時にあれこれ言わないで欲しい」と感じる男性の方が多いのではないでしょうか。だからこそ体調不良の時に「なんで体調不良になったんだ」と言わんばかりに日ごろの健康管理不足を指摘するのは控えましょう。指摘したいのであればせめて完治してからで、体調不良の時には労るようにしましょう。


彼氏が体調不良の時のNG行動2. 心配をしすぎる

心配する気持ちはよく分かるのですが、心配のしすぎは彼氏としても負担になりかねません。適度な心配であれば彼氏としても嬉しいでしょう。しかし、あまりにも過度な心配は、次第に負担へと変化します。特にあまり干渉されたくないタイプの男性の場合、心配しすぎは負担を超え、嫌悪感に繋がりかねませんので、心配な気持ちは自分の心の中に留めておきましょう。


彼氏が体調不良の時のNG行動3. 無断で家に行く

体調不良の自分を見られたくなかったり、あるいは頓雑な部屋を見られたくない彼氏もいるので、無断で家に行くのは控えましょう。彼氏としても「自分のことを考えてくれない」という不信感が芽生えてしまいます。会いたい気持ちも分かるのですが、家に行きたいのであればせめてアポを取り、彼氏の許可を得てから足を運ぶようにしましょう。


彼氏が体調不良の時のNG行動4. 同棲してるなら寝ている時に音を立てる

体調不良時の睡眠は体調回復のために必要なものです。そのため、彼氏にはぐっすり眠ってもらえるよう配慮が大切です。特に同棲している場合、彼氏が寝ている時にはいつも以上に音を立てないよう心がけましょう。物音で起こされるとストレスも大きなものになりますし、場合によっては「こっちのことも考えてもらいたい」と、彼氏がイライラしてしまうことも。静かさを心掛けて生活を送りましょう。


彼氏が体調不良の時のNG行動5. 愚痴を話したり相談をする

体調不良の時には気持ちに余裕を持ちにくいので、人の話を聞くことがストレスになってしまうことも。そのため、愚痴や相談は控えましょう。体調不良の時にあれこれ話を聞かされても、彼氏としても頭が回らず、イライラしてしまう可能性があります。聞いてもらいたいことがあるなら、彼氏の体調が回復してからにしましょう。


彼氏が体調不良な時は、彼の性格に合わせて接してみて。

彼氏が体調不良の時、力になってあげたいと感じるのはよく分かります。しかし、そこでどのような行動を取るかは、その後の二人の関係を左右する重要なポイント。彼氏にネガティブな印象を与えないよう、自分が良いと思うことではなく、彼氏のことを考えた行動を心掛けましょう。その点では、彼氏の体調不良は彼氏をどれだけ理解しているかが問われることにもなるので、常日頃から彼氏の価値観・考え方を理解しておくことも大切です。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事