罪悪感の原因は何?罪の意識や後悔が消えない人の特徴や対処法を解説

罪悪感の正体を知り、罪悪感を消したい人へ。本記事では、罪悪感が生まれる原因から、罪悪感を持ちやすい人の特徴までを大公開!罪悪感を消す方法も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

そもそも、罪悪感とは?意味を解説します。

罪悪感とは

罪悪感とは「なんだか悪いことをした気がする」という感情を意味する言葉

何かしらの理由がある時もあれば、特に理由は分からないのに悪いことをしているような気持ちにとらわれてしまうことがあると思います。

罪悪感はどんな心理から生まれる感情なのでしょうか。

今回は罪悪感の原因や、感じやすい人の特徴や対処法を紹介。日頃から罪悪感に苦しんでいる人は参考にしてみてくださいね。


罪悪感を感じてしまう原因4つ|どんな心理状況なの?

罪の意識に苦しむ罪悪感を抱えてしまうと、「なんでこんな気持ちになるんだろう」と辛い気持ちでいっぱいな人もいるのではないでしょうか。

ここでは罪悪感を抱く原因となる代表的な心理を4つ紹介。

罪悪感を感じる、自分の気持ちの正体を知る参考にしてみましょう。


罪悪感の原因1. 誰かを傷つけてしまったから

意識していようと、していなくても、他人を傷つけてしまったら大抵の場合、良心の呵責にかられるもの。

自分が頼んだ仕事をミスをした後輩に対して激しく叱責して泣かせてしまうと、「感情的になって言い過ぎた」と落ち込んだ経験がある人もいるでしょう。

誰かを傷つけることは自分自身の心に深く罪の意識として残ります。結果として罪悪感を抱いて苦しくなってしまうのです。


罪悪感の原因2. 助けようとしたけど、助けることができなかったから

苦しんでいる人がいたら手を差し伸べたいと思うのが人情。しかし、助けようと思っても何も力になれずに無力感を覚えることもあります。

大切な人が何か悩みを抱えている時、励ますくらいしかしてあげられることが見つからない場合というケースは多々あるもの。

救いたい人を救えない自分に対する無力感が悪いことをしているような罪悪感を抱くことになるのです。


罪悪感の原因3. 何もしてあげられなかったから

困っている人がいれば助けたい気持ちを覚える人は多いですが、気持ちはあっても行動ができないこともあります。

仲間内で孤立している友人を助けてあげたいけれど、自分も仲間外れにされるのが怖くて見捨ててしまったという場合もあるでしょう。

助けが必要な人がいるのに、助けるための行動ができなかった自分を責める後悔の気持ちが、罪の意識となっていくのです。


罪悪感の原因4. 周囲よりも恵まれているから

経済的に裕福であるとか、高い学歴がある、誰もが羨むような相手と結婚生活を送っている。これらの要素を周囲に対する後ろめたさや、嫉妬される恐怖などから幸せだと感じられなくなるケースがあります。

お金持ちの家に生まれて何不自由なく育ってきた自分と、環境に恵まれてこなかった親友とを比較して、自分が悪いわけじゃないのに申し訳ないような気持ちを抱くケースなどが当てはまるでしょう。

周囲と比較して抜きんでていることを「申し訳ない」と感じると罪悪感を覚える原因になるのです。


罪悪感を感じやすい人の特徴|どうして後悔してしまうの?

ここまで罪悪感を抱く原因の正体を紐解いてきました。

それでは、そんな罪悪感を抱きやすい人とはどんな特徴がある人なのでしょうか。

ここでは罪悪感を抱きやすい人の特徴を7つ見てみましょう。

「悪いことをしている気がする」そんな気持ちでいっぱいになりがちな人は自分が当てはまらないか確認してみてくださいね。


罪悪感を感じる人の特徴1. 正義感や責任感が強い

罪悪感を感じやすい人は「正しくありたい」「自分がやらないといけない」という気持ちが強い人。

不正の現場やイジメられている人がいれば許すことができずに、「正さなくちゃいけない」という気持ちを持って自分が行動しなければと考えます。

しかし、いつも自分の中の正義を全うできるわけではありませんよね。自分の力が至らない時に罪悪感を覚えるのです。


罪悪感を感じる人の特徴2. 自己肯定感が低い

罪悪感を感じやすい人は自分の価値を不当に低く評価したり、何事にも満足できず、自己肯定感が低い傾向があります。

お金持ちで容姿端麗、人間性も抜群な男性と結婚しても、「お金があるのは自分の力じゃない」とか「こんな素晴らしい人に愛される資格はない」などと自分に価値を見出すことができません。

自分を評価してあげることができないので、周囲に対して「自分なんかが恵まれて申し訳ない」という気持ちが罪悪感になるのです。


罪悪感を感じる人の特徴3. 周りの目を気にしてしまう

罪悪感を感じやすい人は嫉妬や妬みを感じやすい感受性の高さを持っています。

職場で上司に気に入られているとか、異性の同僚から人気があることなどを、周囲からどう思われるかが気になって嬉しさよりも不安感が勝ってしまうのです。

周囲からの評価に自分の気持ちが左右されてしまい、嫉妬されると「悪いことをした気がする」と思ってしまいます。


罪悪感を感じる人の特徴4. 固定観念にとらわれやすい

罪悪感を感じやすい人は考え方に柔軟性が欠けるところがあります。

仕事の繁忙期などに「明日休んでいいよ」と上司から急な休みをもらえると通常の人なら喜ぶでしょう。しかし、罪悪感を感じやすい人は、休暇を取ることが悪いことをしている気持ちになってしまいます。

