【2019】Androidタブレットのおすすめ比較|高性能な人気メーカーとは

Androidのおすすめタブレットを探している方へ。今記事では、Androidタブレットの特徴から、上手な選び方やサイズ別のおすすめ商品まで詳しくご紹介します。仕事はもちろん、ゲームや動画を観るのにも重宝するため、ぜひ自分の用途に合う1台をGETしてみてください!

Androidのタブレットってどんなもの?

Androidタブレットのおすすめ人気商品

Androidタブレットとは、スマートフォンのようにタッチ操作で基本的な操作を行う薄い板状の端末です。基本ソフトにはGoogle社が提供しているAndroidOSを搭載しています。

Apple社が提供しているiPadは基本ソフトにiOSを搭載しており、利用できるアプリなどが異なっている点が大きな違いです。


「Android OS」と「Windows OS」の違い

WindowsOSとは、Microsoft社が提供しているOSであり、WindowsOSを搭載したタブレット端末はノートパソコンなどと同様にOfficeやPhotoshopなどのアプリのインストールが可能。ビジネスや専門的な処理が行えるアプリが多い傾向があります。

一方、AndroidOSの場合は、専用の「Playストア」などからアプリをインストールします。AndroidOS用のアプリは、ゲームなどエンターテインメントや動画再生アプリなど、ラインナップが豊富です。


Androidタブレットの失敗しない「選び方」とは

Androidタブレットは様々なメーカーから数多くの機種が販売されているため、慣れていないとどの商品を選べばいいか分からなくなってしまうことも多々ありますよね。

ここではAndroidタブレットを選ぶ際の注目ポイントを解説します。


Androidタブレットの選び方1. 用途に合う画面サイズを選ぶ

Androidタブレットを選ぶ際は目的に応じてサイズを変えると使い勝手がよくなります。

タブレット端末を外に持ち出して使う方もいれば、家のなかでだけ使う方もいるでしょう。持ち歩いて出先で使うなら7インチなど小型のものを選ぶと持ち運びが苦になりにくいですし、家の中でだけ動画再生などに使う場合や、タッチペンを使ってイラスト作成などに使うなら10インチなど大画面のものを選ぶと作業性が高くなります。


Androidタブレットの選び方2. SIMフリーかWi-Fiのどちらかを選ぶ

Androidタブレットのなかには、SIMカードを挿入することで単体でインターネット接続ができるものもあります。一般的なAndroidタブレットはWi-Fiを内蔵しており、自宅のWi-Fiやモバイルルーターなどを経由してインターネットを接続。

それぞれに一長一短があるため、使い方に応じて選んでみてくださいね。


外出先でも使いたいならSIMフリーモデル

携帯電話会社や格安SIM事業者と回線契約をして受け取ったSIMカードを挿すモデルは、Wi-Fiに接続しなくても外出先でもどこでもインターネット接続ができる点がメリットです。

また、Wi-Fiモデルを外出先でネットに接続しようとするとスマートフォンのテザリングなどを使う必要があり、スマートフォンの電池残量も心配しなければならなくなりますが、SIMカードのモデルならその心配も不要です。


自宅等でしか使わないならWi-Fiモデル

Wi-Fiモデルは単体ではインターネットに接続できないため、基本的にはネット回線がある自宅でのみタブレットを使う方におすすめです。または、外出先ではスマートフォンのテザリングやモバイルルーターなどを利用する方も活用可能。

SIMカードモデルと比べれば、タブレット用に回線をしなくて済むため、低コストで運用できるというメリットもあります。


Androidタブレットの選び方3. CPUやメモリのスペックを確認して選ぶ

CPUとメモリはAndroidタブレットの主要なパーツであり、それぞれ動画再生や地図表示などのアプリを動かすうえで、どれだけ早く処理ができるかという目安になります。

CPUには様々な種類がありますが、データ処理をおこなうコアを4つ搭載しているクアッドコアや6つ搭載しているオクタコアのものを選んでください。メモリは最低でも2GB、できれば4GBほど搭載していれば通常使用する上で支障はないでしょう。


