存在感がある人の特徴とは?周囲から一目置かれる人になる方法を紹介

存在感のある人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、存在感のある人の特徴から、存在感を発揮するコツまで詳しくご紹介します。周囲に影響力をもたらすような存在感のある人になりたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

存在感のある人の魅力とは|自分を主張できる人の強みを解説

存在感のある人の特徴

周囲の心を惹きつける魅力を持つ存在感のある人。自分の意見に自信を持って人前で堂々と話せる人は、カリスマ性も強いです。

大きな影響力を持っていて、自分が情報を発信することで、賛同する人が多く現れることもポイント。ビジネスの場ではもちろん、趣味や家庭など様々なシーンでキーパーソンになれることが強みです。


存在感のある人の特徴とは|共通しているポイントを大公開

圧倒的な存在感を放つ人に、憧れを抱く人も多いでしょう。「自分は存在感が薄い…どうすればイメージや雰囲気を変えられるだろう?」そんな悩みを抱えていませんか?

ここからは、存在感のある人の特徴について詳しくご紹介します。自分の存在をアピールしたい人は必見ですよ!


存在感のある人の「性格」の特徴

キャラクターのユニークさが目立つ存在感のある人。「性格で真似できるところがあれば参考にしたい!」そう思う人も多いでしょう。ここからは、存在感のある人の性格の特徴について詳しくご紹介します。存在感を放つ人の個性が知りたい人は、熟読してみてくださいね。


存在感のある人の性格1. ポジティブに物事を考える

明るく前向きな人は、周囲にも元気を与える力を持っています。仕事で仲間がミスをしたとしても、存在感のある人は「大丈夫、大丈夫!絶対に、なんとかなるから」そんな態度でサポートしてくれるのです。

また、愚痴を言うこともなく、悪い出来事も成長につながると信じています。ポジティブシンキングが根付いていることが、存在感のある人に備わる性格と言えるでしょう。


存在感のある人の性格2. 自己肯定感が高い

存在をアピールする力は、自信に伴ってついてくるもの。自分自身を好きであることはもちろん、自分がやっていることを信じているからこそ、存在が輝いて見えるのです。

そのため、新しいことに挑戦する時にも、迷いや不安が少なく、堂々としています。自分に自信を持っている人も、存在感が強い人によく見受けられる性格です。


存在感のある人の性格3. 謙虚な姿勢を心がけている

存在感のある人は、決して自分の才能や実力を過信しません。周囲にいくら持ち上げられても「いやいや、自分なんかまだまだですよ」「もっとすごい人はたくさんいますから」そんな控えめな言葉が出てきます。

表面上だけで言っているのではなく、本心からそう思っているからこそ、努力できるのです。おごり高ぶることなく、常に向上心を持ち続けるのも存在感がある人の特徴です。


存在感のある人の性格4. 常に冷静な判断ができる

精神的に安定していると、洞察力や観察力も高まるもの。人を惹きつける雰囲気がある人は、普段からパニックになったり焦ったりすることが少ないです。

気持ちをコントロールした状態で変化する状況にも対応するため、周囲にいる人は心強いと感じるはず。いつも落ち着いて物事を考えられるのも、存在感のある人の性格ですよ。


存在感のある人の性格5. 信念をしっかりと持っている

発信する言葉や行動に一貫性がない場合は、説得力に欠けてしまいます。存在が光る人は、基本の考えが全くブレないことがポイント。

自分が絶対にこうだと思うことは、何があっても意見を変えずにドンと構えているため、目立ちます。頑固と思われることもありますが、自分を貫く一途さがあるのも、存在感が強い人によく見られる傾向です。


存在感のある人の「行動」の特徴

ここまでは、存在感のある人の性格を見てきましたが、行動についても気になる人は多いでしょう。「有言実行のイメージがあるし、見習いたい」と考えるのは当然です。

ここからは、存在感のある人の行動の特徴について詳しくご紹介します。モテる秘訣にもつながるため、ぜひ参考にしてみてくださいね。


存在感のある人の行動1. コミュニケーション能力が高い

存在をアピールする上で、相手にダイレクトに伝わりやすいものこそがコミュニケーション。存在に華のある男性や女性は、人の心をつかむ話し方や相槌の打ち方をする他、話すタイミングも上手いです。

