【男女別】目を合わせる人の心理|すぐに目をそらす人との違いも解説

話す時にきちんと目を合わせる人って好印象を持たれやすいですよね。そこで今回は、きちんと目を合わせる男女の心理から、視線を合わせるのが苦手な人向けの克服方法まで詳しくご紹介します。恋愛や仕事でも、相手の目を見て話ができる人は好かれるため、ぜひ参考にしてみてください!

目を合わせて話す人って好印象を抱かれやすいですよね。

目を見て話す人

普段、誰かと話す時に目を合わせるように意識をしているでしょうか。

「恥ずかしく目を合わせて挨拶するのが苦手…」という人も多いかとは思いますが、きちんと目を合わせてもらえると恋愛や仕事でも好印象を抱かれやすいんです。

そこで、今回はきちんと目を合わせる男女の心理から、視線を合わせるのが苦手な人向けの克服方法を紹介していきます。

ぜひ、目を合わせるコツを掴んで実践してみてくださいね。


前提として「目を合わせる」の意味とは?

目を合わせるとは、相手の目を見つめて、目と目が合うようにすることです。

挨拶をする時など、相手と目を合わせてコミュニケーションをとった方が好印象を持たれると言われています。

例えば、面接をする時の受け答えは、面接官の目をしっかりと見ながらするのが基本となっているように、目を合わせることは対人関係の中でも重要な要素となってくるのです。

アイコンタクトという言葉があるぐらい相手と目を合わせると自分の感情を目の表情で伝えることができますよね。このように目を合わせるのもコミュニケーションの一環となります。


【男女別】話している時に目を合わせる人の心理を紹介!

「この人と話す時は必ず目を合わせてくれる」と感じる人っていますよね。

じっと長い時間見つめられると緊張してしまったり、「もしかして自分に恋愛感情がある?」と気になるかもしれません。

相手と目を合わせる心理って実は男性と女性でも微妙に違ったりするんです。

そこで、男女別に目を合わせる人の心理について迫っていきます。一体、どんな心理で相手の目を見つめて接しているのでしょうか。


目を合わせる男性の心理とは

まずは、男性側の視点から見ていきましょう。いつも一緒に話す時に目を合わせてくれる男性は一体何を考えているのでしょうか。

どのような心理が働いてあなたと目を合わせてくれるのか、その謎を紐解いていきましょう。

そこには男性ならではの心の動きが隠されているかもしれませんよ。


男性心理1. 相手への好意を伝えたい

男性が女性に対してやたらと長い時間視線を送ったり目を合わせてくる場合、実は恋愛感情が隠れているという場合があります。

相手へのアピールの1つとして好きな人を見つめているのです。

「なんだか自分のことをよく見てくる」と女性が気付いたら、その男性のことを意識してしまいますよね。

恋愛は相手を意識させることが第一歩となるので、意識してもらえたらアピールとして大成功です。

相手に「あれ?」と気づいてもらえるように、わざと目を合わせるという男性も多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 話す時に人の目を見るのは普通だと思っている