Androidタブレットの選び方4. ノートパソコンとして使いたいなら2in1PC

Androidタブレットのなかには、付属品、あるいはオプション品として専用キーボードが用意されているモデルがあります。Androidタブレットはタッチスクリーンでの文字入力も可能ですが、キーボードを使ったほうが作業性は高いです。

また、高性能なデバイスなら表計算ソフトなどもサクサク動くため、仕事や勉強にも充分役にたってくれるでしょう。


Androidタブレットの選び方5. ストレージの容量を確認して選ぶ

ストレージとは写真や音楽、動画、仕事で作った書類などのデータを保存しておくためのパーツで、パソコンのハードディスクやスマートフォンのメモリ、SDカードなどに相当します。

タブレット端末をインターネット閲覧だけに使う方や文書ファイルを保存するだけの方なら16GB程度のスペックでも充分でしょうが、たくさん動画をダウンロードする方や写真を大量に使ったプレゼンテーションのファイルなど大量のデータを持ち歩く方は64GBなど大容量モデルを選んでください。


Androidタブレットの選び方6. 長時間使うならバッテリー容量も確認して選ぶ

家のなかで使うならいつでも充電できてずっと使い続けられますが、外に持ち出して使うなら、どれだけの時間使い続けられるかはバッテリー容量によって決まります。

インターネット閲覧や動画鑑賞などのエンターテインメントに使うにしろ、ビジネスに使うにしろ、使いたい時にバッテリー切れで使えなかったり、バッテリー残量を気にして使いたい時に使えなかったりではストレスになってしまします。

外に持ち出して使う方なら、できれば8時間程度は稼働できるものを選ぶと外出先でバッテリー残量を心配しなくてよくなるでしょう。


Androidタブレットの選び方7. お風呂で使うなら防水モデルを選ぶ

お風呂は多くの方にとって、おうちのなかで、あるいは1日のうちでもっともリラックスできる場所であり、時間でもあるでしょう。そこにタブレットを持ち込んで動画やWebページを見たいという方も多くいます。

そうした使い方をするためには、お風呂で使っても大丈夫なだけの防水性能が必要です。IPX5以上の防水性能を有していれば「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」とされているため、お風呂で使うならIPX5以上の防水性能のタブレットを導入してくださいね。


Androidタブレットの選び方8. 子供用ならキッズモードがある製品を選ぶ

キッズモードとは、保護者によるパスワード制限をかけて、利用できるアプリや利用できる時間を制限したり、小さな子供に有害なウエブサイトへのアクセスをブロックしたりするための仕組みです。

インターネットは便利ですが、自制心が育っていない小さな子供に無制限にタブレットを与えると、インターネットや動画への依存性が高くなりすぎてしまったり、有害な情報にさらされてしまったりする恐れがあります。キッズモードを搭載したタブレットならこうした心配を解決してくれますよ。


【サイズ別】Androidタブレットの人気おすすめ12選

ここからは2019年最新モデルを含めたAndroidタブレットのおすすめ商品を紹介します。

画面の大きさごとにグループ分けして紹介するので、まずは自分の利用シーンにあわせてどれくらいの大きさのタブレットが自分の使い方に合っているかを選んでみてくださいね。


【7インチ】使い勝手抜群なAndroidタブレット4選

7インチのAndroidタブレットは小型・軽量なため携帯に便利で、外に持ち出して使うのに適しています。仕事や学校の授業で使う資料などをタブレットに入れて持ち歩けば、いざ必要になった時にすぐにデータを見られます。


7インチのAndroidタブレット1. Vankyo タブレット 7インチ Android8.1

Vankyo タブレット 7インチ Android8.1 WIFiモデルROM32GB子供にも適当 贈り物
  • 手のひらサイズで軽量なため、片手でも無理なく持てて落としてしまう危険が少ない
  • バックライトを自動調整する「Eye health」により読書や動画鑑賞でも目が疲れにくい
  • 日本語でのサポート体制があり、故障などの時にも安心

「大画面のタブレットは手に余って持ちにくい」という方に、片手で持てて簡単に操作ができるタブレット端末を紹介します。

大きさは手のひらサイズで厚みは1センチ足らず、重さも200gと軽量なため、手の小さな女性や子供でも無理なく片手で保持できるから、落として壊してしまったり画面を割ってしまったりしてしまう心配が少なく、簡単に操作が可能です。

