本当に優しい人の特徴とは?うわべだけ優しい“実は優しくない人”の見分け方も解説

本当に優しい人の特徴を知りたい人へ。本記事では、本当に優しい人の特徴から、実は優しくない「うわべ優しさを持つ人」の特徴と見分け方も大公開!優しい人の種類も解説していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてくださいね!

優しさの種類は大きく分けて2つある。

本当に優しい人の特徴

世の中には優しいと言われる人がいます。しかし、優しいとひと言でいっても大きく分けると2種類に分けられるでしょう。

1つ目が他人を思いやる利他的な気持ちから自然に行える優しさ

2つ目が自己保身や人によく思われたい気持ちから行う打算的な優しさ

前者は見返りを求めないその人が本来もっている気持ちからの行動に対して、後者は優しくする行動に対して、何らかの見返りがほしい気持ちからの行動といえます。


本当に優しい人の特徴|どんな人が本当の優しさを持ってるの?

ここでは打算的な気持ちからではなく、損得勘定なしで人に優しくできる本当に優しい人の特徴を紹介したいと思います。

周囲にいる「優しい人」は本当に優しい人なのか判定したい時など参考にしてくださいね。


本当に優しい人の特徴1. 物や動物に対しても丁寧

見返りを求めない本当の優しさを持っている人は、物や動物でも誠実に接します。

自分のものではない公共の施設を使用する時は人が見ていようがいまいが丁寧に使用しますし、野良猫が自分の車のボンネットで眠っていても乱暴に払いのけたりはしないでしょう。

見返りがあろうがなかろうが全ての事物に丁寧な対応ができるのが本当に優しい人なのです。


本当に優しい人の特徴2. 誰に対しても平等に接する

人間関係は好き嫌いや上下関係などがあり、それによって対応も変わりがち。しかし本当に優しい人は、誰にでも平等に対応したいと考えます。

会社で自分にお世辞ばかりいう後輩だけ可愛がって、不器用で愛嬌をふりまけない後輩は冷遇するような差別する行動はとりません。

自分と相性が良いとか悪いとかで区別すれば、冷たくされた方は悲しい気持ちになると優しい気持ちがある人は理解できているのです。


本当に優しい人の特徴3. 相手のために叱ることができる

本当に優しい人は、他人の行いが間違っていても、それを見ないふりをしたり、許したりするのは本当の優しさではないと理解しています。

友達や恋人が間違った道に進もうとしていると、嫌われるリスクがあっても気にせずに叱ってくれるでしょう。

間違っていることを指摘しないのは、嫌われたくない打算的な行動。間違いを正すために本気で叱ることが本当の優しさなのです。


本当に優しい人の特徴4. 誰に対しても敬意を持って接する

人を軽んじたりバカにしたりする行動が配慮に欠ける行動だと、本当の優しさを持っている人は理解しています。

会社などで先輩に敬意を持って接するのと同様に後輩に対しても一人の人間としての敬意を持って接せられるのです。

立場やシチュエーションで敬意を持つ相手を選別する計算高い行動は本当に優しい人の行動ではありません。


本当に優しい人の特徴5. 優しくすることに見返りを求めない

本当の優しさとは困っている人や悩んでいる人を放っておけず、「その人のためにしてあげたい」と無償の気持ちで行動できること。

外出中に重い荷物に戸惑っている見知らぬ老人や、泣いている子どもなどがいたら、あれこれ考えずに自然と手助けするために行動してしまいます。

「やればプラス印象を得よう」「やった方が得」など打算の気持ちがない見返りのない優しさを見せられるのです。


本当に優しい人の特徴6. 他人の価値観や考えを尊重する

自分の考えに固執して他人の思いを尊重できないのは思いやりのない優しさが感じられない行動。本当に優しい人は他人の価値観や考えを無闇に否定しません。

恋人や友達が大切にしているものや、考え方が自分には理解しがたいことだからといって、「それは絶対に変だ」と頭ごなしの否定はしないでしょう。

人にはそれぞれ価値観や考えに個性があって、それを否定するのは優しさのない行動だと理解しているのです。


本当に優しい人の特徴7. 人の幸せを心から喜べる

本当に優しい人は他人が困っていることや、不幸な境遇に陥っている姿を見ると心を痛める性格。基本的にどんな人にも幸せでいてほしいのです。

自分を理不尽な理由でフッた女性が別の男性と結婚して幸せになったという話を聞いても、素直に心から祝福できる性格の持ち主。

自分にとって、どんな人であるとか関係なく、全ての人に幸せになってもらいたい気持ちを持っているのです。


本当に優しい人の特徴8. 自分に依存させないようにする

自分に頼ってくる相手が抱えている問題を全て解決してあげると、相手は完全に頼りきりの依存状態になりがち。それは相手のためにならないと本当に優しい人は理解しています。

