年上彼女と結婚したい!年の差婚を後悔しないために確認するポイントとは

年上彼女と結婚を検討している男性へ。今記事では、年上彼女と結婚する際に確認したいポイントから、多くの年下既婚男性が後悔した部分や幸せな結婚生活を送るコツまで詳しくご紹介します。真剣に年上女性との結婚を考えている男性は、ぜひ参考にしてみてください!

年上彼女との結婚を考えている男性へ。

年上彼女と結婚したい

年上彼女と付き合っていると、男性はいろいろな理由から結婚を意識しやすいものですよね。出産や老後のことなどが不安で、結婚を迷う男性も多いでしょう。

そこでこの記事では、年上彼女と結婚する際に気をつけておくべき点や、先輩既婚男性の後悔している部分などを紹介します。

魅力的な年上女性との結婚を考えている男性は、是非参考にしていただき、幸せを手に入れてくださいね。


年上彼女と“結婚”を検討する際に確認したいポイント

年上彼女との結婚は年の差が原因となり、あらゆる点において価値観がズレやすいもの。

ここでは、結婚を決める前にあらかじめ確認しておくべき5つの点について詳しく解説します。


ポイント1. 本気で結婚したいと思うか自分の気持ちを確認する

年上彼女は、既婚の女友達との比較をしたり、出産を考えたりすることで、早く結婚したいと考えていることも多いです。

そのため、男性が結婚を迫られるプレッシャーに負けて、押し切られる形になることもあります。

自分の気持ちをしっかり確認しないと後々後悔することになるので、本当に結婚したいのかをよく考えるようにしましょう。


ポイント2. 性格や価値観が合うかチェックする

彼女が年上あればあるほど、価値観や考え方はズレやすくなります。

結婚をすると、多くの場合では毎日長い時間を共有することになるので、今まで気にならなかったズレが我慢できなくなってしまうことも。

特に仕事の目標や、子作りなどの家族計画については、お互いの人生に大きく関わるためじっくり話しておくといいでしょう。


できれば結婚前に同棲をしておくのがベスト

長く付き合ってデートを重ねていても、魅力的な年上彼女の本性や素の部分などは見えないことも多いです。

その点に関して、同棲をすると衣食住へのこだわりや、外では見せない家の中での習慣なども、はっきりと理解することができます。

性格や価値観が大きくずれていないかを確認するためには、一緒に住んでみることは有効ですよ。

【参考記事】はこちら▽


ポイント3. 金銭感覚が自分と似ているか確認する

金銭感覚は、どんな友達がいるかということや、どのような家庭で育ってきたかで大きく変わってきます。

長期間少しずつ育まれていく感覚なので、二人の間に大きな溝があるとすぐには埋めることが難しいものの一つです。

特に「年上だから」という思いで、年上彼女の感覚を譲ってくれない場合もあるので、よく話し合っておきましょう。


ポイント4. 彼女の親御さんと親しくなれそうか確認する

年上彼女の親御さんは、自分の両親よりも当然年上である可能性が高いです。

また、彼女に男兄弟がいない場合、彼女の両親との同棲や介護をすることになるかもしれないのも忘れてはいけません。

結婚を決断する前にしっかりとコミュニケーションが取りやすいか、仲良くなれそうかというチェックをしておくことはとても重要なポイントです。


自分の両親とも親しくなれるか確認しておく

結婚することは、お互いの両親との関係性が深まることでもあります。

この先、結婚生活がどう変化していくかは誰にもわからないので、自分の両親と彼女が親しくなれるに越したことはありません。

両親が、姉さん女房であるということに反対せず、しっかりと二人の結婚を応援してくれるかを確認しておくとベターです。


ポイント5. 結婚式を挙げたいと思っているか把握しておく

年齢差があることで、結婚式に対する意識の差が、同い年夫婦よりも大きくなることがあります。

女性の方が年上であることを、後ろめたく感じている彼女も少なくないでしょう。

後々になってから知ると、どちらかの期待を外してしまうことになるので、どのタイミングで挙げるかも含めて、はっきりさせておくことをおすすめします。


年上彼女から結婚へのプレッシャーを感じる瞬間はいつ?