片手でも扱いやすい画面サイズのタブレット端末を探している方は、こちらの商品がぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:18.9 × 10.8 × 0.85 (cm)
  • 重量:200g
  • 画面サイズ:7インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:Rockchip/メモリ:1GB
  • ストレージ:32GB
  • 稼働時間(フル充電):8時間
  • メーカー:Vankyo

7インチのAndroidタブレット2. Huawei MediaPad T1 7.0 LTE

Huawei SIMフリータブレット MediaPad T1 7.0 LTE ゴールド T17.0LTE2G/16G/DL09C
  • 音声通話ができるため、スマートフォンと2台持ちしなくてもいい
  • SIMフリーであり、格安SIMなどで月額料金を安くして運用できる
  • 音声通話が可能であり、スマートフォンとしても使える

気軽に持ち運べて、出先でもさっとインターネット接続ができる端末が欲しい方におすすめなのがこちらの端末。

SIMカードが挿さるようになっており、携帯電話会社や格安SIM事業者と契約してSIMカードを挿せば、この端末単体で手軽にインターネット接続が可能です。もちろんSIMフリーですから、契約する事業者は選びません。

7インチと小型でいつでもどこにでも携帯できるインターネット接続のできる端末なら、こちらの機種を検討してみては?

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:19.18 × 10.7 × 0.85 (cm)
  • 重量:約278g
  • 画面サイズ:7インチ
  • 通信方式:SIMフリー
  • CPU:-/メモリ:2GB
  • ストレージ:16GB
  • 稼働時間(フル充電):-
  • メーカー:Huawei

7インチのAndroidタブレット3. YUNTAB Q88 Tablet PC

【2019年進化版】YUNTAB 7インチタブレット Q88 Tablet PC 1GB RAM+8GB ROM Android 4.4.2 クアッドコア 1.5GHz HD1024*600 google play WIFI Bluetooth(緑)
  • 実売6000円程度と価格が安くコストパフォーマンスが高い
  • 小型・軽量で気軽に外出先に持ち出して使える
  • グリーン・ブルー・ピンクの3色が展開されておりファッションや他の小物と雰囲気を合わせやすい

「タブレットがほしいけどできるだけ安く買いたい」という方に見ていただきたいデバイスがこちら。

2019年発売の最新モデルながら、6000円程度と価格が安いところがポイント。もちろん安いだけではなくスペック面でも必要な水準は満たしていて、クアッドコアのCPUや1GBメモリ、8GBのストレージを搭載しています。本体のサイズも手頃、重量はわずか280gと携帯性も良好。

他の端末と比較してもかなりリーズナブルなので、できるだけ安いタブレットを探している方におすすめのアイテムです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:18.8 × 12.2 (cm)
  • 重量:280g
  • 画面サイズ:7インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:Allwinner A33/メモリ:1GB
  • ストレージ:8GB
  • 稼働時間(フル充電):ー
  • メーカー:YUNTAB

7インチのAndroidタブレット4. Amazon Fire 7 タブレット キッズモデル

Fire 7 タブレット キッズモデル ブルー (7インチディスプレイ) 16GB
  • 知育アプリや学習書などが1年間無料で使えて子供の勉強に役立つ
  • ペアレンタルコントロールを細かく設定でき、インターネット上の有害なコンテンツから子供を守れる
  • 2年間の保証がついており、破損・故障の場合でも新品と交換してもらえる

子供の学習に使えるタブレットを探している方には、『Amazon Fire 7 タブレット キッズモデル』がおすすめ。

絵本や児童書、学習マンガ、子ども向け知育アプリやゲーム、ビデオなど数千点のコンテンツが楽しめる『Amazon FreeTime Unlimited』が付属し、子供の学習を強力にサポートしてくれます。

学習アプリなどが充実した子供向けのタブレット端末を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:22.0 × 16.1 × 2.6 (cm)
  • 重量:456g
  • 画面サイズ:7インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:クアッドコア/メモリ1GB
  • ストレージ:16GB
  • 稼働時間(フル充電):7時間
  • メーカー:Amazon

