運転が下手な人の特徴とは?ヘタクソな走りを克服して上達するコツも徹底ガイド

運転が下手と言われる人の特徴や改善するコツについて知りたい方へ。今記事では、運転が下手すぎると言われる人のあるあるな特徴から、克服して上達するコツまで詳しくご紹介します。初心者やペーパードライバーの方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、運転が下手とはどんな状況を指すの?

運転が下手な人の特徴

普段あまり運転していないと、長距離ドライブなどで運転している時に「運転下手だね」と言われてしまう人もいるでしょう。

運転が下手とは、例えばスムーズに駐車ができなかったりフラフラ運転するなど、同乗者や周囲のドライバーに恐怖や不安を与える運転を指します。

事故やドライバーどうしのトラブルにも繋がるので、運転が下手と言われた場合は自分の運転を見直す必要があります。


運転が下手な人の特徴あるある|主な共通点を徹底ガイド

同乗者に不安を与えたり、周囲に迷惑がかかる運転をすると運転が下手だということがわかりました。

ここからは運転が下手な人の特徴10選について紹介します。共通点がいくつかあるので、自分にも当てはまるかチェックしてみましょう。


運転が下手な人の特徴1. 急発進/急ブレーキをする

運転が下手な人は視点が近かったり注意散漫なので、急発進・急ブレーキを頻発します。

視点が近いと、前方の車の動きに合わせて発進やブレーキをするので操作が急になります。また、考え事などで運転に集中していないと気づきが遅れ、急発進や急ブレーキにつながるのです。

周囲の状況を把握できていないので急発進や急ブレーキをしてしまうため、運転が下手だと思われてしまいます。


運転が下手な人の特徴2. 駐車がうまくできない

ペーパードライバーは、運転技術の未熟さが原因で駐車が上手くできません。

どんな操作をしたら車がどんな動きをするのか理解できていないので、何回も出入りを繰り返してしまい上手く駐車できないのはあるあるです。

また、ペーパードライバーは運転に対する苦手意識が強いので運転する頻度が少なく、練習が足りないためいつまでたっても運転技術が改善されません。

日頃から練習をせず運転の感覚がつかめていないので、駐車が上手くできず運転が下手だと言われやすいです。


運転が下手な人の特徴3. 合流に手間取る

運転に自信が無いと「ぶつかったらどうしよう」と不安になり、おどおどした運転をしてしまうため合流に手間取ります。

高速道路などで本線と合流する時に加速が足りないと、次々やってくる車とぶつかってしまうイメージが湧いて合流を躊躇しがち。実際にぶつかりそうになると減速や停止するため、後続車に迷惑をかけてしまいます。

事故を起こしてしまうかもしれないという不安感から消極的な性格の運転をするので、合流に手間取り運転が下手だと判断されてしまいます。


運転が下手な人の特徴4. 真っすぐ走っても左右に寄ってしまう

運転が下手な人は車両感覚が身についていないので、真っすぐ走っているつもりでも左右に寄ってしまいがち。

基本は左側に寄って走るのですが、車両感覚が無いと路肩に近づくのを避けるため無意識のうちに右側に寄ります。そのため、隣の車線の車や対向車との間隔が狭くなり、幅寄せしていると勘違いされることも。

自分がどの位置を走っているのかがつかめないのが運転が下手な人。左右に寄ってしまい周囲の車に迷惑をかけるだけでなく、あらぬ誤解を生んでしまうことでしょう。


運転が下手な人の特徴5. 判断力が乏しい

運転が下手だと「だろう運転」をすることが多いので、判断力が乏しくなります。

よく考えず楽観的な運転をするので、交通量の多い交差点や歩行者、自転車の多い道路での急な飛び出しに対応できません。また、合流車線で合流できず止まってしまったり、判断を誤り後続車がいるのに無理やり合流しようとします。

自分の運転を過信して的確な判断ができないと、危険な運転をしてしまい運転が下手な人と思われます。


運転が下手な人の特徴6. 最適な車間距離をとれない

車内から見て距離感が掴めてないと、最適な車間距離をとれません。

十分な距離をとっていないと、前を走っている車が急ブレーキをかけた時に対処できず追突します。また、距離が近すぎると煽っていると勘違いされ、トラブルに発展してしまうことも少なくありません。

「これくらいなら大丈夫」と思っている人に限って、意外と最適な距離をとれていません。事故やトラブルを起こしやすい運転なので下手だと言えるでしょう。


運転が下手な人の特徴7. 道を間違えやすい

頭の中で地図を描けない人は方向感覚が乏しいという特徴があるので、道をよく間違えてしまいます。

交差点で曲がり損ない少しでも違う道を走ると、現在自分がどの辺にいるのかがわからずパニックを起こしてしまいがち。また、カーナビを見ても次に曲がる指示が出ている道路がどれかわからないため、通り過ぎてしまうことも少なくありません。

方向感覚が無いと同じ道をぐるぐる回ったり、中々目的地にたどり着けないので運転が下手と言われやすいです。


運転が下手な人の特徴8. カーブを曲がる時に膨らみやすい

内輪差を意識しすぎると巻き込み事故を防ごうとするので、カーブを曲がる時に膨らんでしまいます。

右左折時に膨らんで曲がるのは、「あおりハンドル」と呼ばれ大変危険な行為。必要があって仕方なく膨らむのは良いですが、意味も無く曲がる方向と逆にハンドルを切ると、隣の車線や対向車にぶつかる可能性があります。