年上彼女は、「早く結婚したい」と焦りがちで、彼氏が結婚してくれるかを不安視していることも多いです。

そこで、年上彼女が見せる態度の中で、結婚のプレッシャーに感じやすいものを3パターンご紹介します。


タイミング1. 彼女から年齢に関する話題を振られた時

「なるべく早く結婚したい」と心のどこかで考えているのは、年上彼女だけではないです。

彼氏としても、その気持ちに応えてあげたい気持ちがある分、彼女から年齢に関する話題を振られた時は、プレッシャーを感じることも。

彼女側としては特に意図した発言ではなくても、彼氏が過敏に受け取ってしまうという可能性もあります。


タイミング2. 子供の話をされた時

女性は30代以降年齢を重ねることに伴って、妊娠・出産のリスクが上昇してしまう可能性があります。

そのため、年上彼女が子供の話をする場合、「自分が無事出産をできるのか」という不安が滲んでいる場合が多いです。

そんな不安がっている表情を見ることで、年下の彼氏はプレッシャーに感じることがあるでしょう。


タイミング3. 「両親に会って」と挨拶を急かされる時

両親との挨拶は、結婚を直前にして行うものだというイメージがある人も多いでしょう。

どれだけ彼女が好きでも、会ってしまうことで、両親からも結婚を迫られるような気がして、とてもプレッシャーに感じてしまいます。

彼女の両親からお誘いがあっても、重い感じがして、なかなか挨拶に行くことをためらってしまうケースはよくあるでしょう。


年上彼女と結婚して、男性が後悔する部分はあるの?