会社で後輩が一人で対処できない仕事を自分に頼ってきても、アドバイスや簡単な手助けはしても基本的には後輩がメインで仕事を行うように対応するでしょう。

本当に相手のためになるのは「自分できるようになる」が大切だと知っているのです。


本当に優しい人の特徴9. 自己犠牲はせず、自分にも優しい

「他の人が困るくらいなら自分が犠牲になればいい」人間関係においてそのような考えを持つ人がいますが、それは本当の優しさとはいえません。

友達と好きな女性がかぶっても「自分がガマンすれば友達が幸せになれる」そんな自分が不幸せになるような行動はとらず、女性がどちらを選ぶか競い合います。

自己犠牲は優しさの一つかもしれませんが、長続きしません。本当に優しい人は自分自身にも優しくできるのです。


実は優しくない!うわべだけ優しい人の見分け方5つ

一見優しい人のように見えるけれど、それは計算や打算からのうわべだけの優しさの場合もあります。

そのような実際は優しくない人の見分け方を5つ紹介。

身近にいる人が本当に優しい人なのか見極めてみましょう。


本当は優しくない人の見分け方1. 人によって態度がころころ変わる

実は優しくない人がとる優しい行動は「よく思われたい」「やった方が得」など打算的な気持ちが根底にあります。

そのため、自分が好きな人や好かれたい人には優しい態度を見せ、興味の無い人には冷たい態度をとるなど人によって全く違う面を見せるでしょう。

本当に優しい人は誰にでも平等に接しますが、実は優しく無い人は人を見て態度を変えるのです。


本当は優しくない人の見分け方2. 行動が伴わない口だけの人

「困ったら何でも言ってね」「相談のるからね」などと優しい言葉をかけるけど、実際に頼ってみると、あてにならないのが実は優しくない人。

職場などで「自分をいつでも頼ってね」という先輩に相談したら「甘えるなよ」と話すら聞いてくれないという経験がある人もいるでしょう。

このような人は優しい自分を演出して好かれたいだけで中身が伴わない優しくない性格なのです。


本当は優しくない人の見分け方3. 何事も物やお金で解決しようとする

人が落ち込んでいる時や悩んでいる時に物を買い与えたり、食事をおごって気持ちを解消させようとする人がいますが、本当の優しさとはいえない行動です。

物を買ってもらったり、おごってもらったりはお金に物を言わせた安易な方法。問題に向き合わないでとりあえず機嫌を直してもらいたいだけといえるでしょう。

本当に優しい人なら問題に向かい合って、解決法を一緒に考えてくれるものです。


本当は優しくない人の見分け方4. 何をしても怒らない人

「あの人が怒っているのを見たことがない」それが理由で優しい人だと判断するケースがありますが、それだけで優しい人と決めるのは早計です。

怒らない人は「いちいち怒るのがめんどくさい」「怒るほど思い入れがない」など、ある意味で人間関係に無関心な場合もあります。

優しい人は相手が誤った道に進もうとしている時などむしろ怒ってくれるもの。怒るかどうかで優しさは判断できません。


本当は優しくない人の見分け方5. 外見や趣味にお金をかけている

おしゃれのためにはお金を惜しまずに自分を着飾る。趣味に過剰な金額をかけている。全員がそうだとは言いませんが、このような特徴がある人は優しそうに見えても性根は違う可能性があります。

これらの特徴がある人は自己愛が強すぎる場合があり、人に優しくするのも「優しくしている自分に満足感を得ているだけ」な時もあるもの。

自己愛はナルシシズムとも言い換えられます。自分が目立たず他人を尊重できる優しさを見せられるかどうかなどで判断できるでしょう。


本当に優しい人と優しくない人をしっかり見極めよう。

優しい人は見返りを求めない本当に優しい人と、打算で行動する計算高い優しさを持っている人に分かれます。

本当に優しい人は自分のためではなく相手を思いやった行動が取れる人だといえるでしょう。

身の回りにいる優しそうな人がどちらに当てはまるか判断が難しい時もあると思います。

今回紹介した本当に優しい人の特徴や、実は優しく無い人の見分け方を参考にしてみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事