【8インチ】価格もお手頃なおすすめタブレット4選

8インチサイズのタブレットは画面の表示領域が大きくなり、解像度も大きくなったため7インチサイズのタブレットよりも作業性が高くなった商品が多いです。

携帯性も備えつつ使い勝手をよくしたコストパフォーマンスの高いデバイスが欲しい方におすすめのグループです。


8インチのAndroidタブレット1. HUAWEI MediaPad M3

HUAWEI MediaPad M3 lite 8 8.0インチW-Fiモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 【日本正規代理店品】
  • 高解像度のディスプレイを搭載し、作業効率が高い
  • 指紋認証センサーを搭載、権限のない人間のアクセスをブロックしてデータを守れる
  • ステレオスピーカーを搭載しており、臨場感のある動画再生が可能

高解像度のディスプレイを搭載したデバイスなら『HUAWEI MediaPad M3 lite 8』です。8インチのディスプレイはフルハイビジョンの解像度をそなえており、一度に多くのデータを表示させられるため、ビジネスに使っても仕事の生産性を高められます。

さらに、指紋認証センサーを搭載し、セキュリティ性も万全。大切な仕事のデータを守れるから仕事での使用にぴったりですよ。

作業の効率を高められるタブレットが欲しいという方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:12.33 × 21.33 × 0.75 (cm)
  • 重量:約310g
  • 画面サイズ:8インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:Qualcomm MSM8940/メモリ:3GB
  • ストレージ:32GB
  • 稼働時間(フル充電):-
  • メーカー:Huawei

8インチのAndroidタブレット2. ALLDOCUBE M8

ALLDOCUBE M8 8 インチタブレット LTE対応モデル RAM 3GB/ROM 32GB
  • SIMカードが挿さるため、単体でインターネット接続が可能
  • GPSを内蔵しており、高精度で位置情報を取得、ナビ替わりとして使える
  • 3GBのメモリを搭載しており、地図アプリなど動作の重いアプリを使ってもサクサク動く

Androidタブレットをナビの代わりにできたら、運転に便利になりますよね。

この2019年発売の最新デバイスは、SIMカードが挿さるようになっている他、GPS機能も搭載しているため、カーナビとして、あるいは街中で歩きながら目的地を探すときのナビゲーションシステムとして使うことができます。8インチの大画面はスマートフォンよりも見やすく、操作性も高いです。

車にカーナビを搭載していない方や、カーナビの地図が古くなってしまっている方は試してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:-
  • 重量:345g
  • 画面サイズ:8インチ
  • 通信方式:SIMフリー
  • CPU:MT6796X/メモリ:3GB
  • ストレージ:32GB
  • 稼働時間(フル充電):-
  • メーカー:ALLDOCUBE

8インチのAndroidタブレット3. NEC 8型タブレットパソコン LAVIE Tab E TE508

NEC 8型タブレットパソコン LAVIE Tab E TE508/HAW(Microsoft Office Mobile) PC-TE508HAW
  • MicrosoftOfficeMobileを標準搭載し、仕事の資料作成などを手早くできる
  • 大容量のバッテリーを備えており、出張などの外出時などでも長く使用可能
  • 電話相談などのサポート体制が充実しており、初心者でも安心して購入・使用できる

遊びだけではなく仕事にも充分使えるAndroidタブレットを探している方には、『NEC LAVIE Tab E TE508/HAW』がおすすめです。

コンパクトサイズのボディに必要なスペックを詰め込んだうえに、MicrosoftOfficeMobileを標準搭載し、出先でもすばやくデータの閲覧や資料の作成・手直しなどが可能です。

移動時間などを有効活用して効率よく仕事を進めていきたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:12.42 × 21.09 × 0.84 (cm)
  • 重量:約340g
  • 画面サイズ:8インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:APQ8017/メモリ:2GB
  • ストレージ:16GB
  • 稼働時間(フル充電):約8時間(Web閲覧時)
  • メーカー:NEC

8インチのAndroidタブレット4. Amazon Fire HD 8

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB - Alexa搭載
  • 頻繁に行われるセール期間中なら7000円程度の低価格で買えコスパが高い
  • 最大10時間駆動が可能な大容量のバッテリーを搭載し、旅行などでも充電が長持ちする
  • ディスプレイにはIPSパネルを採用し、動画や電子書籍を美しい画面で楽しめる