「この人と話していると心地よく自分のことが話せる」「話に夢中になってしまう」そんな才能を持つのも、存在感を持つ人にあるあるの特徴ですよ。


存在感のある人の行動2. 自分の意見をハッキリと言える

自分の意見を心の中に閉まって、周囲に合わせる人は少なくありません。そんな中でも、自分の思ったことをストレートに言える人は、間違いなく目立つと言えるでしょう。

たとえ相手が上司であっても「自分の考えは違います。こうしたほうがもっと効率が良いと思います」といったようにしっかりと主張できます。

存在感のある人は、自分が思ったことを周囲の人に説明でき、なおかつ納得できるように伝える力を持っていることが多いです。


存在感のある人の行動3. ハキハキと大きな声で話す

声の通りがよく、聞きやすいと、ついついその人の話に耳を傾けてしまうもの。

人から注目されるような人は、大勢の前でもしっかりと声が届き渡るように、ゆっくりと大きく、語尾まではっきり伝わるように話します。

頭にも残りやすいので、言葉の影響力も高まることがポイント。大きくクリアな声で人前で話す人も、存在感が際立つ人の特徴です。


存在感のある人の行動4. 統率力に長けている

人の上に立てる人間は、周囲からの期待を背負っていることが多々あります。例えば、イベントの準備をするにしても、頭のよさと人徳を活かして、効率よく周囲の人に仕事を割り振れる器用さがあります。

そして、みんなも「きっと、あの人がまとめてくれる」と願っているのです。リーダーシップが上手く取れるのも、存在が輝いている人にあるあるの能力と言えるでしょう。


存在感のある人の行動5. 何事も一生懸命に取り組む

周囲の心を動かす熱意や真剣さを持っている存在感のある人。普通の人だったらつまらないと思うような仕事でさえ「どんな作業にも意味や価値がある」そんな心構えで取り組みます。

何をさせても丁寧に行うので、周囲のお手本とされることもしばしば。どんなことにも全力でやり遂げるのも、存在感のある人の行動ですよ。


存在感のある人になるコツとは|自分をアピールする秘訣を徹底ガイド

存在が輝いている人は、気づくと目で追いかけてしまいますよね。「自分も他人に影響を与えられるよう存在価値を高めたい」そう思う人も多いはず。

ここからは、存在感のある人になるコツを詳しくご紹介します。今までの自分の雰囲気を変えたい人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。


存在感のある人になるコツ1.身だしなみを常に整える

清潔感のある見た目だと、周囲に好印象を与えながら自分の存在をアピールできます。まずは、身だしなみをピシッと整えるのがおすすめですよ。

男性なら綺麗にアイロンのかかったシャツを着て、髭の手入れをしっかりするのは基本中の基本。女性も、ヘアスタイルやメイクにも手を抜かずに、服装も自分らしさを意識したコーデを心がけましょう。

身なりが整っていれば、存在感が際立ち、周囲の人から注目されやすいですよ。


存在感のある人になるコツ2. 自己主張をハッキリとする

自分という存在を周囲の人にアピールするためには、意見はどんどん言うべきです。例えば「個人的には、改善すべき点が多いと思っています。なぜなら…」そんなふうに、積極的に自己主張をしてみましょう。

みんなの気持ちを代弁することにも繋がりやすいため、周囲の人から「あの人は頼りになる!」と思われ注目されますよ。


存在感のある人になるコツ3. コミュニケーションを積極的にとる

人との関わりを深めることで、より心の距離が近くなって、存在を気にしてもらいやすくなります。挨拶程度しかしたことのない人にも、自分から積極的に話しかけてみましょう。

世間話や趣味の話など、様々な話題を通して相手を知ろうとしてみてください。コミュニケーション能力を高めるのも、自分の存在をアピールするのに最適なコツの一つです。

会話の中から自分を知ってもらうことができ、人間的な魅力がわかると、興味や関心につながることもありますよ。


存在感のある人になるコツ4. 自己肯定感を高める

自分の価値を認めている人は、幸せなオーラを放ちやすいです。

自分という存在に対してまっすぐに向き合い、「自分は大丈夫!」「ありのままの自分が最高に好きだ!」そんな気持ちで何事にも取り組めるよう努力してみましょう。

自信をつけて堂々と振る舞うのも、存在感を強めるのにはおすすめで、人から頼りにされやすいですよ。


良い意味で存在感がある目立つ人を目指してみて。

存在感のある人の性格や行動といった特徴を、具体例を交えてご紹介してきました。

「もっと、自分の存在を人に認めてもらえるようになりたい!」そう願う人も、周囲から注目されやすい人がどんな人なのか、分かってきたのではないでしょうか?

存在感のある人になるコツも参考にし、人間的に成長して周囲からも注目されるといいですね!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事