「繁忙期に一人だけ休むなんて、もっての他」と固定観念にとらわれて休日を楽しむことができないのです。


罪悪感を感じる人の特徴5. 自分よりも他人を優先してしまう

罪悪感を感じやすい人は他人の気持ちが分かる思いやりの気持ちが強い傾向があります。

困っている人や、悩んでいる人がいれば自分のことを差し置いて、その人の力になりたいと思いますが、力が及ばなかった時に「自分がもっとしっかりしていれば」と悪いことをした気持ちになるのです。

自分が人のために行動したことは評価できずに、他人の力になれなかったことを悔やんで、罪悪感を感じてしまいます。


罪悪感を感じる人の特徴6. 周囲の期待に答えたい気持ちが強い

罪悪感を感じやすい人は「頑張って」「応援しているよ」などと期待が集まると、その気持ちに応えたいと考えます。

仕事などで大役を任せられてしまうと、「絶対に期待に応えないといけない」と自分にプレッシャーをかけ、結果的に失敗に終わってしまうと、「自分はダメな奴だ」と自分を罪人のように感じるのです。

周囲の期待に応えたい気持ちが強すぎて、それが叶わなかった時、罪悪感を生み出してしまいます。


罪悪感を感じる人の特徴7. 自己主張することが苦手

罪悪感を感じやすい人は言いたいことがいえずに心の中にためこんでしまう特徴があります。

グループ内などで本当は間違っていると思っていることも「それはおかしいよ」と主張できずに、長い物に巻かれてしまうもの。間違っていることを声に出せない自分に対する怒りが悪いことをしている気持ちにさせるのです。

自己主張できない自分の情けなさや不快な気持ちが罪悪感へと繋がっていきます。


罪悪感でいっぱいになった時の対処法5つ

罪悪感を感じやすいのは、性格的な部分があるので仕方ない面はあります。

しかし、罪悪感でいっぱいのまま生活すると心が消耗することも。

ここで罪悪感を抱いた時の対処法を紹介します。

適切な対処法を施して、心の中の罪悪感を消す方法を見つけてくださいね。


罪悪感を感じた時の対処法1. 問題を書き起こして整理する

自分が何に対して罪悪感を抱いているのかは、正体が分かっているようで意外と分かっていないもの。

罪悪感の原因になっている問題点を紙などに書き起こして、自分の気持ちと向き合ってみるのがおすすめの方法です。

問題点を書き起こすことで、対処すべき点が目に見えるようになります。それを一つずつ対処していけば次第に罪悪感の元を消すことができるのです。


罪悪感を感じた時の対処法2. 素直に謝罪をする

他人に対して悪いことをした気持ちをそのまま心に残しておくと、罪悪感は消すことができずにずっと残ります。

「力になれなくてごめんね」「期待に応えられなくて申し訳ない」など素直に謝罪をするのも方法の一つです。

謝罪をして相手が受け入れてくれれば、胸の中のつかえがとれるもの。謝罪することでお互いのわだかまりがなくなり、罪悪感を解消できるのです。


罪悪感を感じた時の対処法3. 自分を責めず、次に活かすような受け取り方をする

期待に応えられなかった時や、他人を救うことができなかった時、自分を責め続けると罪悪感は積み重なっていくばかり。

自分を責めるよりも「次こそは期待に応えられるように頑張ろう」とか「次は別の方法で助けよう」など次回への対策を考えましょう。

今回の失敗は次回の成功の糧になります。失敗はいつまでも悔やまないのが吉ですよ。


罪悪感を感じた時の対処法4. 罪悪感を感じていることを信頼できる人に話す

罪悪感を感じる時、それを自分一人で心の中に抱え込むのは非常に辛いもの。

信頼できる親友や、恋愛中なら恋人でもいいと思います。自分が罪悪感を抱えて苦しんでいる気持ちを話してみましょう。

信頼できる人のアドバイスが罪悪感を消してくれることもありますし、話をして胸のつかえが取れるだけでも気持ちは軽くなるものですよ。


罪悪感を感じた時の対処法5. 好きなことに打ち込み気持ちをリセットする

罪悪感で心がいっぱいになってしまうのは心にとっていい状態とはいえません。たまった罪悪感を解消する方法を見つける必要があります。

自分の趣味や、やってみたいことなどに打ち込んで、ワクワクした気持ちや、楽しい気持ちを心に満たしてあげましょう。

罪悪感意外の感情が心の中に入ることで、いつの間にか罪悪感が消えて、気持ちをリセットできるものですよ。


罪悪感を感じやすい人は、自分なりの対処法を見つけてみて。

何か自分が悪いことをしたような気持ちを覚える罪悪感を抱え続けるのは辛いものです。

周囲よりも罪悪感を感じやすいと毎日が楽しくないと感じる場合もあるでしょう。

「性格だから仕方ない」と思っているかもしれませんが、原因を知って対処すれば、罪悪感を軽減することが可能です。

今回紹介した対処法を実践して、楽しい毎日を取り戻してくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