広い道路で不必要に膨らんで曲がる行為は周囲の車に迷惑がかかるだけでなく、「カッコつけて曲がる運転の下手な人」と思われてしまいますよ。


運転が下手な人の特徴9. 車を擦りやすい

車幅感覚が身についていなかったり、車の動きを理解できていないと車を擦りやすいです。

ペーパードライバーなど運転に慣れてない人は、車が自分が思ったのと違う動きをするとパニックになり運転操作を誤ります。特に駐車をする時に壁や車にぶつけることが多く、車体はボロボロに。そんな車を見れば、持ち主は運転が下手だということがすぐにわかってしまいます。

運転に慣れていないと感覚がわからず、車を傷つけてしまうので運転が下手すぎると判断されてもおかしくありません。


運転が下手な人の特徴10. ウィンカーのタイミングが遅い

自分勝手な運転をする人は、自分のタイミングでウィンカーを出すのでタイミングが遅いです。

ウィンカーは大切なコミュニケーション手段。事前に自分が進路を変更することを知らせるものなので、曲がる直前に出すと後続車に迷惑をかける上に、最悪の場合追突事故を起こしてしまいます。

ウィンカーは運転する上でのマナーなので、守れない人は運転が下手だと思われても仕方ありません。


運転が上達するコツ|苦手を克服して上手くなる方法を解説

運転が下手な人に共通して、車両感覚の無さや練習不足などが見られることがわかりました。ここからは運転が上達するコツ6つを紹介します。苦手を克服するためにも、じっくり読んで大事なポイントを押さえておきましょう。


運転が上達するコツ1. まずは乗る回数を増やす

何事もそうですが、上達するためにはたくさん練習するしかありません。まずは日頃乗っている車に乗り慣れることが重要なので、運転する回数を増やしましょう。

乗っている車の大きさや操作の感覚は、乗れば乗るほど掴めてきます。慣れてくると適度に緊張感も取れるため、駐車などの複雑な操作も自信を持って行えるのでおすすめです。


運転が上達するコツ2. 注視しつつ冷静な態度を心がける

運転に慣れてくると、余裕がでてきて注意散漫になりがち。事故を防ぐためにも、前方を注視しつつ冷静な態度を心がけましょう。

運転中は何があるかわかりません。物陰から人が飛び出したり、他の車がとっさの動きをしたのに気付けるようになれば、事故を未然に防げます。

ある程度余裕を持ちつつ冷静に運転をすると、「安全に努めてる優良ドライバー」と評価されるようになりますよ。


運転が上達するコツ3. 慣れている道や駐車場で練習する

わからない道でおどおどしながら運転の練習をするのは危険。景色を見てしまい視点が定まらず、急に人や車が目の前に現れるととっさの対応ができないこともあります。無理せず、自宅周辺の道路や買い物に行っているスーパーの駐車場など、慣れた場所で練習をしましょう。

走り慣れた道であれば変に緊張せず運転できますし、スーパーなど広めの駐車場であればあまり迷惑をかけず練習できるので、運転の技術が改善され自信を持てますよ。


運転が上達するコツ4. 急な静止は避けるようにする

急発進や急ブレーキなど「急」のつく操作は、運転に余裕が無い証拠。特に急な停車は、追突事故に繋がるため大変危険な行為です。安全に努めるためにも、信号が赤なら早めにアクセルから足を離しいつでもブレーキを踏める準備をし、発進時はアクセルをゆっくり踏み加速するなど、余裕を持った運転を心がけましょう。

発進や停車がスムーズな運転は、はたから見ても上手な運転に見えます。また、同乗者がいる場合は体への負担が軽減され安心して乗っていただけますよ。


運転が上達するコツ5. 運転が上手い人に同乗してもらう

運転の練習といっても、一人で練習するのは不安ですよね。自分の運転が正しいのかもわからず、ただ乗り回しているだけでは上達に繋がりません。

そんな時は、運転が上手な人に同乗してもらいアドバイスを貰うようにしましょう。客観的に自分の運転を評価してもらえるので、自分の欠点を知ることができ苦手を克服しやすくなるのでおすすめです。


運転が上達するコツ6. 運転補助やアシスト機能付きの車に乗る

いくら運転の練習をしても、自分の実力に限界を感じることがありますよね。上達が見込めない場合は無理をせずアシスト機能付きの車に乗りましょう。

自転車に乗る練習をする時は、まず補助輪を使用します。それと同じように、アシスト機能を搭載している車であれば車の動かし方をナビしてくれるので、初心者や運転が苦手な人でも安心して運転できます。

運転補助やアシスト機能付きの車に乗って感覚をつかみ、慣れたら機能を使用しないで運転することにより操作が改善されるのでおすすめですよ。


運転が苦手な人は上手くなるコツを試して上達に励もう!

運転が下手な人には多くの共通点があり、技術面は練習を重ねることで弱点を克服することができます。

車は買い物や仕事などで使用するため、日常生活に欠かせません。事故やトラブルを起こさないためにも、上手に車を運転したいですよね。

運転が上達する方法を参考に練習を積んで、二度と運転が下手と言わせない立派なドライバーになってくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事