年上彼女は甘えさせてくれるといった魅力もありますが、男性が結婚したことを後悔してしまうこともあります。

ここからは、代表的な後悔する部分を5パターンご紹介しますので、結婚を考える上での参考にしてくださいね。


後悔する部分① 自分より早く老けてしまう

特にお互いが20代であるうちは、いくつか年の差があっても、老化に関する差はあまりありません。

しかし、40代以降になると、数年の差が非常に大きく感じられる場合もあります。

魅力的なルックスやビジュアルを保つことが難しくなる女性もいるので、後になってがっかりしないように、受け止めるようにしましょう。


後悔する部分② 彼女の友達がみんな年上で仲良くなりにくい

新居への引越しや出産のタイミングなど、案外姉さん女房の友人が、自宅などへ遊びに来る機会は多いです。

そんな時に、年上彼女の友達は当然自分よりも年上であることが多いので、少し気を遣うことがあります。

家族ぐるみの関係になっても、気軽に話せる存在ができにくいことで、後悔してしまうケースもあるでしょう。


後悔する部分③ 年下と結婚した友達が羨ましく感じる

「隣の芝生は青い」というように、どんな選択をしても、自分にないものは魅力的に見えるものです。

特に年上の女性と結婚すると、男性より早く老けることが目についてしまうこともあるでしょう。

そんな時、若い女性と結婚した友人がいると、普段自分の家庭ではあまり見ることのない若々しさや可愛らしさを羨ましく感じて、後悔してしまう場合もあります。


後悔する部分④ 年の差が開いていると、介護する可能性がある

男女間の年齢差が、10歳差以上であるという夫婦も、一定数存在しているでしょう。

現状でどれだけいい関係を保てていても、将来的にその差が結婚生活に重い影響を及ぼすこともあります。

病気や怪我などのリスクは、年上彼女の方が大きくなってくるので、介護をしてあげないといけないという可能性は忘れてはいけません。


後悔する部分⑤ 女性のタイミングに合わせることで、まだ遊びたかったと後悔する

自分がまだ結婚に対して迷う意識があったのに、彼女が結婚適齢期に差し掛かったことからのプレッシャーに押し切られたパターンです。

後になってから「結婚のタイミングが早すぎた」と考えてしまうこともあります。

好きな彼女の不安を解消しようとするあまり、将来的に後悔してしまうのはよく見られるケースの一つです。


年上彼女との結婚が、周りから反対されやすい理由とは

いざ結婚することを自分の中で決めても、特に自分の両親や既婚の先輩などから、年上彼女との結婚を反対されてしまうことも多いです。

なぜ周りの人が年上彼女との結婚を反対するのか、代表的な理由を3つご紹介します。


理由1. 年の差があると、価値観や話が合わなそうと思われるから

年上彼女との結婚を反対してくる人は、実際のカップル間の関係性を知らずにアドバイスしてくることもあります。

一般的に年の差があることは、「価値観の相違が起こりやすい」というイメージがあるため、反対されがちです。

「結婚するなら年の近い人が良い」という頑固なタイプに多く見られるパターンの一つになります。


理由2. 30代後半〜40代女性の場合、出産が難しいのではないかと思われる

男性は、結婚に対するハードルが年齢を数えることによって上がるということは、あまりないでしょう。

しかし、女性にとって、結婚と出産は切っても切れない重いテーマだと言えます。

30代後半以降の女性の出産は、母体に負担をかけてしまうため、避けた方が良いと考えられてしまい、年上彼女との結婚を反対しようとする人は多いです。


理由3. 老後を不安視されるから

アドバイスしてくれる人は結婚する当事者よりも冷静な傾向があるため、現在の感情だけでなく将来のことも考えていることもあります。

年上彼女から結婚を迫られるあまり、つい踏み切ってしまうと、老後苦労するかもしれないことを助言してくれているのでしょう。

両親や年上の人と結婚した既婚者に対して介護経験のある人にとっては、無視できないポイントになっていることが多いです。


年齢なんて関係ない!後悔しない結婚をするための3つのコツ

年上彼女との結婚に対する価値観が合わなそうというイメージや、周囲の反対はありますが、後悔しない結婚生活を送ることは可能です。

そんな後々悲しい結果にならないための3つのコツを紹介しますので、ぜひ実行してみてくださいね。


コツ1. 長めの交際期間を設けて、相手の性格や価値観を把握する

自分・他人問わず、その人の価値観や考え方は、簡単に変えられるものではありません。

そのため、しっかりと相手の女性の価値観を把握して尊重し、それに合わせる形で言動を選ぶようにしましょう。

しっかりと長い期間付き合って、いろいろな会話を重ねることで相手の素の部分を見ることができるため、おすすめです。

【参考記事】はこちら▽


コツ2. 結婚前に同棲をしておく

外では見られない彼女の生活習慣や普段の行動は、同棲することで事前に知っておくことができます。

そのため、結婚する前に半年から一年程度でもいいので、一緒に住むという期間を作っておくのがおすすめ。

今まで知らなかった彼女の側面を見ることで、より尊敬できる部分や魅力が見つかるかもしれないメリットもあります。


コツ3. 辛い時や逆境の時にどういう態度をとるか確認しておく

当然のことながら、どんな夫婦においても、結婚生活はいいことばかりではありません。

強い不安を感じた時や、プレッシャーを感じた時、彼女がどういう行動をとるかを確認しておいてください。

そういった辛い時にこそ、年上彼女の本心が現れてくるので、姉さん女房として結婚生活を送っていけるのかしっかりと把握しましょう。


年上彼女と幸せな家庭を築いてくださいね。

年上彼女との結婚に対する注意点や、後悔しがちな部分について紹介しました。周りから反対されると、結婚を迷う気持ちも出てきてしまいますよね。

うまく結婚生活を送るためには、まずはお互いの価値観をしっかりと把握することが大切です。

こちらを参考に、魅力的な年上彼女と後悔のない幸せな関係を築いていってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事