使命感が強い人の特徴とは?真面目で責任感がある人になる方法を解説

使命感が強い人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、使命感の意味や使命感が強いメリットから、使命感が強い人の特徴まで詳しくご紹介します。真面目で責任感が強い人の共通点を詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「使命感」の意味とは?

使命感の意味とは?

使命感とは、与えられた役割に対してやり遂げようとする気持ちのこと。

自分の夢や目標に向かい、やり遂げようとする内側から湧き出るポジティブな感情で使われることが多いです。

仕事で新しい役職に就き、強く「責任を果たしたい。」と思っている時など、「使命感を感じている状態」と表現されます。

与えられる重大な事項について、成功ビジョンを持ち、「きっと上手くいく。」「自分にはできる。」と自らを奮い立たせながら、取り組めるのです。


「責任感」との違いについて

責任感は、「立場上負わなければならない任務や義務を感じる」こと。

使命感がポジティブな意味で使われるのに対し、責任感はネガティブなことにも使われるのがポイントです。

よく、「責任を感じる」と使いますが、責任感が「失敗や損失などについて他者からの責めを負う」ことに対し、「自らが物事に関してモチベーションを感じる」ことを使命感と言います。


使命感が強いメリットとは?主な魅力を徹底ガイド

使命感が強い人は、

  • 他者から信頼される
  • 仕事で出世しやすい
  • あらゆることにおいて成功する

というメリットがあります。

自分にも他者にもきちんと向き合うため、その真面目な態度が他者に認められることもしばしば。

さらには、常に内から出るエネルギーで手を抜かずに対応するため、物事を良い方向に導ける人です。


使命感が強い人の特徴とは|多くの人に共通するポイントを解説

自発的なエネルギーで自分を奮い立たせられる使命感が強い人。なんとなく頼りになるイメージがありますよね。

しかし、使命感が強い人のイメージは持てても、具体的にどんな人のことをいうのか、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、使命感が強い人の特徴について詳しくご紹介します。何をもって使命感が強い人というのか、探っていきましょう。


使命感が強い人の特徴1. 何事も全力で取り組む

人は誰しも少しはサボりたくなってしまうものですが、使命感の強い人は自らのモチベーションを保てる長所があります。

仕事で誰も見ていないようなところでも日頃から手を抜かないため、人から「何事も一生懸命な人だ。」と信頼されるでしょう。

どんなに地味と思われることにでも、自分の力を注げるのが使命感がある人の特徴です。


使命感が強い人の特徴2. ポジティブに物事を考える

ポジティブな考えは、前向きな行動に変換されるもの。使命感が強い人は前向きな性格なので、逆境でもひるまず果敢に立ち向かえます。

例えば仕事で後輩がミスをしてしまった時に、「なんとかなる。」と強いメンタルで解決に向けて行動し、事なきを得るなど。

使命感がある人は、何事も前向きに考える傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


使命感が強い人の特徴3. 行動力が高い

使命感が強い人は途中で物事を投げ出さず、成功体験を積み上げているため、「行動すれば必ず叶う。」と考えています。

何かミッションを与えられた際も物事を細分化し、最適な行動を考えて実行するなど。ビジネスシーンで新しいことに取り組む際も、率先して「できます」と声をあげます。

何事もコツコツと取り組み、実際の行動に移せる人は使命感が強いと思われるでしょう。


使命感が強い人の特徴4. 真面目な性格

使命感が強い人は、物事を途中で無責任に投げ出すのが嫌なため、一度やると決めたことは粘り強く取り組みます。

その信頼できる姿から、職場の上司に「あの人ならきっとやってくれるだろう。」と思われ、重要な任務を任せられることもしばしば。

途中で弱音を吐いたりせず、真剣に物事と向き合いながらやり抜く真面目な性格なのです。

【参考記事】はこちら▽


使命感が強い人の特徴5. 自分の力量を把握している

使命感が強いと言われる人は、物事をしっかりとこなしたいと思い、成果を得るためのプロセスを冷静に考えられるため、自分の力量を把握しています。

ゴールを見据え、「自分はここが苦手だから誰かに頼もう。」「この仕事量だと何人かで行った方が良さそうだ。」など、物事を遂行するための人員配置をしっかり検討するなど。

使命感が強い人は、自分のできる量や限界を把握し、任務を遂行へと導くでしょう。


使命感が強い人の特徴6. 約束はきちんと守る

使命感の強い人は、仕事や人間関係において、約束を守ることがどれだけ大切なことかを知っています。

女性とのデートで集合時間を厳守したり、いつか行こうと言っていた場所には必ず行ったりなど。

さらには、仕事において「規則や納期を守るのは当たり前だ。」と考えて取り組みます。

使命感がある人は、約束したことをきちんと守ることで、目標達成に繋げているのです。


使命感が強い人の特徴7. 信念をしっかりと持ち合わせている

使命感がある人は、自分の辛いと思うような時でもへこたれないために、自分が堅く正しいと思う言葉を常に心に留めています。

例えば、仕事やスポーツで結果を出す男性が、「努力は決して裏切らない。」や、「常に準備を怠らない。」という信念を大切にし続けているなど。

使命感が強い人は、信念をしっかりと持って、目標や夢を叶えているのです。


使命感が強い人の特徴8. 他責をしない

使命感が強い人は、当事者意識をもつことで様々な問題の解決策が見えることを知っています。

自責の念でいると、例えば会社でミスやトラブルが起こった際にも、「自分がこう動けば状況はよくなった。」と分析し、今後同じようなケースでも前もって対応できます。

他人を責めず、まずは自分の行動を見返して正せると、使命感の強い人に見えるでしょう。


使命感が強い人になるコツとは|近づくための秘訣を大公開

日常において様々なメリットがある使命感が強い人。近くにいたらきっと頼りになる存在ですよね。

一方で、自分も使命感を持って人から頼られるにはどうすればいいのだろうと考える人も多いのではないでしょうか。

ここでは、使命感が強い人になるコツを二つに絞ってご紹介します。

これであなたも明日から物事を達成できる人に近くでしょう。

使命感が強い人になるコツ
  1. 目標を明確に設定する
  2. 自発性を高める
タップすると移動します

使命感が強い人になるコツ1. 目標を明確に設定する

目標を明確にせず、漠然と過ごしているだけでは自分が取り組むべきことが分かりづらくなってしまうもの。

一つ一つ自分の腑に落ちる目標内容を設定して意識することで、行うべきことが明確になり、取り組みやすくなりますよ。

目標が明確になることで、達成のための具体的な道筋が見え、取り組むことに積極的になり、目標達成できる人に近づけるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


使命感が強い人になるコツ2. 自発性を高める

自分の意思で行動する習慣が付くことによって、内から出るモチベーションがアップするもの。

やらされるのではなく、自分が行いたいからやるなど。自分の意思に沿って行動する習慣を身につけましょう。

様々な行動でもその働きが強くなり、成し遂げようと思うようになりますよ。その姿勢を続けることで、周りから使命感が強い人になれるのです。


使命感を持って、仕事やプライベートの目標を達成させよう!

使命感を持てると目標を成し遂げられます。さらには、人間関係も良好になるいいことづくめ。

使命感がある人が昇進したりプロジェクトを成功させるのを見て、「自分も使命感のある人になりたい。」と憧れることもあるでしょう。

今回ご紹介した方法を参考に、あなたも内側からやる気を起こして明日を良くしていきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事