男性の中には、特に深い意味はなく自然と目を合わせるというタイプの人もいます。

この場合、昔から人と接する時はアイコンタクトをとるなど、目を合わせるのが習慣となっていることが多いです。

話す時は人の目を見て話すことが普通だと思っている為、いつでも必ず目を見て話してくれます。真面目で誠実な性格の男性に多いのが特徴ですよ。


男性心理3. 話し相手のリアクションを確認したい

周りからの目を気にしてしまうような消極的な男性に多いのが、相手の反応が知りたくて目を合わせるという場合です。

自分が話している内容を相手がどう捉えているのかを確認したいので、目を覗き込むようにして相手の反応を確かめます。

話し相手がどんなリアクションをしているのかが気になるので、自分の気持ちを伝えたいというよりは、相手の感情を知りたいために、目を合わせるというパターン。

また、アイコンタクトを多用して、相手が自分の話についてこれているかなど、様子もチェックしています。


目を合わせる女性の心理とは

続いて目を合わせてくる女性の理由についてです。

「やけに長い時間目を見つめてくるから思わずドキッとしてしまった」という経験はないでしょうか。

女性が目を合わせてくれるのにも理由が隠れています。なぜあの人はいつも自分と目を合わせてくれるのか、その秘密に迫っていきましょう。


女性心理1. 相手に自分を見て欲しいと思っている

女性が男性をじっと見つめて目を合わせる場合も、男性と同様に自分を意識して欲しいからという場合があります。

視線を送ることによって自己アピールにもなりますし、相手にも自分のことを見て欲しいと願っているのです。

「目は口ほどにものを言う」なんて言いますよね。

正にその言葉通りで、男性の目を見つめて話したりすることによって、自分のことを見てもらおうという作戦なのです。


女性心理2. 相手の出方を伺いたい

アピールとして視線を送るわけではなく、相手のことを警戒しているからこそ相手のことを見つめることもあります。

警戒心が強いタイプの女性で、相手の出方を見ながら自分の行動をどうするかを考えるという人に多いのが特徴です。

自分に余り自信がなく、臆病な性格の女性がこのように怯えるようにして動向を伺うように見つめてきます。

恋愛感情が相手にあるという理由ではなく、警戒心の強さから相手の目を見つめるというケースもあるのです。


女性心理3. 周囲から可愛いと思われたい

相手と目を合わせるのは計算をしているからという女性もいます。

こういうタイプの女性は、自分が周りからどのように見られているのかをよく知っています。

潤んだ目でじーっと見つめられたら大抵の男性は可愛いなと思ってしまうのではないでしょうか。

そうして、「可愛い」と褒められたり好かれたいという計算で、わざと相手の目を見つめているのです。


目を合わせるのが苦手な人は多い?すぐに目をそらしてしまう理由とは

誰かと目が合ってしまうと気まずいという人も少なくありません。

相手の目を見ながら話すのが苦手だったり、目が合った瞬間スッとそらしてしまうという人も多くいます。

なぜ目を合わせるのが苦手だと感じるのか、そしてなぜ目をそらすのかをこれから理由を4つ挙げてお話ししていきます。

「目が合ったのにそらされた!」と感じていた謎が解けるかもしれませんよ。


目をそらす理由1. まじまじと見つめ合うのも恥ずかしいから

お互いに目を合わせて話していると次第に照れてきてしまう場合があります。

相手が同性であったとしても、余り親しくない相手と、目を合わせると緊張してしまったり恥ずかしくなったりしてしまうのです。

相手とまじまじと見つめ合っている状態だと、確かにこそばゆくなるような感じがする時ってありますよね。

そのくすぐったくなるような感じが苦手で、相手と目を合わせられないという人がいます。

【参考記事】はこちら▽


目をそらす理由2. ジッと目が合い続けるのは怖いから

自分が相手の目を見て話すと、大抵の場合は相手も目線を返してくれます。

会話をするような近い距離で長い時間目と目が合った状態だと怖いと感じてしまう人も少なくありません。

余りに相手に目を覗かれていると、気持ちまで覗かれているような気がして、そわそわとして不安を感じてしまうのです。

そのため、ついつい相手と目が合うことを避けてしまったり、目が合ってしまったらそらすという行為に出てしまいます。


目をそらす理由3. 好きな人の場合、緊張するから

目を見て話している相手に恋愛感情があったらどうでしょうか。きっと意識してしまってうまく話すことなんてできなくなってしまいますよね。

こんなふうに話している相手が好きな人だから緊張してしまって目を合わせられないということがあるのです。

相手と目が合ったら自分の気持ちがバレてしまいそうでドキドキして相手の目が見られないという場合もありますよ。

【参考記事】はこちら▽


目をそらす理由4. 相手に対して隠し事があるから

相手にやましいことがあったり、後ろめたいことがあるから目を合わせられないということもあります。

目を見られてしまうと隠し事がバレてしまうような気がして、ついつい目をそらしてしまうのです。

目には感情がどうしても出てしまうため、目が合った時にやましいことがあると目が泳いだりしてしまうんです。だから、目を合わせたくないという人も結構多いんですよ。