「高スペックのタブレット端末が欲しいけれど、予算をあまりかけたくない!」という方に見ていただきたいのが、Amazonの『Fire HD 8』シリーズの最新型モデルです。

Amazonは自社製品の『Fire』シリーズを頻繁にセールしているため、高精細なディスプレイと最大10時間駆動が可能なバッテリーを搭載していながら7000円程度と非常に安価で購入できます。

コスパの高いAndroidタブレットを探している方にぜひおすすめしたい機種です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:21.4 × 12.8 × 0.97 (cm)
  • 重量:369g
  • 画面サイズ:8インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:クアッドコア/メモリ:1.5GB
  • ストレージ:16GB
  • 稼働時間(フル充電):最大10時間
  • メーカー:Amazon

【8インチ以上】動画やゲームにも最適な人気タブレット4選

画面サイズの大きなAndroidタブレットは、家のなかで動画観賞やゲームプレイなどに向いています。また、高性能なタブレットなら外付けのキーボードを取りつけてノートパソコンの代わりとして使うなど、性能の高さを求める方に向いていますよ。


大画面のAndroidタブレット1. HUAWEI MediaPad T5

HUAWEI MediaPad T5 10 10.1インチタブレットW-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB 【日本正規代理店品】
  • 薄く軽いデザインで画面サイズが大きいわりに持ち運びが簡単
  • 強力なCPUを搭載しており、ビジネス用途にも充分使える
  • ブルーライトカットモードを搭載し、目の疲労を抑えられる

大画面タブレットで持ち運びのしやすいものがあれば便利ですよね。『HUAWEI MediaPad T5』は、10.1インチサイズの大画面を搭載しながら厚みを1センチ足らずに押さえており、バッグなどに気軽に入れて持ち歩けるようになっています。

パワフルなCPUを搭載し、Officeアプリなどを動かしても動作がモタつくこともありません。

「いつでもどこでも持ち運べて、ちょっとしたスキマ時間に仕事を進められるタブレット」を探している方はチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:24.3 × 16.4 × 0.78 (cm)
  • 重量:約465g
  • 画面サイズ:10.1インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:HUAWEI Kirin 659/メモリ:2GB
  • ストレージ:16GB
  • 稼働時間(フル充電):-
  • メーカー:Huawei

大画面のAndroidタブレット2. lllccorp direct アンドロイド7.0 Nougatタブレット

アンドロイド7.0 Nougatタブレット10インチガラススクリーンデュアルSIMカードスロットOcta Core 3Gロック解除電話タブレット4GB RAM 64GB ROM内蔵Bluetooth GPS Netflix (メタルシルバー)
  • 通話が可能で、スマートフォンに変わるデバイスとして使えて荷物を減らせる
  • SIMカードを2枚挿入可能で、通話とデータ通信など、目的に応じて使い分けられる
  • 64GBの大容量ストレージを備え、本体だけで大量のデータを持ち運べる

「タブレットで通話もしたいけど通信量が高くなりがちなのは困りもの」と考える方におすすめなのがこちらの機種です。

SIMカードスロットを2基搭載しており、音声通話用のSIMカードとデータ通信用のSIMカードの2枚挿しが可能。それぞれの契約プランを工夫することで月々の支払い料金を抑えながら運用できます。

スマートフォンを完全に置き換えられる通話可能なタブレットを安く運用したい方にぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:-
  • 重量:-
  • 画面サイズ:10.1インチ
  • 通信方式:SIMフリー
  • CPU:MTK6592T/メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB
  • 稼働時間(フル充電):5時間
  • メーカー:lllccorp

大画面のAndroidタブレット3. ALLDOCUBE X タブレット

ALLDOCUBE X タブレットPC、10.5インチAMOLEDスクリーン、2560x1600解像度、2.1GHz MTK MT8176 CPU、4GB RAM、64GB ROM、Android 8.1、8MP/8MPカメラ、シルバー
  • 高解像度のディスプレイを搭載し、書類作成などの作業を効率よくおこなえる
  • 急速充電に対応しており、時間のない時でもすばやく充電を完了できる
  • 指紋認証センサーによるセキュリティで重要書類など機密データを守れる

