不倫と浮気の違いって何?結婚してるのに不倫する人の特徴やリスクを徹底解説

不倫と浮気の違いについて詳しく知りたい方へ。今記事では、不倫と浮気の主な違いから、不倫に走る人の特徴や不倫のリスクまで詳しくご紹介します。混同されがちな両者の違いを知りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「不倫」と「浮気」の違いとは

不倫と浮気の違いとは

「不倫」と「浮気」、どちらも同じ意味だと捉えている方も多いのではないでしょうか。しかし、不倫と浮気には明確な違いがあります。

まずは、用法的な違いを考えてみましょう。

「不倫」は、男性と女性の両者、あるいはどちらかが既婚者である場合に使われます。一方、「浮気」は、男性と女性ともに独身である場合に使われる言葉です。

彼氏や彼女が、パートナー以外の独身者と性的関係になったからといって、「不倫された」とは言わないですよね。そういうときには、彼氏や彼女に「浮気された」という表現を使うのが一般的です。

次に、法律面での不倫と浮気には違いについて見てみましょう。

「不倫」は「配偶者以外の相手と性的関係をもつこと」をさしますが、法律上「浮気」という言葉は存在しません。言葉自体が存在するかしないかという違いがあるのは、義務の有無によるものです。

結婚すると「お互い貞操を守る」という法的義務が発生しますが、彼氏や彼女といった婚姻関係にない間柄ではそうした義務がありません。

つまり、不倫と浮気の違いは、当事者が既婚者か独身かの違いによるものだといえます。

【参考記事】はこちら▽


家庭があるのに不倫する人の特徴とは|主な共通点を大公開

浮気とは違う既婚者との恋愛。

「既婚者と付き合うのはちょっと…」「結婚してるから…」と一線を引く人が多いはずですが、実際に不倫する人もいるのは事実。

一線を越えて不倫をするのは、どんな人なのか気になりますよね。ここでは、不倫する人の特徴を紹介していきます。


不倫する人の特徴1. 承認欲求が強い

不倫する人は、他人より優れていると誰かに認めてもらいたいと思っています。

たとえば、妻帯者とばかり付き合っている独身女性。「妻よりも君のほうが魅力的だ」なんていう既婚男性の言葉を真に受けて、自分に魅力があると信じ込みます。

自分が「ハイステータスな女性」だと思いたいがために、社会的地位の高い既婚男性と不倫を繰すこともあります。

「自分は価値がある存在だ」と認めてもらう手段のひとつとして、不倫をするのです。

【参考記事】はこちら▽


不倫する人の特徴2. 極度の寂しがり屋

常に誰かにかまってもらわないと気が済まない人っていますよね。

どれだけ大好きな夫や妻であっても、仕事や育児でいつも配偶者中心の生活をするわけにはいきません。そこで、配偶者から相手にされていないと感じると、自分のことをかまってくれる人を次々探すのです。

配偶者に悪いなと思いつつ、頻繁に連絡をくれたり何かとかまってくれる異性と不倫に発展してしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


不倫する人の特徴3. 何事も飽きっぽい

不倫する人は基本的に、新しい刺激を求めることが多く、ドキドキしたりワクワクすることが好きです。

家庭で繰り広げられる日常生活は、同じことの繰り返しになりがち。それを幸せだと思える人がいる一方で、たまらなく退屈に思える人もいます。かといって、家族のメンバーをチェンジする、というわけにもいきません。

新しい相手と、バレてはいけないというスリル。飽きっぽい人にとって不倫は、ドキドキを味わうための退屈しのぎと考えているでしょう。

【参考記事】はこちら▽


不倫する人の特徴4. 夫婦仲が冷え切っている

家族だという認識が強い夫婦。外から見るとおしどり夫婦に見えたりしますが、実は不倫をしているということも。

愛していないわけではないけれど、配偶者のことを異性として見ることができず、カップルや新婚時代のような熱い気持ちはなくなっています。

夫婦歴が長かったりすると、家族どころかただの同居人としか見れない場合もあるでしょう。

夫婦の関係に寂しさを感じ、恋する気持ちを求めて不倫に走るのです。


不倫する人の特徴5. 自己肯定感が高い

自分に自信がたっぷりある人は、不倫をするときにも「自分ならうまくやれる」と自信満々です。

適度な自信はあったほうがいいのですが、ありすぎるのは問題。「自分なら不倫しても見つからない」「バレても離婚してくれとは言われないだろう」という根拠のない自信を持っています。

有り余っているその自信から、大胆な行動にも出がち。配偶者の前でも不倫相手からの電話に出て「仕事の人だよ」と平気で嘘をついたり、アリバイを作りこんで宿泊を伴う不倫旅行へ出かけることも。

絶対的な自信があるからこそ、一線を越えることができるのでしょう。


浮気ではなく、不倫が発覚した時のリスクや代償とは

浮気も不倫もバレれば修羅場になるのは必須。浮気ならばそのまま別れるということもできるでしょう。しかし、浮気とは違い、不倫の場合はもっと大きなリスクや代償があることも。

不倫は民法上の違法行為。不倫した既婚者は、法的に不利な立場に立たされます。

例えば、夫の不倫が発覚して妻が離婚したいと言いだした場合。夫に離婚する気がなくても、妻が離婚する訴えを起こせば離婚が成立する可能性が非常に高いです。

また、既婚者と不倫をしている人にも、慰謝料を支払わなくてはいけないリスクがあります。既婚者の配偶者から慰謝料を求められたら、基本的には支払に応じなくてはいけません。

さらに、不倫のリスクは離婚や慰謝料だけではありませんよ。

不倫という行為自体が、社会的信用を著しく失墜させるものです。友人や親戚からも見放されたり、職を失う場合もあります。

結婚は義務を負うもの。そして、不倫は義務を破るもの。そう考えると、不倫のほうが大きい代償をはらうことになるのも納得ですね。

【参考記事】はこちら▽


浮気と不倫の違いを理解して、恐ろしい不倫をしないよう気をつけて。

浮気とは違い、大きなリスクや代償を背負うことになる不倫。

配偶者が不倫する人の特徴に当てはまっていると心配になるものです。とはいえ、特徴に当てはまっているからといって必ず不倫をしているというわけではないので安心してください。

人に恋する気持ちは素敵なもの。しかし、リスクや代償を払ってまでも貫きたい恋愛なのか、不倫をしている人はよく考えてみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事