実は嬉しい効果がたくさん!人と目を合わせるメリットとは

目と目が合うと気持ちが伝わることが分かりましたが、実はそれだけではありません。人と目を合わせるということは、他にも嬉しいメリットがたくさんあるんですよ。

アイコンタクトと呼ばれるように、相手と目を合わせることの効果について紹介するので参考にしてみてくださいね。メリットを知れば目を合わせて話したくなるはずですよ。


メリット1. 人の目を見て話せる人は周囲から好印象を抱かれやすい

周りから好かれている人は、相手の目を見て話すタイプの人に多いです。

それはなぜかというと、常に相手の目を見て話すようにしているとハキハキとしていて、堂々とした姿で相手の目に映るから。

相手の目を見て話すと、真摯に相手と向き合っているように伝わり、「自分のことを尊重して大切にしてくれている」と相手は感じるでしょう。

だから相手の目を見て話せる人は周りから好印象を持たれるのです。

自分に自信がない人ほど頑張って相手の目を見るようにしていけば、人間関係が円滑に進んでいくはずですよ。


メリット2. 話の内容が聞き手に伝わりやすくなる

ただ話をするだけでなく、目でも相手に訴えかけることによって相手に伝わる量が全然異なってきます。

聴覚だけで相手に訴えるのではなく視覚でも相手に訴えかけることができるので、相手が話の内容を理解しやすくなるからです。

私たちは無意識に話の内容に応じて目も表情を変えています。

その目の表情から相手が今どんな感情なのかを読み取っていくので、話がスムーズに進んでいくというメリットがありますよ。


メリット3. 異性を見つめることでドキドキさせられる

相手の目を見つめて話すと、相手に自分のことを意識させることができます。異性を見つめてドキドキしてもらえたら、自分のアピールにもなりますし、恋愛の相手として見てもらえるようになる可能性も生まれます。

気になる異性がいたらぜひ積極的に相手の目を見つめていきましょう。次なる展開へと近づいていけるかもしれませんよ。


苦手を克服して目を合わせられるようになる練習法とは

「なかなか相手の目を見て話すことが難しい」と悩む人に向けて、目を合わせて話すことが苦手な人の克服方法を4つお伝えしていきます。

すぐに実践できるコツを集めた練習法となるので、人と目を合わせるのが怖いという人でも実践できるはずですよ。


練習法1. 親しい人から目を合わせて話す訓練をしてみる

おすすめのすすめの練習法は、まずは気心の知れた仲から始めていく方法です。

どういうことかというと、いきなり仲良くない距離のある人と目を合わせて会話をしようとすれば、緊張してしまって会話どころではなくなってしまいます。

そこで、まずは昔から知っている友人など、親しい間柄の人と目線を合わせるところから始めていき、徐々に慣らしていくという作戦。

仲の良い人となら然程抵抗なく目を合わせられるし、本当に親しい間柄なら練習中ということをカミングアウトしてみてもいいかもしれませんね。


練習法2. 人の話を聞く時は目を見て聞くのを心がけてみる

自分が話す時に相手の目を見て話そうと思うと緊張して話が止まってしまうかもしれません。そこで、まずは相手の話を聞く時に相手の目を見るところから始めてみましょう。

そして、自分が話す時は今まで通り相手の目ではないところを見ていても構いません。

慣れてきたら少しずつ自分が話す時も相手と目線を合わせていく、と段階ごとに進めていくのがおすすめです。


練習法3. 相手の目ではなく、眉間あたりを見つめる

「相手と目線を合わせるのがどうしてもできない!」という時の練習方法があります。それは相手の目を見るのではなく、相手の眉間辺りに目線を持っていく方法。

眉間に視線を送っていても、意外と相手からは気付かれないものです。

違和感なく、相手は目が合っているような感覚で話を進めていってくれるので、目線を合わせなければならないシーンだけど、どうしても無理という時の切り抜け方法として覚えておくと役立ちますよ。


練習法4. ずっと見つめるのではなく、大事なことを言う時だけ目を合わせる

相手と目線を合わせて話すことは大切ですが、話している間ずっと目を見て話さなければいけないわけでもありません。

話に緩急があるのと一緒で、長時間ずっと視線を合わせっぱなしでは相手も怖がりますし不自然です。

そこで、「ここがポイントだ!」という話の要点や相手の相槌を求めたい時などに、語り掛けながら相手と目線を合わせるようにしてみるのがおすすめです。


相手の目を見て話ができる人になりましょうね。

相手の目を見つめて話すと自分の感情も伝えられるし、話を聞いて相手がどう思っているのかも知ることができます。

しかし、どうしても目線を合わせるのが苦手だという人もいますよね。

そんな人は、今回お話しした苦手な人でも目線を合わせられるようになるコツを実践して、相手との距離を縮めてみてくださいね。

挨拶を交わす時や話している時に目線が合うと、印象が良くなり、コミュニケーションが円滑に進むなどメリットも多いです。できそうなことから少しずつ試していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事