「出先でも高い作業効率で仕事ができる端末が欲しい!」という方にぴったりなのがこちらの商品。

10.5インチのディスプレイは2560×1600という高い解像度。1度に多くのデータを表示させられるため、仕事の資料をすばやく確認できますし、広い作業領域を活かしてレポートを作成するといった作業も効率よくこなせます。

一度に多くのデータを表示できる高解像度の端末を探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:-
  • 重量:-
  • 画面サイズ:10.5インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:MT8176 /メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB
  • 稼働時間(フル充電):5.5時間
  • メーカー:ALLDOCUBE

大画面のAndroidタブレット4. ONYX BOOX Note

BOOX Note 電子書籍リーダー 10.3インチ大画面/Android6.0/デュアル・タッチ/Wifi対応/Type-c
  • 長時間電子書籍を読んでいても目が疲れにくい
  • デジタルペンが付属、紙に書くのと同じような感覚でメモやイラストが書ける
  • 6.8ミリの薄さと325gの軽さで荷物になりにくく、バッグのなかに気軽に入れて持ち歩ける

「目に優しい電子書籍リーダーが欲しい」方には『ONYX BOOX Note』がおすすめです。

同社の2019年の最新モデルであるこの機種は、紙の印刷物と同じような質感の画面表示ができて長時間見ていても目が疲れにくい「E-ink」ディスプレイを搭載しています。また、スタイラスペンが付属しており、メモをとったりイラストを描いたりもできるのもポイント。

紙の本と同じ感覚で長時間読んでいても疲れにくい端末を探している方は、ぜひ試してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:24.95 × 17.78 × 0.68 (cm)
  • 重量:325g以下
  • 画面サイズ:10.3インチ
  • 通信方式:Wi-Fi
  • CPU:-/メモリ:2GB
  • ストレージ:32GB
  • 稼働時間(フル充電):-
  • メーカー:ONYX

Androidタブレットの人気有名メーカー3選

Androidタブレットは多数のメーカーから販売されているため、慣れていないと選択肢が多すぎて商品を選ぶのも大変ですよね。そんな時は、評判のいい有名メーカーの商品を選んでみるのも一つの手ですよ。

ここではAndroidタブレットの人気メーカー3社を紹介します。


人気メーカー1. 「HUAWEI(ファーウェイ)」

ファーウェイは中国の企業です。韓国サムスンやアメリカAppleなどと並んでスマートフォンの世界シェアでトップレベルにある企業であり、そのノウハウを投入してAndroidタブレットも数多く生産・販売しています。

ファーウェイの製品は、最新の技術を搭載しながら価格が安いというコスパの高さが一番の魅力。高性能、かつ低価格な端末が欲しい方におすすめのメーカーです。


人気メーカー2. 「Lenovo(レノボ)」

Lenovoは中国のパソコンやスマートフォンなどを製造するメーカーです。アメリカの企業であるIBM社のパソコン部門を買収したという歴史的経緯があり、伝統を踏襲して、高性能、かつデザイン面でも優れた製品を多く販売しているところが特徴です。

ビジネスや勉強などに使うために高性能で見た目も優れている端末がほしい方は、Lenovoの製品を選択肢に含めてみるといいでしょう。


人気メーカー3. 「NEC」

NECは古くから国内のパソコン市場で大きなシェアを占め続けているメーカーです。パソコンをはじめとして、ルーターなど周辺機器も多くNECの製品を使っているという方も多いでしょう。

国内メーカーらしくアフターサポートが充実しているので、初めてAndroidタブレットを購入する方はNECの製品を買っておくと、操作に困った時や、故障しているのかどうか判断できない時などに心強いでしょう。


仕事やプライベートに、Androidタブレットを活用しよう!

「スマートフォンでは少し画面が小さすぎる」という時には画面サイズが大きいAndroidタブレットを使うといいでしょう。

Androidタブレットは人気の商品ジャンルであるため、多くの製品が販売されており、各社の競争により画面サイズの大きなものや、最新の技術を搭載したモデルでも安く手にいれられます。

ここで紹介した事柄を踏まえて、自分の目的にあったタブレット端末で素敵なデジタルライフを満喫してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事