自由になりたい時はどうする?人生を好転させる“自由に生きる方法”4つ

自由になりたいと考えている方へ。今記事では、不自由と感じる主な原因から、自由に近づくための改善方法まで詳しくご紹介します。お金や仕事、人間関係など、様々な改善策を解説するので、ぜひ自分に合う方法を見つけてみてください!

自由になりたいと感じる心理とは?

自由になりたいと感じる理由は

まず人が自由を求めてしまうシチュエーションはどんなものがあるでしょうか。

例をあげると、現在の生活に不満や閉塞感などを感じて満足できていない時や、自由を謳歌していきいきと楽しそうに生きている人を見た時など。

人生を自分でコントロールできていないことに不満を抱いたときに「自由になりたい」と思う心理があるのです。


自由になりたい理由とは?主な原因や改善策を解説

ここでは一般的にどのようなシチュエーションや悩みを抱えたときに自由になりたいと思うのか、原因や改善策を深掘りして解説したいと思います。

「自由になりたい」と考えている方は、自分がなぜそう思うのかを知る参考にしてくださいね。


不自由と感じる原因1. 経済的に自由がない

何をするのにもお金がかかるものです。経済的な余裕がないとやりたいことも、行ってみたい場所にも行けないなど行動が制限されてしまうもの。

経済的に厳しい時はお金がかかる遊びはできないし、恋愛したくても異性と遊ぶ余裕がないと不自由を感じます。

短期間ならガマンできても、長い間経済的に不遇な状態が続くと、現状に嫌気が差して「自由になりたい」と思うものです。


不自由と感じる原因2. 人間関係の自由がない

人は人間関係から逃れられないものですが、人間関係に束縛され不満を感じるようになると、ストレスが募っていきます。

職場では嫌いでも上司や同僚は選べません、実家で家族と暮らす学生なら親からの介入、既婚者であれば配偶者の束縛に不自由を覚えるでしょう。

人間関係に縛られて息苦しさを覚えている時に自由になりたい気持ちになるものなのです。


不自由と感じる原因3. 時間に余裕がない

毎日自分の気持ちとは関係なしに、やらなければいけないことに追われていると感じている人は多いもの。

仕事をしていれば、休日以外はイヤでも職場に通勤しなければなりません。仕事中も役割をこなすために時間に追われるもの。主婦であれば子育てや家事に追われている人も多いでしょう。

このように毎日が時間に追われて、自分の時間がないと感じるとストレスがたまり、不自由な感覚を覚えてしまいます。


不自由と感じる原因4. 精神のゆとりがない

金銭的な問題、職場や恋愛など人間関係の悩み。人は悩んでいると気持ちのゆとりがなくなっていきます。

子どもが産まれて、よりお金が必要になり、仕事量を増やす。なのに妻には「早く帰ってきて育児に協力して」と責められる。このような生活が続くと「自分はどうしたらいいんだろう」と悩みが募っていくのも当然のこと。

精神的なゆとりがない生活を続けていると、人生に自由を見つけることができなくなるのです。


自由になりたい人がとるべき行動とは|主な改善策を解説

現在、人生に不自由さを感じていて、「自由になりたい」とストレスが募っている人もいるでしょう。

そんな状態の時は改善策を行う必要があります。

ここでは、自由になりたいと感じている時にやってみてほしい行動を紹介するので参考にしてくださいね。


自由に近づくための改善策1. 将来設計を明確にしてみる

なぜ自分が自由になりたいと感じているのか理解する必要があります。そして自分がどうすれば自由だと思える状況になるのかを把握しなくてはなりません。

そのためには、自分の将来設計を明確にしてそれに向かって突き進むことです。

自分がすべきことが明確になればそれに向かって、前進していくことで、自由がないという悩みはグンと減り、不自由な気持ちから解放されるでしょう。


自由に近づくための改善策2. 経済的に悩むなら資格勉強をしてみる

現在の収入が理想からかけ離れていて、経済的な悩みで不自由さを感じている人もいると思います。

現在の仕事でスキルアップして給与がアップする資格や、別の収入が高い仕事に就くための資格などを取得する勉強をしてみましょう。

興味のあることや好きなことを勉強するのは楽しいものですし、それで経済的に潤いがでれば不自由さから解放されますよ。


副業を始めてみるのもおすすめ

最近は副業を許可している会社も増えてきたため、副業を始める人も多くなってきています。

現在お金の不安があるのなら、副業をするのもおすすめですよ。

副業のメリットは本業があるので、気兼ねなく好きなことや興味のあることにチャレンジできること。

本業に支障をきたさない程度に副業を行うのも自由へ近づく方法ですよ。


自由に近づくための改善策3. 苦手な人とは無理に関わらない

一緒にいて緊張するとか、ネガティブな気持ちにさせられるような人との交際は息苦しく自由を感じることができません。

自分が苦手としている人とは距離を置いて無理のない程度の交際に留めるのがおすすめです。職場の面倒な付き合いや、気持ちが冷めている惰性の恋愛は自分自身の負担にしかなりません。

無理に関わらないことで苦手な人にわずらわされて、不自由を感じることが少なくなるでしょう。


自由に近づくための改善策4. スキマ時間でできることを見つける

毎日が仕事や家事などに追われていると自分の時間がないと感じるものですが、合間にスキマ時間ができることがあるでしょう。それを有効活用すべきです。

ちょっとした時間があれば、そこで出来ることを見つけて取り組みましょう。

少しの時間でも自分のために使える時間があることに、充実感が芽生えて、時間がない気持ちも薄くなるのでおすすめ。スキマ時間を見つけること自体も楽しくなるはずですよ。


仕事の拘束時間が長いなら転職を考慮するのもアリ

人によっては朝早くから出社して、帰るのは終電。休みも週休2日は夢のまた夢。そのような環境で働いている人もいるでしょう。

そこに充実感を覚えているのなら問題ないですが、「自由がなくて辛い」と思っているのなら転職を考えてみるのもアリではないでしょうか。

いつか楽になるゴールが見えているならともかく、その仕事をしている限り変わらないなら、抜本的な改善をする必要があるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


自由な生き方をしたいと思ったら、自分の環境から変えてみよう。

自由になりたいという心理を抱えるのは経済的事情や、人間関係、時間のなさなどが影響して不自由さを感じている時。

そのような環境にいる人は「自由がほしい」とストレスを抱えているのではないでしょうか。

現在の環境を変えるためにちょっとした工夫をしたり、発想を変えてみたりすれば現在の不自由な気持ちから解放されて、自由な気持ちを手に入れられますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事